フォト

« 世界を夢みて(291):1989年エジプト旅行No4(ハトシェプスト女王葬祭殿) | トップページ | 世界を夢みて(284);2013年:モンテネグロ(コトル)No2 »

2022年4月 1日 (金)

今週の生け花(令和4年4月第1週)

いよいよ令和4年の新年度のスタートです。今日は朝から新入職員への挨拶などを行いました。これからの医療に対する心構えや生涯学習の重要性、相手を想う気持ちの大切さ、単に賃金を得るためだけでなく仕事を通じて人間としての成長や生きる哲学を学んで欲しいと話をしました。 まだコロナ禍にある中で、伸び伸びと仕事が出来ないことが残念です。この時代を生きる若者たちがこの厳しい状況を乗り越えることが将来の糧に繋がると期待しています。
Th_img_6514

今週も生け花がいつもの2階のスペースに飾ってありました。やはり四月らしい桜が使われています。この桜は牡丹桜は八重咲きの桜です。名前の由来は花びらがたっぷりと詰まった咲き方が牡丹の花を思わせるため「牡丹桜」と命名されたとのことです。 なお桜の種類の分け方には、いろいろありますが、5枚の花びらをつけるものを一重咲き、それ以上の花びらをつけるものを八重咲きと咲き方で分ける場合もあル用です。牡丹桜は花が大きくて花びらも多く、単独でみるとスイートピーにも似た柔らかい花びらです。
Th_441

スカビオサの和名はマツムシソウ(松虫草)となります。なんとはく花の名前に虫の名前がつくと可愛らしくなくなってしまいます😂 松虫に形が似た訳ではなくて高原のお花畑を彩る時期と昆虫のマツムシが鳴く時期が一緒のためにこの名がつけられています。 古くから俳句にも詠まれ、秋の季語ともなっています。
Th_441_20220331113601



Th_img_6542
アスターは、中国北部原産の半耐寒性の一年草で、多数の園芸品種が存在します。学名のCallistephusは美しい花冠を意味し、花の美しさにちなんでいます。花は3センチほどの小輪から10センチほどの大輪まであり、花色も白、ピンク、紫、赤など豊富にあります。また花形も一重や八重咲き、ポンポン咲きなど様々です。同じ花の中に白から赤まで微妙に変化する色が混ざって綺麗でしたので単独でアップします(↑)
Th_441_20220331113602
今日は希望に満ちた若者たちと出会えた貴重な1日です。 子ども達や若者達は社会の希望の星です。 ウクライナで毎日のようにこのような希望の星が亡くなって行くのをみるのは辛いです。 1分でも1秒でも早く平和が訪れる事を祈っています💖
<花材:ボタン桜、スカビオーサ、アスター、カーネーション、ストレリチアの葉>

« 世界を夢みて(291):1989年エジプト旅行No4(ハトシェプスト女王葬祭殿) | トップページ | 世界を夢みて(284);2013年:モンテネグロ(コトル)No2 »

」カテゴリの記事

コメント

院長先生
こんばんは。
4月になり新年度スタートですね。
フレッシュな方々をお迎えになられて頼もしいですね!
院長先生のご挨拶にきっと聞き耳たてられ
良いスタートとなった事でしょう♪
ご活躍をお祈り致します。

今週の生け花も春爛漫ですね!
色とりどりの花材を奥行きのある花器に見事に生けられて素敵です。

ウクライナにも早く春が訪れますように〜!
プーはまだ狂ったまま😠

今月も宜しくお願い申し上げます。

こんばんわ・・・
今週はオーソドックスな感じの生け花で、これもまた味わいがありますね・・・
きょうから新年度、正月とは違った1年のスタートという事になり、仕事上の元旦かな(笑)でも・・・医療関係者の方々には、正月も盆もない日々なのですよね、有難うございます。
4月1日・・・「ロシアがウクライナか撤退したぞ、プーチンが失脚したぞ・・・」何て言いたいです。否、4月1日でなく、それが早く現実になってほしいと願っています。
プーチンは一人で、平和な世を崩し、他国の民の命を奪い街を破壊しています。今朝のニュースで、ロシアの作家が言っていました。ロシアには「プーチンのロシア」があり、また「正常なロシア」がある。これまで支持して来たを反省しています・・・と。
内外共にプーチン批判が大きくなっていると感じています。

マコママさん、こんばんは。

今日からいよいよ新年度のスタートです。毎年この日には若い新入職員に会えることを楽しみにしています。余り私の考えを押しつけるつもりはありませんが、医療人としての心構えや仕事仲間につい、やこれからの生き方についても話をしています。 

今週の生け花はやはり桜があるだけで春の気配がします。奥行きがありますので正面と斜めで観るのでは印象が違っていました。

毎日ウクライナ情勢をみるのですが、依然として住民が殺害されている状況に心が苦しくなります。 狂った政治家一人と、情報統制の怖さを思いされています。早く平和が訪れて欲しいです。

でんでん大将さん、こんばんは。

基本をしっかりと押さえた生け花の構成になっていると思います。やはり桜は春を感じさせてくれます。

今日から新年度のスタートです。大将さんの仰るように医療は正月や新年度の区別がつきにくいです。それでも新入職員の一人一人に辞令交付を行うと身が引き締まる思いがします。

本当ですね。せめて4月1日ですので、プーチンが失脚し世界に平和が訪れたと言いたいです。

今のロシアを観ていると、日本の戦前の大本営放送を信じていた国民と似かよっている気がします。しかしながら若い世代を中心にSNSで情報を得ることも多くなり、自分達の立場が分かってくると思います。 プーチンが最も恐れているのは想像以上に戦死した兵士の遺体がロシア本土の家族の元に返ることで母親達から批判が沸き起こることだと思います。 国のために死んだ子供の母親を捕らえることはいくらロシアでも国民の反撥をくらうと思うからです。

ここまでウクライナの国をめちゃくちゃにしてプーチンは戦争犯罪者としてもう逃げることは出来ないはずです。誰が最後通告をするのか早く内部崩壊が起きて欲しいです。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 世界を夢みて(291):1989年エジプト旅行No4(ハトシェプスト女王葬祭殿) | トップページ | 世界を夢みて(284);2013年:モンテネグロ(コトル)No2 »