フォト

2019年8月 9日 (金)

今週の生け花(令和元年8月第2週)

先島諸島を台風9号が通り過ぎて、被害も大きかったようです。この季節、宮古、八重山、その周囲の離島の海は本当に美しく輝いています。陸からの眺めも、海の中の景色も素晴らしく沢山の観光客を引きついています。ただ自然が相手ですので台風に出くわした時には本当に悲しくなると思います。観光客が台風が近づく中で、急遽ごった返す空港の中で帰り便の順番を待っているニュースを見るとこちらも済まない気分になります。

那覇市は風や雨は強かったのですが、大きな被害もなく済んでいます。 ただ午前中は雨風が強かったので、来院する患者さんも雨に濡れた方も多かった思います。

Th_1pbexoes7admweqsrn1uq_thumb_9f77

今週も2階のいつもの場所に生け花クラブの皆様がお花を飾ってくれていました😃 直接花器は見えませんが、竹で編んだ籠が柔らかい印象を与えてくれています。いわゆる陶器や金属の花器と比べて、竹籠は優しい光を放っていまね✨

Th_82_20190809173801

今週も個性派揃いの花々です。赤系統のホオズキとケイトウ、クルクマが可愛らしく配列する中で、黄色のひまわりは強烈に光を発しています。 靄がかかったような細かい綿菓子のような花は、名前の通りスモークツリー(けむりの木)です。 この霞のお陰で、他の花々の色が被らなくても良いのかも知れません。

Th_82_20190809172901
早く夏の沖縄に戻って欲しいです。台風10号の今後の進路が気になります。影響を受けそうな地域の皆様はお気をつけて下さいね💕

<花材:ホオズキ、ひまわり、ケイトウ、クルクマ、スモークツリー(けむりの木)>

 

2019年8月 2日 (金)

今週の生け花(令和元年8月第1週)

8月に入ったかと思ったら大雨の沖縄地方です。猛暑、極暑の8月かも知れませんが、夏休みで子供達の歓声が聞こえてきそうです。子供達には素敵な夏休みを作って欲しいですね。

外は大雨でも、病院の3階の場所には今週も生け花クラブの皆様がお花を飾ってくれていました😊

Th_img_2744

今週の生け花は、それぞれがガツンとした迫力があります。綺麗なシアンブルーの丸い花器から前方に深緑色の大きな葉(クッパカラ)が目立ちます。この大きな葉のお陰で花々がより惹きつける効果があるようです。

Th_81

クッパカラの間から黄色と紫のカーネーションをバランス良く配置しています。正面からは少し隠れるのですが、後方の花器の上には頭状花序で、細いピンク状の長い雄しべが特徴的なピンクッションが顔を覗かせています。斜めからの写真が分かりやすいですね。真っ直ぐと枝を伸ばしたストレリチアなシャープの穂先も全体を引き締めています。

Th_81_20190802143201

それぞれ個性的な花材をしっかりとまとめているのは流石に上手いなと思いながら眺めています。

まだ熱さに十分に慣れていない体に猛暑は答えますので、熱中症に気をつけながら夏を楽しんで下さいね💖

<花材:クッパカラ、ストレリチア、カーネーション、ピンクッション>

 

 

2019年7月26日 (金)

今週の生け花(平成元年7月第4週)

地球温暖化と共に台風の発生場所も次第に北になっているのかも知れません。熱帯低気圧が今日台風6号へと変わり、明日、明後日に本州に上陸しそうな気配で、雨・風による影響が心配です。進路方向にある皆様方はお気をつけて下さい。

7月に入ってもなかなか沖縄らしい青空がなかったのですが、やっとここ何日かは青い空がみられています。当院からも遠くの慶良間列島や那覇空港、那覇市街地や大きな豪華旅客船が停泊している港が青空の下で見ることが出来て、気持ち良いです。

Th_img_2720

今週も生け花クラブの皆様が3階のいつもの場所にもお花を飾ってくれていました。外の青空に負けないぐらい元気のあるお花達です。

Th_74

真っ白な花器に、黄色のガーベラ、先が小さな紫の丹頂アリアム、ラッパのような小さな青紫のアガパンサス、後方に燃えるようなグロリオーサ、小さな小菊、それに雲竜柳の枝が空間を自由に走っています。 とても広々とした鮮やかな風景です。

この3階のスペースはカラッとた夏の空気を感じます💖

<花材:雲竜柳、アガパンサス、丹頂アリアム、ハラン、グロリオーサ、小菊、ガーベラ>

 

2019年7月19日 (金)

今週の生け花(令和元年7月第3週)

タイトな1週間が終わりそうです。那覇市はまだ台風の雨雲が被っています。通常では沖縄地方は梅雨が明けると嫌になるほどの青空が続くのですが、今年は梅雨明けから晴れ間は少なく雨の連続、そして今度は台風のため、日曜日まで雨のマークです。これ以上雨は入りませんと言いたいほどです😠

Th_img_2685

今週もこの様な雨模様の中、三階の小さなスペースに生け花が飾られていました😃

Th_73_20190719191401

明るいアンスリウムやケイトウのお陰で軽やかな感じがします。それとひまわりは青い空の夏が似合いますね😃

Th_73

残念ながら今週も時間がなく、ゆっくりと鑑賞できませんでした。それでも今を切り取らなければ、生け花達が可哀想です。写真だけでも見て貰えたら嬉しいです💓

<花材:ひまわり、ケイトウ、アンスリウム、ゆどうらん?>

 

2019年7月12日 (金)

今週の生け花(令和元年7月第2週)

梅雨明け後、ずっと雨が続く沖縄で、晴れ間が出たかと思ったらまた雨の不安定な状況が続いています。

今週も生け花クラブの皆様が、いつもの2階の場所にもお花をいけてくれていました(病院の総合案内や、外来などにも花が生けられています、2階のこの場所は奥まった所で多くの方の目に留まる場所ではありませんのでこのブログで紹介しています)。

Th_img_2663-2
今週の生け花は黒地の花器と幅広いグルクマの葉の上に、真っ直ぐに伸びたガマによって全体が整えられています。そしてピンクの色が鮮やかなグラジオラスに、何やら怪しげな長い絨毯のような紫の花(アーティーチョーク)が目に飛び込んで来ます。
Th_72
左右のアングルからみても出で立ちが美しいです💖 生け花は色々な角度から眺めるとまた違う表情を見せてくれます。
Th__20190711163801
アーティーチョークについては初めて見た気がします。正確には初めて花を見たということでしょうか? 時々市場などで食材として売られているのを見かけたことがあります。食べたことはない(ないと思う?)のですか、萼の部分などは食材として活用されている様です。 萼のゴツゴツがなければパソコン周りの掃除用に使えそうな雰囲気です(^_^)
<花材:アーティーチョーク、ガマ、グラジオラス、クルクマの葉>
**このブログがアップされる頃には出張に出ますので、返事が遅れたりするかも知れません。ご了承下さい**

2019年7月 5日 (金)

今週の生け花(令和元年7月第1週)

今週も生け花クラブの皆様が3階のいつもの場所にお花をいけてくれていました。花々が瑞々しく美しいです。

今日は緊急手術を終えて手術場をでると、那覇市は大雨の状態です。九州の雨もどうなっているのでしょうか? 心配です。

Th_img_2642

これから今日2件目の緊急手術が待っています。取りあえず写真は撮りましたので、写真の紹介だけでも致します。この様な花があるだけでも有り難いです。

Th_71

手術を終えた頃には雨が上がって欲しいのですが・・・

<花材;ユーカリ、アンスリウム、リンドウ、ひまわり、ソリダスター>

2019年6月28日 (金)

今週の生け花(令和元年6月第4週)

沖縄は今日は天気は回復しましたが、熱帯低気圧が台風に発達して四国や近畿では大雨になっている所もあるかも知れません。災害が起きないことをお祈りしています。 今日からは大阪でG20のサミットが行われるようですね。 自分だけ良ければのトップも集うので世界の人類のための共通の話題が処理出来るかは心配ですが、お金や警護をかけて日本に集う訳ですのでよい結果を出して貰いたいものです😅

今週も生け花クラブの皆様が2階のいつもの場所にお花を飾ってくれていました💖 

Th_img_2615

今週の生け花は、深紅の大柄な花のシャクヤクが目立っていますが、スプレー菊がより気品に満ちた白さを放っています。

丸い形をした白い花器の上に乗っている小さな実はナナカマドの実となります。あまり沖縄ではみませんが、東北や北海道、山の散策で見返る広葉樹で、秋には紅葉や実が赤くいろずくので目立って来ます。 東北や北海道では街路樹としても植えられています。 和名の「ナナカマド」はこの木が燃えにくいことより、「7度竈(かまど)に入れても燃えない」ということから来ているそうです。 実際に燃えないかどうかは判りませんが😊

Th_64

全体の構図からすると、やはり左右の上方にナナカマドの枝を伸ばしたために、こじんまりとせずに空に向かい広がりが出ている気がします。正面だけなく斜めから見るとまた雰囲気も違って来ますね。ワンポイントで紫のリンドウも色彩を豊かにしてくれています。どちらも素敵です💕

<花材:ナナカマド、シャクヤク、スプレー菊、リンドウ>

2019年6月21日 (金)

今週の生け花(令和元年6月第3週)

梅雨の最後のあがきなのか沖縄は土砂降りになったりしていましたが、今日は比較的天気も回復してきました。

Th_img_2599

今週も2階のいつもの場所に生け花クラブの皆様のお花が飾られています。今週の生け花は、真っ赤な直線的な花器に前方の伸びたストレリチアの存在が極まっています。ストレリチアの穂が鋭く尖っていて切れ味抜群です。 

Th_63
横から見るとストレリチアが前方に飛び出して表現されているのがよく判ります。その鋭さと対象的に花器の上に乗った紫色の紫陽花は形も色合いも柔らかで安心感があります。

Th_63_20190621143801

 

葉材として使われているのは後方の大きな葉は糸バショウで前方側に葉の周囲が黄色みがかつているのがイボタ(水蝋)です。

イボタは初夏に葉を広げる黄緑色の美しい木々で、木が堅くて楊枝や箸などの材料としても使われているそうです。

これは知りませんでしたが、水蝋の木には「イボタカイガラムシ」が寄生して、その虫がだす分泌液を「イボタ蝋(ロウ)」として家具のつや出しなどで使ったり、実際の様々な蝋(ロウ:ワックス)として使用しているそうです。

早く梅雨明けして欲しいと願いながら花々を眺めています。

(今日は病院全体の新入職員の歓迎会です。若い彼らが伸び伸びと成長して、患者に寄り添える医療職になって欲しいと願っています)

 

<花材:糸バショウ、紫陽花、ストレリチア、イボタ、菊>

2019年6月14日 (金)

今週の生け花(令和元年6月第2週)

梅雨明けが近い沖縄と思いますが、例年のように梅雨明け近くには大雨になることも多く、沖縄地方も雨の日が続いています。

この様な天気にの中で、今週も生け花クラブのお花がいつも紹介している2階の角の小さなスペースに飾られていました。

Th_img_2565

紫陽花が梅雨らしい季節感を醸し出しています。今回の生け花は今しがたまで外にあった花を摘み取ってきた雰囲気です・・・と言うのも、写真を色々な方向から撮ったとしても、虫に食われたような葉っぱが写ってしまうのです。 逆に飾り気のない自然のままの雰囲気が出ていて、どこから見ても完璧よりも高感度がましてしまうのです(^_^)。 時々、野菜や果物が形や色で商品価値が下がってしまうことが気になっていました。 たとえ不格好でも味も栄養も変わらなければいいじゃない!と応援したくなってしまうのです😊

Th_62
大きくループを描く雲竜柳の枝と右の上方にすらっと伸びるストレリチアが調和して全体の構図を決めています。少し負けじと小さな可愛い花をつけている小菊も愛らしいです。 日本列島、雨の季節ですが、心は晴れやかに過ごしたいですね✌️

<花材:ストレリチア、紫陽花、雲竜柳、小菊>

2019年6月 7日 (金)

今週の生け花(令和元年6月第1週)

那覇市は今日も比較的天気が良くて、太陽が眩しいです。それに30度と夏日になっています。早くも日本列島は暑い日となっている所も多く、この先の7月8月の気温が気になってしまいます。

Th_img_2534
今週も生け花クラブの皆様が、2階のいつもの場所にお花を飾ってくれています。 今日の生け花は色合いや空間が空いているせいで、涼しげで、上品で落ち着いた美しさを漂わしています。
Th_61

やや赤みがかった茎から対象的に伸びる枝とその紫の蕾が美しいのですが、この花がどの名前か判りませんでした😂 生け花クラブが書いてくれた名前には「ブルティア」となっていたのですが、検索できませんでした。 まあ名前は兎も角としてこれが在るために、今週の生け花がエレガントに見えたのは確かです。

Th_61_1

カラーの深紅も落ち着いていますし、グルクマも青系統の葉材と相まって落ち着いています。後方には黄色のシンビジュームと小菊がありますが、黄色の膨張色の割には柔らかい雰囲気を出すにとどまっています。丸い花器の使い方も絶妙です。

沖縄では旧暦の5月5日にハーリーが行われます。ハーリーは航海の安全や豊漁を祈願して、沖縄の伝統的な船のサバニで競漕を行う行事で、これが行われると沖縄では梅雨明けが近いと言われています。 これまではあまり大雨はありませんでしたが、梅雨の最後は土砂降りになることもありますので、梅雨明けまでは用心ですね。

<花材:ボルティア?、クルクマ、シンビジューム、小菊、カラー>

より以前の記事一覧