フォト

« 出血した方に同じ血液型だからと言っても直ぐに輸血しない理由(輸血後移植 片対宿主病 (GVHD)について) | トップページ | ヨーロッパ(教会)建築の変遷(旅の豆知識) »

2021年10月15日 (金)

今週の生け花(令和3年10月第3週)

2021年も10月中旬となり、次第に日本列島も夏から秋に変わろうとしているようです。全国的な緊急事態宣言解除後2週間程度たつ中で感染の再拡大が起きないかどうかがこの10月後半に向けての心配ごとです。諸外国の例をみても気を緩めると感染の再拡大が起こっています。ワクチンを2回打ってもブレイクスルー感染なども起こりえますし、ましてやワクチンを打っていない方は常に緊急事態宣言下に置かれた状況だと身を引き締めて欲しいと願っています。

Th_img_5755

天井からの光が入らないように斜め上から写真を撮ったのですが、百合の大輪が目立っています。ピンクに縁取られた綺麗な百合です。
Th_3103

斜めから眺めると、籠のような丸い花器に目がいってしまいます。陶器で出来た花器と違い、柔らかさが伝わって来ます。葉を落として真っ直ぐに伸びたピラカンサの赤い実の下には、紫の球状な小花をつけたエリンジューム、後方に向かって林道の青い葉が目立っています。籠の周りの赤い実もピラカンサだと思ったのですが、この方は「野バラの実」となっています。全体の構成として重心が低くなって安定感がある作りです。
Th_3103_20211015080601

今回の生け花は、花自体も独特ですが花器の籠も重要な役割を演じてくれているようですね。
Th_3103_20211015080602
ではではよい週末を!(・・・と言っても私は明日の午前中は仕事ですが・・😃)
<花材:野バラ、百合、ピラカンサ、千年木>

« 出血した方に同じ血液型だからと言っても直ぐに輸血しない理由(輸血後移植 片対宿主病 (GVHD)について) | トップページ | ヨーロッパ(教会)建築の変遷(旅の豆知識) »

」カテゴリの記事

コメント

院長先生
こんばんは。今日もお疲れ様でございました。
当地は今日も夏日でしたが、
カラッとした割と過ごし易い一日でした。

今週の生け花、花器が籠でいいですね!
ピラカンサの赤い実と手前は野ばらの実なのですね?
エリンジュームは初めて拝見です。
大きな百合が足元に華やぎが〜!
秋を感じる絶妙のセンスが光ってますね!
うまく表現出来ずにすみません。😅

お陰様で通院も無事終わり、補聴器の調整を見て頂き、
難しいものと思いました。自分にしっくり合う耳栓が
ありますように!
来週は気温が下がるようで気温差に気をつけたいと思います。

マコママさん、こんばんは。

今日は過ごしやすい1日だったのですね。南国沖縄でも肌に感じる風が夏から少し変化して来たように思いました。

今週の生け花の花器が丸い竹のカゴになっていました。このような素材だと随分と印象も違うと感じました。今週の生け花は百合の大輪を中心にしながらも脇役達がその存在感を出している良い作品だと思います。

今日は耳鼻科に受診だったのですね。補聴器は自分にどうのように合わせるかが要点ですので、しっくりするまで調整を続けて下さいね。

関東も急に秋の天気に変化するようですので気をつけてお過ごし下さい💖

こんにちは・・・
きょうも仕事のようですね、ご苦労様です。
あれやこれやあったものの、今の所コロナ感染も落ち着いているようですね、人間の力は大したものだと改めて思っています。願わくばこのままで終息に向かってほしいものです。せめて第5波を抑えないとその先がもう見えなくなると思われますので、何とかしてこれ以上の感染者を出さないように、皆こころしての注意が必要だと思います。
沖縄はまだまだ夏の名残りでしょうが、秋田は季節が進んでいます。山間の紅葉も始まりました。鳥海山に初冠雪を見るのも遠い先ではありません。
今回の生け花、花器の籠も良いものですね、”和”の雰囲気があり、本来ならば器が花々を着飾る大事なものだと思うのですが、今回は如何にも縁の下の力持ちになっているように思え、これがまた良いなと拝見させて頂きました。

でんでん大将さん、こんばんは。

今日は緊急手術がありませんでしたので、午後には帰れました。 全国的に新型コロナ感染者数の低下となっています。嬉しいことですが、気になるのは飲食店も観光もイベントなどがコロナがなかったかのように一気に解除になっている点です。徐々にならいいのですが・・・不安です。

那覇市は晴れて夏のようです。自宅に帰って来たら早速クーラーをかけているのです。秋田の方はもうそろそろ本格的な秋を迎えるのでしょうね。 私も大将さんのお陰で鳥海山の初冠雪が気になるところです。 山から先に冬支度に入りますね。

今回は最初に正面から写真を撮ると花器の方が印象に残りましたので、あえて斜め上から写真を撮りました。そうすると大きな百合が主役となって来ました。 陶器で出来た花器よりも日本人だからでしょうか、竹で出来たカゴには親しみを持ちます。

いつもコメントを頂き感謝致します。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 出血した方に同じ血液型だからと言っても直ぐに輸血しない理由(輸血後移植 片対宿主病 (GVHD)について) | トップページ | ヨーロッパ(教会)建築の変遷(旅の豆知識) »