フォト

« 胃がんの原因<慢性炎症や慢性の刺激による発癌のリスク> | トップページ | 世界を夢みて(259):リュビリャナ市内観光No1 »

2021年9月10日 (金)

今週の生け花(令和3年9月第2週)

9月も中旬になりました。そろそろ本土の方では秋の気配を感じることが出来るかも知れません。

もう何度目の延長になるのかも分からなくなった緊急事態宣言が今月の30日まで延長されました。緊急事態という言葉さえ、特に若い世代には何の意味も持たないかのような雰囲気になっていることが心配です。 昨年から新型コロナウイルス感染症に対してはワクチンしか現時点で対応がないために、1日でも多くの国民が接種することが重要であるとブログでもFM放送でも話をしていました。

日本のワクチン行政は訴訟の問題などでとても消極的です。今年の前半頃、やっと医療機関でもワクチン接種が始まりましたが、なかなかワクチンが供給されず接種が出来る状況ではありませんでした。ワクチンが届かないのに、厚生労働省から通達で「ワクチン接種により差別や不利益が生じないように」という通達が来たのには呆れました。勿論ワクチンの接種は自由で接種の有無により差別することをすることはありません。 マスコミなどでも副反応のことが報じられ、ネットでは不妊になるなどのデマも見受けられました。 それでも自分のため、仲間のため、家族や社会のためにワクチンを打つ方が多くいました。 ではこのような副反応が出ることも覚悟してワクチン接種を受けた人のメリットに関しては厚生労働省はじめ、政府は何も言及しませんでした。 ワクチン接種が体質的にあわない方もいます。 ワクチン接種を受けたくない方もいます。その人達の人権も認めますし、差別をすることはしません。 しかし打った方のメリットは与えるべきだと考えています。 既にヨーロッパなどでは広くワクチンパスポートなどが普及していて、2回目の接種を終えて2週間経てば、国をまたぐ旅行や美術館などの公共施設、大規模なイベントに参加出来る仕組みが出来上がっています。 日本ではワクチン接種率が遅れたせいもありますが、やっとワクチン接種のメリットを保証するようなことが総理からも述べられています。

接種後の痛みや発熱などの副反応も覚悟して接種した方のアドバンテージも認めて欲しいと思います。その方が若い方も積極的に打つメリットを感じると思うのです。 ワクチンが体質的に打てない方もいます。まだ子供さんにはワクチンが打てません。 ですから打てる方が先に接種をすることで打てない方に対しては社会で守るようになって欲しいと願っています。

Th_img_5612

今週もいつもの2階の場所に生け花が飾られていました。上部から光を入れると、グラジオラスの白い花が反射して眩しく、フロアには幻想的な影が投影されていました。
392

斜めから見ると、レッドウイローが弧状を描いていて、それぞれの花材の前後関係もはっきりとして来ます。素人の私からみてもこのような配置や構造を考えるセンスは凄いと思ってしまいます。
392_20210910113001

このように拡大すると、それぞれが特色のある花々ですね。それをアレンジして綺麗に仕上がるのはやはり練習や型の習得が必要なのかも知れません。
392_20210910113002
<花材:レッドウイロー、ベンケイソウ(オータムジョイ)、グラジオラス、姫ヒマワリ、トルコギキョウ、枯木>

« 胃がんの原因<慢性炎症や慢性の刺激による発癌のリスク> | トップページ | 世界を夢みて(259):リュビリャナ市内観光No1 »

」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。
今日もお疲れ様でございました。

何度も延長にはもう?呆れてしまいますね?
最初から長い期間を設定して、もし?感染者数が
減少したら、期日を短く変更したら、ありがたいような?
気分で積極的にワクチン接種受けたかもしれません。
ダラダラと何度も延長には不感症になっている方々も?
接種出来ない方には其れなりの?証明書なり
発行して、無事、2回接種受けた方々にはワクチンパスポートの
発行を希望しますよ♪
院長先生、早く海外旅行ができますように〜!

甥っ子は日曜日しか休めず、今日やっと母親である妹が10月 の予約が取れたそうです!遅いですがまずは安心です。
感染者数が多い神奈川県下在住。


フランスなどすでに発行されて旅行も楽しんでおりますね?
すみません。生け花でした!
今週もセンスの良い組み合わせで素晴らしいですね!
額に入り一段と輝きをまして〜!

今週もありがとうございました。

こんばんは。

先生のご指摘もごもっともだと思います。自由の国アメリカにおいてもバイデン大統領はワクチンの義務化を述べています。それに比べて今日のニュースでもワクチンの未接種者に対して不利益を与えないことを強調する官房長官でした。

義務化はしなくても、打った方のメリットは確保すべきだと考えています。それがなければ若い世代は自分にとっては接種はデメリットが多いと考えて、接種率は伸び悩むと思うのです。なにかアドバンテージになるような施策を講じて欲しいです。

信州は朝夕だいぶ気温も下がって来ています。前回のブログで紹介のナナカマドももう少しで紅葉の時期を迎えると思います。

いつもお忙しい中で、ブログを定期的に投稿されている先生に本当に感謝の気持ちでいっぱいになります。今週の生け花も写真の撮り方や最後の額に入れた写真は、生け花クラブの皆様にとっても嬉しい限りではないでしょうか。

まだまだ沖縄県は全国一の感染者数でしょうから先生のご活躍を期待していますが、どうかお体にだけは気をつけて頂きたいと思います。いつも綺麗な生け花の紹介ありがとうございます。

マコママさん、こんばんは。

もう何度目になるのかと考えるのもバカらしくなった緊急事態宣言の延長です。東京オリンピックをどうしても開催したかったために、感染が拡大傾向にある中で解除に踏み切ったのが、タイミングとしては最悪だった気がします。もう少し我慢できたらもう感染爆発までの時間が稼げたと思うのですが・・・

諸外国と比べてワクチンの供給が遅れたために政権はワクチン接種者へのアドバンテージを発表出来ずにいました(発表したら、ワクチンを早くよこせと世論が動くからです)。やっと昨日総理からそのことの言及がありました。 イタリアに住む知人からは6月にワクチンを打っていれば自由に旅行が出来るようになったので、どうぞいらして下さいねとメールがありました。日本ではまだ帰ってから2週間の隔離が待っていますので、旅行よりも隔離期間が長くて実質旅行に行けません。

生け花たちは私の愚痴もいつも聴いてくれて、私を諭してくれています。このお花達のようにいつも冷静でいたいです。 

今回もやはり違う個性的な花達をよくまとめて仕上げていると感心しています。マコママさんのコメントもいつも励みになっています。ありがとうございます。

信州の隠居老人さん、こんばんは。

バイデン大統領も若者達への接種を呼びかけていますし、義務化へと舵をとっています。 ただ分断されたアメリカにおいてはトランプ支持者の間で根強い接種反対がありますので、この方々が接種に応じることは難しいと思います。 アメリカの統計でもはっきりしていることは接種しない人が感染をおこし重症者や死亡と結果的に最悪な状態となっていることです。 私達が民主国家と崇めている国の国民の一定数が理性的でないことを知らなければならないとも考えています。

安曇野周囲はもう秋が近づいているのですね。山に登るとナナカマドの紅葉がもうすぐ観れるのでしょうか?

高校卒業後忙しさには慣れているのですが、このコロナ禍でのモヤモヤ感はストレスになりますね。私の栄養源である旅行に行けないためにエネルギーが枯渇してしまいそうです😀

折角生け花クラブの皆様が時間を割いて飾ってくれていますので、お花の紹介は続けたいと思います。これからもどうぞよろしくお願いいたします。

こんばんわ・・・
東京では新規感染者の減少が続いているようで、このまま収束する方向に進んでほしいと願っています。ただ、新規感染者の減少が続いているとはいえ、本当にこの時期で収束するとは考えられません。医療状況はまだまだひっ迫しているようですから、この緊急事態宣言の中で、終息するように解除にあっては慎重を期すべきでありましょう。がっちりと感染を止めるためにも、安易に解除しないことを期待したいです。

いつも思うのですが、病院内にこうしたコーナーがあることは、患者の皆さん方を激励していくそうですね。

でんでん大将さん、こんばんは。

全国的に見ても新規感染者は減少傾向にありますが、医療側の逼迫は続いています。まずは自宅待機者が安全に入院が出来て、コロナ以外の救急も通常のようにやれるようになって初めて解除だと考えています。
私が文面でワクチン接種者のメリットを書いたのは解除が先ではなくて、ワクチン接種率(特に若い世代)を上げることが先決だと考えているからです。若い世代はメリットがないとなかなか受けてくれそうもないのです。

病院において生け花があるのはやはり癒されます。殺風景な病院の中でお花が咲いていることで、足を止めて眺めている方もいらっしゃいます。 きっと入院をしていてもいつものことを思い出させてくれるのかも知れません。少しでも私と同じ様にホッとしてくれたら嬉しいですね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 胃がんの原因<慢性炎症や慢性の刺激による発癌のリスク> | トップページ | 世界を夢みて(259):リュビリャナ市内観光No1 »