フォト

2017年4月21日 (金)

今週の生け花(平成29年4月第3週)

4月も中旬が過ぎ、春の陽気を飛び越えて夏日になるなど気候がコロコロと変わりやすい時期を迎えています。皆様方も体調管理はお気を付けてお過ごし下さい。
Th_img_5276                                
今週も生け花クラブの皆様がいつもの2階の場所にお花を飾ってくれています。

今週のお花達、なんと元気で明るいのでしょうshine 寒く暗い冬(硬く黒い花器)から、ツツジもガーベラもスプレー菊も一斉に太陽に向かって咲きほこっています。まるで春の陽気に両手を思い切り広げた感じがします。

沢山の花をつけたピンク(赤い)のツツジが艶やかですね。春先に一斉に花を咲かせるツツジは各地の公園などで見かける春を代表する花木です。ツツジの名前は「花が筒(つつ)状」になっていることに由来することや、花が次々に連なった咲くことより「続き(つぐき)」からきているといわれています。

赤い(ピンク)ツツジの花言葉は「恋の喜び」だそうです。春に目映く咲く花々からイメージされたのかもしれませんね。前回ブログでギターの弾き語りの赤いスイートピーも初恋や恋の喜びをイメージするお花でした。春先に咲く赤い花は私達にとって恋愛と結び付くのかもしれませんね。
Th_2943

黄色のガーベラも赤紫のスプレー菊も花弁が真っ直ぐ伸びていて、春の力強さをも感じさせてくれます。

冬眠していた体を夏に向けて始動しないといけませんね。頑張ってゆきましょうscissors

<花材:ツツジ、ガーベラ、スプレー菊、ドラセナ>

2017年4月14日 (金)

今週の生け花(平成29年4月第2週)

4月も第2週となりました。朝出勤時に体より大きく感じる真新しいランドセルを背負ったぴかぴかの一年生を見る時期となりました。小学校の近くではお巡りさんも横断歩道に立って誘導しています。日々の業務以外にもこの時期は大変かもしれませんね(お疲れ様です)。

Th_img_5255 当院の新入職員も少し緊張から解放されてきましたでしょうか? 私の方も何となく慌ただしく感じた年度初めも過ぎて落ち着いた感があります。

今週も2階のいつもの場所に生け花クラブがお花を飾ってくれていました。今週の生け花は春にびったりなイメージです。 赤くシャープな花器とガーベラのオレンジの大輪が目立っています。 見た瞬間ガーベラが目に着いたのですが、赤い花器とオレンジのガーベラの暴走を防いでくれているのが、名脇役のユーカリの葉と感じてしまいました。細く白みがかった葉が花器とガーベラの間にあることで随分落ち着いた雰囲気になっています。そのお陰で黄色い金魚草も柔らかい感じを受けます。

生け花を知らない私ですが、生け花の凄いところは前後左右、それこそ上方から見ても美しいことに驚嘆することが多くあります。今週の生け花は正面から見ると、大きなモンステラの葉もどこにあるかさえ判りませんし、スプレー菊も分かり難い状態でした。

Th_294

2階のスペースは元々、公衆電話の設置を予定していた場所ですので、三方が囲まれた場所で、生け花の魅力を最大限に出せない場所となっています。 今回は誰もいないのを確認して、生け花を真横にして撮影してみました。どうでしょうか正面とはまた違う雰囲気ではないでしょうか? (生け花クラブの皆様には内緒でしたが、撮影後はちゃんと元の位置に戻しましたcoldsweats01

本土の方では染井吉野の桜前線が北上を続けていると思います。私もこの時期は染井吉野の咲く花道を歩きたくなります。この季節の表現する言葉に「花冷え」があります。素敵な言葉ですね。この言葉の通り春先は気候が安定せず、急に冷え込んだりしますので体調管理は十分行って下さいね。

<花材:ユーカリ、金魚草、ガーベラ、スプレー菊、モンステラ>

2017年3月31日 (金)

今週の生け花(平成29年3月第5週)

Th_img_5621 平成29年3月31日と年度末最後の日を迎えています。新人職員だけではなくて多くの方が新年度の準備などで忙しいと思います。特に明日から出勤の職員はドキドキしながら準備を進めているのではないでしょうか? 

明日は土曜日ですので、私達の所では4月3日から10名程度の新採用の職員達が約2週間のオリエンテーションを受けることになっています。
私の方も何か喋らないといけないようですので、「私の様な大人にならないように努力をして下さい」・・・とでも話をしようかと考えていますが・・coldsweats01                    Th_2935

今週もいつもの2階に場所に生け花クラブの皆様がお花を飾ってくれていましたheart04

もうすぐ4月を迎える季節にぴったりの温かみのある生け花です。チューリップがあるだけでとても華やいで春を感じさせてくれます。ずっと以前、この時期に長崎のハウステンボスでみたチューリップは素敵だったなどと思い出している所です。

Th_2935_2 今回は丸い茶色の花器と合わせるようにサンゴ水木の枝がすくすくと上方に伸びて、その先に新緑の若葉が顔を覗かせているのも春を感じさせてくれています。花器を包み込み様なハランの葉もアクセントをつけてくれますし、小さな黄色の花をつけた小菊も控えめながら春を演出しています。

さあ、明日から新年度がスタートします。この生け花のように明るく輝きたいものです(頭頂部は既に輝いていますが・・・crying)。

<花材:サンゴ水木、ハラン、チューリップ、小菊>

2017年3月24日 (金)

今週の生け花(平成29年3月第4週)

Th_img_5597 年度末になると慌ただしく、時間だけが空回りするように働いている自分がいます。皆様方も忙しくしているのではないでしょうか?        

この様な中で、いつもの2階の場所に、生け花クラブの皆様がお花を飾ってくれていました。

春は明るく陽気でないと・・・ではなくて、この様に落ち着いた雰囲気の生け花も好きですheart04

カゴのような花器が、落ち着きを醸し出しています。この様に竹で出来たものには柔らかさと温かさがあるように感じられます。

落ち着いただけでなく、その直上に目立つ黄色の小菊が咲きほこり、その延長上にストレリチアの花が自ら光を放ったように輝いています。ストレリチアはTh_2934 ゴクラクチョウ属の単子葉植物で南アフリカを中心に5種類ほどが分布しているとのことです。 ストレリチアの花はあの派手な色の極楽鳥のようでもあることより、極楽鳥花とも呼ばれています。

花器の色に合わせて落ち着いた黒目柳を両サイドに飾りつけることで、より中心の千年木の葉、菊、ストレリチアが更に際立って見えて来ます。

明と暗、光と影の様な今回の生け花・・素敵です。慌ただしい年度末にもホッと心が休まる気が致しました。

<花材;黒目柳、ストレリチア、小菊、千年木>

2017年3月10日 (金)

今週の生け花(平成29年3月第2週)

南国の沖縄でもなかなか温かくならない3月が続いています。Th_img_5551 皆様方の地方はどのようなのでしょうか?

今週も2階のいつもの場所に生け花クラブの皆様がお花を飾ってくれていましたhospital

今週の生け花は温かみを感じさせくれます。春の温かな光を浴びて優しく咲いています。ちょっとうたた寝したくなる気分です(この様なことを書いたら院長まじめに働けと職員から言われそうですcoldsweats01
Th_2932 光を浴びて黄色に輝くサンシュユ、対称に活けられた金魚草も柔らかく光を発しています。落ち着いた花器の前面に三輪のマーガレットが元気に咲いています。 その後ろに斑点状に広がっている葉がドラセナ・ゴッドセフィアナです。花器とドラセナの落ち着いた色合いのため白色のマーガレットは特に目立っています。

きっと花々も私達のように春を待ちわびているのでしょう。

今週の花材はどれも早春を飾る花々です。季節は巡りまた春がやって来ますheart04


<花材:サンシュユ、金魚草、マーガレット、ドラセナ・ゴッドセフィアナ>

2017年3月 3日 (金)

今週の生け花(平成29年3月第1週)

Th_img_5529 いよいよ3月に入りました。もう春だというのに、何となく寒い日が続いている沖縄です。例年より寒く感じるのですが、直ぐに暑くなると「暑いのは嫌だ」と我が儘を言ってしまう私でしょうが・・・coldsweats01

今週も生け花クラブの皆様が2階のいつもの場所にお花をいけてくれていました。今週の生け花は「はっきりくっきり」という印象を持ちました。それぞれが妥協せず自己主張をしていますが、バランスが良いせいかまとまっています。

桃の節句の時期だけあって、眩しいピンク色のの花が暖かく輝いています。中央部に紫が艶やかなスイートピーの花が咲いていますが、花弁の柔らかさできつい印象は与えません。緑の葉に小さな黄色い花が咲いている菜の花もこの時期ならではですし、これと同色の玉シダの葉の広がりもピンクの桃の花とも対をなしているように感じられます。Th_2931

正面から見るとシャープな花器も横から見るとだいぶ印象が違っています。違いが分かるように斜めからも写真を撮ってみました。随分と違う印象を持たれるのではないでしょうか? 三次元の構図を考えている生け花クラブの皆様の美的センスは凄いです。 私が生けたらそれこそ前後左右バラバラで「芸術は爆発だ」的なお花になりそうですcoldsweats02

これ以上余計なことを書くと生け花クラブの皆様から怒られそうですので退散しますrunrunrun

<花材:桃、菜の花、スイートピー、玉シダ>

2017年2月24日 (金)

今週の生け花(平成29年2月第4週)

2月も後半になりました。今年の沖縄は寒いのか暑いのか分Th_img_5523からなくなってしまいます。 体は1年の季節のダイナミックな変動には順応出来ても、1日の単位で気温がコロコロと急激に変化するこの時期は体調を崩してしまう原因ともなります。

今週も生け花クラブの皆様が、2階のいつもの場所にも生け花を飾ってくれています。もちろん総合案内や外来の多くの方が目にすること出来る場所にも飾っているのですが、この2階のあまり目立たない場所にも生けてくれています。 恥ずかしがり屋な私としてはcoldsweats01、写真を撮るのを他の方にみられるのが恥ずかしいので、人通りの少ない時間帯を狙って撮っています。

Th_2924 今週の生け花は、撮っている私と違って威風堂々としています。茶色の口が広い花器の延長上の左右に石化柳の頑丈な枝が伸びていて、力強さを感じます。枯れ枝に見えるのですがその先に青い葉が芽吹いています。春の力強さを感じさせてくれます。

まだ蕾の状態の椿の濃い緑も全体を引き締める効果があります。その上方に柔らかいガーベラ孔雀草の花が添えられ、温かみも与えています。 

今週の生け花は剛柔を混ぜながら、冬から春に向かう意志を感じる生け花達ですshine

<石化柳、くじゃく草、ガーベラ、椿>

2017年2月17日 (金)

今週の生け花(平成29年2月第3週)

2月も中旬になり、沖縄は最高が24度と先週と比べて寒さがだいぶTh_img_5485 和らいだ様に思えます。寒い地方の方からはお叱りを受けるのかもしれませんが、私の場合、最高気温が20度を切ると寒さのため活動が鈍くなってしまいます(まるで爬虫類のようですweep)。 そろそろ私も活動を活発化させねばなりません・・・happy01

今週も生け花クラブの皆さんが3階のいつもの場所に生け花を飾ってくれていました。今週のは大作で豪華です。

まず目に付くのが左右から伸びたコデマリのアーケードです。その間を今度は左右からクロスするように金魚草を配置しています。 

Th_292 この様に大きく左右を使い分けることが出来たのが、ユニークな形の花器を2個使用したことによります。 それぞれの花器より、清々しいキキョウランの葉と同系色の月桃の葉がリンクしています。蒲色に近い落ち着いた小菊が咲きほこり、その上に白色を基調としたアリストロメリアが可憐な花を咲かせています。

花器の色が黄色の膨張色ですが、全体が華やかなために花器の色が際立って来ないのも素敵です。

なんか大きくて伸び伸びしていて、もうすぐ春が訪れそうな気分ですheart04

<花材:コデマリ、金魚草、小菊、月桃、アルストロメリア、キキョウラン>

2017年2月10日 (金)

今週の生け花(平成29年2月第2週)

今日の沖縄は寒いです。今年1番の寒さかもしれません。Th_img_5461 最高温度が14度で最低が12度のようです。本土のお住まいの方からは,暖かいと思うのかも知れませんが、風が強かったせいで体感温度はもっと低く感じました。今日大阪から来られた方が、こんなに寒いとは思わなかったと仰っていましたので、沖縄にしては寒いと思います。 寒さに弱い私は冬眠状態で、活動が低下してしまいますcoldsweats01

こんな中いつもの2階に生け花クラブの皆様が生け花を飾ってくれていましたheart04 外来に行きながらこのお花をみて気持ちが温かくなりましたhappy01

ピンク色のスイートピー千年木の葉がとても温かみを与えてくれています。また大柄な黄色い菊とその後ろに暗紫の小菊が咲いています。
おそらくピンク色がとても目立ったのは、花器の色が落ち着いていたのと、青い菊の葉と白がまだら模様に加わった星千年木の葉、上方に目を移すと満作Th_2922 枝と茶黄色の小さな花の間に挟まれたからかもしれません。そのためにピンク色の柔らかいスイートピーと帯状にピンクの色が付いた千年木の葉が鮮やかに浮かんできたのかもしれません。心も少しホンワカとなります。

まんさく(満作、万作、金縷梅)は日本の本州の太平洋側から九州に分布する落葉小高木で、2〜3月に葉に先駆けて花が咲くそうです。いくつかの亜種があり花の色も黄色の花と赤い花があるそうです。マンサクの語源には諸説あるそうですが、枝いっぱいに花を咲かせることより、豊年満作の意味から取ったものと、春一番に咲くことより、「まず咲く」「まんずさく」が東北地方でなまったものとも考えられるそうです・・・これが咲くと言うことは春も近いと言うことなのでしょうか? 寒くても先ずは咲いてみせると頑張ってくれているのでしょうかshine・・・私達もマンサクに負けてはなりませんね。

<花材:マンサク、菊、小菊、スイートピー、千年木、星千年木>

2017年2月 3日 (金)

今週の生け花(平成29年2月第1週)

2月に入ると沖縄は球春を迎え、各チームがキャンプを張って基礎作りを行ってゆきます。プロで活躍する方々は、ぎりぎりの所まで体を鍛えあげ、怪我と紙一重まで体を酷使します。Th_img_5425 そこが素人とプロとの大きな違いと思いますが、どうか怪我が無く1年間頑張って活躍して欲しいと願っています。

今週も生け花クラブの皆様が、2階のいつもの場所にお花を飾ってくれていました。元は電話ボックスのつもりで設置したスペースでしたので、生け花を飾っていても外らは気づかないことも多い場所です。しかしながら最近はドックの後やリハビリの後の方がご覧になっていることが多くなりました。今日も2名の女性の方が熱心にご覧になっていました。私もちょっと嬉しい気分ですhappy01

今回の生け花は、赤く直線的な花器に柔らかい緑の花材が対比され面白い構造となっています。 正面から花器を見ると縦長なのですが、それでも安定性があるように感じるのは花器の色合いのせいなのでしょうか? 正面で見るのと斜めではだいぶ印象も違いましたので、斜め横からの写真も載せてみました。

Th_2921 枝分かれした先に緑のつぶつぶの蕾が付いているのが青文字です。 これと共に玉シダの葉が同じ様な緑色で青文字と共に花材の中心として左右上下に広がりを見せてくれています。 下段には余り目立ちませんが紺色の小菊が花を咲かせています。 透かし百合の花はまだ開いていませんので、この花が開くと随分と印象が違って来るのかも知れません。百合の花は大輪ですし、花が咲くと匂いと共に存在感が出ると思います。

日本列島まだまだ寒い日が続くと思いますが、皆様方もお風邪を引かないように体調管理を行って下さいね。

<花材:青文字、透かし百合、小菊、玉シダ>

(追加:百合の花が開きましたので2月4日の開花した姿を追加しました。お花が開くとやはり違った印象となりますheart04Th_img_5445

より以前の記事一覧