フォト

« 今週の生け花(令和3年6月第2週) | トップページ | 海洋博公園:熱帯ドリームセンター »

2021年6月13日 (日)

世界を夢みて(246):オルセー美術館見学No5(その他)

何度かに分けて私の好きな美術館のパリ・オルセー美術館を紹介しましたが、まだまだ紹介したい作品がいっぱいあります。余りに多くの魅力ある作品があり、建物自体が美術品のような美しい美術館(かつての駅舎)です。

Th_a7309695
Th_a7309727
Th_a7309724
Th_a7309772
Th_a7309841

Th_2_20210530145501
最上階に上がると円筒状の天井がすぐ近くに感じます。
Th__20210307180301

ジャン=バティスト・カルポー作の「天球を支える世界の四方位」(1867-72年)。4方位は「ヨーロッパ」「アフリカ」「アメリカ」「アジア」のことで、それぞれ4体の女性像であらわされています。
Th_a7309873
左側にある彫刻はカルポー「ラ・ダンス」(1868年)。これはオペラ座のファザードの右の入口にある彫刻のオリジナルとのことでした・・・これまで何度かパリ・オペラ座(ガルニエ宮 Palais Garnier)の側を通り、写真も沢山撮ったはずですが、このことを知りませんでした。

Th__20210612214001
オルセー美術館で「ラ・ダンス」の説明をみて、改めてパリ・オペラ座の写真を観たら1階のファザードの部分に同じ彫刻が写っていました。オペラ座の方が古そうですが、オペラ座の方がコピーでオルセー美術館に飾られているのがオリジナルだそうです(初めて知りました😅)

Th_a7309861
どの芸術家の作品かわかりませんが、この彫刻が誰なのかは「以前の私のブログ」を見たら判ると思いますが、翼に剣を持っていて悪魔を足で踏み潰しているのをみたら、これが誰だかは直ぐにわかりますね・・・ヨーロッパで大人気の「大天使ミカエル」様です😊
Th_a7309753

大きな美術館だけあって、時間帯によってはこのような大きな空間を独り占め出来るのも贅沢なことだと感じてしまいますね。
Th_a7309768
Th_a7309775


Th_a7309792
Th_a7309795

Th_a7309784

3階、4階は、このようにイギリスとオーストリアのアール・デコラティブのコレクションが展示されたフロア。アール・ヌーヴォー様式で装飾が施された家具や陶器などは、うっとりするほどの美しさです。
Th_a7309905
Th_a7309915
Th_a7309919
Th__20210307225101

アンドレ・ドラン:チャリング・クロス橋
Th__20210307225102

アンリ・エドモン・クロス:自画像
Th__20210307225103

ヴラマンク:ブージバルのレストラン マシーヌ
Th_18901895
セザンヌ:コーヒー沸かしの横にいる女1890−1895年

Th_1867
フレデリック・バジール:家族の集い(中央)、1867年

Th__20210307225104
ポール・シニャック:井戸の女性たち

Th_a7309879
印象派の有名な女流画家のベルト・モリゾ(Berthe Morisot)の「読書をする少女」です。モリゾは印象派の大御所エドゥアール・マネのモデルを務めながらマネから絵についても多く学んでおり、マネとは1時的に恋愛的な感情を持っていたとも言われています。その後画家としてお互いに影響をしあいながら作品を描き続けます。それでもマネの弟と結婚し、娘も出来て死去するまで精力的に印象派の作品を残しています。柔らかいタッチは女性ならではないでしょうか。
Th__20210613113001
・・・今回の旅行で撮ってきた写真の10分の1も載せることが出来ませんでした、それ程魅力ある沢山の作品があり、とても一日では堪能出来ません。またいつの日か是非訪れたい美術館です。

« 今週の生け花(令和3年6月第2週) | トップページ | 海洋博公園:熱帯ドリームセンター »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。
日曜日のアップを楽しみに待っていました
舞子も見学したオルセー美術館は今回で
終了なのでしょうか?
それにしても写真が綺麗ですね。舞子は
スマホで撮ったのですが、やはり一眼レフ?
には負けますね。
最後のベルト・モリゾの作品は可愛かったので
舞子の写真にも収められていましたよ✌️😊
もう一度オルセー美術館を旅行出来た気分
です。いつも感謝ですよ〜💋

こんばんは。
今日もお疲れ様でした。
早めのご帰宅でホッとなさった事でしょう。

オルセー美術館は本当に見どころに溢れておりますね!
今日、拝見させて頂いたお写真は殆ど記憶がございません。😅
オペラ座の彫刻ですが、存ぜずです〜。
2回観ているはずなのに、ですよ。
写真も撮ってはいるのですが〜!
今、自分のホームページで確かめましたが、
写っておらず〜!でした。
「天球を支える〜」は撮ってはいましたが、説明無し!
アール・ヌーヴォーの家具などは観た記憶が〜?
私達が訪れたのはもう、昔ですからね?
リニューアルされてなお一層、魅力的になったと思います。

続きを楽しみにお待ち申し上げております。

舞子さん、こんばんは。
オルセー美術館は本当に沢山の作品が有りますので、このまま10回分ぐらいブログを書けそうです。まあ次に進みたいと考えて一気にアップしました😅

舞子さんも卒業旅行で出かけたオルセー美術館は思い出深いでしょうね。私はどうもスマホで写真を撮るのが苦手で、ミラーレス一眼の方が素早く沢山の写真が撮れます。今やスマホの写真も一眼レフに迫って来ていますので、海外旅行でもスマホで撮り慣れていたら十分のような気がします。

私も他の方の写真を観ながら、旅行気分を味わっていますので、舞子さんからそのように言って頂くと嬉しいです💖

マコママさん、こんばんは。

今日は午前で帰って来ましたので、昔の写真を整理したり、映画を観たりして過ごしました。
オルセー美術館は余りにも多くの作品が有りますので、私も余り憶えていません😅 マコママさんもオペラ座の彫刻知りませんでしたか・・・私もオルセーもオペラ座も3回ほど行っているはずですのに、今回初めて「ラ・ダンス」について知りました。

私もこのようにブログでまとめなかったら、遠い記憶の外にあったのかも知れません。 このように時々私の写真を観ながら一緒に整理して行きましょう。いつもコメントありがとうございます💖

ご無沙汰しております。

オルセー美術館に訪れたのは随分前になりますが
懐かしく拝見させて頂きました。
ツアーのフリータイムに友人と入館しましたが
当時はルーブルのように混んでおらず、すぐ入れた記憶があります。
エントランスすぐの広々としたアーチ状の空間を覚えています。
観たかったミレーの「落穂拾い」はその時残念ながら貸し出し中でした。
それに時間もあまりなく、展示物もあまり記憶にありませんが
アール・ヌーヴォーの家具は観たような気がします。
大天使ミカエル様もいらっしゃったんですね。
その頃は認識がありませんでした。
素晴らしい絵画のご紹介ありがとうございました。

sharonさん、こんばんは。

いまブログを拝見しました。お父様の件で大変だったと思います。今は沖縄県ではコロナウイルス感染の対応に追われていて、私自身も皆様方のブログを見る機会がありませんでした。ご愁傷様でした。

オルセー美術館は建物だけでも見応えありますし、私達の好きな印象派を初めとする近代画家の作品が多いために、わかりやすい展示となっています。

時々自分が目当ての絵が貸し出し中のこともありますね。ミレーの落穂拾いは残念でした。

また時間が出来たら、sharonさんのブログにも寄らさせて頂きますね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 今週の生け花(令和3年6月第2週) | トップページ | 海洋博公園:熱帯ドリームセンター »