フォト
2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

2024年4月12日 (金)

今週の生け花(令和6年4月第2週)

2024年の4月も第2週となりました。慌ただしい毎日をお過ごしのことと思います。今日は私の方も時間が取れませんでしたので、生け花の写真だけアップ致します。花瓶を重ねて立体的になった花々です💖

Th_img_9289
Th_642
Th_642_20240411163801
Th_642_20240411163802
<花材:乙女椿、カラー、ヒペリカム>

2024年4月 5日 (金)

今週の生け花(令和6年4月第1週)

新年度の開始が月曜日でしたので、新しく入職した方は1週間が長かったことだと思います。慣れないし、緊張するしで大変疲れたと思います。週末は休めたら良いですね。

本土では染井吉野の開花が満開を迎えている所も多いと思います。週末は花見客でごった返す地域も多いかも知れません。天気が良ければいいですね😍

Th_img_9272

今週もいつもの小さな2階のスペースに生け花が飾られています。今日はこの季節らしく桜もいけられています。この桜は染井吉野ではなくて「ボタン桜」と呼ばれる品種のようです。牡丹桜は八重咲きの桜だそうです。花びらがたっぷりと詰まった咲き方が牡丹の花を思わせるため「牡丹桜」と呼ばれるようになったとのこと。
 ついでにこれもネットに書いてあったのですが「5枚の花びらをつけるものを一重咲き、それ以上の花びらをつけるものを八重咲き」と咲き方で分ける場合もあるとのことです(知りませんでした😅)。
今回の牡丹桜は染井吉野などと違い花が大きくて、1輪1輪が目立っています。
Th_641

ボタン桜の後ろに隠れていますが、赤い色の百合の花が凄く大きいのにビックリします。ボタン桜の色合いと桜が大きいためにこの百合の存在が顕著にならなくて済んでいるようです。
Th_641_20240404154301

今回は大きさでも存在感を示している花々です。さあ、皆様方も春に向かって楽しんでゆきましょう💖
Th_641_20240404154302
<花材:ボタン桜、百合、菊、ソリダコ>

2024年3月29日 (金)

今週の生け花(令和6年3月第4週)

いよいよ3月も終わると共に、日本では年度末でもあり、社会だけでなく個人も慌ただしい日々を過ごしていると考えます。同じ時間だというのに12月と3月の月末は妙に追いかけられるような落ち着かない時間を過ごしています😢😅

暖冬と思っていたのが2月後半から3月にかけて寒の戻りがあって、桜の開花も予想より遅れたようです。東京とかでは今日12年ぶりに遅い開花発表になったとのことです。3月後半から4月前半に咲く桜は日本人に取って別れと出会いを象徴する花かも知れません。

沖縄県は寒冷刺激がないために染井吉野は花を咲かせることが出来ません。あの淡い色合いの染井吉野の花吹雪の中を歩いてみたいです😉 沖縄の桜と言えば1番寒い1月から2月の初旬に咲く寒緋桜となります。南国らしい濃いピンク色で威勢の良い花となります😅

今週はいつもの2階の小さなスペースにもお花が飾られていました。

Th_img_9246

やはりこのスペースにも南国らしい春の花々です。ストレリチア(極楽鳥花)が南の島を象徴しているかのようです。
Th_634

雪柳やモミザもあり、これは冬から春の移行をみているような花々ですね😃
Th_634_20240328113801

深紅に白が混ざったアスターも影に隠れていますが、拡大すると目立つは花形です。
Th_634_20240328113802
今回は極楽鳥が飛んで行かないように2重の柵に閉じ込めてしまいました😅 
来週から4月新年度の始まりですね。皆で頑張って行きましょうファイト💪
<花材:雪柳、ストレリチア、ミモザ、アスター>

2024年3月15日 (金)

今週の生け花(令和6年3月第3週)

3月も中旬になりました。時々冬も最後の意地をみせて寒さをもたらしますが、それでも確実に春へと季節は移って行くと思います。南国に住む私でも冬から抜けて春になると心が軽くなって嬉しくなることも多いのです。北の国の方々は耐えた分だけ春の楽しみが倍増すると思います。

Th_img_9216

今日の生け花からは力強さを受けました。春に向けて「どんなもんだいっ」て威張っています。色も形も違う花達が纏まって要塞のような力強さを感じてしまいました。 いつも生け花から個々の花材の特色を活かしながら全体として調和して1つの作品に出来上がることの素晴らしさを発見させて貰っています。
Th_633

黄色の花は「ミモザ」です。ヨーロッパでは古くから男性が日々の感謝を女性に伝えるための花としても親しまれ、この日に合わせて街の花屋さんではミモザが沢山売られ、イタリアの街が黄色に染まる写真を見たことがあります。さった3月8日は国連が決めた「国際女性デー」の象徴としてこのミモザが使われています。
昨日結婚の自由として同性婚などの裁判所の判決もありました。国際女性ディーの関して日本の女性の社会進出の弱さなども紙面を賑わせています。私はいつも他人を傷つけたりしなければ、社会的な地位や信仰や信条、思考、男女だろうが皆等しく認められるのが普通の社会だと考えています。 世界は多様です。お互いに違いを認めて相手を尊敬すれば相手も尊敬してくれるものと思っています。そのために相手を知ることが重要だと思うのです。
Th_633_20240314112801

生け花をみると、人間の社会も早く生け花のようにお互いの個性を活かして美しい世界の作品を創って欲しいと願うのです。
Th_633_20240314112802
<花材:ミモザアカシア、グロリオーサ、ストック、ドラセナ>

2024年3月 8日 (金)

今週の生け花(令和6年3月第2週)

地球温暖化と言っても簡単には春にはさせてくれないようです。全国的に寒い1日となったようですが午後からは少し収まるでしょうか? 那覇市も久しぶりに日中は晴れてくれていますが、夕方の気温が15度と沖縄的には下がっています😅

Th_img_9195

今週の生け花は黄緑が映えています。麦をこのような形で使うのは興味深いですね。ずっと昔の学生時代に岡山でしたでしょうか?春の日差しを受けた麦畑の鮮やかな緑の絨毯に感動したものでした。その時は風が強くて緑の絨毯が波打つ光景が今でも思い出に残っています。
Th_632_20240308113902

緑色の葉は何となく春をイメージさせてくれますね。今日は寒い1日かも知れませんが、もう少しの辛抱で待ちわびた春が訪れるのかも知れません。
Th_632

緑の中に鮮やかな花々も輝いていますね。
Th_632_20240308113901
素敵な週末をお過ごし下さいね💝
<花材:麦、ハラン、ガーベラ、アルストロメリア、アスベルベ、カーネーション>

2024年3月 1日 (金)

今週の生け花(令和6年3月第1週)

昨日は閏年のため2月29日がありました。何となく1日儲けた感じがしました。怠け者の私としては折角の4年に1度の日ですので、公休日にして欲しいと考えておりました😅 と言う訳で1日遅れの3月弥生の月となりました。

3月と言えば冬と春のせめぎ合いの月になると思います。それでももうすぐ本格的な春に近づいて行きますね。3月はまた「花見月」と呼ばれていて、これから梅や桃、そして桜(沖縄の桜の寒緋桜は既に終わっていますが)の花が咲き始めると思います。それ以外にも庭の草花も咲き誇る季節を迎えます。日本では卒業シーズンで卒業式と共に新たな旅立ちに向けて準備をする時期かも知れませんね。

Th_img_9170

今週の生け花は季節感ぴったりの3月をイメージした作品だと感じました。桃や菜の花が使われて春を連想させてくれます。それに赤いカーネーション、紫のスターチスも明るい希望に満ちて、全体から元気を貰える今週の生け花達です💝
Th_631
Th_631_20240301145001

明るい元気な花々です。本当に元気が貰えそうです😉💪
Th_631_20240301145002

3月3日は「桃の節句」ですね。少子化が叫ばれる日本ですが、子ども達が生き生きと成長出来る未来を大人達は作って欲しいと願っています。 また今週の花器には思わず笑ってしまいそうな可愛らしい造りとなっています。左上の紙で出来た雛飾りは隣の内視鏡室に飾ってあったのを写真に撮りました。季節は移り変わって行きます。既にヒナ人形を飾っている家庭も多いかの知れませんね。子ども達の健やかな成長を祈りたいものです。
Th_631_20240301145003
皆様方にとりましても希望に満ちた3月になって欲しいと祈っています🙏
<花材:桃、菜の花、カーネーション、スターチス>

2024年2月23日 (金)

今週の生け花(令和6年2月第4週)

今日は公休日でお休みの方も多いと思います。私ものんびりとしています。日本列島寒いところもあれば暑いところもあるようですね。

Th_img_9152

今週もいつもの2階のスペースにお花が飾られていました。今週の生花はそのボリュームに圧倒される気がします😆
Th_624

ガマズミのこんもりとした茂みの中を歩いているようです。秋以降の果実は食べられ、ワイン色が美しい果樹酒になるとのことです。私は飲んだことはないのですが、どんな味わいなのでしょう?
Th_624_20240222151501

中央の大きな百合はまだ花があまり開いていませんが、開いたら生花全体の雰囲気も変わるのかも知れません。
Th_624_20240222151502
那覇市はここ数日天候も良くて過ごしやすい陽気となっています。本来なら3月から5月ごろの天気の変わりやすさを表現する言葉の代表として「三寒四温」があります。今後は温暖化のせいでこれも2月ごろから適応されるのかも知れませんね。皆様方も体調管理気をつけてお過ごしくださいね。

<花材:ガマズミ、百合、ガーベラ>

2024年2月16日 (金)

今週の生け花(令和6年2月第3週)

2月の中旬になり、季節が動き出しているのを実感致します。沖縄の桜(寒緋桜)は北から開花して南下して来ます。もう那覇市内でも寒緋桜が開花した様子をみることが出来ます。これから沖縄では次第に春へと季節が移って行くことになると思います。

Th_img_9136

今週も2階のいつものスペースにもお花が飾られていました。こちらの桜は寒緋桜ではなく、東海桜という品種です。東海桜はシナミザクラとコヒガンザクラの交配による園芸品種で、3月頃に開花することの様です。

Th_623

シックな色合いの楕円形の花器の中心部に色とりどりのストックが咲いており、真っ直ぐに伸びた黄色のガーベラが色彩を放っています。他が落ち着いた色合いのため、この黄色のガーベラに元気の良さを感じています。
Th_623_20240215165201

季節が変わる時期になると急に寒くなったり暑くなったりするようです。皆様方も体調管理に気をつけてお過ごし下さいね。
Th_623_20240215165202
<花材:東海桜、ガーベラ、ストック>

2024年2月 9日 (金)

今週の生け花(令和6年2月第2週)

2024年も2月に入りました。先週は生け花クラブの活動がありませんでしたので、2月初となる今週の生け花(令和6年2月第2週)です。

最近の内外のニュースをみているとどこもかしこも自分さえ良ければという風潮が出来上がっているように思えて心配です。皆のためとか世界のためと言う声が届かなくなった気がします。世界をリードして間違いを正す政治家もいなくなりました。政治家の暴走はある限度を超えると歯止めがかからず最終的には国民を巻きこんだ戦争へと繋がることを歴史が証明しています。

こんな時に生け花を観ていると、皆個性があってそれぞれに存在感があり楽しくなります。違いを乗り越えて、否、違うからこそ纏まると美しいかたちとなるのだと思うのです。私たち人類も違う色、違う人種、違う考え、違う容姿をもって暮らしています。それを地球というキャンバスで綺麗に花開かせて欲しいと願うのです。

Th_img_9114

ツツジ、カーベラ、トルコキキョウ、千年木の4種類の花材と丸い花器でこの小さな世界は造られています。どれもが自分の個性を十分に発揮して輝いています。

Th_622_20240208200701

本当に形も大きさも色も違います。そこに優劣はありません。どれもが美しいのです。
Th_622_20240208200702
<花材:ツツジ、ガーベラ、トルコキキョウ、千年木>

2024年1月26日 (金)

今週の生け花(令和6年1月第4週)

1月後半から急に冷え込みが強くなりました。南国沖縄でも「サム〜い」と感じる程です。今様方の所ではどうなのでしょうか?

今週もいつもの2階の小さなスペースにも生け花が飾られていました。

Th_img_9102

さつま杉は12月のクリスマスシーズンを思い返してしまいますが、流石に木蓮の花を見ると春も近いと感じてしまいます。この木蓮は沖縄では余り見かけることがありませんでした(私の周りになかっただけかも知れませんが・・・)。本土に行って予備校、大学生活の中で木蓮の花を見かける機会も増えました。時々歩いていて木蓮の上品な芳香が漂って来ました。その匂いと花を見るともう春だなと感じたのでした。
Th_614

私の子供の頃に近くになかっただけで、最近は新聞などでも沖縄県内の木蓮の花が紹介されたりしていましたので、染井吉野と違いちゃんと沖縄でも花を咲かせてくれるようです。今回の生け花にはちょっとした時間差がありました。上の写真では木蓮の白い花が1個以外花を咲かせていませんが、その他の写真は本日の昼に再度写真を撮って入れ替えました。 今回初めて見る花器で丁度木蓮の花と合わせたかのような白さです。
Th_614_20240126081601

木蓮の花は蕾から花が開く途中の瞬間が1番綺麗だと感じました。
Th_614_20240126081602
もう少し頑張ったら春が訪れますね。あと少しの辛抱です。皆で頑張って行きましょう😃😉
<花材:木蓮、(➡️コブシorハクモクレンに訂正)アンスリウーム、ポンポン菊、さつま杉>
マーチャンさんからご指摘を受けました。私も曖昧でしたので指摘されて良かったです。ありがとうございます。(ネットで検索すると「モクレン、ハクモクレン、コブシの見分け方」を書いているブログがありました(この方に許可は貰っていませんのでリンクは張れませんが、検索すると出てくると思います)。モクレンは紫色(ピンク色)ですので、白の花びらはハクモクレンかコブシになるようです。花びらが6枚がコブシで9枚がハクモクレン、花びらが開ききるのがコブシで開ききらないのがハクモクレンとの事のようです。花びらの枚数が写真ではいまいち分かり難かったのですが、一番上の写真で花が完全に開ききっているので木蓮ではなくて「コブシ」と言うことでコブシに分があります。だだ印象としてはハクモクレンなのですが・・・? 両方記載して訂正しました。

より以前の記事一覧