フォト

« 世界を夢みて(283);2013年:モンテネグロ(コトル)No1 | トップページ | 今週の生け花(令和4年4月第1週) »

2022年3月30日 (水)

1989年エジプト旅行No4(ハトシェプスト女王葬祭殿)

(2022年3月30日は第5水曜日となりFM放送「いきいきタイム」は医療情報ではなく私の音楽特集となりますので、ブログの医療ネタもありません。以前書いた昔のエジプト旅行の続きを記載致します→(前回)エジプト旅行N03:カルナック神殿、ルクソール神殿

1989年のエジプト旅行の続きを記載します。勿論当時はデジタルカメラなんかありませんので、撮影後日本に帰って現像したら写っていなかったなんていう失敗もありました。 久しぶりにアルバムの中から何枚かをスキャナーで取り込んで載せてみます。

ルクソールに到着後、カルナック神殿とルクソール神殿を観光し、そこからバスにてハトシェプスト葬祭殿に向かいました。1980年代までイスラム原始主義などもあまり聞くこともありませんでしたし、エジプトやトルコなどのイスラム教国はヨーロッパ旅行よりもむしろ安心だというイメージがありました。実際に歩いていてもいわゆる神の恵みを的な呼びかけはありましたが、ものを盗まれたり、危害を受けるような心配は少なかったように感じたのです。

私が旅行から帰って8年後の1997年にルクソール事件が起きてしまいました。ハトシェプスト葬祭殿にてイスラム原理主義派の「イスラム集団」が外国人観光客を狙った無差別殺傷テロ事件でした。観光業で成り立つエジプト政府への財源を断つ手段として選ばれました。その事件で日本人10名を含む外国人観光客58人と警察官2名、エジプト人4名が犠牲になったのです。 その後の世界は宗教間の分断や国家間の争いが頻発してしまっています。これから先、安心、安全に旅行が出来るようになるのか不安でもあります。

長くなりましたが、当時は安心だと考えていたエジプト旅行です。

この建造物は葬祭殿ですので死者のためのものです。ですからナイルの西側になっています(カルナック神殿やルクソール神殿は生きた人のための神殿ですので、ルクソールのナイル川の東側に位置しています)。

遠くからこの神殿をみると、これまでのエジプトの建造物とは異なるような直線的で近代的な外観でした。現在の建築でも通用しそうな感じです。ハトシェプスト女王は古代エジプト唯一の女性ファラオで、その側近の建築家センムトが設計したとのことです。



_0050
_0052_20210216152001
崖を利用した建物は3階建ての、3つのテラスで構成された直線的な建物です。長いスロープも特徴的です。2階にはハトホル女神の礼拝堂があります。ハトシェプスト女王は平和的なファラオだったようで、壁画にも戦争の光景ではなくて、貿易の様子があったり、プント(現在のソマリア)から持ってきた樹木などが描かれています。残念なことにハトシェプスト女王が亡くなると義理の息子トトメス3世がファラオに即位します。トトメス3世は生前から仲が悪かった女王に関する記載を削り取ってしまい、残っていないのです。残念ですが、歴史上の問題ですので仕方ありません。人間はなかなか進歩しないようです😢


_0053
_0055
_0056
南方の国プントとの交易図、ハトシェプストの誕生伝説のレリーフなどが残されています。この葬祭殿の壁のレリーフの色が色鮮やかに残っているのがとても印象的でした。天空を飾る青い色彩と星は今でも色々なモチーフにされています。
このハトシェプスト女王葬祭殿の山を挟んだ向こう側に有名な「王家の谷」があります。

_0057
_0059
_0058
ツタンカーメンの墳墓の入り口にある看板です。私が訪ねた時はまだオリジナルのツタンカーメンの墓に入ることが出来ました。観光客が増えて観光客の蒸気で内部にカビが生えて保存状態が悪化したとのことで、直ぐ横に同じ様な作りのレプリカを作る構想がでていました。出来上がった後は本当のお墓は閉鎖され、観光客は新たに造ったレプリカの墓の中に入るようになっているそうです。 当時の内部の写真は残っていませんので、撮影禁止だったのかも知れません。現在はどうなんでしょうか?まあ本物ではありませんが・・。
(時々医療ネタや生け花のネタがない時には昔の旅行の写真を追記しる予定にしています、これからも宜しくお願いします。)

« 世界を夢みて(283);2013年:モンテネグロ(コトル)No1 | トップページ | 今週の生け花(令和4年4月第1週) »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

院長先生
こんばんは。
今日もお疲れ様でございました。

随分、昔にエジプトご旅行でしたね。
もうすこし遅かったら?危険でした!
壁のレリーフも綺麗に残っていて貴重ですね!
紀元前何世紀もまえににこのような建造物を
建てたのは偉大な権力があったからでしょう。
王家の墓などは盗掘にあっているようで
残念な事がです!
続きを楽しみにお待ちしております。

ギター🎸弾き語りは懐かしい曲で勝手に?ハモらせて頂きました!
アリスの曲で一番好きな「遠くで汽笛を聞きながら」はしっとりとお歌いでしたね!😍
仰げば尊しはもう、何十年前に歌った事でしょう♪
ふるさとはいつ聞いても懐かしさを覚えます。
両親のお墓参りに三姉妹で行きたいと言いつつ2姉妹になってしまいました。

今日も有り難うございました。

マコママさん、こんばんは。

もう随分前のことになります。このようなことを書かないと昔のアルバムの写真が眠ったままになります😅 これからも少しずつ昔の旅行記も加えながら書き綴っていきたいと考えています。

昔はイスラム圏は治安がいいと考えていましたが、その後は1部の原理主義者の台頭や、イラクやアフガニスタン戦争、イラン・イラク戦争、シリア内戦などが頻発して安全な場所は少なくなりました。ただイスラム教が好戦的なことではなく、西側諸国やロシアなどの覇権争うの地でもあるのも考慮する必要があると考えています。

この葬祭殿を観たときには現代建築家と思うほどの均整の取れた建物でした。やはりエジプト文明が人類に与えた影響は莫大だと感じました。

今日は第5水曜日ですので、音楽特集となりました。色々な時代の曲をかけました。マコママさんにとっても懐かしい曲があったことでしょう。末妹さんがお亡くなりになり寂しいですね。今ではご両親とお喋りしているかも知れませんね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 世界を夢みて(283);2013年:モンテネグロ(コトル)No1 | トップページ | 今週の生け花(令和4年4月第1週) »