フォト

« 今週の生け花(令和3年11月第4週)と生け花展 | トップページ | 糖尿病:なぜ過食に走るのか(学術的なものでありません😅) »

2021年11月28日 (日)

世界を夢みて(269):ザダル観光No2

Th_2013_20211023174601

クロアチアに入り、ザブレブ→ラシュトケ見学→プリトビチェ湖群国立公園→ザダルへと旅を続けます。ザダルは、アドリア海に面したクロアチアのダルマチア地域にある港町。私が旅行したのは2013年ですが、2016年の「European Best Destinations (ヨーロッパのベスト観光先)」では1位に選ばれたヨーロッパ有数の人気の観光地となっています。ちなみに2位はギリシャのアテネ、3位はブルガリアのプロブディフの結果です。

Th__20210723162601
その後は旧市街を抜けて、ザダル先端へと進みました。現在の観光名所の「海の(シー)オルガン」と「太陽への挨拶」があります。名前だけみたら意味が分かりません😅 早速、旧市街から早速海の方に向かいました

Th__20211013110101

この場所からはアドリア海を広々とみることが出来ます。





Th__20210723162701

この海岸線から見る夕陽は、映画監督のヒッチコックが「世界で一番美しい」といったそうですが、今回は夕陽をみる時間まではいませんでした。分かっていたら昨日夜に到着してから散歩に出かければよかったと後悔しています😭

Th__20211013110102
海岸でノンビリしているとこのようなヨットが目の前を走行していました。ヨーロッパの富裕層は結構ヨットなどを所有していたバカンスを楽しむ方が多いようです。その為には時間も必要ですね。駆け足の旅行しかしたことのない私には羨ましい限りです。
Th__20210723162801

Th_seaorganzadar
海のオルガンは、海岸の階段の下方に70mに渡って35のパイプを配置したもの。上の写真で階段の横に通気口のような穴が空いているのが判るとおもいます。波が階段の岸壁に当たると空気がパイプに流れ、さまざまな音色を奏でるようになっています。実際にパイプオルガンのような演奏をするわけではなくて、波の力を利用して「ブオゥ〜」などと音程の違う音が階段の通気口から出るのです・・・もう少し美しい音だと想像したのですが、ちょっと残念でした😊
Th__20210723164001
海のオルガンの隣(先端部分)には太陽への挨拶があります。これは地面にはめ込まれた太陽電池のパネルが、夜になると色とりどりに輝き出す仕組みとなっています。私は日中しかここにいませんでしたので、ただの丸い太陽電池でしかありませんでした😊 (かなり広角で撮っていますので小さく見えますが実際はかなり大きな太陽光発電です)

「海のオルガン」と「太陽の挨拶」はザダルの建築家ニコラ・バシッチが平和を願って作ったもの。それ以前のザダルの海岸は、戦争による被害で観光とは程遠い殺風景な場所になっていました。今では憩いの場としてかつてないほどに復興し、たくさんの観光客が集まります。

Th__20210723164101

旧市街の見学を終えて海の門を通り新市街地へと向かいました。
Th__20210723164102
Th__20210723164103
Th__20210723164104

Th__20210723164106

Th_zadar
帰りにもう一度市場の方に寄って、少量のイチジクを買って来たのですがオマケに美味しいミカンもつけてくれました😉
Th__20210723164105
ザダルはやり夕陽をみたり夜の景色が美しい街のようです。私を含めて皆様方ももし行く機会があれば夜の観光を念頭に旅程を組んだ方がよいかも知れません。

« 今週の生け花(令和3年11月第4週)と生け花展 | トップページ | 糖尿病:なぜ過食に走るのか(学術的なものでありません😅) »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

院長先生
こんばんは。
日曜日でも病棟を見廻りお疲れ様でございました。
患者さんにとっては有り難いことですね!
安心されたと思います。

綺麗な港で海のオルガンは面白いですね!
♬音を聴いて見たいような〜?
流石、晴れ男さま!抜けるような青空に
アドリア海も輝いておりますね。
ヨーロッパのベスト観光地!
残念ながら何処へも行っておりません!
院長先生の旅行記で愉しませて頂き感謝いたします。
今日も有り難うございました。

こんばんは〜😍
ご無沙汰しております。感染者も少なくなり
舞子も友人と久々にドライブして来ました。
道は予想どおり混んでいましたが、天気が
良くて富士山もよく見えましたよ✌️
ザダルは綺麗な街ですね。前回と続いて
クロアチアはイタリアの影響が強いことが
分かりました。イタリアの対岸なのですよね
・・このブログでクロアチアの位置が初めて
分かった舞子でございます😓
シーオルガンも面白い仕掛けで、you-tubeで
検索したら書いてあるように「ぶぉ〜」とした
音でした😊折角ならメロディでなってくれたら
楽しいですね。
最後の港の写真も綺麗です。舞子もいつか
行ってみたいです💖

マコママさん、こんばんは。

患者さんにとっては日曜、祝祭日もありませんので、可能な限り出かけるようにしています。それでも顔を見たら帰れるので大した時間は取られません。土日休みの方にとっては不思議な生活かも知れませんね。

ザダルはヨーロッパ有数の観光地のようでとても人気が高い所でした。ザダルを訪ねて海の美しさや街の歴史の長さを体験することが出来ました。

最近は日本でもクロアチアは有名になりましたが、私も今回は初めての旅(以前の旧ユーゴスラビアを除いて)でした。 これからしばらく続くと思いますが、一緒に旅行を楽しんで頂けたら嬉しいです。

舞子さん、こんばんは。

良かったですね。感染者が少なく、天気にも恵まれてドライブを楽しんで来たのですね。富士山が見えるとなると都心を離れて出かけたのでしょうか?

ザダルは有名な観光地だけあって、街がとても綺麗で塵ひとつ落ちていないように整備されたいました。 ザダルの向かい側はベネチアなのですよね。アドリア海を挟んで船による交流も盛んだったと感じました。

私も最初はシーオルガンと呼ばれていたので、きっとドレミの音階で音が流れると思っていましたが、何となくブォーとして美しい響きではありませんでした。しかしながら面白い仕掛けです。

舞子さんもクロアチアは旅行先の候補の1つにして下さいね。

こんばんは。

シーオルガンはこういう事だったんですね。
納得しました^^
ユニークな発想で、音は残念と言う事ですが
とても珍しい光景ですね。
クロアチアはドブロブニクの他にも
景勝地が沢山あるんですね。
ますます行ってみたくなりました。
パノラマのお写真も海岸の雰囲気がよく伝わります。
街のお写真もとても綺麗ですが
この頃はもう一眼レフで撮っていらっしゃるんですか?
一番下のヨットハーバーの真ん中の赤いボートハウス?
や下から3番目の構図がとても素敵です💝

sharonさん、こんばんは。

波のうねりを使って音を出すシステムでその場所に腰掛けて聴いていると不思議な気持ちになりました。波と一体化した感じです😊

クロアチアのドブロニクは有名な観光地ですが、それ以外に多くの観光地があることにはビックリしました。イタリアに引けを取らない程の場所が多かったです。

写真が以外と綺麗だと思いました。マックの付属のアプリで色を少し強めに出すと1眼レフのようです(笑)。 この頃はソニーの小さなデジカメでしたが、切り取らずにブログの程度の大きさなら十分な画質のような気がします。

私も気になっていた赤い建物ですが、何なのでしょうか? 恐らくレストランだったと思うのですが・・・済みません。建物の近くには行っていません😓
何処を撮っても絵になる風景でした。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 今週の生け花(令和3年11月第4週)と生け花展 | トップページ | 糖尿病:なぜ過食に走るのか(学術的なものでありません😅) »