フォト
2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

« 今週の生け花(令和5年5月第3週) | トップページ | 過敏性腸症候群 »

2023年5月21日 (日)

念願の3100クルムホテル・ゴルナーグラート(3100 Kulmhotel Gornergrat)滞在記No1

コロナパンデミックで中断していた海外旅行先に選んだのがスイスでした。ヨーロッパなどでは規制が殆どなくなり、日本からもワクチン接種証明があれば旅行が出来るようになりました。私の予想通り、2022年9月の旅行では帰国時のチェックもなくなりました。しかしながらまだコロナウイルスの影響はありますので、出来るだけ屋外で楽しめて、食事もコープなどで買い出しをしてホテルの部屋で食べることにしました。
Th_1_20230504162401

スイス旅行の大凡の日程が分かって直ぐに取りかかったのが、今回宿泊の3100 Kulmhotel Gornergratの部屋の予約でした。テレビを殆ど観ない私も旅行番組は録画しています。 何年か前の番組で山岳ホテルの紹介があり、このホテルも含まれていました。 これを観て私もいつかこのホテルの部屋に泊まりたいと夢みていたのです。
Th_2_20230504162401
Th_3_20230504162401

ゴルナグラート鉄道の終点にある3100 Kulmhotel Gornergratです。駅を降りると目の前に天体観測のためのドームを備えた立派なホテルが見えて来ました。3000メートルを超える高台にあるヨーロッパ最高峰のホテルです(山小屋的な場所はこれより高いところにありますが・・)。
Th_410
駅を降りると高いことを意識して、走り出さないようにしました。スーツケースを持っていましたので、右側の角張ったコンクリートの建物がエレベーターとなっていますので利用しました。ここからホテルの1階に繋がります。小さなフロントでチェックインです。
フロントの方からも素晴らしい部屋ですよ、楽しんで下さいと挨拶されました。私のホテル選びの優先は立地条件でホテルのランクは気にしていません。このホテルは私の宿泊先で最も高い標高のホテルで😃、値段も私にとっては最高となりました😢 頑張って確保しても、どうしようもないのが山の天気でした。 旅行前から寝る前の毎日の日課がゴルナグラートの天気のチェックでした。 ここだけはお願いだから「晴れて欲しい」と祈った場所なのです😸

Th_3100-kulmhotel-gornergrat
このホテルの両サイドにある2部屋しかないジュニア・スイートです。クルムホテル・ゴルナーグラートの両方の塔にあるお部屋からは私の想像を超える山の世界を体験できると期待しました。旅番組の案内によるとこの部屋からはマッターホルンをはじめとする大パノラマを観ることが出来るようでした。

クルムホテル・ゴルナーグラートの両方の塔にある「ジュニア・スイート」はマッターホルンの向かい側に位置し、その客室名も2つの名峰からつけられました「マッターホルン」と「モンテローザ」です。

この2つの部屋は特に人気が高く、直ぐに予約でいっぱいになります。そのために私は1年前に大凡この時期に旅行をするだろうという日を選んで、予約サイトから申し込みをしたのです。 逆をいえばこのホテルの宿泊日を考えてその後の旅行の日程を考えた程でした。

Th_11_20230504162401

フロントで鍵をもらって、いよいよ部屋に入ります。駅から観て右サイドの「モンテローザ」の部屋です💖(左側は「マッターホルン」の名前です)。入る時からドキドキ💓です。
Th_10_20230504162401

それぞれの山の山頂の石がお部屋の壁に飾られており、小さな石ですが壮大な山の一部を手で触れることが出来るのです。
Th_12_20230504162401

ドーム状の円形の部屋です。
Th_13_20230504162401

中央部には木の温もりを感じるベットです。
Th_14_20230504162501

シャワールームや浴槽のある広々とした造りとなっています。
Th_20_20230504162501

部屋の右側の窓からはマッターホルンと先ほど登ってきたゴルナグラート鉄道の終着駅が見えます。
Th_21_20230504162901

二つ目の部屋からは今日午前中に上った「マッターホルングレイシャー・パラダイス」です(矢印に示した場所)。
Th_215

拡大したマッターホルングレイシャー・パラダイス駅の様子です。


Th_251_20230521110001
ちなみにマッターホルン・グレイシャー・パラダイスからみたマッターホルンです。形が変わり印象が違いますね。
Th_22_20230504163001

続いて3番目のまどからは双子座のカストールやボラックスの山々と氷河が見渡せます。
Th_23_20230504163001
4番目の窓からはこの部屋の名前の由来のモンテローザ山頂が見え、大氷河が目の前に流れて来ます。

Th_24_20230504163001

なんと風呂場からもこの景色を眺められます。なんと贅沢な事でしょうか・・・感謝・感謝です💖
Th_263100-kulmhotel-gornergrat-junior-su
Th_27_20230504163101
それぞれの窓からアルプスの壮大な眺めが楽しめます。

Th_2_20230520231801
折角なので横長も合成してみました。
Th_30_20230504163101
Th_31_20230504163101
Th_32_20230504163101
Th_33_20230504163201
窓を開けて撮した写真です。3100mの高地に建つホテルの部屋も素敵です。そして今日のような快晴だとアルプスの大パノラマ堪能できて本来の価値のある部屋へと変わると思いました。誰に感謝して良いのか分かりませんが、神様に「ありがとうございます」と申し上げた体験でした。
写真を多く撮りましたので、2〜3回に分けて紹介したいと思います。また観て頂ければ嬉しいです。

« 今週の生け花(令和5年5月第3週) | トップページ | 過敏性腸症候群 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

院長先生
こんにちは。

本当に素晴らしいホテル🏨へお泊りでしたね♡
ジュニアスイートならでは塔のお部屋で
各窓からアルプスの山々!大氷河が目の前に😍ため息が〜!
本当に豪華なお部屋でしたね♡
お天気最高で院長先生ご夫妻さまの日頃の
行いに神様からのプレゼントだったと思いますよ✌️
用意周到ならではホテル選びでしたね♡
素晴らしいお写真有り難うございました♡
続きを楽しみにお待ちしております。

きっともう、今年のご旅行もご計画中と思います。

こんばんは。
なんとも素晴らしい場所にホテルを造っていたのですね。それも今回は宿泊が難しいジュニア・スィートに宿泊とのこと。本当に羨ましい限りです。お陰様で私もスイス旅行を楽しませて頂いています。
信州の山々も美しいのですが、それては趣が違いますね。やはり標高が高いことと氷河の影響が強いからでしょうか? 
先生の宿泊ホテルの選び方にはいつも感動しています。以前のベルギーやスペインのホテルも立地条件が最高で絵になるホテルでした。
天気だけは選ぶことができませんので、日頃仕事を頑張っている先生に神様もご褒美を与えてくれたのかも知れませんね。
いつも綺麗な写真も見せて頂きました。感謝いたします。

マコママさん、こんばんは。

このホテルは以前旅行番組で見たことがあり、ヨーロッパにはこのようなホテルも存在するのだとため息が出たものでした。私の記憶に残っていましたので、次回の旅行先がスイスと決まった時点でこのジュニアスイートルームを予約することを決めたのです。

後は天気だけでしたので、日本を立つ前もスイスに入国した後もツェルマットやゴルグナードの天気を毎日のようにチェックしていました。

有難いことに天気に恵まれて最高でした。ここまで到達できたのですから雨でも雪でも記念に残ると考えていました。おそらく今後も記憶に残るホテルになったと思います。

これからも素晴らしいスイスアルプスの景色を紹介致しますね。

信州の隠居老人さん、こんばんは。

このホテルのジュニアスイートルームの予約は難しいとのことでした。その中でも今回泊まった「モンテローザ」の部屋からの眺めが最高だと思い予約を1年前に入れました。期待通り、いやそれ以上の体験でした。
私も老人の域に入りましたので、もう後があまりないと考えて宿泊施設も厳選したつもりです。ベルギーのブリュッセルやブルージュのホテルは今でもそこからの景色を思い出すこともできます。
日本の山も美しいですし、上高地なども大好きな場所です。やはり富士山より標高の高い山々が連なりますし氷河が残っているためにスイス・アルプスは独特な風景を見せてくれました。

天気が良かったことは本当に感謝いたしました。コメント頂きこちらこそありがとうございます。

お早うございます
素敵なホテルにお泊りでしたね
ドーム状の円形のお部屋
それぞれの窓から見る景色は本当に素晴らしく
一日お部屋に籠っていても飽きないような雄大な景色
お天気にも恵まれ最高のご旅行でしたね
一年前から予約した甲斐がありましたね
まだまだ素晴らしい景色が続くのでしょうね
楽しみです(*^▽^*)

円形の部屋なので遮るものがなく存分に景色が楽しめますね。
ベットが2つなのにお1人で・・・優雅に誰にも邪魔されず時間を過ごせましたね。
荷物運びにでもなってご一緒したいところですね。
ホテルの部屋と言えば、主人の出張でアメリカに行った時の部屋がすごかったですが、
残念ながら都会のど真ん中!!!。
も~ 20年以上前なのにこのホテルだけは忘れられません。
個人で行くとなると値段とも相談なので豪華なホテルよりも美味しいものを・・・と、
考えが変わってきます。
omoromachiさんのような旅をしてみたいですね~。

先生、こんばんわ。

素晴らしいホテルに宿泊されたのですね。
窓が沢山あり、素晴らしい眺め。
あまりに素晴らしくて、私だったら興奮状態で、眠れそうにありません(笑)
毎日頑張って、お仕事をなさっている先生にとっては、
素敵なご褒美と云ったところでしょうか。
お天気も良く、最高でしたね。

次回も楽しみにしております。

ゆめちゃんさん、こんばんは。

素敵なホテルでしょう😆。以前TVの旅番組で紹介されていたホテルでした。宿泊者しか許されない夜のアルプスの世界を夢見ていました。スイス旅行が9月に行くと決めた時に真っ先にこの部屋の予約を行いました。

この部屋から一歩も出たくないほどですが、ホテルの裏の展望台からは360度のパノラマも見えるのでそこにも滞在しました。

まだまだ素敵な写真を紹介できると思っています。また見ていただければ嬉しいです。

マーチャンさん、こんばんは。

ホテルの両端にあるドーム上の部屋ですので、凡その景色を堪能できました。ベットが2つありますので、相棒(妻)も一緒です。私のブログでは家族のことを書くことはありませんので一人旅行と思っている方も多いです😅

アメリカでのホテルは部屋自体が豪華だったのでしょうか?私の方は全くと言っていいほど食事に興味がありませんので、時間を惜しんでマックで済ませて街歩きを楽しんでいます。マーチャンさんは食事にもこだわりあるのでしょうね。私はどの食事も美味しいと感じる味音痴なのです😆

ガルボさん、こんばんは。

夢のような滞在でした。天気にも恵まれて最高の景色を堪能できました。ガルボさんと同じでもう興奮状態で寝ようとしても窓の外が気になって何度か起きました(起きたついてに写真も撮りましたので夜の風景も紹介出来ると思います)。

今回の旅行はスイスに着いた時にはツェルマットは雨模様でしたが近づくにつれて快晴へと変わりました。そして丁度前日ぐらいが満月の夜となって、月明かりの景色も堪能できました。

運をここで使い果たしたのではないかと思うほど、素晴らしい天気に恵まれました。

院長先生
こんばんは。
再度、お邪魔させて頂きます。
実は今日、妹と電話して院長先生のスイスご旅行と
お泊りになったホテルの事を話しましたら!
ビックリ!妹もこのホテルに宿泊したそうです!
ツアーですから普通のお部屋でしょうが?
妹はスイスへ4回行ってますがジュネーブとレマン湖周辺は
行ってないそうです!すべてツアーですよ♡
お土産に腕時計でとても気に入り使ってます。
3年ぶりに来月、北スペインへ行くそうです!

マコママさん、こんばんは。

なんと、妹さんもこのホテルに宿泊されたのですね。ツアーでも人気のあるホテルだと思います。ジュニア・スィートは更に人気が高いので1年前でないと予約は取れないのかも知れません。

スイスの旅行ではチューリッヒとジュネーブが空の玄関口と思いますが、殆どのツアーはチューリッヒ発着が多いと思います。私も今回が初めてのジュネーブ空港でした。

世界の時計のブランドが揃っていますので、品質の良い時計を選ばれたのかも知れませんね。

妹さんは来月来たスペインですか?今度は2019年の私のバスクの旅とダブルかも知れません。ぜひ楽しんで帰って来て欲しいですね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 今週の生け花(令和5年5月第3週) | トップページ | 過敏性腸症候群 »