フォト

医療

2019年2月13日 (水)

息苦しい(呼吸困難)の定義は?

今日のFMは肺炎などの呼吸器感染症について説明しました。 その中から「息苦しさ」について書いてみたいと思います。
まずその定義からみた場合に、呼吸困難は「呼吸をする時に感じる息苦しさや努力感などの不快感を総称した自覚症状」を示します。自覚症状ですので「息苦しい」「息切れする」「胸が苦しい」「息が吸えない」「呼吸が出来ない」「酸素が足りない」などの訴えがあります。      
これに対して呼吸不全は実際の体の中の酸素濃度(量)が低い(動脈血酸素分圧PaO2が60Torr以下:低酸素血症)と言う客観的な数値に対して使用します。 その意味では呼吸困難と呼吸不全は必ずしも同じ病態ではないことになります。                                                     Th__3        
・・・・少し専門的になりますが、これも最近では多くの病院でも簡単に測定できるので行っていることも多く、皆様方もやったこと(やられたこと?)があるのが経皮的動脈血酸素飽和度(SpO2)というものです。               
簡単に指先につけたら、大凡の酸素の値を示してくれます。先ほどのPaO2は通常の採血の静脈血ではなくて、動脈を実際に刺して採血して分かる検査手段です。痛いですし簡単にも頻回にも行うことが難しいこともあり、この機器は大活躍します・・・・・
・・・またまた専門的になりますが、PaO2とSpO2は同じ値とはなりませんが、大凡の換算表がありますので、下記に記載しておきます。(看護師さんや医学部の学生や初期研修医のレベルですので、難しいですが許して下さい)
Th__2  息苦しさは、長らく続いている慢性のものから急激に悪化や突然出現のケースもあります。慢性的なものでは、COPDに代表される慢性呼吸器疾患、慢性の心不全などがあります。   
 急激に呼吸困難となる場合は、COPDの急性増悪、気管支喘息の重積発作、急性肺炎、肺塞栓症、気道閉塞、気胸などの肺疾患、急性心筋梗塞、重篤な不整脈、薬などのアレルギー症状などを疑い、直ちに検査や治療が必要な場合も多くあります。
息苦しさは、ストレスや不安などでも感じますし、過換気症候群でも起こります。その場合はSpO2の低下は殆どありませんので、冷静に原因を探って対処する必要があります。      
・・なるべく簡単にと考えている私のブログとしてはちょっと専門的過ぎましたので申し訳ありませんでした・・
 

2019年2月 6日 (水)

脳梗塞の超急性期の治療

寒い時期には寒冷刺激によって、交感神経が反応して血圧が高めの状態となります。 またこの時期には昼夜や室内・室外で1日なかで温度差が極端になり、血圧が安定しません。そのため今の時期に脳卒中が増加する傾向があります。                         
これまで何度か脳卒中については説明しましたので、総論を下記にまとめましたのでご覧下さい。
Th_

今回は脳梗塞が起こった場合の超急性期の治療について説明します。

Th__2 動脈硬化や脳血栓(血の塊)によって脳の血管が詰まると脳梗塞が発症します。 それと同時にその血管の支配下にある細胞に酸素の供給が止まるため、脳細胞が死んで行きます。

死んだ細胞は戻りませんが、その周辺には、機能が止まっていてもまだ生きている細胞があります。このままですと、約3〜6時間後にはこの部分も死んでしまいます。

この3〜6時間以内を「超急性期」と呼んでいます。脳梗塞後の診断後、この超急性期に薬物療法などで血の塊を溶かして、血液の流れを再開通させる「血栓溶解療法」が重要となります。少しでも死んで行く細胞を少なくする治療です。           

脳梗塞を起こした細胞周囲には「フリーラジカル」という有害な活性酸素が発生してしまい、死にかけた脳細胞を痛めつけてしまいます。 これに対して発症後24時間以内に、薬でこのフリーラジカルの働きを抑える「脳保護療法」を行います。

更には、ダメージを受けた脳にはむくみ(浮腫)が出て来ます。このむくみの程度に合わせて「抗脳浮腫療法」も併用されることがあります。

Th_758216_2

その急性期の治療を終えると、再発予防の薬剤やリハビリを行って行きます。リハビリに関しては早くから取り組む施設が増えて来ています。

私達にできることは、いつも言われているメタボ対策、不整脈などの循環器疾患、脳ドックなどでの動脈瘤の有無などのチェックでしょうか。 寒い時に脱衣所が寒い場合などはヒートショックを起こしますので、周りの環境の対策も重要ですね。

どうぞこの寒く、寒暖差も激しい季節を元気に乗り越えて下さいね。

2019年1月30日 (水)

回避行動に「音」は重要

今日のFM放送はめまいと関連の深い耳の役割やめまいの原因について説明しました。 ブログでは音の重要性を書いてみます。
私達人間は5感(視覚・聴覚・嗅覚・触覚・味覚)を持って外界からの情報を受け取って処理をしています。 特に重要なのが視覚で83%を占め、聴覚は11%程度と言われています。 
人間が発展した大脳皮質ですが、実際の脳生理学的に観ても人間が視覚に対する領域が55%あるのに対して、聴覚に関する領域は僅か3.4%しかありません。
Th__3
視覚には莫大な情報量があります。色や形、奥行き、 など様々な情報が混在し、いくら優れた私達の脳であってもその情報を認知するには莫大な量と時間を有しています。時間と書きましたが私達が意識することはないほどの短時間ですが、入った来た情報を処理するには時間を有しているのです。
その分音は単純です。音という周波数の波が外耳から入り、鼓膜を揺らし、耳小骨が音を増幅して、蝸牛から、電気信号で脳で処理され、どのような内容か判るのです・・・・かなり複雑そうですが、視覚情報と比べると僅かな量です。              
音情報と視覚情報の大きな差があるのですが、皆様判りますか?
・・・それはその対象域の違いにあります。 視覚情報は私達の見ることが出来る前方しか捕らえることが出来ません。 それに対して音は後ろからでも上からでも360度空間を全て捕らえることが出来ます。
                                                Th__4
この音の特性、単純であること全方位網であることには重要な点があるのです。
人間が外界からの情報の80%以上視覚から得ていますが、後ろなどはがら空き状態です。 もしも背後から襲われたりしたら、音が頼りとなり命を救うかも知れません。
 
ですから、私達は「音によって回避行動をとること」が出来るようになっているのです。
 急に、大きな音が聞こえた瞬間、屈んで身を守ろうとするのです。 やはり音情報は人間にとってとても大切な情報となっているのです。 
大音量でスマホを観ながら歩いていると回避行動が出来なる危険もあります。気をつけて下さいね。
・・・そういえば、ホラー映画など「音なし」で観た場合はちっとも怖くないと聞いたことがあります。 音の効果は凄いのでしょうね。

2019年1月23日 (水)

めまいの一般論

これまで何度がめまいについて書いたのですが、再度原点に返って「めまい」の概要を書いてみたいと思います。                    Th__3

めまいは多くの方が日常の生活で遭遇する可能性の高い疾患の1つです。

「めまい」とは自分あるいは周囲が動いていないのに動いているように感じて、平衡感覚を失ってしまった状態といえます。一言でめまいと言ってもその症状には違うタイプが含まれ、その強さにも強弱があります。タイプ別にめまいを分けると・・・

「回転性めまい」:自分や周囲がぐるぐる回っている様に感じるめまいです。また物が左右や上下に流れるように感じることもあります。多くは平衡器官に急激な変化(血流障害、炎症、内耳のむくみなど)が起きた時に生じます、耳の病気でも、脳の病気でも起きます。

「動揺性めまい」:頭や体がグラグラ揺れている感じやフラフラする感じをいいます。①の病態でも起きることがあります。平衡器官がある程度広範囲で冒された場合に多いようです。さらに歩いてフラフラする時や傾いてしまう場合は小脳の障害のこともあります。

「立ちくらみ(眼前暗黒感)」:立ち上がった瞬間にクラッと来たり、長くたっていて目の前が暗くなる感じを呼んでいます。重篤な原因でなくても、子供には時々みられます(起立性調節障害と呼んでいます)。 普段低血圧気味の方や貧血の方もも起こしやすくなります。 この症状が普段から高血圧症や脳動脈硬化症のある方で起こった場合に、急に血圧が下がっている状態があり、脳梗塞の危険が高まり注意が必要です。

この様な「めまい」が起きた場合に、どの科を受診したら良いのか分からないと思いますが、実はどの科が良いか分からない場合も多く、まず病院を受診し、救急性のある疾患を除外することが行われます。 ですので普段と違う「めまい」などを経験した場合は病院を受診されて下さい。

Photo めまいは人間の平衡感覚を司る内耳にある耳石系と言われる細胞と三半規管と関連が深いため多くは耳の障害によって起こり得るため、耳鼻科が担当となります。 脳の中の中脳や大脳の梗塞や腫瘍等にて起こる場合もあり、その場合は脳神経外科内科が担当領域となります。 また貧血や全身疾患の一部としてあるいは低血圧などや高血圧、糖尿病の治療の影響もありその場合は内科・循環器科が担当となることがあります。眼震に伴う場合は眼科で診る機会もあります。心因性の場合は精神科で診ることもあります。同じめまいと思って病院に行っても病態も色々ですので、専門の診療科が異なる場合もあるのです。

めまいは多くの方が経験する症状の1つですが、原因を特定することが難しいことも多いのですが、まず急を有する心疾患や脳疾患を除外する必要があります。

2019年1月 9日 (水)

年齢と共に眠りにくくなるのは本当?

毎年1月の初め頃は初夢にかけて、夢や睡眠の話をしています。以前患者さんから質問(次第に眠りにくくなるのは年のせい?)を受けたので記載します。以前も同じ様な内容を記載しました。

眠くなるメカニズムは二つに大別されます。①1つは体や脳が疲れたから眠るパターン②体内時計により眠くなるパターン

①疲れたから眠るとは運動や作業した後に体や脳の疲れをとるために眠くなります。  普通の筋肉の疲労だけなら、少し横になれば回復します。しかし脳の疲れを回復させるために私達は1日の1/3〜1/4程度の時間を睡眠に費やす必要があります。

②眠くなるもう一つの要因は、「体内(生物)時計」によるものなのです。地球で生まれた生物は日が昇ったら動き出して、日が沈んだら眠るという行為はごく当たり前の備わってきた機能です(もちろん夜行性動物もいますが)。

生活のリズムを保つために、セロトニンメラトニンの重要性が解って来ています。セロトニンは神経伝達物質でメラトニンはホルモンです。

皮膚の色を司るホルモンのメラニンを調べている中で偶然、(牛の)脳の中ににある松果体という部分で作られるメラトニンと言うホルモンの存在が発見されます。後に人間にもあることが解りました。そのホルモンを抽出し、ボランティアの方に投与したところ皆眠くなったことが判明しました。そのためメラトニンが「眠りのホルモン」と呼ばれる様になったのです。

メラトニンがセロトニンから分解合成されることも解るようになって来ました。

Th__2 朝起きて、光を浴びるとセロトニンの分泌が上昇し、その為交感神経が刺激されて活動性が増して、日中の行動がスムーズに出来るようになっています。そしてセロトニンは夕方になると減少してゆきます。 セロトニンが上昇しそれを材料としてメラトニンが生成されますが、時間差がありセロトニンが低下していく頃にメラトニンが増えてゆきます。その為日没後暫くすると増加したメラトニンの作用によって私達は眠くなっていきます。真夜中にピークになり次第に体内で分解されて朝には減少し、寝覚めの準備状態となります。そして夜が明けて、光が入ってくると、セロトニンの分泌が盛んになり・・・それを繰り返して私達は生きてゆくわけです。

ではメラトニンの具体的な作用としては、メラトニンが増えてゆくと、私達の体は「脈拍」「体温」「血圧」などが、低下してゆきます。それを感知した脳内で寝る準備が整ったと判断し、眠りにつくのです。

このメラトニンは1〜5歳頃がピークで年齢と共Th__4 に減少してゆきます。子供は体の大きさと比べ運動量も多く体の疲労を取るためにも眠りにつきやすく、更にメラトニンの量も多いので、コロッと寝てしまうのです。

高齢になるとメラトニンの減少のため入眠しにくくなったり、途中で覚醒したり,朝早く目が醒めてしまいます。

またメラトニンの低下に加えて、ストレスなどの精神的な興奮状態を就眠前まで受けている中年以降で、不眠が増加します。 リタイアして社会的ストレスはないと言えでども高齢になると更にメラトニンの低下があり、不眠が増加します。 夜間の頻尿や足がムズムズするという症状も多くなり不眠が増えます。

以上のことより、「年と共に不眠は増える」は正しいのです。

2018年12月12日 (水)

肥満・糖尿病になりやすい日本人

いきなり「すぐ肥り・すぐ糖尿病になる日本人」と書くと怒られそうですcoldsweats01
食事を取ると炭水化物(糖分)は分解され、ブドウ糖になります。脂肪や蛋白質も代謝されてブドウ糖に最終的に変化する場合もあります。 ブドウ糖は私達のもっとも基本的な細胞のエネルギー源です。 血液の中に糖分があっても膵臓から分泌されるインシュリンがなければ、糖分は細胞の中に吸収されず、細胞のエネルギー源にはならないんのです。
子供の頃にウイルス感染などで膵臓のインシュリンを分泌する細胞(ランゲルハンス細胞)が破壊されて、インシュリンが出せなくなった楼尿病のタイプを1型糖尿病と呼び、インシュリンの注射が必要となります。 
               Th_682829_9
しかしながら圧倒的に多いのは、過食などでインシュリンの分泌が落ちたり、反応が鈍くなって血糖値が高くなる2型糖尿病です。
この2型糖尿病は意外や日本人がなりやすいことが分かるようになってきています。           
外国の町を歩いても欧米人が明らかに肥満が多いですし、もの凄いカロリーの食事を取っていることが分かります・・・・しかし日本人と米国人だ糖尿病の数は変わらないのです・・・・「まさか!、こんなの不平等でしょう」言いたくもなります。まだまだ外国と比べるとスリムな体型が多いと感じる日本人なのになぜ?と思います。
日本人は大昔から体も小さく粗食に耐えて生きて来た人種です。ですので、少しのカロリーでも余ったらすぐに体に貯め込もうとする遺伝子が多く存在しますし、これまではあまり高カロリーが入りませんので、白人などと比べるとインシュリンもそれ程多く出す必要もない体だったのです。
 
Th__6
最近の論文で、日本人と白人などの膵臓でのインシュリンを出す細胞を比べてみたら、日本人は明らかにインシュリンを出す細胞が少ないことが分かってきました。 この様に遺伝的に欧米人と比べてインシュリンを出す細胞が少なく、日本人は糖尿病になりやすい傾向にあります。  遺伝的なことですので、例えば家族(親、兄弟、姉妹)に糖尿病の人がいる場合は自分もなりやすいかもと注意しておく必要があります。                         
先に述べた脂肪をため込みやすいと言うのも、日本人には、いわゆる「倹約遺伝子」を持っていることが多く、食事でカロリーが入るとすぐに脂肪に貯め込もうとするのです。
これらのことから、欧米人に比べて、同じ様な食事を取ると、肥りやすくなり、インシュリンも少ないので、糖尿病にもなりやすいのです。                                
粗食に耐え抜いた私達日本人にとって飽食の時代が来るとは夢にも思わなかったのかも知れません。口は現代人でも膵臓は古代人のままなのですweep

2018年12月 5日 (水)

脂肪肝に注意!

今日のFMはアルコールと肝臓に関して話をしました。その中で脂肪肝についても少し触れましたが、ここでは脂肪肝炎について少し説明します。
日本人も次第に高カロリー食と運動減少があり、色々な生活習慣病が惹起されるようになっています。                          
肥満は色々な部分に悪影響を及ぼしています(極端な痩せも平均寿命は短くなります)。
本来、余ったカロリーは脂肪として蓄積され、いざという時には消費して人間の活動を支えています。 人間の体には脂肪を蓄えるのに特化した脂肪細胞もあり、皮下脂肪や内臓脂肪として存在しています。 脂肪細胞以外にも肝臓の細胞は脂肪を蓄え易い性質を持っています。
例えは悪いのですが、栄養過多で肝臓の細胞にも脂肪が蓄えられた極端な例がフォアグラということになりますが、日本人も次第に肝臓に脂肪がたまる脂肪肝が4〜5人に1人いる状態になっていると考えられています。 よくドックなどで脂肪肝と言われた方も多いと思います。
・・・脂肪肝になって何が悪いのよ・・・という声も聞こえてきそうです。
この時期お酒が多くなって肝臓が気になっている方も多いと思います。もちろん過度の飲酒は肝細胞にダメージを与えますし、脂肪肝の原因にもなります。 
 ところが脂肪肝の原因で一番多いのは飲み過ぎではなくて食べ過ぎが原因なのです。「私お酒飲まないのに脂肪肝と言われた」とか「肝機能が悪い」と言われた方もいると思います。     
アルコール性の肝障害と区別するために、非アルコール性脂肪肝肝疾患(NAFLD)と呼んでいます。 
ところがここで問題になるのが、この非アルコール性脂肪肝肝疾患の中に、症状が軽微ですぐに改善しやすい単純性脂肪肝(非アルコール性脂肪肝:NAFL)進行性で肝硬変や肝癌の発生母地となるような重篤な非アルコール性脂肪肝炎(NASH)の2種類あることが分かってきています。
Th__3
・・・大凡、日本人の肝疾患の統計では①B型肝炎:130万人、②C型肝炎:170万人、③アルコール性肝障害:250万人、④非アルコール性脂肪性肝疾患:1500〜2000万人(NHSHは300〜400万人)と推定されています・・・もの凄い数ですね・・・                    
・・・ではこの単純な脂肪肝と脂肪肝炎を起こす違いはとなると・・・・結論はまだ分かっていません(まだ色々な研究がなされている段階です)
・・・しかしながら肝臓の細胞の中で脂肪が増えることで、何らかの炎症が起こってくるのです。 この様な炎症が起こると肝細胞はダメージを受け死滅する細胞が増えます。細胞の死滅が多くなるとその部分が繊維化を起こしてきてしまうのです。 繊維化が高度になると肝硬変、更には肝細胞がんへと進むケースが出てくるのです。                      
Th__4BMI35%以上の高度肥満の男性において肝癌発生のリスクは非肥満患者の4.5倍にになっています。
この様な流れは日本でウイルス性のB型肝炎とかC型肝炎と同じ様に「細胞の炎症→肝硬変→肝細胞がん」と似た手順となります(もの凄く大雑把に記載していますが・・・)
・脂肪肝とあらゆる生活習慣病との関連も指摘されています。                    
では治療法は・・・となると
現時点で、一番エビデンスがあるのは・・・・・やはり減量です。 急激に痩せてリバンドを繰り返すこともNHSHを早めるともいわれていますので、ゆっくりと食事療法(カロリーを減らす)、有酸素運動でカロリーを消費する、禁酒を行い、先ずは体重2Kg減量を目指しましょう。
・・・私自身はあまり詳しくはありませんが、極端に痩せる必要や偏った食生活をすべきではないと思いますが、フォアグラ状態の肝臓は私達にとってあまりよいことではないようです。

飲み食いの多い年末ですが、肝臓から「ご主人様ほどほどに」といわれないように心がけましょう

2018年11月28日 (水)

イボ痔(痔核)について

今日のFM放送は痔疾患について話をしました。

皆様方も「じぬし」の方も多いと思います。私は土地なんか持っていませんいう方もいらっしゃるかも知れません。 土地持ちの「地主」ではなくて痔を持っている「痔主」のことです。 なんと日本人の3人に1人は痔主です。

痔といってもイボ痔と言われる痔核切れ痔と言われる裂肛あなじと言われる痔瘻があり、頻度も原因も治療法も異なる3つの痔疾患があるのです。 痔はコマーシャルで見かけるように必ずしも痛いわけではありません。 どうして同じ痔でも痛みの有無が出るのかが分かるように肛門の発生について以前図に書いたことがありましたので、今回も載せておきます。 胎児の早期では口とお尻はつながっていません。腸が伸びてきて、肛門の皮膚が引っ込んでお互いが開通するのです。皮膚は痛みに敏感ですのでお尻の入り口の皮膚の延長上の病気は痛みが出ますが、お尻の奥の腸の粘膜の部分だけが傷ついても痛み感じません。

Th__2

男女とも肛門の静脈のうっ血でできた痔核が60〜70%と最多で、そのうち内痔核が殆ど(内痔核は痛みを感じる皮膚より奥にあり、痛みはなく突然真っ赤な血便でびっくり)、外痔核は肛門の皮膚の延長部位の静脈が腫れて血豆ができている状態→だから痛い!のです。

イボ痔は人間の進化、二足歩行となったことが大きな原因です。血液は心臓から動脈へ送り出され、静脈からゆっくりと心臓に戻ってゆきます。四つ足の動物では心臓と肛門の高さは同じなので肛門の周囲の血液のうっ滞は起こりません。二足歩行を選んだ人間は立っても座っても、体幹の中ではお尻が1番下の位置にあり、常に静脈がうっ血してしまいます。この静脈が腫れたのがイボ痔の正体です。

Th__3 やまいだれに寺と書いて「痔」となりますので、寺と何か関係があるのかと思ったらなにも無いそうです。 中国で昔から肛門周りのことを「痔」といっているようです。 またイボは皮膚などからボコッと取り出しているものを呼んでいます。イボ痔は痔核が大きくなって排便した後(いつもの出ている方もいますが)に肛門からイボのように飛び出していることから、イボ痔と呼ぶようになったようです。 痔核(イボ痔)の人が全て飛び出している訳ではありません。

実際に大腸の内視鏡などをすると、内痔核がない方は少ないほどで多くの方が静脈のうっ血はあります。二足歩行を選んだ人間ですから仕方ないかも知れません。                
イボ痔があるからすぐ治療でもなく、時々出血があるとか、排便時に脱出するが自然に戻る場合は、軟膏や座薬などを使うことが多いです。 肛門からイボ痔が常に脱出している場合や、出血が多い場合に手術療法を行います。 軽度の場合はイボ痔に硬化剤を注射する場合や、イボ痔を専用の機械によりゴムで結紮する療法などがあります。色々な状況に応じての手術療法もあります。                                           
予防としては排便時に力んだりしないように、植物繊維をとって便がスムーズに出るように心がけて欲しいです。こらからの季節飲む機会が増えると思いますが、アルコールは血管を拡張する作用がありますので、お酒を飲んだ後は痔が悪化しますので注意が必要です。

排便時に便が赤い〜暗赤色便の場合にイボ痔と信じ込んで検査を受けず放置している方の中に癌が見つかることも時々あります。 痔の診断がついて治療を受けている方も一度は大腸の検査も受けて下さいね。

2018年11月14日 (水)

心臓突然死とは

「突然死」とは医学的な定義からすると「症状が出現してから24時間以内に予期しない内因死」と規定します。内因死と書いてあるように事故などの外傷や手術などの外的な要因ではなくて、自分自身の病気が原因で起こる急性死を指している訳です。

日本では年間に約10万人の突然死があり、そのうちの約6万人が心臓が原因でおこる心臓突然死なのです。

Th__3 ・心臓はたとえご主人が怠け者でも一生働き続ける働きもので、疲れたから休憩なんかしません(私とは違い勤勉です)wobbly

・心臓は大きく左右の心房と心室の4つの部屋(部分)から成り立っています。体から戻ってきた血液はまず右心房に導いて、右心房から右心室へと送り込み込みます。右心室から今度は酸素の入れ替えを行う肺へと拍出します。肺から戻ってきた血液は左心房に入り、それから1番心筋が厚い左心室へ送り込まれて、左心室の収縮によって全身へと血液が送り出されます。

・心臓は1回の鼓動で全身に血液を600〜700mlずつ送り出している筋肉でできたポンプです。1分間に70回動くすると、1日では7.2トンの血液を毎日送り出していることになります(凄い量です)。

さて、心臓突然死の大半は心室細動と言う不整脈によって引き起こされています。

・不整脈には色々ありますが、心臓の中で全身に血液を送っているのが心室になります。このことより心房の異常より心室の異常の方がより重篤となります。心室細動というのは、規則正しく心筋が収縮と拡張を繰り返して血液を送っていたのが、心室がブルブルと小刻みに震えるだけで、血液を全身に送り出せなく状態となります(心臓が停止したと同じことになります)。 頻度が高い不整脈の1つに心房が同様に震える心房細動という不整脈もありますが、心室の場合と比べたらすぐに致死的になるケースは少ないのです。心房細動は「心原性脳梗塞」「心不全」の注意が必要です。

・ではこの心室細動を起こす病気とは・・・・・

1番多いのは心臓の筋肉に血液を送る動脈(冠動脈)が詰まってします「心筋梗塞」です。心臓の筋肉が低下する「拡張型心筋症」「肥大型心筋症」も心室細動を起こし易い疾患です。 また最近遺伝性の不整脈と注目されている「Brugada症候群」なども注意が必要です。Th_946495

・何らかの原因で心室細動がおこると、全身に血液が行かなくなります。特に脳細胞は虚血に弱く、完全に血液が行かなければ3〜5分で元に戻ることは出来なくなります。 

・この様な突然死の大きな原因の心室細動を止めるには、いわゆる電気ショックしかありません。 その為に学校や公共機関で自動式体外式除細動器(AED)が設置されているのです。除細動が1分遅れるごとに7〜10%ずつ生存率が低下します。

突然死の多くは心臓、脳、大動脈などの動脈硬化が進行が原因で起こる場合が多く、また冬場はヒートショクなどでも起きやすくなります。 日頃から高血圧、高コレステロール血症、糖尿病などの予防、コントロール、身の回りの生活環境、禁煙や過度の飲酒を避けることなどを心がけるようにして下さいねwink

2018年11月 7日 (水)

イビキのバターンと睡眠時無呼吸

今日のFM放送はイビキに関しての注意点や睡眠時無呼吸の話をしました。 以前にも話をしましたので、ブログにも記載しました(http://omoromachi.cocolog-nifty.com/blog/2017/11/post-acac.html )。
日本時においては毎日のようにイビキをかく方は全人口の30%で、中年以上になると50%以上になるそうです。
イビキはうるさいだけなら、周りの迷惑はあっても本人にとっては問題もありません。イビキをかく人の中で、規則正しいイビキではなくて、時々呼吸が止まることがあります。長い時には1分以上止まることもあり、側にいる方が静かになったはいいも、呼吸が止まるのではないかと心配にもなります。 分かりやすいように図に書いてみました。
Th__2
本人は気がつかなくても、無呼吸が続くと本人の体は非常に負担がかかることになります。
この様な睡眠時無呼吸を放置していると、正常者と比べて、高血圧で2倍、狭心症・心筋梗塞が3倍、脳卒中は4倍高くなると言われています。日中の眠気により、交通事故は7倍増加します。
実際に中等度〜高度の睡眠時無呼吸患者さんは放置すると、平均寿命で7年短くなると報告されています。
先ずは上の図のような睡眠パターンがある方は、病院の呼吸器科外来などで相談されてみては如何でしょうか。

より以前の記事一覧