フォト

« 世界を夢みて(281);ドブロブニクNo3(街中散策) | トップページ | ウクライナへの支援の在り方 »

2022年3月15日 (火)

ウクライナ侵略から学ぶ教訓

主権国家のウクライナにロシア(ロシアというよりもプーチン一派)が圧倒的な軍事力を用いて進行しています。罪もない市民が犠牲になっています。子ども病院や産婦人科の病院が爆撃されたりしている光景を観ると憤りを越えた失望や悲しみが湧いてきます。何も出来ない自分に苛立ちさえ覚えてしますのです。

私は20代後半から30代そして50代半ばからヨーロッパを中心に旅行をして来ました。もちろん生活もしていないので表面的なことしか知りません。ソビエトにも行ったし、今では呼ばなくなった東ヨーロッパ諸国や更には国が分裂したユーゴスラビアやチェコスロバキアにも出かけました。東西冷戦時代からソビエト連邦が崩壊した後のヨーロッパを経時的にみて来ました。ベルリンの壁が壊される前後のドイツも訪ねたことがありました。 ソビエトの恐怖から立ち上がって独立を成し遂げたバルト三国(エストニア、ラドビア、リトアニア)にも出かけました。

第二次世界大戦後、国連が機能し世界秩序が出来上がりました。しかし時間と共に各国の利害関係が台頭して「人権や平和や自決」という絶対譲れないはずの理念が崩壊寸前にまでなってしまっています。 それぞれの国内においては保守やリベラル、左派と右派の対立が顕在化し、グローバリズムに対抗するようにナショナリズム台頭します。世界は中道が少なくなりバランスの悪く、振れ幅が大きい内政へと変化してきています。

しかし今回のウクライナ危機に関して、第二次世界戦後初めてからも知れませんがヨーロッパ全域が武力による威嚇は許さない姿勢をみせました。もちろん日本もアメリカも含めた多くの国々がロシア(プーチン)に対して一致してNoを突きつけました。

2020年3月に新型コロナウイルスのパンデミックが宣言され、世界中がこの対策に追われてしまいます。コロナウイルスの封じ込めに対しては、中国などの中央集権・専制国家が民主主義国家よりも感染制御が上手くいっているとの発言も聞かれました。医療者の私としては地団駄を踏む思いがありました。しかしウクライナ侵攻は私達に改めて人権の大切さや民主主義のありがたさを再認識させることになりました。自信を失いかけた「平和や自由の尊さ」が蘇りました。

ウクライナの主権を脅かすロシア軍の一方的な破壊活動に対してウクライナ国民は断固として反対し、一般市民も銃を取り参戦しています。 多くの若者がキエフに残り戦おうとしています。 彼らを駆り立てるのは、かつて日本の国民が大日本帝国や天皇のために戦った愛国思想とは違うと考えています。 批判されるかも知れませんが、彼らは自分の愛する家族や故郷を守り、自由や主権を守ろうとして立ち上がっているのです。

このような混乱を利用して自己主張する政治家や一般人もいます。ソビエトが核を持ち出して脅しているとして、日本も核共有をしないとやられてしまう脅威論を述べる方が増えました。 以前このブログでも書いたのですが、戦争になったら原子力施設を狙うのが一番のダメージを与える手段となると考えています。 原爆の投下よりも原子力発電所を爆破する方が、これ以降未来永劫に広大な地域が使用できなくなり脅威となります。 ですからプーチンも核施設を押さえて脅しをかけているのです。 

日本において核共有を叫ぶ政治家の殆どが原子力発電の推進派であることを見逃すことは出来ません。両政策への矛盾をどのように説明出来るのでしょうか? 同様に世界で唯一の被爆国の政治家が原爆の廃止を訴えるのではなくて、核の傘に入る安全を述べているのも不思議でなりません。

もう1つ気をつけないといけないのは、ソビエトがウクライナでやっている力による支配を引き合いに「中国が台湾や日本へも行いかねない」として日本の軍事力増強を声高に主張する方がいます。一瞬そうだと賛成したくなるのですが、もう少し冷静に時間をかけて対応しなければいけない問題だと考えます。

今はこのような軍事増強や核保有の議論よりもロシアの暴走を世界が止めることが最優先事項なのです。これを許せば、力による現状変更、核の脅威が正当化されてしまうのです。中国を念頭に危機意識をあおっている人々がいますが、ロシアの暴走を止めることが中国への最も強い抑止力にもなると認識すべきです。 

現状で日本がウクライナへ武器などを供与することは出来ません。しかし経済を含めあらゆる手段でプーチン派を追い詰めることは可能だと考えます。 対岸の火事では済まされず、原油の高騰や世界経済への悪化を私達も被るはずです。 コロナ禍で更に追い打ちをかける状況を私達は甘んじて受け入れる必要があると考えています。簡単ではなく大変な痛みを伴うことも覚悟しなければならないと思うのです。

いずれ暴君は失脚します。しかしロシアの一般国民は愛情を持って受け入れなければなりません。それが私達日本を世界を、そして何よりも大切な「自由」を守ることになると考えるのです。

Th__20220315132501
もう一人の命も失いたくないです。兎に角一刻も早く停戦をして欲しいです。愚かな裸の王様を除いて誰も戦争なんか望んでいません。

(また偉そうな事を記載しました。ただなにも出来ない自分への憤りなのです。ご容赦を)

« 世界を夢みて(281);ドブロブニクNo3(街中散策) | トップページ | ウクライナへの支援の在り方 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

先生は色んな国にいったですね羨ましいです(^^♪しかし話変わりますが本当にロシヤ早く戦争やめてほしいですね子供たちや親子ずれが攻撃されて亡くなっている人たちみると心がはりさせけそうになります😓だから先生の気持ち痛いほどよくわかりますよお休みなさい( ˘ω˘)スヤァ

おはようございます。
昨日も手術などでお疲れ様でございました。

ウクライナ侵略に憤りを感じるのは
侵略者とその国を支援?している国々へです!
TVで観るたび、罪もない人々を死に追いやり、
いたいけな子供たちの必死に避難する姿!
核をちらつかせ、恐怖を与え全く許しがたい独裁者!
一刻も早い停戦を願うばかりです。

おはようございます。
私などはリタイアして時間があるものですから、毎日ウクライナ報道をみております。今回はウクライナ内の新ロシア派との限局的な争いではなくて、主権国家への侵略となり明かな国際法違反です。また病院や学校あるいは民間人を狙う攻撃も国際法違反です。原発を狙うのも国際法違反です・・・数え切れないほどの国際法違反を起こしているのにその他の国は直接参戦をしていません。

確かにNATOや米軍が参戦すれば全面戦争となり世界の破滅に結び付く可能性はあります。しかし今回はバイデン政権がアフガニスタンの経験からウクライナ内での米軍の活動を行いことを早々と決めたことがロシアの侵攻を決断させた理由かも知れないと考えています。実際には送らなくてもいつでも米軍がウクライナに直接援助する可能性の含みを残せばよかったと米国外交の失敗だと感じました。

多くのヨーロッパ、ソ連邦の国々を、それも長い時間経過でご覧になられた先生は時代の変化に気が着くのだろうと想像致します。私が仕事で1年半出ていたイギリスやフランスは比較的安定した時代でした。ソ連崩壊後まさかこのような時代に突入とは想像出来ませんでした。

何かことが起こると、自分の主張を如何にも正しいように述べ出す政治家が多いですね。仰っているように、核保持、原発推進、中国・北朝鮮脅威論を述べる方々は同じ面々ですね。 理論的なものよりも己の利益追求が大きなウエイトを占める方々だと思います。

まずはロシアの侵略を世界が止めることが出来れば、中国も簡単に台湾・日本に手を出さないと思います。なによりも今、小さな子ども達や非戦闘員が無残に殺されている現実を真剣に受け止めないといけないと思いました。

朝から私の方も頭がさえた気になりました。色々な視点の話題ありがとうございます。

こんにちは
 
いつも楽しみに読ませていただいています。
(読み逃げに徹していてごめんなさい)
先生のご意見には共感することがほとんどで、今回も同じ思いでいます。
1日も、いえ1時間でも早くプーチンが侵攻・攻撃の中止を決断することを
願ってやみません。(しそうになくて絶望感に襲われますが‥)

ニッキベスさん、こんばんは。

お返事遅れて済みません。今日は朝から今までずっと仕事が詰まっておりました😂

本当にロシアは撤退して欲しいです。ニッキベスさんと同じ様にニュースで子ども達や市民が死んで言ったり、普通の住宅街が破壊される様子をみるのは心が引き裂かれそうになりますね。

一刻も早く停戦して欲しいです。

マコママさん、こんばんは。

何となく疲れるなと思ったのはやはりウクライナのことがあって悶々としているからと思いました。昨日はそのような思いの中で一気に書いてしまいました。

まだソビエト大連邦の亡霊を引きずったままのぷー🐷大統領とその仲間達を早く引き下ろさないといけません。ロシア国内でも反プー大統領のうねりが出てくることを期待したいです。

EUもアメリカもソビエトの国境線まで軍隊を進めたりと威圧をかけて欲しいです。少しでもロシアの軍隊の戦力をウクライナ以外にも配備しないといけないような状況を造って欲しいです。

今日も辛くともウクライナ情勢を注視したいと考えています。

信州の隠居老人さん、こんばんは。

昔と違い、ネットなどが発達した時代にあからさまな国際法違反を行って進軍していますので、プー大統領や側近達に未来はないと考えています。いずれロシア政府は倒れるでしょうが、その前にウクライナの人々の虐殺がとことん続くことが心配です。

バイデン大統領の早々としたウクライナに派兵しない発言は明らかに失態です。だからトランプがいいのではありません。トランプなら世界中の包囲網は出来なかったと考えますし、お互いに人権なんて考えない方ですので更に戦争が拡大したと思っています。

信州の隠居老人さんも東京での会社員時代にヨーロッパへの出向がありましたね。私よりもイギリスやフランス人の感覚を理解していると思います。

今日本の政治家がやることはロシアを止めることであって、核戦力や軍拡のことではありません。文面でも書いたように、侵略者には世界で対応する姿勢を示すことが、今後の安全保障上重要だと考えています。

いつも有り難うございます。

ポージィさん、こんばんは。

長い文書を読んで頂きありがとうございました。昨日は夕食後よりニュースやネットを見て、どうにかならないかと悶々とした気持ちでいました。それなら少しでも何か書いた方がいいだろうと思って記載したのです。

ポージィさんが私の意見に共感して貰い、私も力強いです。私の意見は偏ってしまうことも多いと考えますが、出来るだけ冷静に記載したいとは考えています😅

本当に1分1秒でも早く攻撃が収まって欲しいです。

こんばんは。沖縄ではコロナの様子も
気になるところです。
その他に傷病の手当てもあるので
ご自愛下さい。
いつだったか?湾岸戦争のその後の
映像を見たことがあります。
戦争が始まり 人々が避難した後、
誰もいなくなった動物園で
痩せ細った虎、ぞうがいました。
映像上、写せなかった死んでしまった動物たち。
捕まって連れて来られて
挙げ句に飢え死に。
人間の身勝手さに怒りを感じた記憶げあります。
戦争が残すのは憎しみと破壊と
苦しみと絶望。。。
1秒でも早く止めて欲しい。
世界がコロナで苦しんでいるのに。
愚かなプーチン!!

舞さん、こんばんは。

予期せぬ色々なことが起きますね。その都度対応しないといけないので大変です。
私も記憶に残っています。動物園に取り残された動物も人間の犠牲になりました。日本でもヨーロッパの動物園でも戦時下において飼育員達が頑張ったにも関わらす最後は餓死した動物達が沢山でました。

この戦争はEUやNOTOの亡霊に怯えて狂人になったプー太郎が起こした悲劇です。しかしこの愚かな奴のお陰で大切な命が失われる光景を観るのが辛いです。
ゴルゴ13がいて欲しいです。

コメントが遅れてしまいました。
今回は戦争とは言いながらも、ロシアの一方的な理由での独立国家の侵略であり、
侵攻です。そのリーダーがプーチン。もう名前を書くのも嫌だし、映像をみても反吐がでます。きょう米大統領が戦争犯罪者との言葉を使ったようですが、正しく国際法にも触れる犯罪人でし、俺はそうブログにも書いて来ました。
なのに、ロシアでは70%の支持率という。何と言う馬鹿な国民と思ったのですが
勿論、反対を言えないからでしょうし、真実が伝わっていないのだとは思いますが。それが・・・一昨日でしたか、テレビで”戦争止めて、プロパガンダに騙されている、悪いのはプーチンだ”というような内容で訴えた女史が居られて、感銘しましたね。本当はロシアの国民の多くもそう思っている、でも行動出来ない発言できないでいるのだと思いました。この輪がロシアで広がって、プーチンの失脚につながってほしいと願っています。
すみません、ついプーチンのことになると腹が立ってきて、感情がむき出しになって
言葉も荒くなってしまいました・・・

でんでん大将さん、こんばんは。

大将さんが仰るように国と国の戦争ではなくて、一方的な侵略で他方は自分の祖国や家族を守っているだけです。プー太郎(正式名称を呼びたくないぐらい嫌な人間になってしまいました)は戦争犯罪者であり、残虐者です。元KGBという履歴も納得です。
情報統制は恐ろしいです。まるで日本の戦前と酷似していると思うのです。ロシア人の多くは血も涙もある人間だと思います。大本営放送を聴かされている国民はプー太郎が正しいと信じ込んでいて、本当の意見を聞いても直ぐにフェイク報道だと思うのかも知れません。

ただもう時代はロシアでも若者を中心に変わっていると思います。海外から色々な情報も入るでしょうし、マックやスターバックスなど欧米文化も知った国民がいずれ真実を知る事になると思います。

今回はもう後には引けないでしょうし、恐らくプー太郎は暗殺されるか司法裁判所で死刑を言い渡されると思います。一番怖いのは殺戮を重ねてヒットラーのように死んでしまうのではないかと危惧しているのです。

兎に角、クレムリン内部から速く崩壊して欲しいです。それが侵略をとめる近道だと思います・・・それまでにまた罪のないウクライナ国民、戦争に駆り出されたロシアの若い兵士が死んでゆくのを観ないといけない苦しさが私達にも重くのしかかって行くはずです。

遅いコメントで申し訳ありません。
先生の言葉にムネアツ(若者言葉で胸が熱くなるという意味らしいです)です。
多くの人に読んでもらいたいと思いました。
自分に出来ることは公的機関からの支援くらいです。
民泊オーナーへの取り組み素晴らしいです。直に声が届けられますね。
旅先で出会ったウクライナ人一家を和歌山へ呼び寄せた人がいます。飛行機代というお金で3人の命が救えると言われていました。動かずには居れないという人に勇気をもらいます。
3か月の滞在ビザ。平和なふるさとへ帰れるよう祈るばかりです。

おたまさん、こんばんは。

流石おたまさん、若者言葉も駆使出来るのですね。私の言葉というよりおたまさんの心が熱せられているのでしょう。あんな非条理なことを受け入れることが出来ません。 特に子供が殺されているのを観ると胸騒ぎして安眠できません。

この1ヶ月、何か出来ないかを探していました。駐日ウクライナ大使館や国境なき医師団、ユニセフに募金しました。偶然ネットで民泊を応戦する形でウクライナを支援する方法を見つけて、10数カ所に予約をしました。
これは皆が出来ることではありません。ニュースで流れるウクライナの惨状に心を痛めるだけでも十分な応援になると考えています。

私は一時的でも日本に住んでも良いと考えている避難民がいれば、政府が無料でポーランドにチャーター便でも運航して沢山の難民を受け入れて欲しいと願っています。 

毎日、気が滅入るのですが、それでも変化するウクライナ情勢を確認せずにはいられないのが今の状況です。おたまさんのようにウイットに富んだ表現が出来ないので、私なりのメッセージと思い記載することにしたのです。 長い文を読んで頂きありがとうございます💖

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 世界を夢みて(281);ドブロブニクNo3(街中散策) | トップページ | ウクライナへの支援の在り方 »