フォト
2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

« 今週の生け花(令和5年6月第2週) | トップページ | 血液は何故赤いのか »

2023年6月11日 (日)

ゴルナーグラート展望台からみた夕焼け

これまでゴルナグラートホテルからの眺めを紹介しまたが、ホテルの裏手にあるゴルナーグラート展望台からみた夕焼けをご紹介致します。アルプスの4000メートル級の山々をそれこそ360度堪能出来る場所となっています。

Th_10_20230504191301

ゴルナグラート鉄道の最終便が出た後はこのホテルの滞在者だけに許される夕焼けの空となります。ホテルの裏手の坂道を少し登って行きます。
Th_11_20230504191301

刻々と空が夕焼け色に染まってきました。
Th_12_20230504191301

展望台に登る途中でみるマッターホルンの勇姿です。
Th_13_20230504191301
部屋の窓からも見えた南側の眺めとなります。真ん中の大きなグレンツ氷河(Grenzgletscher)の左の山がスイス最高峰のモンテローザ(Monte Rosa)で私の宿泊したホテルの部屋の名前となっています。中央の山をよく見ると2峰あり、右側の奥にあるのがプンタデュフールが4,634m(伊:Punta Dufour、独:Dufourspitze)で、手前にある山が4,527mのリスカム(Lyskamm)となるようです。右側に同じ様な形をしているので双子とも呼ばれるようで、標高4,233mのカストール(Castor)、4,092mのポラックス(Pollux)が聳えています。


Th_15_20230504191301
左側の氷河がグレンツ氷河(Grenzgletscher)で、 右側に見えているのがシュバルツ氷河(Schwarzegletcher)となります。
 
Th_16_20230504191401

展望台へと登ってきました。時間と共に雲が動き夕陽があたるため、刻々と変化する大パノラマをみることが出来ます。
Th_17_20230504191401
Th_20_20230504191401

展望台、ホテル、マッターホルンの眺めです。鮮やかに夕日に染まってきました。
Th_21_20230504191401

ゴルナーグラート展望台は綺麗に整備されベンチも多く設置されています。感激の余り走り出しそうですが、ここは3100メートルの高台ですので高山病を避けるために走り出さないように心がけました。展望台の後方に2〜3メートルの高さのゴツゴツした岩があるため、そこに立っての写真です☝️。 ここでは360度遮るものがないため思う景色を存分楽しめます。
Th_22_20230504191401
マッターホルンと反対側の東側の山々となります。
Th_23_20230504191401
Th_24_20230504191401
Th_273602

360度見廻した写真を繋げてみました。
Th_28

やはりこのような小さな写真ではこの場所の圧倒的な大きさを伝えることが出来ません😢
Th_29_20230504191501

先ほどまで数名いたホテル利用者も部屋に戻ったようで、この景色を独占してしまいました。私にとっては一生の思い出になりました。
Th__20230504191501
Th_33_20230504191501

恐らくこの時間帯は2℃程度の気温となっていると思います。しっかりと防寒をすれば寒くはありませんのでこの場から離れたくない程でした。
Th_35_20230504191501
このホテル最高の部屋の宿泊ですので、展望台に居たい気持ちと部屋を楽しみたい気持ちが半々でした。こんな時は体が二つあって欲しいと願ったのです。この広大な景色を見ながら何故か子供の頃にみた藤子不二雄のパーマンのコピーロボットを思い浮かべて苦笑いしてしまったのです😊 
(次回はこの展望台からの眺めの動画を紹介したいと思います・・・今日中に作成予定です😆💪)

« 今週の生け花(令和5年6月第2週) | トップページ | 血液は何故赤いのか »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

院長先生
こんばんは。
今日もお疲れ様でございました。

凄い!としか言葉が出ませぬ😍
展望台からの圧倒的な夕焼け空♡
段々、暮れなずむアルプスの山々!を
大パノラマでご覧になられて何と素晴らしいご体験だった事でしょう♡
氷河も凄いですね!
お天気も良くて流石、晴れ男さま♡
奥様共々、思い出深いご旅行でしたね♡♡
続きを楽しみにお待ちしております。

マコママさん、こんばんは。

今日も色々とありました。この展望台の風景は本当に言葉が出ないほど凄い眺めでした。

3100メートルの高さから360度遮るものが無い4000メートル級の山々の眺めです。それにこの天気に恵まれたことに感謝しました。今回の旅行ではこの日だけは晴れて欲しいと願った場所でした。隣で眺めた相棒も大感激でした。

今日でこの場所での動画も作りますので、来週は動画を配信したいと考えています。いつも有難うございます。

こんばんは〜。
本当に凄い絶景ですね。空の色の
変化が美しいです🤩💖
このような場所に身を置いたら
感動で涙が溢れ出す気がします。
先生の写真はプロ並みに綺麗ですね。
スイスは想像以上です。舞子も
行ってみたいです😀

舞子さん、こんばんは。

凄いですよね😆 この場所で刻々と空の色が変わり、次第に暗くなると共に私たち二人以外は誰もいない世界でした。感動で涙が出ると言うより心が震えました。現実の世界では無いような圧倒的なスケールでした。

今の写真機は性能がいいので誰がとっても綺麗に撮れるようです。しかしこのような景色はなかなか見ることができないと想像しました。

こんばんわ。

富士山よりも高い山は、リアルで見た事がありません。
さすがに、スイスが誇る名峰だけの事はありますね。
どの写真も美しいです。
この様な所に行かれるなんて、本当に凄いですよ。
空気も薄いでしょうし、私が若かったとしても、躊躇しそうです(笑)
次回の動画を楽しみにしております。

お早うございます
時間とともに移り行く空と素晴らしい景色に
只々感動です
スイス旅行はお天気に恵まれ素晴らしい景色を
堪能できお写真を見ただけでも感動
実際に見た時はもう離れられませんよね
広大な氷河も素晴らしいです
こんな素晴らしい景色を独り占めにでき幸せでしたね
何時も有難うございます

ガルボさん、こんばんは。

富士山と同じ高さから更に高い山々に囲まれていることが不思議な感覚でした。マッターホルンも富士山と並んでシュルエットが美しい山の一つですね。

私は30年以上前にスイスを訪ねたことはありましたがツェルマットは初めてで、スイス側からマッターホルンを観るのは初めてです。イタリア側から観たマッターホルンはあまり美しくはありませんでした。

ここに宿泊すると最終電車が降りた後は高山病になっても移動出来ませんので細心の注意を払い宿泊しました。全く高山病の症状も出ず楽しめました。昨日動画編集も終わりましたの次回紹介したいと思います。宜しくお願いします。

ゆめちゃんさん、こんばんは。

夕暮れの変化する時間帯は大自然を観察するには最もよい時間帯だと思います。今回はホテルも素晴らしかったので、ホテルの室内にカメラを自動撮影出来るようにセッティングしてこの展望台に昇りました。

天気にも恵まれただただ感激するしかありませんでした。私にはこの美しさを表現出来る語彙力がありませんので、写真で皆様方に伝えられたらと考えています。

最後の時間帯は誰も居ない中で地球の美しさに感動と感謝を致しました。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 今週の生け花(令和5年6月第2週) | トップページ | 血液は何故赤いのか »