フォト

日記・コラム・つぶやき

2020年7月31日 (金)

このモヤモヤ感を払拭したいが・・

全国ばらまきキャンペーンのお陰で、全国津々浦々に新型コロナウイルス感染症の新規発生が急増しています。日本のウイルス対策は無能無策であり、公衆衛生上の問題に対して厚生労働省が主導するのではなくて、何故か経済再生担当大臣が本部長と言う理解不能な状況。それでも最初の頃はコロナ専門家会議のメンバーが自分達の責任として会見を開いて国民に説明していました。 しかし突然、専門会議を廃止を発表、それが世間から批判を浴びると解散ではなくて、国の対策に取り込むことで、参考程度にするように変貌します。 専門家からは「ゴートゥートラベルの延期」が求められていたにも関わらず、見切り発車。そして全国へウイルスを拡散することに。

急増する新規発生患者に対する対応は地方へ丸投げ、医療機関へのしわ寄せ。人の命が掛かる重要問題をわが国のトップは説明もしない状況。一体国はどのようにしたいのかも方向性が見えない。 困難な時ほど強力なリーダーシップが求められるし、国民を納得させる「言葉」が必要なのです。 私達末端の医療関係者が不安を抱えながら、未だに検査態勢が不十分で治療薬もワクチンもない中で「自己責任」で任務を押しつけられている状況に苛立つのです。 

・・・このモヤモヤ感、苛立ちをどのようにすればよいのか・・・それでも「国民の健康・命を守る」使命感で気持ちを奮い立たせるのです。

ただ私達よりももっと困難な状況に置かれている方々が大勢いらっしゃると考えます。心が折れては駄目です。一緒に頑張りましょう💖


Th__20200731153601
(今週はラジオ番組も音楽特集で、生け花クラブもお休みで医療ネタも生け花もありませんでしたので、思わずグチこぼしてしまいました😂)

2020年7月22日 (水)

新型コロナウイルス感染が拡大をみせるなかで「Go To トラベル」とは?

今日のFM放送は、沖縄県で再度の新型コロナウイルス感染症の広がりが懸念されてため、急遽新型コロナウイルス感染症について話をしました。

今日から「Go Toトラベル」が開始となり、沖縄でも観光客の増加が期待されています。はやり気になるのが、全国で感染が広がりつつある中での開始時期です。 東京のいわゆる「夜の街」が主体の時期に封じ込めをしないといけないと考えていました。しかし補償なしで休業を求められても無理なことだと思いますし、東京都も国もマスコミも「夜の街の感染者に責任を押しつけて」自分達の責任を回避している感が否めませんでした。

まだ東京だけで殆どの感染者なら東京を除く地域でのゴートゥートラベルの開始も納得も行くのですが・・・いま東京から既に近隣の県にも感染が広がり地方にも広がりつつある中で、突然東京を除いてゴートゥートラベルの開始・・・一体誰がどの基準で考えているのかが理解出来ません😖

そう批判する私も余り根拠のないことを書いている訳で・・・答えのない中で想像しているだけなのです(本来ならせめて医師として理詰めで書かないといけないと思いますし、部外者の私が感染の広がりを論じているのもおかしなことかも知れません・・・気になる人も多いと思いますので、先に謝って起きます😅)

私が想像する社会の回復は以下のようだ考えて書いてみました。

Th__20200722125601
世界的な感染症においては、効果のあるワクチンや治療法が出るまでには時間がかかりますし、直ぐに世界中に普及して感染症の脅威がなくなるとは思えません。ですのでV字回復のモデルは感染症では当てはまらないと考えています。 全世界で感染が起こり、社会経済が一度底を打って、感染の波が訪れる度にそれが上下に上げ下げしながら経過すると予想します。ですのでVではなくU字回復でないかと考えます。
Th__20200722172701 既に全く対策をせずに自然免疫獲得を選択したスウェーデンでは近隣の同様な福祉国家の4倍の死亡者が出たことでこのやり方は破綻しました。経済を最優先した米国やブラジルでは爆発的な感染者数と死亡者が現に出ています。 では国民が家に閉じこもればいいのかとなると経済的にも成り立たないはずです。 
ですので、手洗い、マスク、三密の回避を徹底的に行いながら、いきなり飲食店やコンサートなどを自由にするのではなくて、何段にも分けて徐々に行うことが重要かと思います。 感染はゼロには出来なくても感染者を追跡して隔離できる医療体制を維持出来る範囲で調整する必要があろうかと考えます。 そのためには休んだり事業を縮小する企業や個人にそれなりの補償をすることが必要です。 
この辛い時期を国の借金で補いながら有効なワクチンや治療薬がでるまで耐え忍ぶしかないと思っています。 それを乗り越えた先にU字回復の復興が待っていると期待するのです・・・・まあ禿げた年寄りの妄想でしかないかも知れません・・・誰も答えを知らないのですから・・・

2020年6月23日 (火)

沖縄慰霊の日:戦後75年

6月23日は沖縄県の条例による「沖縄慰霊の日」です。あの悲惨な地上戦の終決から75年を迎えました。沖縄県でも戦後生まれが人口の90%を越え、私のように親や親族から沖縄戦について直接聞いて育った世代も少なくなっています。

まだまだ人間は未熟です。積み重ねてきた「歴史から学ぶ」知性よりも「自分の体験」で物事を判断してしまうことも多いのです。

他人と関わってゆく中で、いざこざは当然起こります。家庭内でも意見の対立もあるはずです。それは1人1人が違う人間だからある意味仕方ないことです。意見は違っていても理性があるなら、相手を殺してまで自分の意見を通そうとは考えないはずです。

国家間の戦争は「政治の失敗」の結果です。 バカな政治家の失敗のツケを罪も無い末端の人々が負わされるのが戦争なのです。 多くの情報が得られ、政治を選ぶことが出来る今では「戦争を私達も当事者として」考えなければならなくなりました。



Th__20200623172001

第二次世界大戦後、勝者も敗者もなく戦争を経験して生き残った人々は「二度と戦争などしてはいけない」と考えてはずです。しかし体験や記憶が薄れる中で、またエゴが顔を持ち上げて来ています。

今、世界は多くの問題に直面しています。国家間の紛争に限らず、あらゆる差別、貧困、世界規模の感染症、自然災害、経済・金融格差など私達が生きてゆく上で克服しないといけない問題が山積しています。

75年前の沖縄戦で学んだことが今の時代に活かさなければ死んでいった人々が報われません。相手を理解することから始めなければまた同じ轍を踏みます。他者を尊敬して、博愛の心で人権や正義を守らなければいけないと考える沖縄慰霊の日です。

2020年5月 6日 (水)

コロナ自粛延長で更に求められる寛容さ

新型コロナウイルス感染症の蔓延により、更に自粛が国民に求められる事態となりました。

病気に対する恐怖心、生活への不安、未来への夢を描くことが出来ない失望感など、様々な困難が私達に襲いかかってくる事態となっています。


Th__20200506191501

疲れや不安に長期間暴露され、次第に体力も気力も失いかけてしまう状況で、自分自身に余裕がなくなりかけています。 そうすると今まで冷静に見られたことも、判断が鈍り、デマや偽情報を鵜呑みにしてしまう場合も出て来ます。 特に今回のコロナウイルスは人から人へしか伝搬しません。 人間が恐らく猿人から進化する以前から、1番の強みとしていた他人との関わりと一致団結する力が逆の方に働くことに不安を感じるのです。

人類は様々な民族が社会を作ることで成り立ち、発達して来ました。それには寛容さが重要であることも自ずと分かって生活して来たはずです。

今、自粛する事の苛立ちが自分とは異なる行動をとる人々に非難が向けられています。法律違反ではなくても、やはり人としての「思いやりの欠如」を感じて、その人の為に自分の大切な人までが犠牲になるのではないかと怒りを覚えてしまうのです。


Th_a7300590_20200506191501

ここでその怒りを正義と勘違いして暴力や脅迫に変えてしまっては、自分もその人々と同じことをしているに過ぎないのです。 いま必要なことは、ひと呼吸おくことです。自分の怒りを冷静に分析する事です。 

自粛する中で自分だけはと行動する方々は「思いやりのない、もしかしたら愛情を持って育てられなかった方」かも知れません。 パチンコ店も潰れるから開けているかも知れません。そこに我慢できずにかよう人々は「ギャンブル依存」かも知れません。 正しいことではないかも知れませんが、自分なりの意味づけをすることで、その方々への無意味な怒りは収まってくるはずです。


Th_a7300396_20200506191601

今回の新型コロナウイルス感染症で痛感することは、はやり普通でいることがどんなに大切なことだったのかを学んだことです。 私達は一人では生きられません。 それこそ世界中の沢山の方々が作ってくれた恩恵を受けていたのです。 もう一度、他人に感謝することを忘れないようにしなければならないと思う、ゴールデンウィーク最終日の夜です。

(また偉そうなことを書いてしまいましたが、出来ない自分へのメッセージとして書いています。気を悪くしないで下さいね)

2020年4月29日 (水)

9月入学は慎重な議論と時間をかけて

今日のFM放送は音楽特集にしましたので、医療ネタはありません。しかしコロナ以外に気になる(?)ニュースも

都道府県の知事達が、4月が休校になったことに対して、9月入学を提言したとのこと・・・

単純に考えれば、確かにこの際9月入学もありかと・・・?

しかし、教育現場も今この時期は混乱が起こり、子供達をどうしようかと悩んでいると思うのです。 9月入学は学校だけの問題ではなく、ある意味私達日本の社会システムを変えなかればならないほどの大変革が求められるはずです。 

Th_9

単に学校で行われる行事を取り上げても大変そうです。 先ほど中止になった高校総体はどうするのか? 夏の甲子園ではなくて冬の甲子園となるのか? 入学時期や卒業式の開催時期は、秋の遠足は? 来春の受験はなしで夏受験なのか? 就職時期はどうするのか? ・・・そもそも今年の9月にはコロナウイルス感染は下火になり晴れて全国で入学式が出来る前提で考えているのでしょうか?

あらゆることを調整して初めて9月入学の検討だと思うのです。後、5ヶ月しかない段階、それもコロナウイルス感染で社会が未曾有の混乱にある中で、9月入学を叫ぶ知事達の姿には納得出来ない・・・というより馬鹿馬鹿しくてついていけないと言うのは私の本音です。

国の2020年度の補正予算をみても、将来のV字回復のための予算が今すぐにでも手当をしない福祉予算より大きいはおかしなことです。

まず、今をどうするか? 感染者を防ぐ手立ては、生活が困窮する人々への手当は、家庭内DVの対応は・・・・余りにも多くのことがコロナウイルス感染で引き起こされているのです。

こんな社会が混乱する時期に、更に現場が混乱するのは止めて、今日1日を乗り切る対策に全力を注いで欲しいと願っています。 私には今のこの時期での政治家の9月入学発言は「アベノマスク」と同じレベルの話に感じてしまうのです。

・・・今回も変な突っ込みを入れてしまいました。 私の心も余裕がなくなってしまっているのなら反省です😢

2020年4月19日 (日)

困難なトンネルの先には一歩進んだ未来が

今、私達は老いも若きも初めて経験する世界を生きています。私は戦後生まれですので、世界大戦を経験していません。あの大戦で多くの命を失っただけでなく、世界観も変わったと考えます。 あの恐ろしい体験から人類はお互いが助けあって生きて行かねばならないと戦後の仕組みを作って来ました。 しかし人間の心は弱く、歴史よりも自分の損得(他人より優位に立つことへの関心)で世界(他人)を評価してしまいす。 世界大戦という大きな波でしばらくは人種、宗教、地域間の違いの波は抑えられていました。 大きな波の記憶が薄れ、目の前にある小さな波も自分にとっては最大の波になってしまいました。 博愛や理想が力でねじ伏せられ、次第に世界は国ごと、民族ごと、宗教ごと更には同じ国民どおしでも富や地域での格差が広がりました。中道は失われ極端な考えが支配するバランスの悪い、居心地の悪い社会へとなっていった気がします。


Th_a7300450

人類の歴史では地球規模の気象変動、人と人との戦争だけでなく、ウイルスによっても存亡の危機が何度もありました。中世のペスト、スペイン風邪(新型インフルエンザ)などがありました。 そして今を生きている世界中の人々にたいして、この新型コロナウイルスは戦いを挑んで来ています。

改めて、このウイルスは全ての人類に挑戦状を突きつけているのです。このウイルスに国境も関係ありません。貧富も宗教も男女、老いも若きも肌の色も関係ありません。 差別主義者や優越主義者に対しても「あなた方もなにひとつ変わらない」とこのウイルスは突きつけているのです。

このウイルスとの戦いはまだ始まったばかりです。私達は地球に住む同じ船の中の兄弟だということを再確認しなければなりません。



Th_a7300492_20200414212901

今は先が見えないトンネルの中にいます。しかし希望を捨てては駄目です。1歩1歩、自分がやれることを行い、皆が手を繋いでゆけば、光が見えてくるはずです。 そのトンネルの向こうには、また新しい価値観で迎える一歩進んだ社会があるはずです。

人類は完璧ではありません、一時的に悪い時代があっても、その都度ほんの少しよい社会を築いてきました。 次の未来の子供達につなげるためにも世界は手を取り合ってこのウイルスと対峙して欲しいのです。 同じ船に乗っている仲間として。

きっと大丈夫!、世界が手と取り合えばどんな困難も乗り越えることが出来ると信じているのです💖 人類はこうして一つ一つ試練を乗り越えて来たのですから✌😃

2020年4月15日 (水)

今年も花が咲き、来年もまた花を咲かせてくれるでしょう

今年も何事もないように、私の手入れをしない庭にも花が咲いてくれました。毎年のように3月から4月の時期は1年で1番多くの花を観ることが出来ます。


Th__20200413221601

この花は勝手に自分で繁殖をしてくれていて、水さえかけていれば次々と花を咲かせてくれます。なんとも有難い花です✨

コロナ騒動でため息だけついていると、こんな可愛い花にも気づかないで過ぎてしまいそうです。「深刻そうな顔して何考えているの? 綺麗な私を見逃しちゃうわよ」と花から囁かれそうです💕

Th_2020_20200413221501

庭に1本あるイッペイの木です。昔は1月頃には葉を完全に落として、3月下旬から4月初旬に一斉に黄色の花を咲かせたあと新緑の葉をつけましたが・・・ここ3〜4年は余り寒くないせいで、完全に葉を落とさない状況で花が咲き始めています。今年も真っ黄色な花を咲かせて元気を貰えています。

Th_2020_20200413222601

20年ほど前に山原(沖縄本島北部)に行った時に、遊んでいた公園の近所の方から「捨てようと思うけど、良ければ貰いますかと」声をかけられ頂いた蘭? ずっと花は咲かないものと思っていたら昨年初めて一輪の花を咲かせて、ビックリ。なんと今年は連なって花を咲かせてくれています。これもただ毎日水をかけているだけで何もしていないのに花を咲かせてくれています😵

Th_202034
ずぼらな私の庭にもこの3〜4月は何種類かの花が咲いて、1年で1番多くの花を見る季節となります。コロナ疲れを癒してくれます。
Th_202034_20200413225001

偶には花を観ることも大切かも知れません。今年も何事もなかったように咲いてくれている花に感謝です。来年は心に余裕を持って眺められたらいいのですね・・・💖

2020年4月11日 (土)

人の制限は保証を伴って初めて実効性を担保できるのでは?

寝ても覚めてもコロナウイルスに翻弄されています。今の政府の危機意識の無さに現場の医療界は悲鳴と落胆と絶望感を覚えています。 ワクチンや治療薬の開発までには長い期間かかります。そのような中で確実に言えることは「新型コロナウイルス」は自分では自由に動けないことです。風に乗って飛んで移動する訳でもありません。渡り鳥に乗って世界中に行く訳でもありません。

人が人へと移して行くのです。治療法やワクチンがない中で、やれる唯一のことは「人の接触や移動を制限」することしかないのです。 余りにも危機感のない政治家は未だに経済をどうするかを考えているようです。

不要不急以外の人の動きを直ちに止めるしかありません。しかし皆、生活がかかっています。「自粛と所得保障」はセットでないと意味がありません。 今でも沢山の方が電車に乗って通勤しているニュースがありました。

保証のない中でお願いしても人の動きが「超満員電車」から「満員電車」になったぐらいの効果しかないのです。それでは感染防御は不可能です。

政治家の1部は「医療崩壊」の意味を理解していません。単に病院が潰れると思っているのかも知れません。医療崩壊が起これば日常の生活が失われ、感染者が町中に蔓延する中で、お店や会社を開けることが出来ると考えているのでしょうか? ・・否です。 経済活動なんか出来ないのです。 医療崩壊が起これば、確実に「経済崩壊」が起こるのです。 経済が多少ガタついても医療崩壊を防ぐことが出来れば、多くの国民も命を落とさずに復帰が可能です。赤字国債でも乗り切れます。感染が終息に近づけば社会生活が戻り、経済は回復します。

実行力と決断力がリーダーには求められます。逆に言えば自分の責任で部下を納得させることが出来るのがリーダーの資質なのです。 遅れれば遅れるほど感染を制御出来なくなります。 医療現場は一刻も早い決断を望んでいるのです。

2020年4月 3日 (金)

布マスク2枚の愚策より緊急事態宣言を

4月1日のエイブリルフールのジョークかと思った布マスク1住所2枚の配布!💢  逼迫した状況の中でこんな愚かな対策に時間と税金を突き込んでいる暇はないのです。

もう経済優先の政策では国民の命は守れません。日本医師会や感染症対策専門家会議の医療のプロが医療崩壊を叫んでいるのに、医療の素人の政治家が自分がなすべき「決断」をせずに責任放棄しています。

端的に申し上げると「経済崩壊をとるか医療崩壊(+経済崩壊)をとるか」の最終段階なのです。 医療崩壊が起こると社会混乱が起こり、同時に経済崩壊を招きます(最終的には両方崩壊します)。しかし医療崩壊せずに経済崩壊だけなら政策で挽回可能です。失われた命はどんなに頑張っても戻りません。しかし経済は頑張ればいつか回復します。

日本の医療は世界水準にあります。それは医療従事者が世界と比べても長時間労働と勤勉で惜しみなく働いたせいなのです。しかし日本の救急に対するベット数も医師や看護師の数も足りていないのです。 

一昨日、日本集中治療医学会が理事長声明を発表しています(https://www.jsicm.org/news/statement200401.html )。

今後増える重症者に対応するのは集中治療室(ICUなど)です。日本の集中治療の態勢は、ベット数からみても、人口10万にあたり5床しかありません。そしてその中で看護師1人が2人の重症患者を診る体勢なのです。 先進国では1患者あたり1看護師が当たり前です。そしてベットの数では人口あたり、日本はドイツの6分の1しかありません。医療崩壊が起きているイタリアの実に半分しか日本にはないのです。国民の皆様にもイタリアよりも全然少ない現実を知って欲しいのです。

もう1つ重要な点は通常の術後や重症者の集中治療と違い、感染している患者の治療に当たっては医療者の感染防御も必要になり、倍の要員が必要となることです。ですから今回の新型コロナウイルスの集中治療では1患者あたり2人の看護師の配置が必要になる過酷な状況です。1人の重症コロナウイルス患者の治療では今の日本の集中治療室の看護師配置よりも4倍の人数が必要となる事態になりかねません。

このような医療現場の日本で、医療従事者はもの凄く多くのプレッシャーとストレスを抱えて頑張って瀬戸際で食い止めようとしているのです。でももう限界が近づいています。

政治家は医療を知らなくても国民の生命を守る義務があります。 緊急事態宣言を期間限定でもすぐにでも発動して欲しいのです。 まずは2週間限定でもいいです。不要不急の外出や今いる地域から全国へ移動することを制限する必要があります。その状況を踏まえて2週間後に再度閉鎖するか緩めるかを決定すればいいのです。

Th_dsc02916

いま政治に求められているのは医療現場の声を聞くことです。喫緊の課題から逃げないことです。私を含めて医療人は布マスク2枚などの発想はないのです。

久々に政治ネタになりましたが、医療従事者の私達は国民の命を守る義務があるのです。私の言葉が気に障る方もいらっしゃるかも知れませんがご容赦下さい。

2020年3月11日 (水)

東日本大震災から9年

あの未曾有の東日本大災害から9年目を迎えました。あの日いつものように朝出勤。東北地方で大地震が起きた緊急速報を聞いて初めて巨大地震があったことを知りました。そして暫くしてテレビを観ると、大津波が東北地方を襲うニュースが流れました。現実のように受け止めることが出来ませんでした。本当に多くの尊い命が失われました。地震や津波で先ほどまで普通に暮らしていた家や身近な人が消えてしまいました。その喪失感はいかばかりだったのでしょうか。この経験やその後の生活を思うと申し訳ない気でいます。9年経っても未だに避難をされている方々が4万7千人もおられるそうです。

地震は防げようもありません。しかし未だ故郷に帰れない方も多くいらっしゃいます。風評被害で農業も漁業も壊滅的な被害をもたらしました。それは福島第一原子力発電所の事故です。これは私達が作り出した事故だったと思うのです。 

この原子力発電で作った電力は東京を支えていたのです。沖縄もそうですが、大きな人口を支えるために、人口の少ない場所に、自分達では受け入れたくない施設が集中する現実があります。

原発事故は単なる災害ではなく、その復旧に何十年何百年かかるか知れない途方もない時間と費用、復興さえ出来ない場所を作り出したのです。東京オリンピック招致の時に「原発の状況はコントロールされている」と訴えた方がいました。未だに核燃料を取り出すどころか汚染水の問題も解決できていません。 東京オリンピックが決定した時に私自身も嬉しく思えました。 そのオリンピックを復興オリンピックにすると言っていました。 しかし発展するのは東京です。 そのスピードと比べたら東北の被災地の復興はまだまだです。 この差は何だろうかと考えるのです。 物も人も集中する東京、地震発生後は液状化の心配もあり沿岸部は避けられてはずですのに、次々に新しい高層マンションが建ち並ぶ東京。 

東京だろうが、福島だろうが沖縄だろうが、住んでいる人々は真面目にコツコツと日々の生活を送っていると考えます。ただ1部の人達により色々な格差がこの日本で広がっている気がして危惧しています。

先週、双葉町の1部が避難区域から解除されたニュースがありました。とても嬉しいことです。JR常磐線の双葉駅周辺を中心に東京オリンピックの聖火リレーが走ることが決まったとのことです。 嬉しい反面私には引っかかった点もありました。 聖火リレーを通すために1部の解除を進め、復興したかのように見せかける演出ではないかと。本当の復興とは違う力が働いているのではないかと感じるのです。 本当に「東京オリンピック=復興オリンピック」なのでしょうか?

この様な内容を書くことへのためらいもあります。しかし今なお復興とは遠い存在である場所の方々、ふるさとに帰れない方々のことを思うと、まだまだ言い続けなければならない忘れてはいけないと思うのです。

数年前に童謡の「ふるさと」をブログにも書いたことがありました(http://omoromachi.cocolog-nifty.com/blog/2014/03/post-8db5.html )。その時のyou-tube動画を貼り付けておきます。美しいふるさとの風景が蘇って欲しいです。

 

より以前の記事一覧