フォト
2024年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

« 今週の生け花(令和6年5月第3週) | トップページ | 肥満と血圧の関係、欧米と日本人の違い »

2024年5月19日 (日)

サウンドオブミュージックツアー(ザルツブルク郊外)

今度の旅行で参加を楽しみにしていたのにサウンド・オブ・ミュージックツアーがありました。ザルツブルグ市内は自分たちの足で回れば事足りることですが、少し郊外の何ヶ所かに出かけるには時間が結構かかってしまうのですが、このツアーではバスで寄ってくれることになっています。このツアーに参加した方のYou-tube動画などを観ていると、バスの中で和気藹々と歌ったりする場面がありました。英語のツアーですが、英語が分からないくても大丈夫でした。皆について行けばいいだけで、映画のシーンを思い出しておけばいいだけです。 

Th2tour

私はネットでPanorama Toursが主催しているサウンド・オグ・ミュージックツアーを予約して参加しました。下の写真はツアー参加者に配られた絵葉書です。

Th1_20240503122701

9:15出発でそれまでにミラベル広場バスターミナル内、Panorama Toursチケット窓口に集合となっていました。既にバスが止まっていましたので、私たちは窓口ではなくて直接係の方にバウチャーを見せてバスに乗り込みました。帰りは14時が予定のようです。

Th3_20240503122701

このツアーで寄る主な場所をグーグルマップに記載しました。右側のザンクト・ギルゲン(景勝地で途中は映画の冒頭のような風景がありました)と映画の中の結婚式で使われた教会があるモンゼーには公共機関を乗りついて行くには時間がかかることもこのツアーを選んだ理由です。
Th3_20240503122702

何処からどう観ても「サウンド・オブ・ミュージックツアー」のバスです😆 結構満席で本当に老若男女で世界各国から集まった方々の参加者でした。映画そのものは半世紀前の映画ですが、子供さんも多くいました。私たちの隣の席にはドイツから来た中学生の女の子二人で参加している方もいてこの映画が今でも多くの方に影響を与えていることが伺えました。
Th4_20240503122701

バスはミラベル庭園を回り込んで進んで行きます。窓からホーエンザルツブルク城とノンベルク修道院が見えました。


Th13_20240503122901
ツアーのガイドさんの紹介を聞きながら、このままレオポルドスクロン宮殿 (外観見学)へと向かいました。
Th10_20240503122801
Th11_20240503122801
バスを降りたら直ぐに湖があり、先に進むとレオポルドスクロン宮殿。映画でトラップ大佐の屋敷として使われた宮殿が見えて来ました。このツアーでは池越しに宮殿を見る感じとなっています。宮殿の表がトラップ家の屋敷として利用されていました。映画ではトラップ大佐の前でマリアと子供達がレオポルドスクロン池にボートから落ちてしまったというエピソードもありました・・・懐かしいです😂

Th12_20240503122901

次にヘルブルン宮殿のガゼボ (外観見学)へと向かいました。17世紀に大司教マルクス・シティクスの建てたこの宮殿は、狩りをするために造られたそうですが、そこが目当てではありません。

Th20_20240503122901

ヘルブルン宮殿入り口から入ります。ここは宮殿内部より水の仕掛けの庭園が有名で、時間があれば楽しみたい所です。
Th21_20240503122901
まっすく行けばヘルブルン宮殿を見学できますが・・・皆左へと迂回して進みます。
Th22_20240512132001

これを観たら皆様思い出しますよね。トラップ家の長女のリーズルと恋人のロルフが歌う、"I am sixteen going on seventeen I know that I’m naive・・・"と歌っていました。  そしてマリアと大佐が愛を語り合った場所ともなっていました😍

ちょっとネタバレになるかも知れませんが・・・映画ではトラップ大佐家の敷地内で「ガラスの東屋」として使われた映画上の大道具だそうです(実際は存在しなかったと言うことになります)。ここを利用した映画の撮影シーンも実際はハリウッドのセットで行われたとのことです💦 
 ただここにある東屋はザルツブルクの現地ロケでレオポルツクロン宮殿の湖畔での撮影時に背景にこの東屋が映るものとして制作されたもう一つのパビリオンなのだそうです(要するにハリウッドとザルツブルクの2箇所に立てられ訳です)。
 映画撮影後に映画会社が宮殿内にあった「ガラスの東屋」をザルツブルグ市に寄付し、しばらくの間レオポルツクロン宮殿にあったそうです。その後、世界中のファンの要望もあり、修繕され、ヘルンブルン宮殿の一角に移設されて無料公開となっているのです・・・まあどうでもいいかな😂

Th23_20240503122901

この入り口に長女リーズルの顔写真と説明がありました。小学生の私にとってもなんと綺麗な目をしたお姉さんだろうと憧れたものです😍・・😆
Th24_20240503122901

やはりこのガラスのパビリオン(ガゼボ)は憧れてみていたのでしょう。 ツアー参加者がこのパビリオンを入れて沢山撮影をしていました(いつもの通り私は写真に写りたくないので自撮りはしていません)

Th25_20240519150001

Sixteen Going on Seventeen もうすぐ17才」トラップ家の長女リーズルと電報配達の青年ロルフと密かな恋人同士の設定。夕食の時にこっそり家を抜け出したリーズルは、約束していたロルフに会いにあずまやへ。ベンチを軽やかに乗り越えながら二人でこの歌を歌い合います・・16歳、17歳の多感な二人が愛らしいです😍

 

ここを離れるとザルツブルグ郊外へとバスは進んで行きます。次の目的地はザンクト・ギルゲンを眺望できる丘となっています。映画の最初にフュシュル湖からサンクト・ギルゲンへと向かうシーンがこの近くで撮影されました。山と湖が織りなすザルツカンマーグートと呼ばれるオーストリアでも有数の美しい景色が続いて行く場所となります。

Th26_20240503123001

少し雲行きが怪しくなりましたが、最後まで雨が降ることはありませんでした。バスは徐々に高度を上げて行きます。
Th27_20240503123001
長閑な道を進むと、突然すごい建物が出現しびっくりしました(一応ガイドさんが説明していましたが)。猛牛のようなものが飛び出して来ています(走るバスの中から撮したのでブレていますが🙏)・・・・ここ何処かわかる方はいますでしょうか?・・・この風景は分からなくてもおそらく多くの方がこのドリンクは見たことがあると思います。「レッド・ブル」の本社です。
Th27_20240503123002

現在でRed Bullは160カ国以上で販売され、世界で年に46億本のエナジードリンクの売り上げを記録しているそうです。アメリカではエナジードリンク市場の約50%をこのオーストリアのメーカーが占めています。今やレッドブルはエナジードリンクの代名詞となり、世界において最も名の知られたブランドとなっています。
Th31_20240503123001


オーストリアの景勝地ザンクト・ギルゲンは、ザルツブルグとバート・イシュル(→ ハルシュタットからザルツブルグ)を結ぶバスの路線上にあるヴォルフガング湖畔の町、モーツァルトの母の生家としても有名な町だそうです。

Th32_20240503123001
Th33_20240503123001
Th34_20240503123001

ヴォルフガング湖畔に教会の尖塔が見えたり、豪華そうな宿泊施設と思われる美しい建物が林立しています。こんなところでゆっくと時間を費やしたいです。 写真撮影タイムが終了したらまたバスに乗り込みました。

次は最終地の映画で結婚式を挙げたモント湖畔の教会のあるモンゼーへと移動となります。

Th40
Th41_20240503123101
Th42_20240503123101
Th50basilika-st-michael

モント教会(聖ミヒャエル教会 :Basilika St. Michael) は、映画でジュリー・アンドリュースが演じるマリアとクリストファー・プラマー演じるバロンが結婚式を行った場所です。1927年にトラップ夫妻が結婚式を挙げた場所はノンベルク修道院ですが、映画の結婚式の撮影では聖ミヒャエル教会が使われています。 映画で外観はノンベルク修道院が使われているのですが、ノンベルク修道院から内部撮影の許可がおりずに結婚式の様子の撮影にはこの聖ミヒャエル教会が使われたとのことです。

Th51basilika-st-michael
映画ではイギリスの王室の結婚式かと思うような純白の長いドレスを着たマリアがバージンロードを歩いて、周りから修道女たちの歌声が聞こえて来ます。

Th_20240504122001
映画で凄く長いドレスが使われたので、当時の女性たちは目を輝かして観ていたのではないでしょうか? このシーンは流れる音楽と共に本当に美しい場面でした😍
Th52basilika-st-michael

祭壇も豪華ですね。トラップ大佐が先に待っていて、一緒にこの場所にゆっくりと上って行き、司祭から祝福を受けます。
Th53basilika-st-michael
Th54basilika-st-michael
Th55basilika-st-michael
Th56basilika-st-michael
Th57basilika-st-michael
映画のシーンが思い出されました。
Th60_20240503123201

帰る途中でこのような風景がありました。子供達が木にぶら下がった光景が浮かんでくるようでした😍
Th61_20240503123201

後はザルツブルグに戻る車内では皆で、大合唱会が始まりました。 ツアーガイドさんがヤギの縫いぐるみを持って歌いながら回っています。私たちも皆歌いました・・・さあ!何を歌っているのでしょうか? 

 

そうです「ひとりぼっちの羊飼い (The Lonely Goatherd)」レイオロ・レイオロ・レイホー🎼🐐

« 今週の生け花(令和6年5月第3週) | トップページ | 肥満と血圧の関係、欧米と日本人の違い »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

院長先生
こんばんは。
今日はご自宅でお過ごしでしたね!

懐しいサウンド・オブ・ミュージックの世界に浸れて
素敵なツアーでしたね♪
ガラスのパビリオンも設置されていたのですね♡
確か?マリアとトラップ大佐もここで会ってましたよね♡
院長先生はまだ小学生の時にこの映画をご覧だったのですね♡
お若い✌️私はもう、結婚してましたが、友人とこの映画を観ました♪
感動しました♪夫とロマンチック街道のツアーに参加!
映画のシーンに出会えて良かったです♡
院長先生の旅行記で更に詳しくご紹介頂き有り難うございます♡
続きも楽しみにお待ち申し上げます。

今日も有り難うございました🙇

こんばんは〜。
やはりザルツブルグとサウンド・オブ
・ミュージックは関わりが強く
このようなツアーも企画されているの
ですね‼️
音楽がメインなら私も参加出来る?
かも知れませんね。
映画ファンなら先生の今回の情報は
凄く為になったのではないでしょうか?
いつものことですが本当に詳しく調べて
旅行に臨んでいるのだと舞子にも理解
出来ます。
やはり旅は情報が多いだけ深く堪能
出来るのでしょうね。
修道院が内部の撮影を許可しなかった
毅然とした態度も感心しました

他の旅行ブログよりも圧倒的な
情報量ですので旅行記を出版
されても売れると思うほどです
これからも楽しみにしています😘

マコママさん、こんばんは。

長いブログを観ていただき有り難うございます(長すぎて2回に分けようかと思った程です)。

映画館は暗くて画面も音も大きいので怖い思いがありましたが、初めて楽しいと思えた海外映画でした。私の小学生の時で、姉2人と母の4名で出かけました。帰りはLPのレコードも買って帰ったのを思い出します。

沢山の名シーンがあり、ザルツブルグの撮影場所と一致する楽しいツアーでした。

いつも有り難うございます。お休みなさい💤

舞子さん、こんばんは。

映画の影響を受けていない方に取ってはザルツブルグはモーツァルトとの印象が強いのかも知れません。私はどっぷりと小学校の頃からこの映画の影響を受けていましたので、懐かしい場所に戻って来た感じさえ受けました。

行き当たりばったりの旅行も楽しいのですが、何度も行けるわけではありませんので事前に情報が多ければ多いほど旅は深みが出て楽しめます。

修道院はやはり厳格に祈りの場なのでしょうね。外の部分や入口までは撮影を許可したのが精一杯だったのではないでしょうか?

自分の老後の為に書いていますので、今回は少し情報が多すぎたのかも知れません。次回からは長いブログは2回に分けたほうがいいかなと思いました。

今回のサウンド・オブ・ミュージックツアーは舞子さんのような若い方も結構いましたよ😆

こんばんは。

中学校時代に文化祭で「サウンド・オブ・ミュージック」の真似事をやった関係で、当時何度も映画を見ました。記事を拝読して、記憶から欠落しているシーンがたくさんありましたので(笑)、暇があったらもう1回見てみたいな、と思いました。
いつも楽しい記事をありがとうございます。

院長先生
おはようございます。
月曜日スタート!で今週もご予定沢山と思います。
ご活躍をお祈り申し上げます。


ツアーのバスも一見の価値がございますね♡
凄い人気を裏付ける証拠ですよね?
私達が行った頃には無くて残念でした!

朝から雨で午後には上がる予報ですが、
気温が下がるので体調に気をつけます。
お陰様で左目の痛みは昨日のお昼前には取れましたが、
使いすぎないように気をつけます!

今日も宜しくお願い申し上げます。


お早うございます
一つ一つの写真を見ながらあのサウンド・オブ・ミュージックの場面を思い出しています
ガラスのパピリオンを見ながらリーズルとロルフのあのシーンも浮かんできます
本当に素敵な映画でしたね
今でも愛されているのが良く分かります
先生の解説もとても分かりやすく納得です
ザルツブルグはサウンド・オブ・ミュージックなしでは語れませんね

いかさまさん、おはようございます。

いつも有難うございます。今は海外に向いていますがもう少しすると国内旅行にシフトする時期が来ると思います。その時はいかさまさんの鉄道ブログとても参考になると思っています。

中学時代の文化祭で「サウンド・オブ・ミュージック」をテーマにしたものを行ったのですね。記憶力の良い時期に何度も観ていたら多くのことが残っていると思います。 時間が出来たらもう一度ご覧になれたら、その年代では感じなかった新しい発見があるかも知れませんよ。

これからも旅を楽しんでゆきましょう。

マコママさん、おはようございます。

映画から50年経っても世界中から人々を惹きつける「サウンド・オブ・ミュージック」の力は凄いです。 世界中の老若男女と同じバスツアーは楽しかったです。

気候が変わりやすいですね。沖縄はまだ梅雨に入りません。 目の方も良くなって良かったです。

今日も宜しくお願いします。

ゆめちゃんさん、おはようございます。

私はザルツブルグに実際に行って初めて、ここまで私の記憶とサウンド・オブ・ミュージックが結び付いていること、そしてその映画の光景が目の前にあることの不思議さを感じていました。 懐かしい場所に戻って来た感覚を受けました。これまでに1番多く観た映画の影響でしょうか?

本当にザルツブルグはサウンド・オブ・ミュージックなしでは語れなくなりました😊

いつも有難うございます。

お早うございます。

前回の記事では、背景を思い出せない部分がありましたが、今回は良く覚えています。
現地ツアーで回ると、時間の節約になりますね。
私も夫が仕事中、1人で現地ツアーに参加していました。
東洋人は私1人。
英語で分かる事は少しですが、バスを降りて集合場所と時間さえわかれば何とかなります。
現地ツアーの最後は車内が和気あいあいになり、
ガイドさんへのチップ集めで終わりとなりました。
この記事で懐かしい思い出が蘇りました。

院長先生
こんばんは。
月曜日でご多忙だった事でしょう。
お疲れさまでございました。

御地はそろそろ梅雨入りでしょうか?
当地は予報より早目に雨は上がりましたが、
スッキリせず気温が低めでした。

ご心配申し訳ございません。
目の使いすぎに気をつけたいと思います。

今日も有り難うございました🙇
少しでもお早くご帰宅できますように〜。
おやすみなさいませ(^^)/

マーチャンさん、こんばんは。

旅行を思い返して貰えて私も嬉しいです。 今回の郊外の2つの場所へ公共機関を利用するとかなり時間がかかった事もツアーを選んだ理由です。

マーチャンさんの様にご主人が仕事で同伴できない時にはツアーの方が安心ですし、寂しくないですよね。

私も集合場所と集合時間は再度聞いてから自由行動する様にしています。

これからもご一緒に旅が出来ると嬉しいです。

マコママさん、こんばんは。

月曜日も無事終わり、これから帰宅です。

まだ今日は雨が降っていませんが、明日から雨の様です。梅雨入りはどうなのでしょうか?

最近お腹や目の不調もありましたので、無理せずにお過ごしくださいね。 それではお休みなさいです。

院長先生
おはようございます。
今日は手術日でしょうか?
ご活躍をお祈り申し上げます。

隣の棟にある集合クリニックのお世話になった整形外科が昨日で閉院しました!
院長先生もご高齢ですが、ここは理学療法士さんも不在!牽引と私のような温熱パッド?を当てるだけでした。血液検査、骨密度検査は年2回して頂きました。お薬は先月60日分処方して頂き少し離れた整形外科の紹介状を頂きましたが、タクシー利用になります!
要支援1以上!増えないように?頑張りましょう!
今日も宜しくお願い申し上げます。

マコママさん、おはようございます。

今日は長い手術が待っていますので頑張って行きたいと思います。

近くの整形外科医院が閉院なのですね。慣れ親しんで歩ける場所にあったのに残念ですね。次の整形外科の先生が良ければいいですね。

今日も宜しくお願いします。

院長先生
こんばんは。
長い手術も無事終えられたと思います。
お疲れさまでございました。

御地も梅雨入りしましたね!
暫く鬱陶しい日々、患者さん達にも受診が少し?
大変でしょうか?
梅雨前線も段々、北上して来ることでしょう!

今日も有り難うございました🙇
少しでもお早くご帰宅できますように〜。
おやすみなさいませ(^^)/

マコママさん、こんばんは。

今日も長い手術となりましたが、無事終えて帰宅しています。

帰りも雨でした。やっと沖縄地方も梅雨入りとなりました。朝の雨は通院患者さんもそうですが、学校の子供たちは大変だと思います。頑張って登校して欲しいです。

次第に本土の方も梅雨に入る事でしょうね。

それではお休みなさいです💤

院長先生
おはようございます。
今日はご多忙の上、FM放送もございますね♪
ご活躍をお祈り申し上げ、楽しみにお待ち申し上げております♡

4時前にトイレへ起きて寝付けず、グズグズして二度寝でした。
やっと起きてぼうーとしております。

今日も宜しくお願い致します。

マコママさん、おはようございます。

今日18時からのFM放送は「高血圧」について話す予定です。時間がありましたら御視聴宜しくお願いします。

那覇市は梅雨らしい雨となっています。

今日も宜しくお願いします。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 今週の生け花(令和6年5月第3週) | トップページ | 肥満と血圧の関係、欧米と日本人の違い »