フォト
2024年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

« 2024年5月 | トップページ

2024年6月

2024年6月16日 (日)

ザルツブルク(写真+タイムラプス動画)

40年近く前の私の初ヨーロッパはウィーンとロンドンでした。その後短期間ですが3回ほどドイツや中央ヨーロッパとのセットで旅したことはありました。しかしながらオーストリア単独の旅行は今回が初めてでした。ザルツブルグ観光も初めてで、8月の旅行と重なり念願のザルツブルグ音楽祭も観ることができました(ラッキーでした)。

ザルツブルグの宿泊も素晴らしいロケーションの場所でした。ザルツブルグの旅行記の最後に動画を作成しました。またいつか行きたい場所の一つになりました。少し長いのですがご覧いただけたら嬉しいです(4Kにしていますので可能でしたら大画面でどうぞ・・😉)

 

2024年6月14日 (金)

今週の生け花(令和6年6月第2週)

これまで沖縄地方は例年より梅雨入りも遅れて余り雨の量も多くなかったのですが、今週は梅雨の後半の豪雨となっています。土砂災害も懸念されます。那覇市の方では2日前は雨と共に夜から雷が凄くて眠れない方も大きいました(私も時々目を覚まして熟眠感が無かったです)、その次の日は豪雨の為に夜間3時頃に豪雨警報がけたたましく鳴ったために眠りが中断されてしまいました。病院の職員や外来患者さんも眠いですと話す方が多かったです。幸い昨日も雨でしたが警報もなくて眠ることが出来ました。

Th_img_9620

いつもの2階の小さなスペースに生け花が飾られていました。ここは外界とは関係なく穏やかな日が続いています。丸い黄色い花器と向日葵が生えます。
Th_66_20240614083701

上方にスッと伸びた房すぐりの赤い実が可愛らしいです。葉っぱの横からチョコンとでた赤い実・・思わず取って食べてしまう衝動に駆られます(私ももう十分に大人ですのでそのようなことは致しません😅)・・食べても毒ではないようです。

フサスグリの開花は4~5月で、その後には直径5~8ミリほどの小さな果実が房状にできて6~8月に熟するとのことです。果実は赤あるいは白に熟する2種類があるようです。赤い実が美味しいと想像していたのですが、赤い実は酸味が強過ぎて生食に向かないそうです。加工してジャムやスイーツのデコレーションに、色合いと香りが良いため果実酒にすることも可能だそうです。

Th_66_20240614083702

全体的にはスッキリとした今週の生け花ですが、個々の花を並べると実に個性的で全く違う印象です。それが1つの作品に変わるのですから生け花は実に面白いです。
Th_66_20240614083703
沖縄は梅雨の終盤ですが、これから本土では梅雨が本格化すると思います。土砂災害などが起こらないことを願っています。
<花材:房すぐり、向日葵、トルコギキョウ>

2024年6月12日 (水)

赤血球の役割と一酸化炭素中毒

今日のFM放送は貧血ついて説明しました。赤血球の主な働きは全身に酸素を運ぶことです。これまでも沢山このブログで書きましたので全然違う視点で赤血球の役割について記載します。

今回のブログは一酸化炭素中毒と赤血球の役割について説明します。

毎年のように、この冬場は ガス湯沸かし器やストーブの不 完全燃焼によって一酸化炭素の発生量が急激に増えることにより中毒事故となり、毎年多くの方が亡くなっています。 物が燃えるためには酸素が必要です。当 然、私達の呼吸も酸素が重要です。 多くの方が、よく勘違いしていることがありますので、話を加えます。

  一酸化炭素中毒による死亡事後では、ストーブを燃やしたために部屋から酸素が全て無くなってしまい、酸欠となって死んでしまうと言う訳ではありません。 

 なぜ部屋の中に酸素がないわけでもないのに、この様な酸欠事故が起こります。

一酸化炭素は酸素よりも約250倍も赤血球中のヘモグロビンと結合しやすく、その上、離れにくい性質があります。 それによって一酸化炭素が多い環境では、酸素が在ったとしても、呼吸することで一酸化炭素が赤血球とくっつき体内に入ることで、血液の酸素濃度が減り酸欠状態となって、死亡したりするのです。

Th__20240529150001

 また炭鉱での爆発事故や地下空間や井戸などで換気が悪い場合に一酸化炭素は蓄積してしまうのですが、一酸化炭素は無色・無臭のため、一酸化炭素の貯まっていると分からずに誤って、喚起の悪い穴や井戸に入り、突然人が倒れてしまいます。

一緒に作業していた人などは目の前で仲間が倒れるわけですから、それを助けようと直ぐに中に入る行動をしてしまいます(知識で止めない限りは当然このようにするはずです)。 しかし、一酸化炭素がある環境に入ると次々と一緒に倒れてしまうこともあるのです。

→このような作業環境で働く労働者には、何度も危機管理教育を行って対応策を学んで欲しいと願っています。

閉じた井戸や、深い穴に入る場合は、十分に喚起を行った後に作業をしなければいけないのです。

(追記)

一酸化炭素は化学式COでガス比重(対空気)は0.967で空気より軽いです。人体には少量でも命の危険がある、毒性の高いガスです。☞煙も一酸化炭素も上に先に上がりますので、火災の時には出来るだけ身をかがめて外に出るようにしましょう!

一方、二酸化炭素は化学式CO2、常温常圧で無色、透明、無臭の気体であり、完全燃焼によって発生するガスで、化学的にも極めて安定した気体であり、地球の環境中ではごくありふれた物質です。ガス比重(対空気)は1.529で空気より重いです。毒性も弱く、かなりの高濃度でない限り人体への影響は限定的です。

2024年6月 9日 (日)

ザルツブルグの夜景(➕老舗チョコレート店(フュルスト)も紹介)

私の旅行は朝から夜まで、全力で1日中楽しむことをしています。時間貧乏ですので、旅行中オイオイと寝て入れないのです😅 旅行のために土日もなく1年中働いていますので旅行の時間がもったいないのです😂

今回も旅行するには最適な場所の宿泊施設ですので、直ぐに歩いて綺麗な景色を見ることが出来ています(本当に贅沢なことだと感じています)

ヨーロッパの綺麗な街は何処も夜のライトアップされた風景がこれまた美しいです。私は食べたり飲んだりに興味がなく、その時間があったら街を歩いています。 

それではご一緒にザルツブルグの夜の街歩きをやってゆきましょう😃

Th1_20240602135601

今回どうしても泊まって見たかった宿泊施設からの眺めです。この光景を見たら私が泊まりたかった理由も皆様方に伝わるかも知れません。今回3日間の宿泊を提供してくれたマダムにも感謝です(→最高のロケーションの宿泊施設)。
Th2_20240602135601
夜も勿体ないいので、夜の街歩きに出かけました。とても治安の良い街で危険を感じることは全くありませんでした。
Th6_20240602135601
エレベータを降りて、目の前の大学広場の周りのショーウインドーを除くと昼間は気づかなかった土産品が並んでいました。
Th7_20240602135601 Th8_20240602135601
直ぐ裏手のゲトライデ通りへ向かいました。

Th3-getreidegasse

ゲトライデ通りはザルツブルグで一番の人気の通りで高級ブランドのお店や「モーツァルトの生家」もここにあります。流石に21時を過ぎると静かになっています。
Th5-getreidegasse
1階のショーウィンドウを眺めるのも楽しいのですが、軒にある看板もオシャレで一見の価値があります。


Th9_20240602135701

メンヒスベルグの丘へ向かう通りをも整然としています。
Th10_20240602135701

メンヒスベルグの丘の岩肌がライトアップされて怖いぐらい間近に迫ってくるようです。
Th115furstgetreidegasse

馬の洗い場の反対側にある有名なチョコレート老舗のフュルスト(Fürst )がありました(後で詳しく説明します)
Th11_20240602135701

馬の洗い場の夜の雰囲気です
Th12_20240602135701
Th13_20240602135701

馬の洗い場からザルツブルグ音楽祭の祝祭大劇場を通ると、正面に聖ペーター教会の尖塔と奥にホーヘンザルツブルグ城が見えて来ました。
Th20_20240602135701

ザルツブルグ大聖堂の前の広場はザルツブルグ音楽祭で野外コンサート場として使用されましたが音楽祭の終了と共に解体作業が進んでいました。
Th21_20240602135701

丸い球体の上に立っている方も夜も頑張っています😂『お勤めご苦労様です・・』
この大きな金色のポールの上に一人の男性がポツンと立っています。中世の面影を残すこの広場に置かれた彫刻は最初見た時には違和感があったのですが、たった3日間の滞在で気にならない存在に変化していました。ドイツ人彫刻家シュテファン・バルケンホールの作品となっています。私は全く彼のことは知りませんでしたが、人物や動物、建築などをモチーフに、1本の木から台座ごと掘り出す人体彫刻、その背景としての役割を担うようなレリーフなどの彫刻作品を制作しているとのことです。国際的にも有名で日本でも個展などを開くほどの有名な彫刻家とのことです(知らなくて🙏)。

Th22_20240602135701

ザルツブルグ大聖堂の横にあるカビテルプラッツからもライトアップされたホーヘンザルツブルグ城を見ることが出来ます。
Th23_20240602135701

カピテル広場の端の池にはポセイドンの彫刻があり、昼間よりも夜の方が湖面に反射して雰囲気が出ています。
Th24iphone

夜の池は反射があって水面から浮かび上がる風景も幻想的となります。
Th31_20240602135701

どの通りか忘れました、このような迷路のような場所も一瞬ありますが、そこを通り過ぎると見慣れた風景が出て来ます。
Th34_20240602135701

カフェフュルストは、ザルツブルクのお土産として大人気であるモーツァルトクーゲル発祥のカフェとしても有名です。このお店の中でアップルシュトゥルーデル、リンツァートルテなどの有名のケーキとコーヒーを楽しみたかったのですが時間が合わず夜の写真のみです。
Th40ritzerbogen

ザルツブルグに4箇所(調べた範囲ではですが・・)の店舗があるようです。食べ物にあまり興味のない私でもモーツァルトとの絵がらが書かれた丸いチョコレートは空港などでもよく見かけました。日本でもすっかりおなじみ、オーストリア土産の代表となっている「Mozaltkugel(モーツァルト・クーゲル)」の老舗を訪ねてみよう。

1890年にここでチョコレートを使ったお菓子を考案したのが、「Fürst(フュルスト)」だったそうです。

最初はモーツァルトボンボンと呼ばれていました。ドイツ語でボールを意味する「クーゲル」の名の通り、ヘーゼルナッツクリームやアーモンドを混ぜてペースト状にしたマジパンを丸めて、チョコレートでコーティングしたお菓子です。

 

Th45
Th46furstritzerbogen

上の写真の様に元祖モーツァルトクーゲルの包みの色を見て下さいね。違いが分かる人はお分かりかもしれません。銀色の包み紙に青いモーツァルトがデザインされているのがフュルストのものとなっています。空港などでたくさん売っているのは青以外の赤色などになっています。 まあ食べ比べしていませんが、FurstのMozartkugelは見た目よりも甘くなくてコーティングのチョコの味も美味しかったです。旅行で買い物をしないのですが、ここでは自分たちのお土産のチョコをいくつか買い求めました。
Th47
オーストリアには日本でも有名なチョコレートがいくつかある様です。私は全く知りませんでしたがザルツブルグの夜景の写真の中に上の写真もありましたので載せておきます(どんな店か分かりません🙏)


 

Th50
Th51_20240602135801
Th52
Th53
Th54

ホテルザルツバッハの隣にあるカラヤンの生家です。その庭にはカラヤンの銅像が置かれていて、ライトアップされた影は如何にもこれから演奏を始めそうな雰囲気でした。
Th55

最後にザルツァハ川の整備された歩道を歩きながら旧市街地を眺めています。こんなことが可能なのはザルツブルグが治安が良いからで、女性でも一人で歩ける雰囲気です。
Th56

旧市街地が世界遺産のザルツブルグです。この風景も目に焼き付けたい1つとなりました。
Th60_20240602135901

宿泊のある、大学広場もこの時間になると屋台もなくなり静かになりました。ザルツブルグは流行り行って良かった観光地でした。感謝!

2024年6月 7日 (金)

今週の生け花(令和6年6月第1週)

6月に入り、沖縄地方は梅雨の真っ只中だと思うのですが、今週は比較的晴れの天気が続いています。6月の声を聞くと何となく今年も半分近くになったと頭の中で考えてしまいます。何もしてないのに時間だけが過ぎ去るようで焦りを感じてしまうのもです。今年の目標はなどと大それたことを考えないのですが、それでも6月の声を聞くと何も前進していない現実を憂いてしまうのです😂

これまで沖縄県では5月の連休を明けたぐらいから新型コロナウイルス感染症の増加が起こり、6月7月にかけて激増して医療逼迫に追いやられました。今年も例年と同じ様なカーブで増加していると沖縄県から情報がありました(☞沖縄県R6年6月コロナ情報

Th_img_9578

新型コロナウイルス感染症の入院患者さんも増加しており気になるところです。私の憂いをよそに今週も2階の小さなスペースにお花が飾られていました。ありがたいことです🙇
Th__20240607154801

向日葵があるだけで、グンと夏に近づいた気になります。今週は梅雨にも関わらず晴れていてまた気温も低めでしたので過ごしやすい那覇市でした。 生け花も見つめてると夏が近づいたことを伺わせてくれます。
Th__20240607154802

お花達は皆元気です。私も下を向かずに頑張りたいと思える今週の生け花たちです😉
Th__20240607154803
<花材:油ドウダン、ひまわり、カーネーション、スプレーカーネション>

2024年6月 5日 (水)

鼠径ヘルニアの病態と手術

今日のFM放送は2年ぶりにヘルニアについて話をしました。前回と殆ど同じ内容でしたので、ブログも前回と同じで特に代わりばえはありません😅

皆さんヘルニアって 聞いたことありませんか?  恐らく、よく聞く病名の1つだと思います。 しかし 皆様の中でも、それぞれが個人によって全く違う病態を想像されている場合があるのだろうと、私は考えています。と言いますのも、医者の仲間でもその専門領域によってヘルニアと言っても全然違う病名について話す場合もあるからなのです。 

整形外科医ならヘルニアと言えば椎間板ヘルニア、脳外科医なら脳ヘルニアを、小児科な臍ヘルニア、鼠径ヘルニアを、外科医なら鼠径ヘルニア、腹壁瘢痕ヘルニア、消化器内科なら食道裂孔ヘルニアなどをまず真っ先の思い浮かべる訳なのです。

 リスナーの皆様が 腰を痛めたことのある方は腰椎椎間板ヘルニアを思い浮かべるでしょうし、お子さんがいて脱腸やデベソで手術をした経験をお持ちの方は、鼠径ヘルニア、臍ヘルニアを思い浮かべるかもしれないのですね。

そのような謎を解くためにも、まずヘルニアという言葉の定義を述べてみます。ヘルニアとは臓器またはある組織が、元々あった場所から、直接その横から飛び出すことを言います。

ですから・・・何とかヘルニアなど沢山の病名が存在し、それを区別するため、飛び出した臓器や場所を頭につけて病名として区別している訳なんです。 たとえば足の付け根、「また」のところは医学用語では、鼠径部といいますので、その場所にお腹の腸などが飛び出すことを鼠径ヘルニアと言っています(俗に言う脱腸です)。お臍の部分が飛び出すのはお臍の部分は臍(サイ)といいますので臍ヘルニアと呼んでいます。

腰椎には椎間板という腰の骨と骨の間のクッションの役割をする組織があり、それが重いものを持ったときなどで飛び出してしまい神経を圧迫して痛みなどを来す場合があります、ではこの場合は 何ヘルニアと呼びますか?・・・・  

そうです👍 椎間板ヘルニアといいますね。腰の骨の部分なら腰椎ですから、もっと詳しいことを言うと、腰椎椎間板ヘルニアと言うことになるわけですね。お聞きになった皆様も、急に医学用語が使いこなした気になりませんでしたか? 

沢山あるヘルニアの中で外科で対応する機会が多いのは鼠径ヘルニアになります。

俗に脱腸と言われている鼠径(そけい)ヘルニアは子供の病気と思われていますが、実際は子供よりも成人に多くみられます。しかしその発症のメカニズムも治療・手術方法も子供と大人の場合では異なってきます。


Th__20240604182501

<鼠径ヘルニアの手術方法 >

(小児期を除いて)鼠径ヘルニアと診断されたら治療法は手術しかありません」ので手術の時期のご検討をされて下さい。

おおよそ、小学校入学までに起こる小児の鼠径ヘルニアは先天的に鼠径部のヘルニアの通り道が通常より大きいために起こります。 それに対し大人ではヘルニアの通り道の筋肉を含めた周囲組織が緩んできてヘルニアが発生します。 子供の場合はヘルニアの出口を縛ってしまえば手術は終了で、筋肉をよせたり補強する必要はありません。


Th__20240604182502

大人では基本的にメッシュという補強用の布を使用して、広がった穴(ヘルニア門)をカバーして修復する手術を行います。そけい部の皮膚を切開して、直接上方から腹膜の上まで剥離してからメッシュを挿入して補強する方法と、腹腔鏡を使って、お腹の中からヘルニアの入り口をメッシュを被せて塞ぐ方法が主流です。


Th__20240604182503

直達法で行うか腹腔鏡で行うかは、それぞれ一長一短がありますので、担当医と相談して方法を選択されたらいいと考えます。外科医に取っては両方の手術を理解しないといけないと考えます。

最近は何でもかんでも腹腔鏡とかロボット手術に目が向きますが、老外科医の視点からするといつでも開腹や直達法などが出来ないといけないと思うのです。それぞれにメリット、デメリットがありますが、緊急事態(突然の出血、あるいは装置の故障など)で命を救えるかどうかも外科医の経験と技量にかかる場面もあるからなのです。

2024年6月 2日 (日)

ザルツブルク音楽祭(ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団とボストン交響楽団を鑑賞)

ザルツブルグは旧市街地が世界遺産であり、サウンド・オブ・ミュージックの街、そしてモーツァルトの街でもあります。またザルツブルクは、国際的な文化シーンにおいてザルツブルグ音楽祭としても有名です。春と夏に催されるのですが、特に毎年夏に開かれるザルツブルク音楽祭は世界中から多くの観光客を引き寄せ旧市街を大きな舞台に変身させる世界的なイベントとなっています。

Th0saruzburger



ザルツブルグの公式ガイドブックによると「ザルツブルク音楽祭:ビッグスターが集う国際文化祭」と銘打っています。


「街全体が舞台」~ザルツブルク音楽祭の創設の父であるマックス・ラインハルト、フーガー・フォン・ホーフマンスタール、リヒャルト・シュトラウスは、100年前の企画意図をこのように表現しています。彼らの願いは叶い、現在でも引き継がれています。国際的な舞台スター、セレブリティ、エリートがザルツブルクに集うことで、ザルツブルクは音楽祭の期間に「時間のメタモルフォーゼ」を遂行しています。いつの間にか、ザルツブルク音楽祭は世界で最も重要な舞台芸術のフェスティバルの一つに数えられるようになりました。この成功は、「オペラや演劇、コンサートの比類のないコンビネーションによる幅広い芸術的オファー」、「文化と休暇のコンビネーション」、「ユネスコ世界遺産の街ザルツブルクの特別な雰囲気」の3つの柱によるものです・・・知ったか振りで書いていますが、このように書かれていました😅




Th1_20240503163501

私の旅行は50代後半になって再開したのですが、2023年の旅行では8月後半にヨーロッパ旅行の日程となりました。8月の旅行は30年ぶりだったと思います。8月にヨーロッパと思い浮かべたのが、かねてから行きたかったザルツブルクでした(これまでは音楽祭ではなく「サウンド・オブ・ミュージック」の世界を観たかったのが主な理由でした)。
私の初めてのヨーロッパ旅行は20代で訪れたオーストリアのウィーンでしたので、今回で3回目のオーストリアとなります。今回はザルツブルク音楽祭が観られる8月後半となりましたので、ザルツブルク音楽祭の公式ホームページを時々チェックしていました。8月29日から8月31日の3日間ザルツブルグ滞在としました。 8月30日はインスブルックなど近郊に出かける計画で8月29日と音楽祭の最終日の8月31日のチケットを狙っていたのです。 公式ホームページで予約ができるようになると直ぐに申し込みをしました。
Th2_20240503163501
8月29日はウィーン・フィルハーモニー管弦楽団のチケットを購入出来ました。ウィーン楽友協会大ホールに本拠を置くオーケストラで毎年のようにニューイヤーコンサート が日本でも放映されています。宝くじに当たるほど入手が困難でしょうが、ニューイヤーコンサートを一度は楽友協会大ホールで 聴きたいと願う世界中のファンは多いはずです。


Th3_20240503163501

ザルツブルク音楽祭最終日の8月31日はNelsons指揮のボストンシンフォニーオーケストラのチケットを無事購入出来ました。
Th4_20240503163501
折角なので値段は高かったのですがグリーンで示された前方の席で入力しました。申し込みの時点では席を自由に選ぶことは出来ません。間もなく公式サイトから私達の座席とバウチャーがメールで届きました。なんと上の座席表で示すたように前方2列目3列目のほぼ真ん中となっていました。音響的は分かりませんが、この位置ですと演奏者の顔や息遣いも分かる座席となります。
8月29日のウィーンフィルはJakub Hrusa指揮によるコンサートで、若手で有望な指揮者の一人だと思います。ドヴォルザーク_ 交響曲第8番 ト長調 Op.88、ブラームス:ピアノ協奏曲第2番となりました。子供の頃よりピアノなどはよく聴いていました、クラシックが理解できるほどの音楽性は身につけていませんので、演奏会の解説はできません。ただ言えることは現場でしか聴けない音響があることは確かなことだと感じています。素晴らしい演奏でした。
8月31日は2023年のザルツブルグ音楽祭の最終演目となり、少し早めの開演となりました。ボストン交響楽団は小澤征爾さんが長年音楽監督をしていましたので日本人も馴染みのある楽団だと思います。彼がいたせいもあったのでしょうか、楽団員に多くに黄色人種がいたのも印象深かったです(曲とは関係ないのでどうでもいいかな😅)。Andris Nelsons指揮のボストン交響楽団の演奏です。バレエ音楽「ペトルーシュカ」(1947年版) I.ストラヴィンスキー作曲の曲目とJOHN WILLIAMSのバイオリンとなっています。私にとってはJOHN WILLIAMSのバイオリンについてはすごく有名で上手い方と存じ上げていますが余り好みではありません(強弱が強すぎて心臓がドキドキしてしまいます🙏)。それでも素人の私にとっては最高の贅沢な舞台で聴くことができて感謝しかありません♡ Andris Nelsonsさんは次第に太って来たので医者目線でもう少しダイエットした方がいいのではと妙なところが気になりました。


Th__20240518092601
Th5_20240503163501

左の奥がザルツブルク音楽祭のメイン会場の祝祭大劇場となります。左手前がサウンド・オブ・ミュージックでトラップ一家が聴衆の前で音楽を披露した「フェルゼンライトシューレ」となります。その会場からハラハラドキドキしながら無事トラップ一家がアルプスの山越えをしてスイスに亡命するシーンで映画が終わりました。
Th6_20240503163501
Th7_20240503163501

開場前には世界中から着飾った老若男女が集まって来ました。私も珍しくネクタイ姿で臨みました😊
Th8_20240503163501
Th9_20240503163501
どなたか分かりませんが時々ベンツなどに乗った方々が開場の前で降りて中へと入って行くのが確認されました。降りたら人だかりが出来る訳ではありませんので、私が見た方々は超有名人ではないのかも知れません(金は持っているかも知れませんが・・😸)
Th10_20240503163601

Th15_20240518092801

マナー違反になるのかも知れませんが、団員がいなくなった間に座席から舞台を撮ってみました。これぐらい距離から音楽が聴けて最高でした。音響的にどうかは分かりませんが、指揮者や楽員の顔や仕草も観れるので素晴らしい経験でした。
Th1655_20240518092801

休憩に入った時に振り返った写真です。2階席はどんな風かと思ったので、トイレ休憩の時に中に入ってみました。
Th17_20240518092801

2階の正面はボックス席になっていました。誰もいないので写真を撮りました。成る程このように見えるのですね😊
Th20_20240518092801

8月29日の演奏が終了したのは22時頃となります。このような雰囲気で会場を後にしました。二三枚ピンボケした写真がありましたので、記載します。許可は貰ってないのでピントが合っていたら写った方に申し訳ないです😅
Th21_20240518092801
このように華やかな感じでザルツブルク音楽祭のコンサートは終わりました。私達の宿泊施設はここから徒歩3分程度ですが、少し散歩をしながら帰ることにしました。初めての貴重な経験になりました。それ程敷居が高い訳ではありませんので、ゆったりと楽しむことが出来ました😉 

« 2024年5月 | トップページ