フォト
2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

« 今週の生け花(令和6年2月第2週) | トップページ | 脳卒中の病態と血圧の関係 »

2024年2月11日 (日)

ハルシュタットの2つの教会<ハルシュタット・ルーテル教会とハルシュタット カトリック教会及びバインハウス(納骨堂)>

ハルシュタットには2つの有名な教会「ハルシュタット・ルーテル教会Hallstatt Lutheran Church」と「ハルシュタット カトリック教会とバインハウス(納骨堂)Katholische Pfarrkriche und Beinhaus」があります。

Th_012
Th_02

ハルシュタットの風景で1番絵になるのが上の湖畔に面したゴシック様式の尖塔を持つハルシュタット・ルーテル教会Hallstatt Lutheran Churchだと思います。
Th_3_20240125171701

人口がそれ程多くない村で立派な教会が2つもあるのにはビックリする程です。(一応はハルシュタットはカトリック教区にあり元々はカトリック信者がほとんどだったと思いますが、塩鉱などで働くプロテスタントの方々のために新しく造られたことです)
Th_4hallstatt-lutheran-church4

ハルシュタット・ルーテル教会はマルクト広場や船着き場からも近く、自由に内部を見学することが出来ます。内部はとなるとステンドグラスなどはありますが至ってシンプルな造りとなっています。私たちが期待していたのとは違うあっさりとした教会です。ヨーロッパの教会の事をご存じな方はこの教会に入って、これがカトリックかプロテスタントの教会か直ぐにお分かりだったと思います。この教会はプロテスタントの教会です。
Th_10-katholische-pfarrkriche-und-beinha

もう1つの教会は船着き場から急斜面の丘にあるのハルシュタットカトリック教会です。
Th_11-katholische-pfarrkriche-und-beinha

村の中の細い道を上って行くと教会の入り口が見えて来ます。
Th_13-katholische-pfarrkriche-und-beinha
後ろを振り返ると先ほどの教会とハルシュタット湖が見えて来ます。
Th_12-katholische-pfarrkriche-und-beinha

正面のファザードの上にも壁画が飾られています。

Th_14-katholische-pfarrkriche-und-beinha
Th_15-katholische-pfarrkriche-und-beinha
教会に入った場所も綺麗に花が植えられ、実に良く手入れがされています。
Th_20-katholische-pfarrkriche-und-beinha

先ほどの教会と違い、プロテスタントの教会ですので内部の飾りも多くなります。規模が小さいので豪華絢爛という程ではありません。
Th_21-katholische-pfarrkriche-und-beinha
Th_22-katholische-pfarrkriche-und-beinha

プロテスタントでは十字架のみですが、十字架に磔にされたイエスがある場合はカトリックとなります またカトリックはキリストを信奉しますが、その母マリアも信仰の対象となっています。教会内でマリア像がありばほぼカトリック教会と思っても違いないと考えます。
Th_23-katholische-pfarrkriche-und-beinha
Th_30-katholische-pfarrkriche-und-beinha
Th_31-katholische-pfarrkriche-und-beinha

教会を出て湖畔に沿って後ろに回ると墓地と有名な納骨堂があります(最後は頭蓋骨とか出てきますので、このような写真が駄目な方はここで終わった方が無難かもです)
Th_32-katholische-pfarrkriche-und-beinha
Th_33-katholische-pfarrkriche-und-beinha
Th_34-katholische-pfarrkriche-und-beinha

僅かな土地に村の人々のお墓が並んでいます。それぞれの個人への思いが詰まった墓碑が刻まれています。
Th_35-katholische-pfarrkriche-und-beinha

ハルシュタットとは関係がないのですが、このような小さな墓地をみると1997年「レオン」で人気を得たジャン・レノが主人公の「ロザンナのために」という映画を思い出してしまいます。コミカルですが泣けて来る映画の1つです。皆様も興味ありましたらご覧下さいね。
Th_37-katholische-pfarrkriche-und-beinha
Th_38-katholische-pfarrkriche-und-beinha

墓地の横に階段で降りた小さな礼拝堂がありました。
Th_39_20240125171901

山側にある建物が納骨堂となります。入り口で料金を払いますが、これは維持管理に充てているそうです。説明文のパンフレットもありますが、持ち帰る物ではなくて出る時には返すこととなっています。ちゃんと日本語のパンフレットもありました。
この納骨堂は12世紀に建てられたそうです。ハルシュタットの人々と共に歴史を刻んだ建物なのでしょう。
Th_40-katholische-pfarrkriche-und-beinha

教会の墓地を拡張する訳にはいけないため遺体を埋めるスペースが常に不足となっていたそうです。そのため埋葬後10〜20年後には墓を掘り出して、頭蓋骨と大腿骨だけ納骨堂におさめる様になったそうです(その他の骨についてはどうなっているか分かりません)。
Th_41-katholische-pfarrkriche-und-beinha
Th_42-katholische-pfarrkriche-und-beinha

3面に頭蓋骨と大腿骨が整然と並べられています。最も新しい頭蓋骨は1995年に収められたそうです。1983年になくなった女性の意志でここの収めて欲しいとのことです。現在は納骨を希望する本人が遺書に明記した場合のみここに収められることになっているそうです。今では多くの方は火葬を行っているそうです。
Th_43-katholische-pfarrkriche-und-beinha
ハルシュタットではお墓を花で飾る習慣があったために、頭蓋骨にも花や葉などが描かれるようになったそうです。描かれた模様にもそれぞれが意味があるようです。個人への想いを綴ったのでしょう。 樫の葉=名声、月桂樹=勝利、蔦の葉=生命、薔薇=愛情
*次回は旅行者目線でカトリックの教会とプロテスタントの違いを記載したいと思います*

« 今週の生け花(令和6年2月第2週) | トップページ | 脳卒中の病態と血圧の関係 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

院長先生
こんにちは。
ご器用でいらっしゃるのでお家のお手入れもなさったのですね!
お疲れさまでした♡

あの有名な教会はプロテスタントでしたか!
偶像崇拝禁止ですから中はさっぱりですね!
私もヨーロッパでプロテスタントの教会を訪れました!
納骨堂はポルトガルで勇気を出して入りましたが、
頭蓋骨にこのような絵や文字はありませんでしたよ!

次回も楽しみにお待ちしております🙇
明日もごゆっくりお過ごしできますように〜。

今日も有り難うございました🙇

こんばんは〜。
小さな村に大きな教会が2つも
あるのはやはりヨーロッパでは
キリスト教の力が強いことが
伺えますね。
ハルシュタットの風景では
プロテスタントの教会が有名
ですが内容ではカトリック
教会が深いような気がしま
した。舞子は怖がりですので
納骨堂はパスしたいと思い
ました🏃‍♀️😆
舞子もいつかはハルシュタット
に鞍替えです(このブログの
お陰でみたい景色も変わって
しまいます💦、昨年はスイス
でしたが・・🤪)

マコママさん、こんばんは。

子供の頃より父と一緒に本棚や家具なども作れていので時間があれば色々と作ることが今でも出来ると思っています。学校でも工作は上手でしたよ😆

プロテスタントの教会は基本的に偶像がないですし、マリア様もいません。内部はあっさりとしていますね。

納骨堂をポルトガルでご覧になったのですね。ポルトガルでしたらエヴォラ大聖堂の納骨堂が有名だったと思います。ハルシュタットの頭蓋骨は綺麗に装飾されていました。

次回は自分のためにもカトリックとプロテスタントの違いをまとめたいと思います。いつも有難うございます。

舞子さん、こんばんは。

私も思いました。この小さな村に大きな教会が二つですので、プロテスタントとカトリックがお互いに負けずに教会を造ったのでしょうね。

たしかに絵になるのはハルシュタット・ルーテル教会ですし、地域と密着しているのは納骨堂もあることよりハルシュタット カトリック教会のような気がしました。

いつか行けることがあれば、このブログが参考になれたら嬉しいです・・・物価が高いですがスイスも良かったですよ😆

院長先生
 こんばんは。
さすがでいらっしゃいます!
エボラのサン・フランシスコ聖堂の人骨堂でした。
再更新できていない古いホームページをたどりわかりました。
5千人の聖職者の人骨堂でした。
カメラ券25¢と記載してましたよ!

スペイン・ポルトガルのツアーは2006年の5月末に参加でした。最も印象に残っているのは「アルハンブラ宮殿」だったかもしれません。マコが虹の橋を渡ったので安心して出かけられた旅でした。

今日も有り難うございました。
ごゆっくりお過ごしくださいませ。
おやすみなさいませ。

マコママさん、こんばんは。

昔リスボンに行った時にエボラの街まで行けないかと画策したことがあったために覚えた街の名前でした。と言うことで私はまだ行ったことがありません。ツアーでないとなかなか行きにくい場所ですね。スペインとのツアーだったらこの場所は寄ることもありと思いました。

マコちゃんが旅立った後の旅行だったのですね。アルハンブラ宮殿は私も2回行きましたが、内部の緻密さは印象深いです。当時はヨーロッパよりもイスラム建築の方が遥か先を行っていたのも理解できる建築ですね。

いつもありがとうございます。ごゆっくり休まれた下さいね💤

おはようございます。
今日もごゆっくりご自宅でお過ごし出来ると宜しいですね♡

エボラへは行ってらっしゃらなかったのですね?
確か?短時間の立ち寄りだったと思います。
アルハンブラ宮殿に2回も行かれて思う存分、イスラム建築などに触れられた思います♡
院長先生はもう、ヨーロッパの国々へは行きつかれたと思いますが?
果たして今年はどちらへ?ご出発が待ち遠しい事でしょう!

今日も宜しくお願い致します🙇

お早うございます
小さな村に大きな教会が二つも
人々の強い信仰心がうかがえますね
納骨堂へは自分的にはちょっと躊躇してしまいますが
描かれた絵にそれぞれの思いが感じられますね
ヨーロッパと言えばやはり教会
中も奇麗に整備されていて落ち着いた雰囲気ですね
何時も有難うございます

お早うございます。

今回の記事を読んでの感想・・・「生と死」を感じました。
日本人は死体やら、骨などを忌み嫌うようですが、
あるとき・・・西洋人は骨などは物質と思い、怖くない!!と言うのを知りました。
私は、霊を信じているせいか・・・入るのに納骨堂などは勇気がいります。
ハルシュタットの素敵な風景の中で
生きていることの素晴らしさに感謝の念が出てきそうです。

マコママさん、こんにちは。

今日は午前に2時間ほど病院に出掛けて、後は自宅でのんびりしています。

いつかはポルトガルから北西のスペインまで行きたいと考えているのですがいつになることやら。アルファンブラ宮殿はある程度回りましたが、もしもの機会があればパラドールに宿泊して夜のアルファンブラも見てみたいです。

今年の旅行の計画は大雑把に決めています。これから時間をかけて詰めて行く予定です。まだ発表はできません😆

那覇市はとても良い天気です。観光客は嬉しいだろうと思います。いつも有り難うございます。

ゆめちゃんさん、こんにちは。

ヨーロッパはキリスト教の影響が強くて、小さな村でも中心には教会があり、その前の広場を中心に村や街が出来ています。ハルシュタットも人口の割には大きな教会が2つもありました。

ゆめちゃんは骸骨が苦手なのでしょうか? 普通なら怖いですよね。ここの納骨堂は個人の思いや家族の思いが詰まった装飾がされています。怖いと言うより生前どんな生活をしていたのかと思いを寄せてしまいます。

教会建築は流行の最先端を行っていましたし、内部もその時の芸術の粋を集めた作品が多いので見応えがありますね。

マーチャンさん、こんにちは。

確かに日本人と西洋人の死骸にも違いを見つけることも出来るのでしょうね。キリスト教の国々は土葬ですし、死後復活する考えで骨を保存することも多いようですね。

マーチャンさんは霊感が強いのでしょうか?私は悲しいことに霊感があまりありませんので死んだ死体や骨を見ても怖くないのです。生きている人の方が怖いことがあります😅

若い時は生しか感じませんが、ある程度の年齢になると死に関しても考えるようになると思うのです。死のことがわかると生の素晴らしさも感じることが出来るのでしょうね。

院長先生
こんばんは。
今日は病棟へお出かけだったのですね!
お疲れさまでした♡

ポルトガルのロカ岬へ行き「ここに地果て、海始まる」の詩の一節が刻まれた記念碑がありました!ユーラシア大陸最先端で海の向こうはアメリカ大陸!感慨深いものでしたよ!
院長先生も行かれた事でしょう♡

今日も有り難うございました🙇
おやすみなさいませ(^^)/

当地は明日は気温が上がる予報です。
御地に比べたら低いですが?

マコママさん、こんばんは。

流石に2日間行かないのもと思って短時間病棟をみて帰ってきました。

ポルトガルのロカ岬は行きましたよ。確か最西端到達証明書なるものを貰えたと思います(有料ですが)。マコママさんも記念に持っているかも知れませんね。

今週末は那覇市でも桜祭りがあるようです。沖縄は春に向かっているようです。お休みなさい。

院長先生
おはようございます。
連休明けで一段とご多忙と存じます。
ご活躍をお祈り申し上げます。

ハイ!証明書頂きました。
シントラの王宮、院長先生は確か山の上にある王宮もお訪ねでしたね!
今年はどちらへご旅行か?企業秘密ですね?旅行は行く前、行って、そして帰ってからと3回は楽しめると思います♡いいな💞

気温が上がる中、整形外科などへ行って参ります。
今日も宜しくお願い致します🙇

マコママさん、おはようございます。

今週は1日少なくなりましたので週末まで一気に頑張って行けたらと考えております。

シントラも綺麗な王宮ですがこちらも素通りでした😢。写真はそこを訪ねた知人から頂きましたが・・・。

今年の旅行は日程は内部の資料では既に発表していて、その時には大きなイベントを組まない様にして貰っています。病院長が9日ほど不在となると色々な問題もあり旅行時期をブログで公表できないのです。

一生懸命働いて一生懸命遊んで来ますね💪

気温の上昇が起きてくると気になるのは花粉かも知れませんね。今年はどうなるのでしょうか?

院長先生
こんばんは。
連休明けでご多忙だった事でしょう。
お疲れさまでございました。

シントラ、失礼致しましたm(__)m
どなたかのブログだったのですね?

今日は隣の棟の集合クリニックヘ3箇所行って来ました。
足の指の間にタコだったのですよ!
痛かったので皮膚科で見て頂き削って痛かったです。
外反母趾が影響です!塗り薬出して頂きました!
整形外科と眼科!連休明けで調剤薬局も待たされて
グッタリで帰宅しました😰

明日は更に気温が上がる予報です!
今日も有り難うございました🙇
おやすみなさいませ(^^)/

マコママさん、こんばんは。

今日もなんとなく忙しいまま帰ってきました😅

シントラも良い観光地と聞いていますが、まだ行っていません。まだ見ぬ世界が沢山です。いま思うと仕事が忙しくて39歳から55歳まで旅行を諦めたことでした。無理してでも行くべきでした😂

今日は3箇所通院でしたか、お疲れ様です。色々あると通院疲れになってしまいますね。 

各地で気温が上昇しているようで、北海道などのイベントも大変とのニュースがありました。

気温差に気をつけてお過ごし下さいね。お休みなさいです。

院長先生
おはようございます。
今日は「♡バレンタインデー♡」ダンボール箱ご用意されましたか?
院長先生の日頃の優しいお心遣いに感謝されて沢山の
チョコレートが届く事でしょう♡

FM放送楽しみにお待ちしております♡
今日も宜しくお願い致します🙇

マコママさん、おはようございます。

そうですよね、14日だったことを忘れていました😅 チョコレート貰えたら嬉しいですね😊

今日のFM放送は冬の時期に増える脳卒中について説明したいと考えています。

今日も宜しくお願い致します。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 今週の生け花(令和6年2月第2週) | トップページ | 脳卒中の病態と血圧の関係 »