フォト

2020年7月24日 (金)

今週の生け花(令和2年7月第4週)

予想していたように全国で新型コロナウイルス感染症の新規発生が急増しています。今後1〜2週間で状況が悪化することは避けられないと思いますが、どうにか医療崩壊が起こらないレベルで留まって欲しいと願っています。

Th_img_4130

これから夏の本格シーズンですが、リンドウを見るとどうも秋をイメージしてしまい季節がいつなのかこんがらがってしまっています😅  ナナカマドも実をつけ始め、秋にはきっと秋空のもと真っ赤な実に変わって行くのでしょうね。ピンクッションは南アフリカ原産で名前の通りピンクの頭状花序を持ち、花被から細長い雄しべが出て来ます。このお花は春から初夏にかけて咲くと思います。今日の生け花は春から秋までのスリーシーズンを着こなしています(^0^)
Th_274

斜めから見ると花器が白いだけ、リンドウの濃い紫が目立っています。
Th_274_20200724105401

全国に新型コロナウイルス感染症が増加する中で、お花達は自分の使命を果たすように生き抜いていますね。咲いてくれてありがとうです!
Th_274_20200724105402
たまには上から写した写真に額縁を添えてみました。心穏やかに過ごしたいものです💖
<花材:ナナカマド、ピンクッション、クルクマ、リンドウ>

2020年7月17日 (金)

今週の生け花(令和2年7月第3週)

全国の新型コロナウイルス感染の広がりが止まりません。私から見るとどうも新型コロナウイルス感染症に対して「守りと攻め」のバランスが悪く、政策の実地時期のタイミングがずれているように思えて仕方ありません。三国志の諸葛孔明に占って欲しいほどです😅

Th_img_4109

先日このブログで書いたように沖縄県では、米軍からのもう1つの感染経路があります。やっと全国ニュースでも取り上げられるようになりました。 在日米軍の人数は大凡5万5千人程度と思われます(沖縄在住は更に少なくなります)。調べていませんので分かりませんが軍属や家族となると10万人程度でしょうか? 現時点で沖縄県内の米軍の新型コロナウイルス感染症は141名です。 人数の割合からすると基地内はまさにコロナウイルスの蔓延状態だと推定されます(米軍での感染比率を東京都の人口を1400万として換算すると東京都で141名×140=19740人が感染しているのと同じことになるのです)。余りに大きな数字で驚愕してしまい、思考停止に陥りそうです。
・・・・ため息ついても仕方ありません。感染対策をやって行くしかありません。 このような中でお花を見ているとやはりホッとします💓

Th_273
今日の生け花は国のコロナ対策と違い、バランスがいいです。落ち着きと艶やかさと直線と曲線、色の違いも大きいのですが、上手く全体をまとめ上げています。
Th_273_20200717183901
ライトを上から当てた写真を撮りました。今日はちょっと派手な色の額縁に入れてみました。「元気出せよ」と自分を鼓舞するためにも明るい色にしました✌️😊
<花材:サンゴ水木、唐辛子、トルコキキョウ、カーネーション、姫ヒマワリ、かずら、イチジクの葉>

2020年7月10日 (金)

今週の生け花(令和2年7月第2週)

東京での新型コロナウイルスの感染拡大から全国へと広がりつつあります。沖縄県でも危惧されていた感染者が出ました。これからコロナの感染者がでないことはあり得ないのですが、また辛い時期を耐えなければいけません。 日本が経済再開に舵を取った以上は医療崩壊が起こらないようにすることが求められています。やはり気になるのは、これまで純粋に医学的見地から生の情報を私達にわかりやすく訴えていた「専門家会議」の提言が色々な忖度の中に吸収されてしまうことです。経済が混乱しないようにウイルスの危険性が過小評価されないかも心配です。

沖縄県は日本国内からの移動による感染もありますが、日本国内の感染者にはカウントされず、正確な情報も伝わらない米国軍属からの感染がもう1つのルートとして存在します。 現時点で米国から持ち込まれた軍属の新型コロナウイルス感染症は10名以上いるようですが私達には細かな情報が伝わりません。これが東京なら抗議が殺到するでしょう。ここにも沖縄の現実があるのです。

Th_img_4083

新型コロナウイルス感染症の新規発生による緊張感とイライラ感が増す中で、生け花が心を落ち着かせてくれました。生け花クラブの皆様に感謝です。 黄色の小菊とケイトウの赤が鮮やかです。

Th_272
丸い茶色の花器にビバの青い葉、そして雷のような雲竜柳の枝が燃えるようなケイトウの赤に繋がって見えて来ます。

Th_272_20200710124701
これから日本各地で重症者の急増や院内感染などが起きないことを祈りたいと思います。
<花材:雲竜柳、ヒバ、ケイトウ、小菊>

2020年7月 3日 (金)

今週の生け花(令和2年7月第1週)

1番懸念していた東京都での新型コロナウイルス感染症の増加は、一極集中の日本の構造からして、東京から地方へと全国各地に感染が広がることが予見されてしまいます。この事態で1番懸念されるのが、政府が何ら政策を打ち出さない中でも、医療や国民のことを考えて純粋に医学的な見地で頑張って提言をして来た「新型コロナウイルスに対する専門家会議」が突然廃止になったことです。 初めて人類が経験することに対して試行錯誤しながら進むしかありませんし、恐らく誰がやっても正しい答えは見いだせないかも知れません。これから新たに国民に多くの痛みを伴う政策をしなければならないでしょう。信頼出来るのであれば苦痛も耐えようと考えます。忖度が働いた政策が信頼出来ない場合の強要は拷問と同じです。

答えの見いだせない中では信頼が1番のよりどころです・・・そのようなことを考えながら「今週の生け花」をみていました。

Th_img_4052

2020年後半の初めての生け花です。縄文土器のような素朴な色合いの花器とヘリコニアの直線的で太い幹、葉材のソケイ、野性味溢れる月桃の実が大胆で力強いです。
Th_271
黄色のひまわりは通常はそれだけで人一倍存在感があるのですが、今回は白いバラと同様に脇役となっています。
Th_271_20200703163501
今週も個性的な花々です
Th_271_20200703163502
野性的だった生け花も、このように丸い額に納めると、少し表情が優しく変わりました。私もイライラせずにこの時代を乗り切らなければならないと反省です😢。
<花材:ヘリコニア、ひまわり、月桃の実、ソケイ、バラ>

 

2020年6月26日 (金)

今週の生け花(令和2年6月第4週)

Th_img_4028

今週も生け花クラブの活動があったようです。何時ものように2階の角の方にもお花が飾られていました。時代を感じさせる茶色の花器にハランの青々とした緑が鮮やかです。薄紅色のクルクマの苞がハランの間から顔を覗かせています。まっすくに伸びる黄色のブラジオラスのお陰で安定感が出ています。
Th_264

正面と左右の斜めから写真を撮ると立体的なイメージが判ります。どの場所から眺めても美しいですね。
Th_264_20200626145101

高い場所にあるモヤモヤとしたのはスモークツリーです。これまでの使い方としては中央で使うことも多かったと思いますが、このように上部にスモークツリーを配置すると、より中央の花材にピントが合ったような演出効果もあるかも知れませんね。
Th_264_20200626145201
天井のライトをつけるとこのような感じになりました。額に納めるとまた優しい感じになりました。
東京都での感染者の増加が気になる沖縄県です。観光では来て欲しいのですが、それと同時にコロナも入ってくるはずですので、今沖縄県で発生者がいなくても気を緩めないようにしないといけませんね。今度のコロナは消耗戦の様相です😢

 

2020年6月19日 (金)

今週の生け花(令和2年6月3週)

今日から東京都の休業要請も全面解除となり、国による渡航の移動も制限がなくなったことです。額面通りだと非常にありがたいことですが、東京で再流行が起こっている中での解除が、疫学に基づいたものなのか、流行の危険度を無視した政治判断なのか?・・・もちろん経済も大切ですが、国民を不安にさせたのは「自粛と手当がセットでないこと」だと思うのですが・・・まあ誰も答えを知っていない状況で進むしかありません😢

Th_img_4014
今週も生け花クラブの皆様が何時もの場所にも生け花を飾ってくれていました😃😃 ひときわ黄色いひまわりが目立っています。

Th_263
金属製の花器に、正面から見ると大きな船をイメージしましたが、斜めから見るとまた違う印象を持ちます。私のような素人でも生け花は色々な角度から眺めるものだと最近分かり始めています(遅すぎますかね 😢)

Th_2632

答えのないなかで右往左往していますが、お花達は何事もないように季節が来たら咲いてくれているのですね。私ももう少し心のゆとりを取り戻さなければですね♡
Th_2633
<花材:ブルーベリー、ひまわり、バラ、カーネーション、千年木>

2020年6月12日 (金)

今週の生け花(令和2年6月第2週)

6月も第2週となり、ここ沖縄県では40日以上新型コロナウイルス感染症の新規患者さんが出ていない状況でホッとしています。ただ沖縄県は地理学上、東京をはじめ大都市圏からの飛行機による人の往来が多いために、その場所での流行が波及することも考えて対応しています。東京が新規患者数が20名を超える中で次第に制限が解除されていて、夜の繁華街からのクラスターが発生しないことを祈るだけです。

Th_26

6月から生け花クラブの活動も三密を避けて、部屋をオープンにした状態で始まったようです。今週もいつもの2階の場所にも生け花が飾られていました(ありがとうございます😄)。たまには枠に入れた写真を最初に載せてみました。余りやり過ぎると本来の美しさがなくなることも考えて、私自身が深入りしないように考えていますが・・・😅

Th_262

丸いダリア、シャープなヘリコニア(?)、フワフワなケイトウ、それにこの時期各地で咲き始めるハナミズキを使用しています。真っ赤な花器に映えます。
Th_262_20200612152801
まだまだ不安だらけの感染対策ですが、出来るだけのことをやってゆくしか手立てはないようです。皆様方もお気をつけて頑張って下さいね💖
<花材:ダリア、ヘリコニア、ケイトウ、ハナミズキ>

2020年6月 5日 (金)

今週の生け花(令和2年6月第1週)

コロナに追われるように6月に突入した感じがします。沖縄県は5月中はCOVID-19感染者は1名も出ずにすみました。しかし東京の感染拡大が気になる所です。どうしても沖縄県は東京などの大都市圏からの飛行機の乗り入れが多いために、感染がおきている地域からの出入りには気を配ってしまうのです。東京で密になるのを避けるのは至難だと思いますが、少しでも感染リスクを減らして頂けたら嬉しいのですが・・

Th_img_3976

生け花が何時もの場所に飾られていました。3月後半から中断されていた、生け花クラブも6月から再開したようです。しばらくは部屋も開けっぱなしで、三密にならないように行われると思います。
Th_261

今週の生け花は全体的には爽やかな印象です。柔らかい色合いで少しも梅雨のジメジメした感じは受けません。
Th_261_20200605155001

乳白色の花は山法師(ヤマボウシ)、薄紅梅色のグラジオラスに縁取りがピンクのバラの花が山法師の深緑色の葉によって引き出された感じを受けます。左側の小さなレッドパープルの可愛らしい花はナデシコです。ナデシコにも色々と種類があるようです。自宅で抱いていたのは「アメリカナデシコ(美女ナデシコ)」だったようで、深紅に周りが白い花でしたので、生け花に使われたナデシコとはイメージが異なっていました。私的にはナデシコはさだまさし(グレープ)の「追伸」やサッカー日本代表の「なでしこジャパン」の方がお花よりも先に頭に浮かんでしまいます😅 皆様方のイメージはどうなのでしょうか?
Th_261_20200605155002
上から光を当てるとこのような感じになります。パソコンで枠をはめ込むとまた違う印象になりました。まだまだコロナとは関わってゆかねばなりませんが、気を抜かずに感染を防いでゆきましょう

 

2020年5月29日 (金)

今週の生け花(令和2年5月29日)

気がつけば5月ももうすぐ終わりとなります。何となく忙しくて曜日の感覚がなくなりつつあります。緊急事態宣言が解除された週末を迎えると思うのですが、コロナウイルスはなくなった訳ではなく身近に潜んでいます。まだ気を緩める時期ではありませんので、注意深く行動することが大切なのでしょう。宣言を出すのはある意味簡単ですが、解除する方が難しいと考えています。

病院も中断していた、健診業務や内視鏡、待機手術などを再開するために、色々な問題が立ち上って来ます。誰も経験したことはありませんので、試行錯誤を繰り返しながら自分達で出来る方法を探すしかありません。それを考えるだけで頭の中が常に飽和状態となっています(まあ私の頭の容量が少ないのが原因なのでしょうが・・・😂)

Th_img_3955

このような中で、2階のいつもの場所に、生け花が飾られていました💕 今週の生け花は、無骨な流木に独特な色合いの花器にスパイラルジンジャーの野性的な造形がマッチしています。中央にある紫の花材はムラサキゴデン(紫御殿)です。


Th_2529
斜めからみても、荒々しい自然をみているかのようです。中国の桂林のような水墨画の世界にでも訪れたかの気分になります。

Th_2529_20200529155401

またこれからの1週間、1ヶ月でどのように感染は推移してゆくのでしょうか? 先の見えない戦いは続きます👊

2020年5月22日 (金)

今週の生け花(令和2年5月22日)

コロナウイルス感染症のた全世界も慌ただしく、右往左往する日が続いています。日本においては多くの国民の努力で感染者の数は減少傾向にあります。しかしこの先の予想がつかないため、いくつものオプションを考えながら解除に向けての作業を進めなければなりません。 余計な作業や予算を費やしますし、ガウンやN95マスクや様々な医療器具の調達にも時間がかかります。私達の病院でも人間ドック・健診業務や内視鏡検査、呼吸機能検査を中止したり、外来や手術を制限するなど、日々混乱した状況の中で仕事をしています。6月に向けて少しずつ健診業務や内視鏡検査なども行う為に手順の見直しや、環境整備も行っていますが、また感染爆発が起こればこれらが全て白紙に戻ってしまいます😢
Th_img_3926

頭が混乱しそうな中でも、今週も2階のいつもの場所にお花が飾られていました。 思い切りホッと致します😃 もう一度頭を整理して、1つ1つの問題を少しずつ少しずつ解決してゆかねばなりませんね。違う状況が起これば、それに対応するまでです。
Th_2522_20200521150701
紅紫のグラジオラスが真っ直ぐ伸びるなかで、下段には梅雨の季節らしく2種類の違う紫陽花に、色の違うカーネーションが咲き誇り、それをオオタニワタリと蓮の葉(両方とも名前があっているかはっきりしませんが・・😰)の緑が鮮やかに支えています・

Th_2522_20200521150702
人間界のコロナ騒ぎに動ぜず、この花々は梅雨を待っていたかのように咲いています。一瞬でも、私もこの花のように心穏やかに過ごそうと思うのです💖
Th_2522
紫陽花、グラジオラス、カーネーション、蓮の葉?、オオタニワタリ?

より以前の記事一覧