フォト

« 心臓病の中の不整脈 | トップページ | 世界を夢みて(267):プリトビチェ湖群国立公園No2 »

2021年11月12日 (金)

今週の生け花(令和3年11月第2週)

令和3年も11月の第2週となり、日に日に秋が深まった気が致します。昨日瀬戸内寂聴さんが亡くなられたとのニュースがありした。 私自身が恥ずかしいことに殆ど小説を読んだりすることがなく、瀬戸内さんの小説も読んだことはありません。それでも新聞や色々な書籍、テレビ番組での対談などを見ますと彼女の経験に裏打ちされたような博識と愛情を読み取ることが出来ました。 子供の頃は年を取ると経験を積んで偉くなるのだと考えていました。 私も人生の後半になるにつれ、年齢を重ねても智慧がつく訳ではないと理解できるようになりました。

 年齢を重ね尊敬に値する人々とそうでない人々の違いに、違う相手から学んで吸収できるかどうかが大きなポイントになるのではないかと考えたのです。 相手を認めて自身の知識に加えることが出来る方は次第に視野が広がり穏やかになる一方、違いを認めず自分の考えだけが正しいとする人々はより自分に近い情報だけを得て、違う相手を攻撃する傾向にあるのだと感じるのです。 99歳の天寿を全うした瀬戸内さんは前者の典型ではないかと思うのです。 私もこれから老害だと言われないために何をすべきかを考えないといけないと思った寂聴さんの訃報でした。心よりご冥福をお祈り致します。

Th_img_5876

先週は生け花クラブがお休みだったようですが、今週はいつもの2階の場所にお花が飾ってありました😉  船のような細長い花器の上に真っ直ぐに伸びたグラジオラスが印象的です。褐色の花器の上には暗緑色の泰山木(マグノリア)の葉にその横にはグラジオラスの細い葉も混ざって、中心部が落ち着いた塊として配置されています。

Th_3112

そのために、上方に配置したグラジオラスや雲竜柳がより伸びやかに感じることが出来ます。 左右のマリーゴールドの4本の黄色の花も爽やかに感じられます。
Th_3112_20211111101801

雲竜柳、グラジオラス、泰山木(マグノリア)の葉にマリーゴールド・・・一つ一つを取り上げるとそれぞれが随分と違う花材となっています。雲竜柳も先に青い小さな葉を残すことで荒々しさが消えた気がします。

Th_3112_20211111101802
11月も中旬になると、直ぐに正月がやってくる感じがします。 これから気象が大きく変化しますので、皆様方も体調管理を十分になされてお過ごし下さいね💖
<花材:雲竜柳、グラジオラス、泰山木(マグノリア)の葉、マリーゴールド>

« 心臓病の中の不整脈 | トップページ | 世界を夢みて(267):プリトビチェ湖群国立公園No2 »

」カテゴリの記事

コメント

院長先生
こんばんは。
今日もお疲れ様でございました。

今週の生け花は華やかさはなく、
とても落ち着いた印象を受けました。
それぞれ花材が違うのに見事に
まとめて素敵ですね!

私はたんに歳だけ重ねている自分に
呆れておりますが、今更〜ですね?
これからは人様にご迷惑をおかけする事なく、
過ごせたら、と思っております。

今日はクリニックのハシゴでした。
インフルエンザワクチン接種もお陰様で済みました

今週もありがとうございました。

omoromachi様、こんばんは。
寂聴先生がお亡くなりになり、とても寂しいです。私が東京で仕事をしていた時に講演を聴かせて頂きました。終了後、色々な方からの質問にも適切に答えられていたのは今でもよく覚えております。出家されてからは随分と穏やかになって来たと感じます。早口でしたが凛とした話し方は皆を引き込む魅力がありました。ご冥福をお祈り致します。

今週も素敵なお花をご紹介頂き有難うございます。病院にこのような生け花をいける場所があることが羨ましいです。グラジオラスの白い花が際立っていますね。それを引き立てるために花器の色や形も重要な要素となっていると感じました。 額に入れるとまた艶やかになりますね。

信州の山奥は0度に近づいています。先生もご多忙と思いますがご自愛なされて頂き、ますますご活躍して貰いたいと願っております。

マコママさん、こんばんは。

今週の生け花は、花器を中心に濃い色合いで統一されていてどっしりと構えていますね。その上にグラジオラスが真っ直ぐに伸びて、白い花をつけていますので、輝いて見えます。 

いえいえ、マコママさんは素敵ですよ。ブログを拝見して、回りの方々からもブログの読者からも愛されています。 どうかこのままお続け下さいね。

今日はクリニックへ出かけたのですね。今期はインフルエンザワクチンの供給量がはっきりしませんので、接種を終えて頂きよかったと思います。

いつもコメント頂き感謝致します💖

信州の隠居老人さん、こんばんは。

瀬戸内寂聴さん公演を聞かれたことがあったのですね。そう言えば以前は東京でマスコミ関係の仕事をなされていたと記憶しております。その関連の公演だったのでしょうか? 私は寂聴さんの本を読んでいませんが、多くの方との対談集や新聞の記事やテレビなどでも寂庵での生活ぶりを見たことがあります。 若い頃は波瀾万丈の生活だったようですので、そのような経験も咀嚼して知恵に変えていったと想像しました。

もともと病院には生け花クラブと野球クラブのサークルがあります。私は若い時には野球には出たことはありますが、生け花は全くやった事がありません。単に写真を撮っているだけです😓 しかしながら毎回写真を撮りながら、よく考えられているなと感心しているところです。

長野県はもうすぐ雪の季節になってくるのでしょうか? 私の方は職員に老害と言われないように、皆の意見を取り入れたいと考えています(笑)。

先生、こんばんわ。

今日は非常に清楚な生け花ですね。
タイサンボクは大きな木なので、生け花に使うとは
考えもしませんでした。
白い大きな花が咲く前のタイサンボクですね。花咲く前に
このように生けてあるのがとても素敵だと思いました。

寂聴さんが、生前(人は愛する為に生まれ、愛する為に生きる)
と云う言葉が思い出されます。
私の成人式の時に(皆さんは今迄は愛されて来た。これからは愛する立場になって下さい)と云う祝辞があり、似ているような気がしてなりません。

今日は50数年前の成人式を思い出し、あの頃の私は、なんて
思ってしまいました。

ガルボさん、こんばんは。

清楚な生け花だからこそ、力強く思えたのでしょうか? なんかドシッと構えた感じを受けました。泰山木の葉というのを知りませんでしたんで、大きな花も咲くのですね。

寂聴さんからは色々な方が影響を受けたと思いました。人は愛するために生きるですか・・・人間の根本的なことかも知れませんね。

成人式での祝辞を今でも覚えているのですね。私は成人式の時には予備校真っ直中でしたので、皆と同じように祝うことは経験していません。

私も今の時代に求められているのは、やはり人を尊重して認め合うことと、愛することだと思います。 喧嘩するより仲直りする方が難しいのです。

今週のお花は花材がそれぞれを引きたてて、花器もよく合っていますね。
マリーゴールドはこちらではあまり活ける事はありませんが、優しい色合いでとても可憐です。
私は小説よりも評伝物が好きだったので20歳前後に瀬戸内さんの書かれたものをよく読みました。どれも激しく革命的な生き方をした女性を取り上げられていたように思います。弱い人に寄り添い、明るく人を照らす方だったと思います。

「忘れな草をあなたに」先生とハモッておきました(てへへ)

こんにちは。
今週はシンプルな花の活け方ですね。。。でも、シンプルになればなるほど
難しいのだと思います。空間をどう活かすのか、無駄なものは省かねば
ならないから、逆にむずかしいと思います。ごまかすことが出来ませんから。
寂聴さん・・・何冊か著書を読ませて頂きました。そして、特に仏門に入られて
から話題が大きくなった気がします。法話もCDで聞いた事がありました。岩手
の寺の住職もされましたから、直に聞きたかったと今になって思います。

院長先生、こんばんは。
今年ももうすぐ終わりそうです。
早いですね。
先生は今年は特にお忙しかったでしょうね。
そんな中でも生け花はほっと一息つかせてくれることと思います。
今年は本当に医療従事者の皆さんのがんばりがなければどうなっていましたか。
私も持病を持っているので、ずっとお籠り状態でした。
自分の健康ですが、結局は自分の不注意で病院の皆さんに迷惑がかかることを一番恐れました。
小さな街なんで、大変なことになりますものね。
どうぞ院長先生、ご自愛なされましてご活躍くださいませ。

おたまさん、こんばんは。

今週の生け花も全体をよくまとめ上げていると感じます。 黄色いマリーゴールドは通常は目立ちすぎて周りと馴染まない花材かも知れませんね。今回は花器と中心部が落ち着いたお陰で馴染んでいます。

おたまさんのことですので寂聴さんのことはよくご存じではないかと想像していました。 私は寂聴さんの小説は読んだことはありませんが、対談などは興味があって読んでいました。激しい生き方をしてきた分後半は穏やかになれたと感じました。

ワォ〜 おたまさん、ラジオを聴いて頂けたのですね。いつかは実際にハモってみたいですね(笑)。

でんでん大将さん、こんばんは。

シンプルなことは生け花にしても、私達の人生にしても難しいですね。落としすぎるとつまらなくなりますし、1部を強調し過ぎると拒否反応を抱くかも知れません。本当に多くのものを経験してその核心を残すことが出来れば美しくなれると思います。

寂聴さんは出家して良かったと私は考えています。彼女の激情がこのままだと暴発したかも知れませんが、仏と向き合うことで静かになったのではないかと想像しています。 最後まで色々なことで感動を与えてくれた方にはお礼の言葉で見送りしたいです。

EOSのパパさん、こんばんは。

11月中旬となり東北地方では晩秋となり、冬を迎えると思います。2年続きでコロナとの戦いになるとは思いもしませんでしたが、職員の皆様もよく頑張ったと思っています。

パパさんはリハビリを頑張っていると思いますが、病院のことを知っている方はとても感染に注意を払ってくれています。 患者さんは医療者のことを考え、私達医療者は患者さんに迷惑をかけないようにお互いに努力をして感染に注意をしています。とても有難いことで、感謝致します。

あの地震から復興のさなかのコロナ禍ですが、これから徐々に街に活気が戻って欲しいと願っています。 パパさんも気をつけて趣味の写真を続けて下さいね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 心臓病の中の不整脈 | トップページ | 世界を夢みて(267):プリトビチェ湖群国立公園No2 »