フォト

« 世界を夢みて(319);ジュネーブのホテルから思いがけない光景(光り輝くモンブラン) | トップページ | 今週の生け花(令和4年11月第2週)+(皆既月食+天王星食) »

2022年11月 9日 (水)

改めてメタボリック症候群を考える

今日のFMレキオ・FM21は中性脂肪についてお話をしました。最初にこのブログで記載したのは10年以上前だったと思いますが、その当時はやたらと「メタボリックシンドローム」という言葉が流行り、検診やドックではそのことを中心に生活習慣病について話をすすめることが多くあった記憶があります。

私は外科医ですので手術をして実感するのは男女における脂肪の付き方の違いです。女性は皮下脂肪が多くても内臓脂肪が少なく手術は容易で、男性は内臓脂肪が多く手術は脂の中で腫瘍や血管などを処理しないといけませんので難しくなります。 内臓脂肪の多さは血液中の中性脂肪や悪玉のコレステロール値と関連があり、女性が男性より長生きできるのもうなずけます。

中性脂肪はかつては栄養を蓄える役目だけと考えられていましたが、増加した脂肪細胞からインシュリンの働きを弱める物質が分泌され、糖尿病が発生しやすくなり、動脈硬化を進める作用のある悪玉のコレステロールの値を増やす物質が分泌されます。 中性脂肪が増えると糖代謝が悪化し、コレステロールが増え、内臓脂肪も増え、さらには血圧も高くなる悪循環が出来てしまします。(以前書いた記事です→脂肪細胞の特徴

Photo30・40年前は高血圧、高脂血症(高中性脂肪、高コレステロール)、糖尿病はそれぞれが違う原因と考えられそれぞれに治療を行っていたのですが、それらの根本的な原因に肥満があることが解るようになって、メタボリック症候群という概念が生まれたのです。

メタボリック症候群の指標に腹囲がありますが、男性が85Cm以上、女性の場合は90Cm以上を異常とします。男性が身長も高いのに逆差別じゃないかと怒る男性諸君もいます動脈硬化を進行させる内臓脂肪に関してはCTの検査などから、腹囲で比較すると男性の85Cmと女性の90Cmが同じ内臓脂肪の量であることが分かり、日本ではこの値を基準として採用されたのです(最近はその単純な基準よりも実際の採血の結果を見てから個人個人にアドバイスをすることが殆どになったと考えますが・・・

外科医にとってはこれまでの手術の経験から男女差については理解していましたので、改めてメタボリックの概念が提唱された時には納得のいく数字でした。
 
世の男性の皆様やはり女性には勝てません。無駄な抵抗はやめましょう

« 世界を夢みて(319);ジュネーブのホテルから思いがけない光景(光り輝くモンブラン) | トップページ | 今週の生け花(令和4年11月第2週)+(皆既月食+天王星食) »

医療」カテゴリの記事

コメント

院長先生
こんばんは。
今日もお疲れ様でございました。

私にとってもとても良い参考になりました。
体重は以前より減少傾向ですが、
相変わらず、高脂血症と高血圧のお薬服用です。
動脈硬化も進んでいると思いますが、
何せ運動もせずです。杖歩行は結構、気遣いしますね。
今夜は手抜きで鯖味噌缶を頂きました!😋
青魚は大切ですね!

お歌は珍しく3曲、ギター🎸弾き語りでアイルランド民謡?
でしたね!聴き応えございましたよ✌️
どこか?懐かしい曲ですね💞

皆既月食は少しでもご覧になられて良かったですね♡
私は見られずでしたが深夜にカーテン開けたら
煌々と輝く満月🌕が見られました!

今日も有意義な記事を有り難うございました。

マコママさん、こんばんは。

今日もラジオ放送を聴いて頂きありがとうございます。血圧や高脂血漿に関しては内服薬で適切に管理なされてくださいね。その方が狭心症や脳卒中のリスクも減りますのでお薬は大切です。
転ばぬ先の杖とは言い得ていますので、転倒に注意して移動ください。 「手抜き=不健康」ではありませんので食事は手抜きでも十分です。

今日はもう15年近くやっているラジオで音楽特集以外で3曲私のギターの弾き語りをかけました。時にはリスナーの皆様方にも辛抱を強いてしまっています😅

同じ満月でも色が違うのが不思議でしたね。いつも本当にありがとうございます。これからもよろしくお願い申し上げます。

おはようございます
私はメタボの数値が男性85・女性90というのが不思議でしたが納得です
何事も意味があるんですよね
コレステロールがちょっと高めの私ですが薬でどうにか調整しています
運動をするように再三言われウォーキングはしていますが筋肉が付くほどの運動は
中々です
健康でいるためにはやはり努力でしょうか(-_-;)

ゆめちゃんさん、こんばんは。

ゆめちゃんも不思議に思えた数字でしたか😉・・これが発表された時に多くの方から「数字が男女で逆で間違っていますよね」と聞かれたことが多くありました。皮下脂肪はあまり糖尿病、高血圧、高脂血症に関係ないのですが、内臓脂肪は関連性があるために内臓脂肪の量を男女で同じ値として提案したわけです。

コレステロールには所謂善玉と悪玉があり、その比率も大切となっています。運動は善玉を増やし悪玉を減らす効果も期待されています。30分程度のウォーキングで脂肪は消費されますので、続けてみてくださいね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 世界を夢みて(319);ジュネーブのホテルから思いがけない光景(光り輝くモンブラン) | トップページ | 今週の生け花(令和4年11月第2週)+(皆既月食+天王星食) »