フォト

« 今週の生け花(令和4年2月第3週) | トップページ | 間歇性跛行の二大疾患(閉塞性動脈硬化症、脊柱管狭窄症) »

2022年2月20日 (日)

世界を夢みて(278)モスタルからドブロブニクへの街道(絶景ドライブイン)

モスタルから次の旅の目的地ドブロブニクへバスで移動となります(前回のモルタルの続きです→ボスニア・ヘルツェゴビナの旅)。 Th__20220220151301

時々疲れている方は結構バスの移動時間で爆睡の方もいますが、私は余り寝たことがありません・・・と言うか、この時間ももったいなくて車窓からの眺めを楽しみながら写真を撮っています。

Th__20211202103501
Th__20211202103801

次第に夕方に近づき日も少し斜めになりかけています。 ボスニア・ヘルツェゴビナのモスタルは少し内陸部ですので、アドリア海側のドブロブニクへは丘を降りて行くことになります。上の写真はアドリア海ではなくて、内陸にある湖のようです(名前は判りません😅)。
Th__20211202103802
Th__20211202103803
道路の下の方には水田のような水と畑が綺麗に区画された盆地が広がっています。
Th__20211202104001
Th__20211202104002

更に西へと進むと、今度見えて来たのは入り組んだ湾に注ぎ込むアドリア海となっています。日も更に傾きかけて来ました。
Th__20211202103804
夕日が当たる対岸の街並みが輝いて見えてきました。

Th__20211202104301
ボスニア・ヘルツェゴビナの古都モスタルから南に南下しネウムへ向かうと、アドリア海側に出ます。フィヨルドのように入り組んだ地形の向こう側はクロアチアとなります。ドゥブロヴニクへと向かう途中でのトイレ休憩を挟むドライブイン(ヤドラン:JADRAN)でしばしの休憩。丁度夕暮れ時で、思いがけない絶景ポイントでした。
Th__20211202104302
ホテルの併設もあるよう?でしたのでこの場所に泊まりたくなるぐらい美しい眺めでした。右奥に見える教会はカトリック教会Crkva svetog Ivanaとなっています。
Th__20211202104303
時間が許せばこの場所でもう暫く痛いのですが、バスの時間となり乗り込むことに


Th__20220220153701
直ぐに目的地のドブロブニクに到着です。夕食を取りホテルへと向かいました。ホテルは綺麗でしたが立地条件は余りよくなく、私の好きな夜の散策も出来ないままとなります。明日は早朝からドブロブニクの観光となります。次回からクロアチア旅行の目玉の1つドブロブニク市内観光を紹介致します。

« 今週の生け花(令和4年2月第3週) | トップページ | 間歇性跛行の二大疾患(閉塞性動脈硬化症、脊柱管狭窄症) »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。

先生は流石ですね。私などはツアーのハードスケジュールだと
車窓の景色も楽しまないと勿体ないと思いつつ
朝早いのと、疲労に負けて寝てしまう事があります^^;
タイムラプスのようにサンセットの経過も美しいですね。
夕日に照らされた街並みも素敵です。
ドブロブニクには夕方着かれたのでしょうか。
立地条件が悪くて夜のお散歩が出来ないと言うのは
どのような感じなのでしょうか?
次回も楽しみにしています^^

院長先生
こんばんは。
今日もお疲れ様でございました。

全く地名に疎くてすみません。
地図を拝見させて頂きやっと場所がわかりました。
少しアドリア海から奥まっているのですね?
お天気もよく景色も堪能された事でしょう。
NESCAFEお飲みになり休憩場所からの眺めも素晴らしいです。
続きを楽しみにお待ちしております。

sharonさん、こんばんは。

旅行中はアドレナリン全開ですので😀日中は動き回って眠くなりません。 普段の仕事で朝から夜まで働いているせいか、旅行の方が疲れが少ないので車窓を眺めていても大丈夫です。

丁度夕方にかけての移動でしたので車窓から刻々と変わる景色と光の変化を眺めて過ごす時間帯は至福の時でした。

私の旅行スタイルは夕食後も街歩きに出かけることが多いのです。ホテルは近代的でしたが街の中心部まで遠くて、帰りのタクシーが拾えるのか心配で断念しました。まあ翌朝は朝早くからの行動でしたのである意味よかったです。

マコママさん、こんばんは。

なかなかこの場所は地形も国も入り組んでいますので、私も含めて殆どの方は判らないと思います。その為地図を付けておきました。これまでアドリア海沿岸の街を中心でしたが、モスタルはやや内陸部にありましたので、今度はこの内陸部からアドリア海沿岸に戻って来た感じのルートとなりました。

このルートの中では今回のドライブインは結構多くの旅行者も利用しているようです。 休憩時間がトイレタイムを含めて30分ありましたので、コーヒーを注文して窓からの景色を堪能出来ました。

次はドブロブニクを何回かに分けて紹介致します。よろしくお願いします。

omoromachi様、こんばんは。
流石このような風景も見逃さずに
写真に納めていたのですね・・・
私ならきっと夢の中かも知れません
丁度沈む夕陽の変化も覧られて
良かったです。
先生は余り車酔いなどもなさらない
のでしょうか? 私は長時間のバス
だと気分が悪くなるために薬を飲ん
で寝てしまうことが常でした。
もう長時間のバスは乗らなくなり
ましたので今はどうなのか判りません
次回ドブロブニクの写真を楽しみに
しています。

ツクシンボさん、こんばんは。

旅行中は1日中動き回っていますが、仕事のようなストレスはありませんので疲れが溜まりません。車に乗っても窓の景色を眺めながら過ごしています。

ツクシンボさんは車酔いがされる方なのですね。私の方は幸い旅行中は車酔いなどしません。仕事で長時間バスに乗ることはないので目的が違うと車酔いするかも知れません😅

今回の移動の車窓は美しい景色が続きましたので、とてもラッキーな気持ちになれました。次回からはクロアチアで一番有名なドブロブニクを紹介致します

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 今週の生け花(令和4年2月第3週) | トップページ | 間歇性跛行の二大疾患(閉塞性動脈硬化症、脊柱管狭窄症) »