フォト
2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

« ハルシュタットの2つの教会<ハルシュタット・ルーテル教会とハルシュタット カトリック教会及びバインハウス(納骨堂)> | トップページ | 今週の生け花(令和6年2月第3週) »

2024年2月14日 (水)

脳卒中の病態と血圧の関係

今日のレキオは冬場に多くなる脳卒中について話をしました。 この病気の病態が正確に分かるようになったのはごく最近のことになります。

当然、脳卒中の患者は昔からいたと思います。 特に何もなかった人が、急に倒れて意識がなくなったり、半身に麻痺が起こったり、呂律が回らなくなるようなことを、多くの方が経験した来たはずです。 以前はこれが脳の中の出血や梗塞で起きたことなど分かりませんでした。

この様な病態も見て、昔の方は「脳卒中」と名付けました。「脳」は名前の通り脳みそ(脳実質)のことで、「卒」は「にわかに」という意味です。また「中」は命中とか適中などと同じ意味で「あたる」とのことになります。

ですから、今まで一緒に過ごしていた方が急に麻痺や意識消失を起こしたため「脳がにわかに(邪気に)あたった病気」として捉えたのです。

医学の進歩する以前は、それこそ悪霊が取り付いたとして、邪気を払うために荒治療や拷問に近いようなことも行われたと記録には残っているそうです。

Th__20240213182801

やっとルネサンス期になり、解剖が行われるなかで、同じ様な脳卒中を起こす病態(症状が似ていいる場合)でも、血管が破けた場合、血管が詰まって起こる場合もあるのが判ってきました。 

更に脳の出血でも脳実質の中に出血する場合(脳出血)とくも膜下のスペースに出血する場合(くも膜下出血)があること、脳の血管が詰まる場合にも血管そのものが動脈硬化が強くなり血管が狭くなっている場合(アテローム性脳梗塞)と心臓でできた血の塊(塞栓物質)が飛んできた脳の血管を詰まらせて起こる場合(脳塞栓症:心原性脳塞栓症)も分かるようになりました。

 

画像器機が進歩するまで、その殆どは死んだ後に解剖で判ったことで、治療には簡単には結び付きませんでした。 出血と梗塞では同じ様な症状でも治療は全く異なることになります。

単純にいえば、出血していれば血を固めて出血を止めたいですし、詰まっているのであれば血をさらさらにして固まらないようにしないといけません。 もしもこの病態と違う治療をすれば、何もしないより更に悪化させることになります。

いちかばちかで治療を行うことは出来ません。そこで人類に福音をもたらしたのは、頭部CTの開発、その後MRIなどの医療器機も開発されました。それらのお陰で、硬い頭蓋骨の中で起こった病態を短時間に把握出来て、早期治療が可能となったのです。

 

ご存じの通り、今の日本人の死因のトップは「がん」ですが、昭和25年から昭和55年までは脳血管疾患(脳卒中)が死因トップでした。 脳出血も脳梗塞も高血圧と関連が深く、国民運動として減塩に取り組んだことも功を奏していますが、やはり早期診断、早期治療が可能になったために、脳卒中による死因は現在では第4位となっています。  しかし脳出血は減少傾向にありますが、脳梗塞は増加の一途を辿っています

<脳梗塞の症状と前駆症状(一過性脳虚血発作)>

Th_tia

クモ膜下出血の様にいきなりひどい頭痛で発症する場合もありますが、脳梗塞のの場合は、発症前に脳梗塞と同じ症状(上のイラストの左側の症状)が一時的に現れる一過性脳虚血発作(TIA)が起こることがあります。これは、脳の血管に血液の塊の血栓が一時的に詰まるために起こりますが、詰まった血栓が自然に短時間で溶解し、血流が再開するために症状が消失します。

しかし、TIAを起こした人の3~4割が、その後に脳梗塞を発症します。特に、TIAを起こして1~2日間が危険です。放置した場合、翌朝に脳梗塞を発症する危険性もあるので、その日のうちに救急病院へ行くことが大切です。

 

<脳血管障害(脳卒中)の危険因子>

 A:脳梗塞を発生させる危険因子:高血圧、不整脈(心房細動)、糖尿病、喫煙、肥満などがあります。この中でも、高血圧が特に重要で、高血圧が完全に予防できれば、日本人の脳卒中は今よりも約半分に減ると考えられています

B:脳出血やくも膜下出血の危険因子:高血圧、喫煙、飲酒が発生に関連する要因です。脳出血の場合は、コレステロール値の異常低値(低栄養)も発生に関与します。

 

<脳卒中と血圧の関係>

高血圧は「高血圧治療ガイドライン 2014」では、収縮期血圧値が 140mmHg 以上または拡張期血圧値が 90mmHg 以上であれば高血圧と診断されます。血圧が高い状態が続くと、動脈硬化が徐々に進み、将来的に心臓病や脳卒中にかかりやすくなることがわかっています。

色々な研究データーがあるのですが、至適血圧(収縮期血圧値が 120mmHg 未満かつ拡張期血圧値が 80mmHg 未満)の人に比べて、軽症の高血圧(収縮期血圧が 160mmHg 未満、拡張期血圧が 100mmHg 未満)の人は 3.3 倍重症の高血圧(収縮期血圧が 180mmHg または拡張期血圧が 110mmHg 以上)では 8.5 倍脳卒中にかかりやすいことが報告されています。

長期の追跡調査で有名な久山町のデーターでも140/90以上から脳卒中の発症が高くなることより、それ以下に抑えることが重要となります。

また久山町のデータからは蛋白質を十分に取る方が脳卒中のリスクは減らす結果でした。だだし植物性蛋白質は脳梗塞も脳出血のリスクも減らしますが、動物性の蛋白質は脳梗塞では差がなく脳出血は減らす結果となっています。

皆様も「脳がにわかに邪気にあたらないよう」に、高血圧、糖尿病、高脂血症などの生活習慣病、不整脈などに注意しておすごし下さいね

« ハルシュタットの2つの教会<ハルシュタット・ルーテル教会とハルシュタット カトリック教会及びバインハウス(納骨堂)> | トップページ | 今週の生け花(令和6年2月第3週) »

医療」カテゴリの記事

コメント

院長先生
こんばんは。
今日もお疲れさまでございました。

FM放送拝聴させて頂きました。
私も危険因子ありですので、血圧安定!
高脂血症にも要注意ですね?
植物たんぱく質は好きな物が沢山あるので、
摂取したいと思います。

お歌はすみませんm(__)m
ギター🎸弾き語りも曲名が聴き取れずでした♪

バレンタインデーできっと沢山、チョコ🍫を頂いた事でしょう。💞
今週も有り難うございました🙇
今日も有り難うございました🙇
おやすみなさいませ(^^)/

マコママさん、こんばんは。

今日もFM放送を聴いて頂き有り難うございました。脳卒中は寒い時期に血圧の変動が原因で起きることがありますので、注意して下さいね。 塩分と脂肪を減らして良質なタンパクを取る方が脳卒中は減るようです。

今日はバレンタインデーであることを昨日思い出して、急遽恋愛に関するような歌を選びました。

今日はマコママさんのお陰で楽しいバレンタインデーになりました。いつも有り難うごます。良い夢をみて下さいね。お休みなさい💤

院長先生
おはようございます。
今日もご多忙と存じますがご活躍をお祈り申し上げます。

気温が上がるのは嬉しいですが大きな気温差について行くのが大変です!
花粉飛散も増えて来ました!要注意です!

今日も宜しくお願い致します🙇

マコママさん、おはようございます。

今日は会議がないので少し楽な気がします(笑)。

那覇市も気温が高くなり、蒸し暑い感じとなっています。関東も昼から急に気温も上昇の様ですね。確かに本土ではこの時期は花粉で大変ですね。この時期に沖縄に住まいを移す方もいらっしゃいます。

花粉対策を講じながらおすごし下さいね。

お早うございます。

私の血圧・・・90/60でしたが、最近は120/80になってきました。
夫も若い時は低血圧でしたのに70過ぎから高血圧になり現在薬を飲んでいます。
母も年を重ねてから、低血圧から高血圧になっていました。
塩分控えめな食事を心がけていますが、血圧は年齢と共に変化してくるのですね。
最近は脳梗塞になった人を周りで見かけます。
ならないように運動と食事に気を付けます。

院長先生
こんばんは。
今日は会議がないそうで、少しでもお早くご帰宅できますように〜!

当地は気温が上がり春一番でした!
明日は気温が下がる予報です寒暖差について行くのが大変です😰

院長先生、すみませんm(__)m
昨日のギター🎸弾き語りの曲名、お教え下さいませ!
聞き逃してしまい失礼致しましたm(__)m

今日も有り難うございました🙇
おやすみなさいませ(^^)/

こんばんわ!
いつもながらですが、ブログは医療講座のようで為になりますね・・・
今回は「脳卒中」。秋田県ではこの病気になる人が多く、塩分の摂り過ぎが
原因と言い、「減塩音頭」などを作って、県民に取り過ぎないようにと呼びかけ
ています。
特に冬は塩蔵したものを食べる傾向があったことから、健康は先ず減塩と
して呼びかけているのです。
加えて飲酒も関係あるように思います・・・

マーチャンさん、こんばんは。

昔はご夫婦ともどちらかと言うと血圧は低い方だったのですね。どなたも年齢とともに動脈硬化が出てきますので血圧は高めとなります。今でも120/80なら素晴らしいですよ。これを維持しているな動脈硬化はあまり進んでいないと思います。ご主人さんは降圧剤にてコントロール中なのですね。頑張って下さい。

脳梗塞は死亡率は下がってきましたが、実際には増加の一途を辿っています。命は取り止めとも半身麻痺や寝たきりの原因になりますので気をつけたいですね。

マコママさん、こんばんは。

今日は会議がなかったのであまり疲れませんでした。

今日は全国的に4月並みの天気となったようですね。しかしまた明日から気温が下がるようですので体調に気をつけて下さいね。

昨日の私の弾き語りは「おいでよ僕のベットに」と言う曲です。1965年に米国のシンガーソングライターのEric Andersen が[Come to my bedside]と言う曲を発表しヒットした曲でした。日本では岡林信康さん、加藤和彦さん、中川五郎さんなどが歌っていました。

いつもラジオも聴いて頂きありがとうございます。お休みなさい。

でんでん大将さん、こんばんは。

確かに日本で脳卒中が多かったのは東北を中心に北国でした。やはり塩分の多い食事が原因でしたし、冬の寒さも高血圧に拍車をかけてしまったと思います。さらに以前は栄養状態も悪く脳出血が多かったのも東北圏でした。今では全国的に減塩運動も盛んに行われていますね。

脳卒中による死亡率の低下は医療の発達が寄与していますが、発生は増えています。脳卒中は命は取り留めても麻痺が残ったり寝たきりの原因になりますので気をつけたいです。

飲酒も深酒はしなうようにして欲しいですし、急激な温度差もよくありませんので外で飲む場合も冷えないようにお帰りくださいね。

院長先生
おはようございます。
今日もご多忙と存じますがご活躍をお祈り申し上げす。

曲名有り難うございました🙇
昨年も拝聴させて頂いた覚えありでした♡
また、楽しみにお待ちしましょう♪
生け花は如何でしょうか?

当地は一気に気温が下がる予報です。
かかりつけ医へ行って参ります。
今日も宜しくお願い致します🙇

マコママさん、おはようございます。

いつもの時間に病棟に呼ばれて返事が遅れました。

わざわざ音楽も調べて頂きありがとうございます。今日は生け花が飾られていましたので20時頃に紹介したいと思います。

気温が乱高下していますが、体調に気をつけてお過ごし下さいね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ハルシュタットの2つの教会<ハルシュタット・ルーテル教会とハルシュタット カトリック教会及びバインハウス(納骨堂)> | トップページ | 今週の生け花(令和6年2月第3週) »