フォト

« 今週の生け花(令和4年8月第3週) | トップページ | なぜ食中毒は減らないのか? »

2022年8月21日 (日)

世界を夢みて(308):アマルフィー海岸からアルベルベーロ観光へ

アマルフィ海岸の中心地アマルフィを急ぎ足で散策後は南イタリアの人気スポットのアルベロベッロへと向かいます。
Th__20220307150001

海岸線を北東へ、左手に絶壁と右手に海が広がる景色の中をバスは進んで行きます。
Th_dsc00948torre-normanna
車窓から海側を眺めていると古いお城がみえてきました。廃墟となった古城かと思いましたが、近づくと新しい橋が架かっていたり、テラスのようなものもみえました。後で調べてみたら、古城をリノベーションしたイタリアンレストランになっているようでした。ネットで調べたら「Torre dei Normanni」という名前のようです。きっと眺めは素晴らしいのでしょうね✨️
Th__20220307150201
Th__20220307150202
アマルフィ海岸の北の玄関口のサレルノ( Salerno)がみえてきました。アマルフィ海岸とソレント半島の付根のサレルノ湾に位置するサレルノ県の県都で、人口は13万で古い歴史を持つ都市となっています。私のような人間に取っては中世にはヨーロッパ最古の医科大学であるサレルノ医学校現在のサレルノ大学の前身)が開設された都市で名前だけは以前より知っていました。これまで通ってきたアマルフィやポジターノの町などのアマルフィ海岸も、実はサレルノ県に含まれているそうです。 写真で見る限り港湾で栄えた街のようにみえました。

Photo_20220307175401
サレルノからマテラ、アルベロベッロへ向かうために、これまでずっと海岸線沿いを走ってきたのですが、内陸部へと向かいました。
Th__20220307150301
Th__20220307141801
内陸部に入ると、これまでのアマルフィ海岸とは違い、イタリアらしい丘陵地帯が続いてきました。オリーブやブドウなどが栽培されて長閑な田舎道を進んで行きます。

Th__20220307141802

暫くボ〜ッと外を眺めていると、突然見覚えのある、「トゥルッリ」と呼ばれる伝統的な家屋のある街並みが飛び込んで来ました。いよいよアルベロベッロに入ってきたようです。
Th__20220307141901

アルベルベーロに着いたらまずは向かうのはサンタ・ルチア展望台(Belvedere Santa Lucia)でしょうか? (ちなみに地名の地名の Alberobello は、「美しい樹」を意味するのだそうです)

Th__20220307141902

白壁に円錐形の石積み屋根を載せたこの家屋は、16世紀から17世紀にかけて開拓のために集められた農民によって造られたとのことです。この不思議な景観は「アルベロベッロのトゥルッリ」として1996年に世界遺産として登録されています。
Th_2014vs1996

私が最初に出かけた時にはまだ世界遺産になっていなかったのですね。それでもその後直ぐに世界遺産となりますので、その時からは現状変更は簡単には出来ないでしょうから、1994年の写真と今回の2014の写真を見てもほぼ同じ景観のように思いました。最初に訪ねた時にはまだ世界遺産になっていなかったのですね。今回記載して初めて分かりました😅
Th__20220307142201
Th__20220307142202
Th__20220307142203
可愛らしい屋根の街並みです。次回は街の中を紹介したいと思いますCiao💖

« 今週の生け花(令和4年8月第3週) | トップページ | なぜ食中毒は減らないのか? »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

院長先生
こんばんは。
今日もお疲れ様でございました。

海岸線から内陸部へ入ると
雰囲気がガラリと変わりますね!
相変わらず✌️晴れ男さまですね。
アルベロベッロはTV等で拝見して
面白い街並みと思っております。
続きで詳しくご紹介頂くのを楽しみお待ちしております。

こんばんは〜
アマルフィ海岸も素敵でしたが
アルベロベッロは御伽のような
街並みですね。
世界遺産の町ですので維持も大変
でしょうが住むのはもっと大変な
気がしますが実際はどうなので
しょう?
写真を見ると20年間で変わって
ないように感じました。
東京都は先生が予想していたように
お盆明けで感染者が増加になって
います。舞子も気をつけますね😀
いつも素敵な写真ありがとうご
ざいます😘

マコママさん、こんばんは。

本当に海岸沿いから内陸に入ると表情がガラリと変わります。これがイタリアの魅力の一つかもしれません。北と南、中央部と海岸線など豊かな表情を見せてくれるのがイタリアですね。

アルベロベッロは不思議な風景の街並みです。
次回は中の方を紹介したいと思います。いつも本当にありがとうございます。

舞子さん、こんばんは。

アマルフィ海岸は断崖絶壁と紺碧の海が魅力でしたが、今度は内陸になると違う雰囲気を進んで行きます。特にこのアルベロベッロの可愛らしい街並みは遊園地の中に入ったような感じがします。

私も昔の写真を見比べてみましたが、ほぼ変わっていませんでした。特に世界遺産になってからはもう変更も無理だと思います。変わる必要もありませんね。

私が何度も言っているようにウイルスは自分では動けませんので、人の移動が進むお盆前後は増えますし、特に行動制限がなく、4回目のワクチン接種も進んでいない今年の状況では感染爆発も想定内でした。ただ医療現場は本当に大変です。

舞子さんも基本的な予防策を講じて対処して下さいね。ありがとうございました。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 今週の生け花(令和4年8月第3週) | トップページ | なぜ食中毒は減らないのか? »