フォト

« 今週の生け花(令和4年3月第1週) | トップページ | 知らぬ間に筋トレ(骨トレ?) »

2022年3月 6日 (日)

世界を夢みて(280);2013年:ドブロブニクNo2(早朝の城壁巡りのNo2)

Th__20220224091201

2013年旅行のドブロブニクNo2(→早朝の城壁巡りの続き)

Th_20_20220305203001
今回のツアーで1番良かった点の一つが、城壁の一般開場前に入れたことです。恐らく上のような写真は昼では多くの人が写ってしまうことになったと考えています。ある意味貴重な写真かも知れませんね😊
Th__20211209154701
Th__20211209154702

世界遺産のドブロブニクの魅力は恐らく街を見下ろすことが出来る高台からの眺めだと思いますが、この城壁巡りも変化に富む景色が味わえますので旅行者にとっては魅力的です。この城壁は12世紀から17世紀にかけて建築され、海に突き出た街ごと要塞のように外敵から守り続けてきました。 城壁一周にかかる所要時間はおおよそ1時間~2時間はみていた方がいいと考えます。まあ急げば40分ぐらいで回れますでしょうか?
Th__20211209154703

城壁からは街の中を見下ろすこともでき、住んでいる人々の日常も垣間見ることが出来ます。
Th__20211209154704
Th__20211209154705
Th__20211209154706

都市に入るための海の玄関口の旧ドブロブニク港の眺めです。こちらかは近郊の島々への定期便も運行されているようです。時間のある方は近くの島に渡りながら、帰りには海からこの城壁をみながら入港できるかも知れませんね。
Th__20211209154707
Th__20211209154708
Th__20211209154801

Th__20211209154803

Th__20220303104701
城壁の一番高い場所にはクロアチア国旗がはためいています。内戦が終わりクロアチアの人々にとって団結を示す旗なのかも知れません。

Th__20211210114101

城壁の窓からこのような風景を眺めることが出来ました。ずっとここから移り変わる景色を眺めたくなりました。しばらくした青空と太陽が注いで来ましたので、その時間帯ならまた違う光を放っているのでしょうね・・・想像するだけでワクワクしてしまいます。
Th__20211210114102
紺碧のアドリア海です。海は広く、ここから船を出せばいつかは私の住む沖縄にも辿りつくことが出来るのでしょう。
Th__20211209154802

Th__20211209154804
早朝の城壁の一般開場前の贅沢な時間を楽しんで降りて来ました。

Th__20211210115401

Th__20211209154901
城壁への入り口は三箇所あり、ピレ門、プロチェ門、聖イヴァン要塞の近くにあります。写真はプロチェ門となっています。
次回はドブロブニクの城壁内の教会や街並みを記載予定です。

« 今週の生け花(令和4年3月第1週) | トップページ | 知らぬ間に筋トレ(骨トレ?) »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

院長先生
こんにちは。
今日もお疲れ様でございました。

凄い城壁ですね!青い海も空も美しい〜!
人の影さえ見えず良い時間に巡られて良かったです!
これ程強固な城壁は海からの侵入を防ぐ事だったのでしょう!
アドリア海の向こうはイタリア!ヴェネツィアへ行きましたが、
このような?綺麗な海ではなかったです!
海は続いていますから、院長先生もいつかは?
船旅🛳は如何でしょうか?

続きを楽しみにお待ちしております。

こんばんは〜😍
開城前の城壁を歩けたメリット
はこの写真を観ると分かりますね
このようなチャンスを捉えるのは
やはり旅慣れた先生だからこそ
気づいたツアーなのでしょう
このように人がいないドブロニク
城壁の写真は大変貴重なのでは
ないでしょうか?
青い空に青い海が似合う街ですね
次回の街歩きも楽しみにしています

こんばんは。

早朝の薄青く彩られた景色も美しいですが
陽が差してそれぞれの色彩が際立った景色も
とても美しいです。
城壁の窓から眺める景色も宝石箱のようですね。
抜けるような青い空にクロアチア国旗が映えます。
大きなヨットハーバーもあるんですね。
海からの景色を堪能しながらクルーズするんでしょうか。
羨ましい限りですね。
次回も楽しみにしています♪

マコママさん、こんばんは。

今日は午前中に2時間ほど出かけて病院から戻ってきました。

本当に城壁に守られた中世の都市だと感じました。回りは強力なイタリアやベネチア共和国もありますので、海からの守りも固めないといけなかったと考えます。

この海を進めば、私の住む沖縄にも辿り着くことが出来るのですよね。海は本当に青く広いです。 旅行に行くと夜中まで遊びたいのでまだ船旅は考えていないのですが、いつかは船で旅行をしてみたいです😊

舞子さん、こんばんは。

今回のツアーを選んだ一番大きな理由はドブロブニク城壁の一般開場前に貸し切りの散策が出来る点でした。私は気が小さいので(?)人の入った写真を撮るのが苦手です(自分が撮られるのも嫌なのですが・・・😅)。

現地のガイドさんとこのツアーの参加者さえ気にすれば、人が写り込まない写真が数多く撮れました。 私にとっても貴重な写真になったと思います。

本当に青い空と青い海が似合う街でした。

sharonさん、こんばんは。

今回は郊外のホテルでしたので、朝食も普段より早く済ませて待ち合わせの場所に向かいました。初めは薄暗かったのですが、次第に太陽の光が差し込むと青い空と海が戻って来ました。

丁度クロアチア国旗が立っている場所が一番高い場所と思うのですが、その時には上方は雲1つない青い空でした。見上げて写真を撮ると真っ青な空が鮮やかでした。

島々へ廻る定期船や観光船、大富豪達のヨットなども見かけました。海から見たらまた違うドブロブニクを楽しめたと思います。

次回は街の中の教会などを紹介したいと考えています。よろしくお願いします。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 今週の生け花(令和4年3月第1週) | トップページ | 知らぬ間に筋トレ(骨トレ?) »