フォト

« 今週の生け花(令和3年10月第4週) | トップページ | 正しい情報を元に治療法を選択しよう »

2021年10月24日 (日)

世界を夢みて(264):妖精が住む水上の村ラシュトケ(ラストケ)見学No1

クロアチアの首都ザグレブを大忙しで観光し、ホテルで宿泊。少し夜の街を散策後、ホテルに戻りシャワーを浴びて爆睡😊
Th__20210722130901

ホテルを早朝に出るも、まだお天気は曇り空です。これから天気予報では次第に晴れて来るとのことでした😉

Th__20211003150201
戦争の爪痕が残るザブレブ郊外から妖精が住む水上の村ラシュトケ(ラストケ)見学へとなりました。道路の囲いも何となく戦争のイメージで恐怖を感じるような作品でした。
Th__20210722130902

ザグレブを出て郊外に出ると、少し前まで内戦があったことを知らされることになります。車窓から写真を撮っていると、農家と思われる一般的な家屋ですが、その壁には無数の砲弾の痕を観ることになります。 1軒だけでなく何軒もありましたし、恐らく戦争後建て替えたと思われる新しい家も何軒かありました。 長閑な光景の中にみる戦争の爪痕にはっとさせられる瞬間です。

ザグレブから世界遺産で有名な「プリトビチェ国立公園」へ向かう途中に、「小さなプリトヴィッツェ」と呼ばれる美しい村、ラストケがあります。妖精の住む村とも言われるそうですので、途中の戦争の痕跡をみて直ぐに妖精の住む村と言うのもクロアチアの持つ複雑な側面でしょうか?

スルニ村ラストケ(Slunj - Rastoke) はプリトヴィツェ国立湖群公園から北に約30km、スルンチツァ川(Slunjčica)とコラナ川(Korana)の合流点に位置し、家々の中を川が流れる不思議な渓流の中の村でした。ヨーロッパの美しい村にも推薦されたことがある小さな村です。Th__20210722132101


Th__20210722132102
村を見渡せる高台にこのような観光案内の看板がありました。マスなどの渓流釣りも出来るようです。
Th__20210722132401

バスを降りて、高台の案内板から村の中へと向かいます。とても緑豊かな村のようです
Th__20210722132501


Th__20211003125901
緑の中から、川の水の音、小鳥たちのさえずりが聞こえて来ます。 先ほど見ていた戦争の後の生々しい風景を見て1時間もたっていない中で別の世界に迷い込んだように感じます。
Th__20210722132502
と自然の調和により生まれたラストケ村の風景は、三百年以上続いているそうです。大小様々なの滝や湖やせせらぎが、安らぎと自然の美を物語っています。

Th__20211009154401
緑と川に囲まれたこの村は世界遺産プリトヴィツェ国立湖群公園の北、約30キロにあるスルニ自治区に属する文化遺産となっています。 
写真が増えてしまいましたので、次回は村の中の様子を紹介したいと思います。

« 今週の生け花(令和3年10月第4週) | トップページ | 正しい情報を元に治療法を選択しよう »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

院長先生
こんばんは。
日曜日でもお出かけでお疲れ様でございました。

戦争の傷痕が生生しく残っているのですね?
でも、ラストケ村は何と緑豊かで川の流れにも囲まれて〜。
ここで過ごされている方々もいらっしゃるのですね?
お伽の国にようですね!
院長先生もここできっとホッとなさって事でしょう。
もう、戦争はすべきではありません!
この地球上では~!
続きを楽しみにお待ちしております。

こんばんは〜
今日もお仕事だったのですね。
お疲れ様です😉
クロアチアは戦禍の跡がまだ
残っているのですね。
戦争の痕跡を観た直後に
緑豊かなラシュケト村に
入るなんてクロアチアの複雑
な歴史を感じました。
ラシュケトは村の中を川が流れ
ている不思議な光景ですね
次回もまた楽しみにしています😘

マコママさん、こんばんは。

今日は直ぐに帰れましたので、午後はノンビリとしています。

ザグレブの街並みで戦争を感じさせることはなかったのですが、バスで移動の時に何気に外の景色を見ていたら戦争の爪痕を見つけることが出来たのです。
そのような光景をみた直後にラシュケト村でしたので、別世界に移動した感覚になりました。
ラシュケト村はこれまでに余り見かけない風景が続いていました。鳥のさえずりも聞こえ癒やしの世界でした。

いつもコメント頂き感謝致します。

舞子さん、こんばんは。

日曜日は出かけなくてもいいのでしょうが、医師になった20代から旅行以外は殆ど休んだことはありませんので癖になっているのでしょう。

ザグレブなどでは、昔の教会や街並みが残っていて戦争があったことも気にしませんでした。 そこからラシュケト村に向かう道の途中でこのような銃の痕が観られす家が何軒かあり、新しく再建されて家もありました。 そのような光景を観て1時間もしないうちに緑と水の豊かな村に入ったのですからこの変化には驚愕しました。

ラシュケト村は本当に癒やしの村でしたよ。次回は村の中を紹介したいと思います。いつもありがとうございます。

こんばんは。

農家の壁に生々しく残る弾痕や砲台など
戦争の爪痕を感じるザグレブ郊外と
妖精が棲むと言われるピースフルなラシュケト村は
対照的な風景ですね。
ザグレブ郊外ではどんよりとしたお天気
ラシュケト村では爽やかに晴れて来ましたね。
緑深い森の中に可愛らしい家々
そしてユニークな流れの滝
妖精が棲みそうな美しい長閑な風景です。
戦争も歴史の一部ですが
やはり平和な村の光景の方がいいですね。
素敵な村のご紹介楽しみにしています💝


sharonさん、こんばんは。

今回は移動の際のバスの中から、全く予期しない景色を見ることが出来ました。 走りながらの車窓からでしたので上手く撮れてない場所もありました。一瞬ですがクロアチアがもつ側面を垣間見ることが出来ました。

その風景を見ながら1時間もしないうちにラシュケト村でしたから、頭の整理がつかない感じがしました。

しかしながらラシュケト村は緑に川、鳥たちの鳴き声が聞こえる中での散策となりました。妖精が住むと例えられる雰囲気は独特でした。

次回は村の中を紹介致します。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 今週の生け花(令和3年10月第4週) | トップページ | 正しい情報を元に治療法を選択しよう »