フォト

« 認知症について | トップページ | いつでも夢を(ギター弾き語り) »

2022年2月 4日 (金)

今週の生け花(令和4年2月第1週)

全国でのオミクロン株の感染拡大が続いています。早く落ち着いて欲しいですね。 沖縄県の状況より判断すると、本土の各地ではもう暫く感染者数の増加が起こり、その後重症化しやすい高齢者や乳幼児に感染が推移してゆくのではないかと考えています。オミクロン株の重症化が少ない面を捉えて、感染の回避行動に緩みが出ることが心配です。気を引き締めてゆきましょう!
Th_img_6293

2月に入ると沖縄県の至る所で桜が咲いている風景を目にするようになります。 沖縄で咲く桜は淡い色合いのソメイヨシノではなくて、桃の花のようなピンク色の寒緋桜です。 寒緋桜は寒さによって開花しますので、1年で1番寒い時期に花が咲き出します。そのためにこれが咲き出すと冬から春へと向かう気分になれます。
Th_421
早速生け花の花材にも寒緋桜が使われています。やはり染井吉野とは随分と印象が違うと思います。 今週の花器は横から見るとH型の形で前後に口が開いていて生け花をさすことが出来ます。そのために奥行きのある飾りが出来るようです。今回は特に大きなハランがあるために、正面、左右の斜めから長めの印象が違ってきます。

Th_421_20220203123401

フリージアが艶やかな黄色の花で存在感を出しています。花言葉はフリージアの色によって異なるようです。白はあどけなさ、黄は無邪気、赤は純潔、紫はあこがれ、淡紫は感受性を表すとのことです。今回は無邪気な色合いなのですね。
 淡いピンク野バラと比べても寒緋桜はより赤みが強いことが分かります。 染井吉野は春の風に舞う花吹雪をみせてくれますが、寒緋桜は花全体がバタンと落ちて行きます。余り風情はありません😂 また花は下向きに咲きますが、見上げる場合には丁度花びらが正面に見えてきます。

Th_421_20220203123402
Th_421_20220203123403
2月はまだまだオミクロン株との攻防が続くと思いますが、侮ることなく感染対策を続けて、重症化を防ぎたいと思います。 皆で頑張って行きましょう!
<花材:寒緋桜、フリージア、薔薇、小菊、ハラン>

« 認知症について | トップページ | いつでも夢を(ギター弾き語り) »

」カテゴリの記事

コメント

院長先生
こんばんは。
緊急手術お疲れ様でございました。

もう、寒緋桜が咲いて鮮やかなピンクが綺麗ですね。
今週の生け花、花器も珍しいです!
奥行きでなお一層、花々が活き活きと
していますね!センスが素晴らしい😄

各地で過去最多の感染者数!
もう、いつ?罹るか不安です。
未だ接種予約券も届かずです。
多分?接種は3月だと思いますが〜?
高齢者の感染者数も増えています!
不要不急の外出は控えても通院だけは仕方ないですね!

今週も有り難うございました。

先生、こんばんわ。

昨日、沖縄は桜が咲くのかなと思い、検索してみたところ
寒緋桜がある事がわかりました。

今日は偶然にも寒緋桜を主とした生け花ですね。
春が来たと云う感があり、ちょっとウキウキしました。

それにしても、オミクロンがお邪魔虫(笑)です。
オミクロンのおかげで、県内の空いた所にすら行けなくなっています。
見えない敵と格闘しておられる、先生をはじめ、医療従事者の皆様には
頭が下がります。

私は、運良く三度目の接種を終えました。
ここまで長いコロナ生活となると、私みたいな年寄より、
これからの日本を担って行く若い方にこそ、優先して接種を
してあげられないものなのかと思います。

人の命は年齢には関係なくどんな方にでも大切だと云う事は
十分わかってはいるのですが。

今日も素敵な生け花を拝見させていただき、有難うございました。

マコママさん、こんばんは。

今日は遅く帰り、夕食後のんびりしていたら今の時間になってしまいました。

以前に私の知人が初めて沖縄の冬に訪ねた時に寒緋桜をみて桜とは思わなかったそうです。 染井吉野とは随分と趣が違うと思います。

オミクロン株の感染拡大はもうしばらく続くと考えています。重症化率は低いとは言え多くの高齢者が感染したらその中から重症者が出ますので心配です。 当院では高齢者のワクチン接種が始まっています。 マコママさんも早く接種券が届いたらいいですね。

いつもありがとうございます。感謝しています。

ガルボさん、こんばんは。

寒緋桜(沖縄県では単に桜と言えば寒緋桜を指します)が咲くと、これからは春へと向かってゆくのだという明るい気持ちになります。 沖縄本島北部から咲き出して南下してゆきますが、那覇市内でも所々で咲いている桜を見かけるようになりました。

ガルボさんは、3回目の接種を終えたのですね。オミクロン株でも70%程度の感染防御が出来ますし、重症化リスクを減らしてくれます。
ワクチンが足りない状況では高齢者やリスクが高い人が優先ですが、若い人達が自分達がかからないことで社会を守るという意識が低い気がしています。 オミクロン株の感染拡大は日本の何処でも20代などの若者の間で広がりそれから各年代へ波及しているのが日本の現状です。

早く各地で感染のピークが過ぎて欲しいです。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 認知症について | トップページ | いつでも夢を(ギター弾き語り) »