フォト

« 世界を夢みて(271):トロギール(世界遺産)観光No1 | トップページ | 今週の生け花(令和3年12月第3週) »

2021年12月15日 (水)

医師としての出発点の違い

第3週水曜日は会議のためFM放送の担当ではありませんので、医療ネタもありません。

これまで医師となってある意味、365日24時間働いているような生活でした。実際そんなことはないのでしょうが、40年近く病院に14〜16時間いました。 今でも帰宅後はポケベルから携帯へと連絡方法は変わりましたが何時でも病院に行ける体勢で生活しています。 あまりお酒も飲みませんし、ゴルフをやる訳でもありません。無趣味のお陰で、特に困ったと感じたこともありませんでした(50歳を超えてからギターをやり出していますが・・)。唯一の趣味だった海外旅行も39歳で今の病院に移ってからは、病院の再建と移転のために忙しくなり50代半ばまで中断となってしまいました。

私が30代最後の海外旅行では団体ツアーで参加しました。この旅行中に参加者の1人が転倒して足に傷を負ったために私が外科医である事を話し処置をしました(骨折等なくかすり傷だけでした)。その後参加者の方々から癌などの病気について色々と質問されたことがありました。私は気にすることもなく「自分の知っている範囲」で世間話のように会話を楽しみました。これも1つの話題づくりだと考えていました。 

実はこのツアーに若い男性2人組がいて、その2人と私の3人だけになった時に、私達は○○病院の2年目の研修医ですと紹介してくれました。そしたら「旅行に行っても医者と言ったら、色々質問されるんだよな〜。タダと思っているんじゃないの」と、だから旅行中は医者とは名乗らないことにしていると耳打ちされたのです・・・・・私はただ唖然とするばかりで意識のギャップを感じました。

私は自分達の医療知識に価値(対価)がないとは考えていません。しかし私に関しては周りの環境や家族や友人の励みで医師になれたと思っています。 努力はしました。 しかし凡人の私はただ脈々と先人達が積み上げた知識を少し分けて貰って学んでいるだけです。今でも自分の患者さんに不利益を与えないように、少しでも自分に出来ることをやれたらと願っているのです。 医師の原点の違いがあると随分と違う生き方をするのだろうと想像してしまう師走の1日です。 

Th__20211215145901

 

(また偉そうなことを書いてしまいました。これはあくまで私個人の意見で、これを後輩や職員に押しつけようとは考えていません。人それぞれが自分の立場、自分の役割を考えて仕事をして欲しいと願っているのです)

« 世界を夢みて(271):トロギール(世界遺産)観光No1 | トップページ | 今週の生け花(令和3年12月第3週) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

院長先生
こんばんは。
今日もお疲れ様でございました。

随分とお働きと常々、思っておりました。
患者さんに対してのお心遣いが伝わって
おりましたよ。
素晴らしいドクターとご尊敬もうし上げます。
お体を少しでも労って下さいますように〜。

omoromachi先生、大変ご無沙汰しておりました。
このブログの医療や旅行も魅力的ですが、先生が時々つぶやく内容はとてもとてもためになっています。お陰で私も頑張らなければと前向きになれることが多いのです。 私の同級生にもいま研修医として頑張っている女性がいます。 中学・高校の同級生でとても頑張り屋で先生の会った研修医2人とは違う性格だと思います。 彼女が先生のような医師になって欲しいなと願っています。
しばらく大坂勤務となってなかなかコメント出来ませんでした。久々の福岡の実家で過ごしています。来週はまた大坂に戻ります。お忙しい中で毎週欠かさずブログを書かれている先生には、1日も速く旅行が再開出来ることをお祈りしています。本当に早く行けるといいですね。

マコママさん、こんばんは。

能力がありませんので、時間で勝負しただけです😅 優秀な方は時間どおり帰って自分時間を楽しんでいます。 幸い、お酒も飲みませんし、夜中に呼ばれても直ぐに行けたので研修医の時から重宝されました。

60代中盤になるとやはり体力の衰えを実感しますので、早めに帰るように心掛けていますが・・・性格上難しいです。まずは性格を直さないとですね😀

ririkaさん、こんばんは。お元気でした〜

時々つぶやくのですが、つぶやいた後に反省が来ます。今回も威張ったような内容になってしまいました。やはり謙虚さがたりません😢

ririkaさんの同級生もいま研修医として頑張っているのですね。きっと素敵な医者になると思いますよ。私からも応援メッセージを送ります。ファイト!

今は大坂勤務なのですね。コロナ禍で簡単には帰省出来ないでしょうが、大坂ー福岡間は近いのでいつでも帰れますね。お母さんもお元気ですか? これからもよろしくお願いします。

先生、こんばんわ。

医師と云う仕事の大変さがよくわかります。
昼夜も問わないお仕事。
私が云える事は、先生が体を壊さぬよう、ご自愛下さいとしか言えません。
二人の若い研修医には、以前先生から教えて頂いた
ヒポクラテスの誓いを、今一度学んで欲しいと思いました。


ガルボさん、こんばんは。

今の時代には、古くさい考えでしかないと思います。私はこれしかやれなかったので行っていますが、若い人には勧めない時間の使い方です。しかしながら、患者さんに対する態度や医師の知識が自分だけのものでないことは今の若い医療者にも感じて欲しいです。

私の体のことを気遣って頂き有難うございます。体力は落ちましたが気力は落とさないようにしないと本当の老人になりそうで心配です😅

2000年以上前のヒポクラテスの誓いです。医学部でもこの誓いのことは学びますので、試験のためではなくて医師としての人生哲学として身について欲しいと願っています。

こんばんわ・・・
昼夜を厭わずに、常に患者の立場を理解され行動されております先生に感謝と敬意を
先ずは申し述べさせて頂きます。俺はベテランの入院患者、色々な先生とも出会いま
したが、それぞれに考えはありますから、云々は出来ませんが・・・今年の人間ドックで
お会いした先生には凄く感動しましたし、ブログを通じてそれを読めばomoromachi先生
の考え方には心打たれるものがあります。
どうぞ今後とも地域医療のためにご尽力されますこと、願っています・・・
あと、連日の激務・・・時には休まれて自らをも労わって下さい。

でんでん大将さん、こんばんは。

私は余りできの良い方ではありませんが、我慢して同じことをやるのは得意な方かも知れません。 私は私の道しか歩けないだけですので、他の医師の仕事や考え方に色々と言う立場ではありません。

このブログでも何度か書いたように、自分で選んだ道です。高校まで田舎の普通高校で青春を謳歌していた私には、医学部に入ることがこんなにも困難なこととは知りませんでした。 ですから入ったからには自分がやれるまで弱音を吐くことなく進まなければならないと言い聞かせてこの年まで来ました。

また旅行に行ける日が来ると想像しながら落ち込まないようにしています。人生、生きているだけで儲けものという心境まで達したいですが・・😢

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 医師としての出発点の違い:

« 世界を夢みて(271):トロギール(世界遺産)観光No1 | トップページ | 今週の生け花(令和3年12月第3週) »