フォト

2019年6月21日 (金)

今週の生け花(令和元年6月第3週)

梅雨の最後のあがきなのか沖縄は土砂降りになったりしていましたが、今日は比較的天気も回復してきました。

Th_img_2599

今週も2階のいつもの場所に生け花クラブの皆様のお花が飾られています。今週の生け花は、真っ赤な直線的な花器に前方の伸びたストレリチアの存在が極まっています。ストレリチアの穂が鋭く尖っていて切れ味抜群です。 

Th_63
横から見るとストレリチアが前方に飛び出して表現されているのがよく判ります。その鋭さと対象的に花器の上に乗った紫色の紫陽花は形も色合いも柔らかで安心感があります。

Th_63_20190621143801

 

葉材として使われているのは後方の大きな葉は糸バショウで前方側に葉の周囲が黄色みがかつているのがイボタ(水蝋)です。

イボタは初夏に葉を広げる黄緑色の美しい木々で、木が堅くて楊枝や箸などの材料としても使われているそうです。

これは知りませんでしたが、水蝋の木には「イボタカイガラムシ」が寄生して、その虫がだす分泌液を「イボタ蝋(ロウ)」として家具のつや出しなどで使ったり、実際の様々な蝋(ロウ:ワックス)として使用しているそうです。

早く梅雨明けして欲しいと願いながら花々を眺めています。

(今日は病院全体の新入職員の歓迎会です。若い彼らが伸び伸びと成長して、患者に寄り添える医療職になって欲しいと願っています)

 

<花材:糸バショウ、紫陽花、ストレリチア、イボタ、菊>

2019年6月14日 (金)

今週の生け花(令和元年6月第2週)

梅雨明けが近い沖縄と思いますが、例年のように梅雨明け近くには大雨になることも多く、沖縄地方も雨の日が続いています。

この様な天気にの中で、今週も生け花クラブのお花がいつも紹介している2階の角の小さなスペースに飾られていました。

Th_img_2565

紫陽花が梅雨らしい季節感を醸し出しています。今回の生け花は今しがたまで外にあった花を摘み取ってきた雰囲気です・・・と言うのも、写真を色々な方向から撮ったとしても、虫に食われたような葉っぱが写ってしまうのです。 逆に飾り気のない自然のままの雰囲気が出ていて、どこから見ても完璧よりも高感度がましてしまうのです(^_^)。 時々、野菜や果物が形や色で商品価値が下がってしまうことが気になっていました。 たとえ不格好でも味も栄養も変わらなければいいじゃない!と応援したくなってしまうのです😊

Th_62
大きくループを描く雲竜柳の枝と右の上方にすらっと伸びるストレリチアが調和して全体の構図を決めています。少し負けじと小さな可愛い花をつけている小菊も愛らしいです。 日本列島、雨の季節ですが、心は晴れやかに過ごしたいですね✌️

<花材:ストレリチア、紫陽花、雲竜柳、小菊>

2019年6月 7日 (金)

今週の生け花(令和元年6月第1週)

那覇市は今日も比較的天気が良くて、太陽が眩しいです。それに30度と夏日になっています。早くも日本列島は暑い日となっている所も多く、この先の7月8月の気温が気になってしまいます。

Th_img_2534
今週も生け花クラブの皆様が、2階のいつもの場所にお花を飾ってくれています。 今日の生け花は色合いや空間が空いているせいで、涼しげで、上品で落ち着いた美しさを漂わしています。
Th_61

やや赤みがかった茎から対象的に伸びる枝とその紫の蕾が美しいのですが、この花がどの名前か判りませんでした😂 生け花クラブが書いてくれた名前には「ブルティア」となっていたのですが、検索できませんでした。 まあ名前は兎も角としてこれが在るために、今週の生け花がエレガントに見えたのは確かです。

Th_61_1

カラーの深紅も落ち着いていますし、グルクマも青系統の葉材と相まって落ち着いています。後方には黄色のシンビジュームと小菊がありますが、黄色の膨張色の割には柔らかい雰囲気を出すにとどまっています。丸い花器の使い方も絶妙です。

沖縄では旧暦の5月5日にハーリーが行われます。ハーリーは航海の安全や豊漁を祈願して、沖縄の伝統的な船のサバニで競漕を行う行事で、これが行われると沖縄では梅雨明けが近いと言われています。 これまではあまり大雨はありませんでしたが、梅雨の最後は土砂降りになることもありますので、梅雨明けまでは用心ですね。

<花材:ボルティア?、クルクマ、シンビジューム、小菊、カラー>

2019年5月31日 (金)

今週の生け花(令和元年5月第5週)

1週間があっという間に過ぎて、もう金曜日の夜になりました。 最近、幼い子供達が事故や事件に巻きこまれてしまうことも多く、ニュースなどを見聞きして、本当に心が痛むことが多くなってきたと感じます。 この様な事件事故が少しでも減少して欲しいと祈ります。

今週も生け花クラブがあったようで、2階のいつもの場所に生け花が飾られていました。

Th_img_2527

今週の生け花は靄のかかったような印象を受けます。あるいは雲に被われた下界と雲の上の華やかな世界を映しているように思えました。直線的な白い花器を取り囲みようにスモークツリーを配置しています。このモヤモヤ感はスモーク(霧)の発生のように感じ、この植物の名前が的を得ている気がします。

Th_55

空の上には大輪のひまわりが周りを見渡し、赤いカーネーション、橙黄色のケイトウが空に向かい咲いています。後方にはクルクマが天空に向かって伸びています。 

天界の世界はこの様に美しいのでしょうか😊

<花材:スモークツリー、クルクマ、ひまわり、ケイトウ、カーネーション>

2019年5月24日 (金)

今週の生け花(令和元年5月第4週)

5月24日となりました。「令和」にも馴染んできました😃  梅雨に入ったのですが、ここ1週間程度は好天に恵まれた沖縄地方です。今日もスカッとした青空が広がっています。

Th_img_2502 今週も生け花クラブの皆様が2階のいつもの場所にも生け花を飾ってくれています。

今週の生け花は艶やかです。光輝いていますね。 特に赤いアンスリウムは元々目立つのですが、今回のアンスリウムはかなり大きな仏炎苞で、これ程大きなものは余り見かけません。 私はいつも間違えるのですが、アンスリウムの赤い部分は花なのか葉なのかという部分です。 この赤い部分は葉が変形したもので、真ん中のとがった黄色の部分が花の部分となるのです。 花の部分は花序の形態をとり、先端部分が雄花で、下端部分が雌花となっています、よく見ると小さな花が咲いています。 仏炎苞(ぶるえんほう)と呼ばれるのは苞が仏像と後ろになる炎が燃えているイメージと重なるからと言われています。

Th_img_2495

白い上品な花器に赤、黄色、緑と色彩に溢れています。目立つ黄色のヒマワリも赤いアンスリウムに押されがちです。まだ開いていないヘリコニアは尖塔のようですし、雲竜柳も今回は小さな葉をつけて飾りのような役割を果たしています。 後方の紫の苞が並んでいるのはレッドジンジャーです。

Th_54

来週はどのような天気になるかは判りませんが、今週の生け花は沖縄の青空にも負けないような輝きを放っていました😊

<花材:雲竜柳、アンスリウム、ひまわり、ヘリコニア、レッドジンジャー>

2019年5月17日 (金)

今週の生け花(令和元年5月第3週)

例年より少し遅れて、昨日梅雨入りした沖縄地方です。 雨は鬱陶しくて嫌ですが、植物にとっては潤いが増し、花々も良く開花する時期となります。 梅雨の時期に似合う花としては紫陽花があります。私にとってはなんとなく、鎌倉などの寺のある光景を思い浮かべますが、沖縄本島北部にも紫陽花園があり、1万本以上の紫陽花が見頃を迎えると地元紙が報じていました。

Th_img_2479

今週もいつもの2階の場所に生け花クラブの皆様がお花を飾ってくれています😃

今週の生け花は白い花器が際立っています。不思議な形の花器ですね。花器が白いために、花の色がより浮かび上がって来ます。左上方に伸びた紫のデルフィニウムが鮮やかです。なんとなくグラジオラスにも似た印象を持ちますが、もう少し細い花々です。デルフィニウムはヨーロッパや北アメリカの涼しい高地に自生する多年草ですが、高温多湿の日本では1年で枯れてしまうそうです。そのため日本では1年草として流通しているそうです。 

名前の由来が面白いので記載します。 デルフィニウムの名前の由来はギリシャ語の「delhis(イルカ)」で、花の蕾がイルカのように見えるからだそうです。一方和名は「大飛燕草(ダイヒエンソウ)」で、英語では「Larkspur(ラークスパー):ラークはヒバリ」と呼ぶそうです。日本人も英国人もこの花をツバメやヒバリと同じ鳥に例えて呼んでいるのが面白いですね。

Th_53

この5月に映える赤とピンクのカーネーション、黄色い小さな花をつけたスターチスも可愛らしいですね。茶色の雲竜柳のあるお陰で膨張せずに引き締まった印象となっています。

<花材:雲竜柳、デルフィニウム、カーネーション、スターチス>

2019年5月10日 (金)

今週の生け花(令和元年5月第2週)

Th_img_2465_1 令和に元号も変わり、長いゴールデンウィークも明けてそろそろ落ち着きを取り戻す日本かもしれません。ただし世界情勢は流動的で米中の貿易交渉、北朝鮮の飛翔体(どう見てもミサイルにしか思えませんが)の発射もあり、各地でデモやテロも起きていて世界的には落ち着かない時代かもしれません。

 

4月の新入職員のオリエンテーションのために生け花クラブの活動部屋が使えなかったり、大型連休もありと、令和初めての生け花クラブの活動があったようです。 いつも気にかけながら通る2階の角の空きスペースに久々にお花が飾られていました。何故かホッと致します。

Th_52

バショウの大きな葉があるために、鉄砲百合の白さやカーネーションが色鮮やかに浮かび上がって来ます。手前の千年木の葉も鮮やかです。正面から分かり難いのですが、紫のお花は芍薬です。病院では漢方の材料としても聞き慣れた名前です。

今日の沖縄は雨模様となりました。次第に梅雨が近づいているのかもしれません。 今日は全国各地で沖縄と同等か更に暑かった地域も観測されているようですね。 汗ばむ陽気だったのではないでしょうか?

2019年4月 5日 (金)

今週の生け花(平成31年4月第1週)

4月になりました。4月1日が月曜日で、今週初めから新年度の入社職員も初出勤の方もいらっしゃると思います。

私達の病院でも18人にフレッシュな方々が入職して頂き、色々なオリエンテーションを行ったいる所です。初めての方にはこの1週間が長く感じたのかも知れませんね。お疲れ様です。

今週も2階のいつもの場所に、生け花クラブの皆様がお花を飾ってくれています。今週の生け花はとても気品に満ちた作品です。

Th_img_2350

どっしりとした花器の上に色とりどりのお花達が己の美しさをアピールしています。黄色の花が目立つのですが、同じような、同じでないようなと思ってみていたのですが、花が大きく独立しているのはカラーです。 黄色の花が連なっているのはグラジオラスの花です。 ぱっと見ては気がつきませんでした。

Th_3141

ごつこつした花器の上に、葉形や柔らかな僅かに紫がかった花はスイートピーで、紫の毬のような花はアリウムです。 上方にスーと枝の伸ばしているのはピンクのツツジです。ツツジは外で見る時には密集して咲いていますので、この様に葉を落としてスッキリさせるとツツジもイメージもだいぶ変わってしまいます。

Th_31412

さあ、平成もあと1ヶ月です。楽しみながら4月を乗り越えて行きたいものですね。

<花材;つつじ、グラジオラス、カラー、アリウム、スイートピー>

2019年3月29日 (金)

今週の生け花(平成31年3月第5週)

いよいよ3月も終わりに近づいています。入園、入学、進学に就職や転職など慌ただしい時間をお過ごしのことと思います。「猫の手も借りたい」ほど多忙の方も多いと考えています。 今や日本ではベットの数で犬を抜いて猫が一番多くなったようです。そのために「猫の手も借りたい」では・・・ないですね🐱?🐱? 昔、猫はネズミを捕るぐらいしか仕事がなかったと思われ一番暇な動物と考えられていました。それで、いつも暇そうにしている猫の力も借りたいために出た諺でした。 猫党としては「犬の手も借りたい」と言いたくなるのかも知れませんが、犬は番犬、狩猟犬やソリを引いたりと忙しく仕事をしていたために「犬の手も借りたい」とは思わなかったようです。 どうしてもと言いたければ「犬の手も人の手にしたい」という諺がありますので、使われて下さい😵・・・出だしから違う方向に行ってしまいましたが・・・

Th_img_2321

 今週もいつもの2階の場所に生け花クラブの皆様がお花を飾ってくれていました。シックな花器の上に、赤いガーベラ、紫のバンダラン、黄色のレンギョ、更に白い糸菊など目立ったお花達が私達を元気にしてくれています。 生け花達から忙しい中で元気をもらい頑張れそうです。

Th_3135

中国原産のレンギョですが、日本各地でこの時期に鮮やかな黄色の花を咲かせていることだと思います。紫色の大きめなお花のバンダランのことは初めて名前を知りました。アジア原産の高山性の蘭だそうですが、普通の蘭と違う育て方のようです。 根が空気を好み、高い木の上に自生するのですが、このまま根が空中に出ている形で、霧などから直接水分を吸収するそうです。

4月1日から新年度のスタート、新元号も発表されるとのことで、平成もいよいよ1ヶ月で終わりを迎えることになりますね。御多忙の折お体に気をつけてお過ごし下さい

・・・何時もなら職員から頼まれたらすぐにやるのですが、今回だけは職員から「院長の手も借りたい」と言われたら・・・複雑な気持ちになるでしょうね💦😞

<花材:レンギョ、ユーカリ、ガーベラ、バンダラン、小菊>

2019年3月22日 (金)

今週の生け花(平成31年3月第4週)

ココロブのリニューアルに伴うシステム異常は私達利用者にとってはどうしようもない状況です。色々と改変することは仕方ないと思うのですが、こちらの操作ミスなのか単にシステムに反映されないのかも情報として与えて貰えずに、この何日かはイライラが募ってしまうブログです😖
3月の後半になったかと思ったら、いきなり夏日のような暑さになった那覇市内です。 皆様方の所では如何でしょうか? 昨日の秋分の日に病院への移動の車内では暑くてクーラー使用となっています。 とにかく暑い沖縄です。
今週も生け花クラブの皆様が2階のいつもの場所にお花を飾ってくれていました💕

Th_img_2294
今回の生け花は、大きく枝を広げたコデマリのためにこの小さなスペースも手狭ですが、その分勢いがあって元気が出ます。
Th_3134
全体的なバランスも良くとれていますし、色使いも今回は白系統と黄色の系統に分けて使っているようです。
小手毬と連続するように花器の上には白い小菊の花が違和感なく咲いています。 白い小菊の上方には黄色のフリージアの花が優しげに咲いていて、小菊と色の違いや花びらの違いを楽しめます。
右上方にはオレンジ色のストレリチアが春の太陽に向かって苞を開いています。
・・・今回の生け花もまだまだ、システムの不具合の中でココロブの皆様方にはお伝えすることが出来ていないかも知れません。早くこれまでのように分かりやすいココロブになって欲しいですね。
<花材:コデマリ、ストレリチア、フリージア、小菊>

より以前の記事一覧