フォト

« 爪周囲炎の病態と治療法 | トップページ | 世界を夢みて(266):プリトビチェ湖群国立公園No1 »

2021年11月 5日 (金)

世界遺産:座喜味城見学へ

11月3日の文化の日は久しぶりに午前中の休みをとって、ドライブがてら世界遺産の座喜味城跡を散策して来ました。どこかに出かける時には毎回朝早く那覇を出て12時までには戻るパターンで過ごしています。座喜味城は那覇から高速に乗って1時間弱で到着する身近なスポットです。火災で焼失した首里城などと共に世界遺産に登録されています(今帰仁城跡、座喜味城跡、勝連城跡、中城城跡、首里城跡、玉陵、園比屋武御嶽石門、識名園、斎場御嶽)

座喜味城は、沖縄が統一される直前の「三山時代」に活躍し、琉球王国統一後の国の安定に尽力した名将護佐丸(ごさまる)によって築かれた城となっています(熊本城を造った加藤清正のように沖縄では護佐丸 が築城の名手と呼ばれています) 。

国王に対抗する勢力を監視する目的でつくられ、1420年頃に完成しています(熊本城は1607年)。あまり大きくはないのですが、城壁や城門の石積みの精巧さや美しさは沖縄の城の中で随一といわれ、当時の石造建築技術の高さを示す貴重な史跡となっています。那覇からも近く、私がいつも朝早く出かけるためか分かりませんが人が少なくて静寂なのもお気に入りです。


Th__20211103145801


Photo_20211103145801
細い道を丘の上に向かうと座喜味城跡の公園が見えて来ます。城跡は第2次大戦において郭内に日本軍の高射砲陣地が築かれ、戦後も米軍のレーダー基地が建設されたために整備が遅れていました。本土復帰後に返還されて、城壁の修復は1982年に修復を終えて、整備が進んでいるようです。

Th__20211103150201

入口から城門へと進む両側には琉球松が植えられ、木陰を作ってくれますので夏でも爽やかに感じます。思いもしませんでしたが11月だというのにセミの大合唱が聞こえて来ました・・・それにはちょっとビックリです😲
Th__20211103150202
中を進むと琉球石灰岩で出来た城壁が見えて来ました。城をつくるにあたり、遠く奄美諸島からも人夫を呼び寄せ、それ以前にあった山田城を解体し、新たに石を加えて、築城したと伝えられています。 沖縄でのこのような城壁の石組みは、本土の諸大名が城を築く100年以上まえに行われています。1300年代後期から1400年代初頭には確率された築城の技術のようです。

Th__20211103150203

この座喜味城跡の最大の見どころは、沖縄戦の戦禍を逃れた、沖縄に現存する最も古い石造りの二の郭のアーチ門とのことです。座喜味城の城門のアーチは、門の強度を高めるために真ん中にクサビ石があるのが特徴だそうです(ネット上からの請負で私は余り理解出来ていません😅)。
Th__20211103150204
高さは余りないのですが、城壁の厚さは実感致します。綺麗なアーチとなっています。

Th__20211103151102

Th__20211103151401
最初の城壁の中に入ると、その中にまた城壁が組まれています。奥にある城門から更に中へと入ります。
Th__20211103151101
2重になった城壁の城門から振り返った写真です。

Th__20211103151601

城壁に上り東側をみると、市街地と日本海を眺望出来ます。
Th__20211103151602
北側の城壁からは、北側の奥に伊江島もみることが出来ました。

Th__20211103152301

城壁に沿って奥へ導かれるように見える通路がありますが、実はこれ以上進んでも最後は行き止まりになります。これは、敵を追い詰めて城壁の上から攻撃を加えるための「袋路」となっているのです。当然でしょうが座喜味城は軍事的な面を考えて作られていたことが分かります。

少し散歩をして帰る時間になってもまだ9時過ぎですので、少しドライブをしながら那覇に戻ることに・・・少しリフレッシュ出来ました😍・・・コロナ感染者数が少なくなっても立場上何処にも入れません😂・・終息すれば帰りに海の見える喫茶店などでモーニングでも食べて帰れるのですが・・・😃

〜*〜*〜*〜*〜*〜* 〜*〜*〜* 〜*〜*〜* 〜*〜*〜*〜

ついでに数年前に出かけた、首里城と今帰仁城の写真も載せてみます。首里城の再建は来年度から始まるようです。もう一度あの美しい姿をみたいです😄

Th__20211103152801

今帰仁城跡
Th__20211103152802
首里城

« 爪周囲炎の病態と治療法 | トップページ | 世界を夢みて(266):プリトビチェ湖群国立公園No1 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

院長先生
こんばんは。
今日もお疲れ様でございました。

生け花クラブの活動は水曜日でしたね!
ドライブ🚗お楽しみで何よりでした!
代わりに世界遺産の座喜味城跡の
ご紹介ありがとうございます。
立派な石垣が組まれていますね!
築城も古く沖縄の歴史を感じます。
今帰仁城跡、中城城跡は訪れました。

首里城の復興祭の様子はTVで拝見させて頂き、
早い復興をお祈り申し上げます。

蝉の合唱にはビックリでしたね!

今日も有り難うございました。

こんばんは〜😘
久しぶりのお出かけだったのですね
車で1時間弱で世界遺産なんて羨ましい
限りです。
東京も文化の日はとても天気が良くて
舞子も友人と久しぶりにお出かけしました
11月に入ってもセミが鳴いていたなんて
やはり南国ですね😲
このような城壁による築城が
本土より先駆けて行われていたなんて
ビックリ致しました。沖縄の文化歴史の
深さを改めて感じます。
修学旅行で出かけた首里城がないのは
残念ですが、早く元の荘厳な首里城が
復元されるといいですね😍

マコママさん、こんばんは。

水曜日が生け花クラブの活動の日で、木曜日に写真を撮って金曜日にアップしているのですが、今週は文化の日でお休みのようです。 18時からはリモートですがラジオの生放送もありましたので、午後からは病院に行って来ました。

お陰で、朝7時には自宅を出発して座喜味城にやって来たのです。こちらは無料ですしいつでも開いていますので、人気のない朝が最適です。 コロナでなければ、帰りに茶店に寄ったり、西海岸のリゾートホテルでランチを取って帰ることもあったのですが、まだ私は何処にも寄らずに帰る生活を続けています。

中城城跡は私の子供の頃の遠足の定番の場所でした😊

来年度から消失した首里城の復元も始まるようです。今度は火災にも強い設備を備えて欲しいです。

私も11月にセミの鳴き声を聞けるとは思ってもいませんでした。那覇や南部では聞かない光景でビックリしました。 いつもありがとうございます。

舞子さん、こんばんは。

5月の連休の時に朝早く北部までドライブをして以来でしょうか。楽しい時間を過ごすことが出来ました。自宅からは首里城は近いですし、1時間では座喜味城にも行けますので、確かに良い場所かも知れません。 ただ海外旅行に出かける時などは東京に済んでいたら1日多く海外で滞在できると思うと東京が羨ましいです。

舞子さんも文化の日はお出かけだったのですね。北日本を除いて天気は良かったようで秋の行楽日和だったのかも知れませんね。

私の住んでいる那覇市や実家のある南部ではこの時期セミの鳴き声は聞きませんので、ビックリしました。

沖縄の地質は琉球石灰岩で出来ていますので、比較的加工しやすいようです。その為か本土より100〜200年前から石を積み上げた城壁の技術は発達したようです。

舞子さんは修学旅行で首里城を見学されたのですね。復元されるまでは修学旅行でも観ることが出来ないのは残念です。早く復元して元の綺麗な首里城を観てみたいでね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 爪周囲炎の病態と治療法 | トップページ | 世界を夢みて(266):プリトビチェ湖群国立公園No1 »