フォト

2021年9月24日 (金)

今週の生け花(令和3年9月第4週)

9月も後半になりました。全国的に新型コロナウイルス感染症の新規感染者が減少傾向がありますが、我が沖縄県は未だ全国1位感染状況です😂 最近はよい天気が日が続いていたのですが、今後台風16号の動きにも注意が必要となります。早め早めの対策をとって頂きたいと願っています。

Th_img_5666
今週の生け花は正面から見ると細長い花器の上に黄色いミニ薔薇と赤紫のカーネーションにクルクマの青い葉が重なり合い、上方には実をつけた紫式部が伸び伸びと空間に広がっています。 とても上品な淑女を見ている気がします。 若い子には出せない大人の女性の雰囲気です(意味不明?)😅

Th_394

斜めからみると日本の筒型の花器を連結させてような形となっています。そのため前後の奥行きが出来て三次元的な立体感も出すことが可能だったのですね。
Th_394_20210922174101

アップにするとそれぞれに違いのある花材を使っているのがよく分かります。
Th_394_20210922174102
コロナ禍で大変と思いますが、これからの秋を楽しめた来意ですね✌️
<花材:紫式部、カーネーション、ミニバラ、クルクマの葉>

2021年9月17日 (金)

今週の生け花(令和3年9月第3週)

9月も中旬となりました。南国の沖縄でも夏が遠ざかってゆくのを感じます。迷走した台風14号が向かう地域の皆様には気をつけて早めの対策をとって欲しいと願っています。 

Th_img_5644

丸いお盆のような花器が目立ちます。よく見ると少し大きめの黒色の花器の上に赤い花器を並べた二段重ねになっていました。この辺りも美へのこだわりを感じます。花器の中心部からすっと上方に伸びた構造となっています。 やはりススキを見ると秋が近づいたのだと感じます。 今では年中色々なお花が出回っていますので、お花で季節感が出しにくい場合もありますが、はやり「ススキ」には秋の風を感じます😃
Th_393

左右斜めから眺めると、花材の配置が分かって来ます。正面からでは分からない部分も出て来ますので、斜めになって初めて気がつくこともしばしばです。
Th_393_20210916181601

丸く白からピンク調の実をつけているのがシンフォリカルポスで、中北米から中国が原産国で、9月から12月にかけて実をつけるそうです。ケイトウやカーネーション、ホトトギスもあまり自己主張をせずにまとまってくれています。
Th_393_20210916181602
<花材:ススキ、ホトトギス、シンフォリカルポス、カーネーション、ケイトウ、ハラン>

2021年9月10日 (金)

今週の生け花(令和3年9月第2週)

9月も中旬になりました。そろそろ本土の方では秋の気配を感じることが出来るかも知れません。

もう何度目の延長になるのかも分からなくなった緊急事態宣言が今月の30日まで延長されました。緊急事態という言葉さえ、特に若い世代には何の意味も持たないかのような雰囲気になっていることが心配です。 昨年から新型コロナウイルス感染症に対してはワクチンしか現時点で対応がないために、1日でも多くの国民が接種することが重要であるとブログでもFM放送でも話をしていました。

日本のワクチン行政は訴訟の問題などでとても消極的です。今年の前半頃、やっと医療機関でもワクチン接種が始まりましたが、なかなかワクチンが供給されず接種が出来る状況ではありませんでした。ワクチンが届かないのに、厚生労働省から通達で「ワクチン接種により差別や不利益が生じないように」という通達が来たのには呆れました。勿論ワクチンの接種は自由で接種の有無により差別することをすることはありません。 マスコミなどでも副反応のことが報じられ、ネットでは不妊になるなどのデマも見受けられました。 それでも自分のため、仲間のため、家族や社会のためにワクチンを打つ方が多くいました。 ではこのような副反応が出ることも覚悟してワクチン接種を受けた人のメリットに関しては厚生労働省はじめ、政府は何も言及しませんでした。 ワクチン接種が体質的にあわない方もいます。 ワクチン接種を受けたくない方もいます。その人達の人権も認めますし、差別をすることはしません。 しかし打った方のメリットは与えるべきだと考えています。 既にヨーロッパなどでは広くワクチンパスポートなどが普及していて、2回目の接種を終えて2週間経てば、国をまたぐ旅行や美術館などの公共施設、大規模なイベントに参加出来る仕組みが出来上がっています。 日本ではワクチン接種率が遅れたせいもありますが、やっとワクチン接種のメリットを保証するようなことが総理からも述べられています。

接種後の痛みや発熱などの副反応も覚悟して接種した方のアドバンテージも認めて欲しいと思います。その方が若い方も積極的に打つメリットを感じると思うのです。 ワクチンが体質的に打てない方もいます。まだ子供さんにはワクチンが打てません。 ですから打てる方が先に接種をすることで打てない方に対しては社会で守るようになって欲しいと願っています。

Th_img_5612

今週もいつもの2階の場所に生け花が飾られていました。上部から光を入れると、グラジオラスの白い花が反射して眩しく、フロアには幻想的な影が投影されていました。
392

斜めから見ると、レッドウイローが弧状を描いていて、それぞれの花材の前後関係もはっきりとして来ます。素人の私からみてもこのような配置や構造を考えるセンスは凄いと思ってしまいます。
392_20210910113001

このように拡大すると、それぞれが特色のある花々ですね。それをアレンジして綺麗に仕上がるのはやはり練習や型の習得が必要なのかも知れません。
392_20210910113002
<花材:レッドウイロー、ベンケイソウ(オータムジョイ)、グラジオラス、姫ヒマワリ、トルコギキョウ、枯木>

2021年9月 3日 (金)

今週の生け花(令和3年9月第1週)

今日の那覇市は朝方は天気がよかったのですが夕方からは突然の大雨に急変しました。政治の世界でもどうやら予想しない急展開の様相です。

2021年も9月となって来ました。あっという間に過ぎてしまい、もう夏も終わりを迎えるのですね。一昨年から続くコロナの騒動は私の昨年の読みでは、今年の夏までにはワクチン接種を多くの国々(少なくとも先進国の国々)ではワクチンがほぼ終了して、夏のバカンスシーズンはマスクや手洗いは実行しても、日常生活や旅行は普通に戻ると考えていました・・・私が考えていた以上に手強いですし、ワクチンの供給がここまで遅れるとは想像していませんでした。

日本もリーダー不足ですが、世界もリーダー不足に陥っています。各国の利害関係がワクチン外交にも影響を与えてしまい、世界をあげてワクチンの生産に取り組むことが出来ませんでした。 WHOが中心になってワクチン製造の特許権も取得できれば多くの国でワクチン生産が加速したと思うのですが・・・

まあいつもの私のブツブツの後に、生け花をみて心を静めて欲しいと願っています。

Th_img_5589

丸く赤い花器の上に、ナナカマドの赤い実が印象的です。ナナカマドは沖縄では咲かないと思います。私にとってはナナカマドは学生時代に登った秋の山の紅葉が印象的な植物でした。
Th_391

黄色のお花はいつも間違えるのですが「小菊」ではなくて「姫ヒマワリ」です。姫ヒマワリはキク科ヒマワリ属の1年草と書いてありましたので、当たらずと雖も遠からずです。ちなみに一般的な「菊」はキク科キク属となっています。
Th_391_20210903075701

今日のお花は晩夏から秋の始まりを予感させるような雰囲気です。これから季節が移って行くのですね。コロナ禍の中で少しため息をついて気持ちを切り替えたいものです。
Th_391_20210903075702
<花材:ななかまど、りんどう、姫ヒマワリ、万年竹>

2021年8月27日 (金)

今週の生け花(令和3年8月第4週)

あっと言う間に来週から9月に入ります。今年の沖縄は7月から長い間影響を受けた台風や前線の影響で、カラット晴れた青空が続く夏が少なかったように感じています。

未だに新型コロナウイルス感染症の増加が止まらない事態が続いていています。1度感染者の数を減らして医療などの安定化を計って貰いたいと願っています。これから新学期を迎え、子供達や大学などでも部活なども盛んに行われると考えられます。更に子供達への感染が広がらないか心配です。 

日本では12歳以下の子供はワクチンの対象でありませんので、親の世代(主に20〜40代の年齢層)の接種率を上げることが家庭内感染を防ぐ手立てだと考えます。1日も速く全国民のワクチン接種が終了して欲しいです😂

何時ものように病院の2階の小さなスペースに今週も生け花が飾られたいました。ありがたいことです🙇

Th_img_5555

細長い白い花器の上には鮮やかなほおずきが飾られ、その量サイドには葉材のソリダスターとアセビが対照的に飾られています。
Th_384

上方にはトクサの節を曲げてアクセントをつけていますし、葉をおとしたアンスリュームの先端に開く赤い苞もインパクトがあります。
Th_384_20210828091301
来週からは9月です。ほおずきも見納めでしょうか。少しでも感染が収まり、心に余裕を持ってお花を眺めたいですね。
<花材:ほおずき、トクサ、アンスリューム、ソリダスター、アセビ>

2021年8月20日 (金)

今週の生け花(令和3年8月第3週)

日本各地での感染爆発が止まりません。自宅待機中に亡くなる若い世代の方も出て来たり、感染した妊婦さんを搬送出来ずに子供さんが亡くなる悲劇も現実的に起こっています。今でもワクチンの無効性や有害だけを強調するような悪質な発信者が後を絶たず、それを鵜呑みにする方が多いことに苛立ちと悲しみを覚えます。もちろんワクチン効果や病気に対して100%はあり得ません。特にワクチン関連死が強調されています。殆どはワクチンと関連はないと思いますが、最悪の状況(ワクチン接種後に亡くなった方を全てワクチンのせいにした場合)でも死亡する確率は0.002%です。コロナ感染で死亡率は1.4%となっています。更にコロナ感染後の後遺症に悩む方も非常に多いのです。このような数値を積み上げて冷静な判断を下して欲しいと願っているのです。

感染に歯止めがかからない状況でのイライラ感も募りますが、今回も生け花達のお陰で冷静さを保つことが出来ています。

Th_img_5542

今回は斜め上からの写真を最初に持って来ました。千年木の青い葉に、フトイの直線が出す影も面白く感じました。
Th_383
丸い褐色の花器に、黄色のオレンジュームやピンクの野バラが柔らかい花を咲かせ、豪快な形のアンスリュームとの対比も面白いです。これらのものを含めて全体的にはバランスが取れた作品に仕上げています。

Th_383_20210819095201

それぞれの花々を拡大すると異なる独立した花材であることが良く分かります。生け花全体としてはまとまった雰囲気になっているのはやはり生け花クラブの皆様の実力が高いからなのでしょうね。
Th_383_20210819095202
<花材:フトイ、オンシジューム、アンスリューム、ヘリコリア、野バラ、千年木>

2021年8月13日 (金)

今週の生け花(令和3年8月第2週)

全国での新型コロナウイルス感染症の新規感染者の増加が止まりません。それに伴い重症者の増加も歯止めがかからず医療負荷が最悪の事態になってきています。デルタ株の感染力が前面に強調されていますが、これまで何度も言っているように「ウイルスは自分では動きません」・・・感染を広げているのは人の流れなのです。 特に若者達はワクチンも打っていないのに夏の観光に出かけたり、仲間でバーベキューをしたりする中で感染が広がっている実態があります。 またワクチンを2回終了後でも新型コロナウイルスに罹患することがあることを考えて欲しいと願っています。

現実的な対応では、国民が1日でも早くワクチンを接種すること、接種がまだの方は当然ですが、接種終了者も三密を避け、マスクをして、手洗いをするなどのこれまでのコロナ対応を徹底して欲しいと願っています。兎に角8月いっぱいで感染爆発を食い止めて、減少に転じて欲しいと祈っているのです。

8月も2週となり本土の方ではお盆に入ったと思います(沖縄県旧盆ですので、今年は8月20〜22日となります)。今週も生け花クラブがあったようで2階のいつもの場所にも生け花が飾られていました😀

Th_img_5505
舟形の白い花器の上に石化柳の無骨な枝が目立っています。この荒々しさを感じさせる骨格の中で、野バラやクルクマ、ワックスフラワーの柔らかい花々が対照的に中央に集められています。

Th_382
Th_382_20210813175101

赤紫の大きめな花がクルクマでピンク色の野バラ、写真左上の花がワックスフラワーです。ワックスフラワーはオーストラリア原産の小低木で、緑色の柔らかな針葉と、赤や桃、白花をつけます。花は名前にあるようにロウ質で光沢があるそうです。黄色みがかった実はビバーナムの実です。花は良く見かけるのですが、球状に花が咲いている状態と今回の実の状態では同一の植物だとは気づきませんでした。

Th_382_20210813175102
<花材:石化柳、ビバーナム、クルクマ、ワックスフラワー、野バラ>

2021年8月 6日 (金)

今週の生け花(令和3年8月第1週)

予想していたように全国で新型コロナウイルスの急速な拡大が続いています。緊急事態宣言の発令されているはずですが、人の流れが止まりません。東京を中心とした感染者の多い首都圏や都市部から地方へ人が移動すればウイルスも移動し、その結果として地方で感染が増大します。

よくテレビなどで空港や街中で人通りが多くなっている箇所のインタビューで「人が想像以上に多くてビックリしました」・・・などと答えています。自分はその数に入っていないのか、自分はコロナなんかにはかからないし他人にうつさない考えているのかと不思議に思えるのです。政府の医療政策やワクチン政策に毎度、医療者として怒り心頭に発することも多いのですが、今回はこれ以上書くのはやめて生け花に心を落ち着かせて貰うつもりです😊

令和3年8月も第1週を迎えました。今年の沖縄の夏は台風6号が随分長く停滞していたり、今度は9号10号も近傍にあり、曇り空や雨風が強い時間帯が多くあります。通年の7月、8月は太陽の季節の沖縄ですが、まだ「ギンギラ太陽」を経験していません😢

 

Th_img_5482

今週も生け花クラブの皆様が2階のいつもの場所にも生け花を飾ってくれています。丸みを帯びた白い花器の上に真っ直ぐに伸びたパンパグラスが力頭よ印象を与えています。直線的なパンパグラスに対してニューサイランの葉をアレンジして伸びやかさも与えてくれます。
Th_381

那覇市は雨が続いていますが、病院2階のこの場所は上方から光が降り注いで、美しい影を作っています。
Th_381_20210806131801

大きなパンパグラスとニューサイランに囲まれて、アンスリュームやクルクマ、カーネーションが明るい色合いを添えています。今回はアンスリュームの赤い苞も余り目立たずに協調しあっています。
Th_381_20210806131802
<花材:パンパグラス、ニューサイラン、アンスリューム、クルクマ、カーネーション>

2021年7月30日 (金)

今週の生け花(令和3年7月第5週)

当然と言えば当然なのですが、新型コロナウイルスの感染が急拡大する中では「緊急事態宣言」の対象地域に埼玉・千葉・神奈川の首都圏3県と大阪を加えるのはやむを得ないと考えています。期限は8月2日から31日までで、すでに発出されている東京と沖縄も期限を延長することのようです。 

どっちつかずの政策を繰り返して、国民に我慢を強要してきたことに対して「国民の心」がついて来ていないことが最大の問題だと考えます。7月にオリンピックを開催する国が先進国で一番遅れてワクチン接種を始め、新型コロナウイルス感染症の拡大が既に分かっている中でオリンピックを行った政府(IOCそれとも東京都?・・どちらも責任の押し付け合いの気がしますが・・💢)に対して、(世界に対して責任を果たすために? いい顔をしたいため? お金の為? 選挙のため?)お祭りはするが「国民は自粛して」と納得がいかないのです。 

若者達を中心に感染が広がっている様子を眺めると「罹っても軽症ですむし、わざわざワクチン打って副反応が出たら嫌だ」という「自己中心的で、他人を思いやる気持ちが希薄化した」現代の日本の若者達の特徴が顕著化した感染の拡大のような気がして心配です。

またまた愚痴で始まった金曜日ですが、今日も生け花に癒されて、怒りを静めることが出来ています😃 いつも生け花クラブの皆様には感謝致します🙇

Th_img_5451
今週の生け花は、アレカヤシの葉を実に見事にアレンジしています。葉の先を切り落として揃え、上手く曲線を使って涼しげにいけています。
Th_375
丁度グロリオーサの花も花弁が離れて空間があるために、全体的に密集を避ける効果があり、その分風通しがよい夏の雰囲気です。後方に通常は目立つ黄色のガーバラが影のような存在として使われています。

Th_375_20210730182201

少し斜め上からみるとグロリオーサの花の形のユニークさが分かります。愛らしい花ですね。
Th_375_20210730182202
<花材:アレカヤシ、グロリオーサ、ガーベラ>

2021年7月23日 (金)

今週の生け花(令和3年7月第4週)

サッカーやソフトボールなど無観客試合ですが、オリンピックが始まりました。今日はいよいよ開会式ですね。これまで血の滲むような努力を重ねてきたアスリートの皆さんが実力を発揮して素晴らしいパフォーマンスを見せて欲しと祈っています。

東京を初め多くの地域で新型コロナウイルス感染症の新規発生者数が増加に転じています。皆がワクチンを接種するまでの我慢ですので国民1人1人が他人任せではなくて、自制しながら過ごして頂きたいと願っています。


Th_img_5445_20210723151401

那覇市は台風6号の直撃を避けることが出来ました。しかし非常に速度が遅く尚かつ東から西に進んだかと思うと今度は北向きの進路を取るよう進んでいます。那覇市内は1週間以上、雨風が強い状況が続いています。何時もなら病室から那覇市内が望め、遠くは那覇飛行場から慶良間列島までみえるのですが、この1週間ずっと上のような天気が続いています。流石に嫌になってしまいます。
Th_img_5433

外は荒れ模様ですが、病院内のいつもの2階の場所には生け花が飾られていてホッと致します。正面から見るとモンステラの大きな葉とクルクマの薄紅色の花が目立っています。
Th_374

横から見ると変わった形の花器とともに、それぞれの花が独立してはっきりと分離しています。リンドウの位置関係も分かります。
Th_374_20210723111201
早くこのお花達のように、那覇市内も明るい天気になって欲しいです💖
Th_374_20210723111202
<花材:リンドウ、クルクマ、カルバルーポ、モンステラ、ヒペリカム>

より以前の記事一覧