フォト

« 白癬症はなぜ水虫とかタムシと呼ばれたのか? | トップページ | 世界を夢みて(161):ザグレブ・聖母被昇天大聖堂 »

2021年9月24日 (金)

今週の生け花(令和3年9月第4週)

9月も後半になりました。全国的に新型コロナウイルス感染症の新規感染者が減少傾向がありますが、我が沖縄県は未だ全国1位感染状況です😂 最近はよい天気が日が続いていたのですが、今後台風16号の動きにも注意が必要となります。早め早めの対策をとって頂きたいと願っています。

Th_img_5666
今週の生け花は正面から見ると細長い花器の上に黄色いミニ薔薇と赤紫のカーネーションにクルクマの青い葉が重なり合い、上方には実をつけた紫式部が伸び伸びと空間に広がっています。 とても上品な淑女を見ている気がします。 若い子には出せない大人の女性の雰囲気です(意味不明?)😅

Th_394

斜めからみると日本の筒型の花器を連結させてような形となっています。そのため前後の奥行きが出来て三次元的な立体感も出すことが可能だったのですね。
Th_394_20210922174101

アップにするとそれぞれに違いのある花材を使っているのがよく分かります。
Th_394_20210922174102
コロナ禍で大変と思いますが、これからの秋を楽しめた来意ですね✌️
<花材:紫式部、カーネーション、ミニバラ、クルクマの葉>

« 白癬症はなぜ水虫とかタムシと呼ばれたのか? | トップページ | 世界を夢みて(161):ザグレブ・聖母被昇天大聖堂 »

」カテゴリの記事

コメント

院長先生
こんばんは
今日もお疲れ様でございました。
台風の進路が気がかりですね?
少しでも逸れますように〜。

今週の生け花、横からのお写真で花器が
2つ繋がっていたのですね?
奥行きがあり、紫式部の何と伸びやかな事でしょう!
カーネーションと黄色いミニバラが彩りを添えて
上品な淑女ですね😍
今週もありがとうございました。

マコママさん、こんばんは。

台風の進路の予想円がまだ大きいためにどの方向に向かうのかが定かではありません。このままだと本土の方を上陸しそうで心配です。

今週の生け花は正面と側面と観る感じが違うと思いました。花器が前後に2つあるのと同じですので、自ずと奥行きが出て来て厚みが増した気がします。

今日の生け花は上品な淑女に見えました💖

こんばんわ・・・
何だか不思議な花器ですね~見る角度でひとつに見えたり、繋がって見えたり・・・
生け花の事はまるっきり知識がないのですが、こういった花器に飾るのは大変な
気がしますね。第一バランスを取るのがむずかしそうです。
我が家のムラサキシキビも紫色になっています。

でんでん大将さん、こんばんは。

私の方も生け花の知識が全くありません😅 写真を撮って載せるようになって生け花は色々な方向から見るとその雰囲気も違って来ることを知りました。
今回の花器も正面からでは細い筒状と思っていましたが、横から見ると繫がった「H」のような形となっています。その為に奥行きが出せたのですね。

大将さんの庭のムラサキシキビの実も色が紫に変わってきたのですね。北の国ではもう秋を迎えることでしょうね。いつもありがとうございます。

こんばんわ。

こちらでも、散歩道にムラサキシキブの実がなっているのを
見かける季節となりました、
カーネーションやミニバラと生けるのは意外な気もしますし、
難しいようにも思えますが、見事にマッチしていますね。
私にはとても生けられません。

関東地方はだいぶ感染者が少なくなりましたが、医療は相変わらず
逼迫状態で、予断は許せません。
沖縄も感染者はなかなか減りませんね。
先生もご苦労なさっている事でしょう。
来年の春には収束を期待して、毎日を過ごしております。

今日も有難うございました。

ガルボさん、おはようございます。

散歩道で紫式部の実がなっていたのですね。秋を感じさせてくれたと思います。コロナ禍ですが捜せばあちらこちらに「秋」を見つけることが出来るのかも知れません。 私も早く心の余裕を持ちたいです😢

私は生け花については知りませんが、何種類かのお花や葉材を組み合わせるのはその人のセンスが要求されますね。美的感覚のない私では無理です。ガルボさんなら大丈夫ですよ✌️

感染者が減ってきていることはよいのですが、危機意識が薄れることが心配です。沖縄は南国気質なのか特に若者を中心に予防接種率も低く心配です。 

本当に春までには日常を取り戻せたらいいですのに✨️

ムラサキシキブ大好きです。
品格ある大人の女性という感じですね(イヤン照れますわ)
俳句では晩秋の季語になっています。
「実紫」「式部の実」と短くして詠むこともあります。

さてウィルスです。宿主を死なせてしまうと元も子もない。という前回の先生のコメントですが、ウィルスの戦略の、なんというしたたかさでしょう。
感心している場合ではないですね。
ウィルスの賢さとの闘い。人の英知でうまく折り合いのつくときが来ると信じていますが。

おたまさん、こんばんは。

バレましたか・・・おたま姉のことを書いているのですよ😊 流石に俳句のことになると色々と知識が豊富ですね。式部の実とか言うのですね(なるほど)

ウイルスは変異を繰り返すことで生き残りを図っています。同じ株だといつかは全ての人間が抗体を持ったら潰えてしまうからです。1番賢いのは感染力はあっても毒性は少なくて、少し変異を起こしていつまでも、風邪のウイルスとして人間界に生き残ることです。 「太く短くよりも細く長く」の方が生き延びることが出来るわけです。

世界中でワクチンが行き渡ると、ワクチンとの共存の世界に変化し、人間社会も正常に戻ると考えています。 コロナウイスルも通常の風邪として生き延びるかも知れませんね。

美人薄命と言いますが、おたまさんはこの原則を破っていつまでも可愛く頑張って下さいね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 白癬症はなぜ水虫とかタムシと呼ばれたのか? | トップページ | 世界を夢みて(161):ザグレブ・聖母被昇天大聖堂 »