フォト

« 今週の生け花(令和3年3月第3週) | トップページ | 急性虫垂炎 »

2021年3月21日 (日)

世界を夢みて(234):サント・シャペル (Sainte chapelle)見学(外観と1階部分)

(10年間このブログで書き留めた記事をまとめてみました。よろしければご覧下さい→「ニライの夢」です)

 

早朝にスペインのビルバオを発って、10時にはパリの街歩きスタートです。ホテルに荷物を預けて、地下鉄で近くのパリの中心地シテ島に向かいました。2019年4月に火災を起こしたノートルダム大聖堂はこの旅行計画を立てた時には見に行くべき教会と決めていたのですが、火災のため見学は出来ません。 ただもう1回目のパリ旅行で見たサント・シャペル教会も今回再訪したい教会の1つで予定に組み込んでいました。 ノートルダム大聖堂と同じ、パリの中心部、セーヌ川の中洲に浮かぶシテ島にあります。「パリのセーヌ河岸」の一部としてノートルダム大聖堂などとともに世界遺産に登録されています。

 

サント・シャペル (Sainte chapelle)とは「聖なる礼拝堂」という意味で、フランスのパリ中心部、シテ島にあるゴシック建築の教会堂。 ゴシック建築の最高傑作の1つと言えるかも知れません。 サント·シャペル·デュ·パレとも呼ばれ、ルイ9世(聖ルイあるいは聖王ルイ)が1239年から収集し始めた聖遺物を納めるために建設を命じたとのこと。コンシェルジュリーとともにカペー朝時代の王宮であるシテ宮の跡に建築されています。 いまでは年間、90万人以上の観光客が訪れる観光名所となっています。


Th_sainte-chapelle_20201025113901

火災のあったノートルダム大聖堂から直ぐ近くのシテ島の中心部にサント・シャペルはあります。中央の建物↑がパレ・ド・ジャスティス(裁判所)で、左の尖塔が見えるのがサント・シャペルです。このようにサント・シャペル教会が独立した敷地内に建っている訳ではないために、教会の全体像だけを単独で撮るのは出来ません。
Saintechapelle裁判所から左に進むとサント・シャペルの入口があります。かなり人が並んでいますが、以外と早く進みました。入口で簡単なセキュリティーチェック受けます。
Th_a7309275
近寄るとやはり大きな建物だということが分かります。外国の教会などはどれもやはり大きいです。教会の敷地内に入っても、行列が出来ていますが、順調に進んでいます。まだ時間が早いせいか、団体客もいないようでした。入るまでに10分、チケット購入まで10分程度でした。夏の混んでいる時には行列ができ入るまでに相当時間がかかることも多いようです。

Th_saintechapelle
教会の正面入口の左側にチィケット購入口があります。事前に購入済みの方はその柵の右側のレーンより直ぐには入れるようです。初めから見学予定の方ならネットなどで事前に購入もいいと思いますし、幾つかの美術館を回れるミュージアムパスもあるようですので検討して下さい。上の写真の左側に赤い看板が少し見えていますがここがチケット売り場で、大きめの鞄や、リュックなどはその横で預けて中に入ります。


Th_a7309287
教会の入口にはこの教会の守護聖人の聖母マリアの像が迎えてくれます。
Th_a7309296_20201025114201
入口から入ると1階部分(下層礼拝堂)となります。鮮やかな青い天井に銀色の柱、取り囲むステンドグラスの窓が美しいです。あくまでここは下層礼拝堂ですので、この教会を有名にするステンドグラスは2階(上層礼拝堂)部分です。時間がないからと1階だけ観て帰らないで下さいね(まあ1階部分も素晴らしいですが・・・)。


A7309302
下層礼拝堂の正面奥には、この教会の建設を命じたルイ9世の像があります。内戦で荒廃したフランスを統制して、その後のフランスの繁栄を保った聖王と呼ばれる人物です。
Th_saintechapelle14
上部の三角のステンドグラスもそれぞれが色や内容が違い、それぞれは色々なキリスト教の場面を描いているようです。

Th_a7309290_20201025114201
Th_a7309298
サント・シャペル教会のこの青い天井に吸い寄せらられる感じがしました。

Th_saintechapelleparis
Th_a7309309_20201025114201
1階には売店もあって色々なグッズを売っていました。皆様方も覗いてみてはどうでしょうか。
次はいよいよ2階(上層礼拝堂)の眩いステンドグラスをご紹介致します。間違っても1階部分だけみて帰らないで下さいよ。圧巻は2階ですので😊

*〜*〜*〜*〜*〜*
*〜*〜*〜*〜*〜*
・・・今回のパリでは頼もしい助っ人をお願いしていました。と言うのは当時土日は「黄色いベスト運動」が活況(笑)を擁しており、いつ何時交通機関が麻痺したり、デモなどで不測の事態になることも考えられたために、現地在住の日本人の素敵なマダムに1日半のパリ観光を依頼していたのです。予想通り、急に地下鉄やバスの路線が止まったり、シャンゼリゼ通りが閉鎖になったりしました。身動きが出来ない事態となったと思いますが、彼女のお陰で実にスムーズに観光が出来ました。本当に頼もしかったです。それにとてもチャーミングなマダムです😉。
彼女にも了解を得ましたので、パリ在住のigo_ksさんのインスタグラムを紹介しますね(パリ好きな方はフォローしてみて下さいね:最新のパリ事情も知ることが出来ると思いますよ💕)→https://www.instagram.com/igo_ks/

« 今週の生け花(令和3年3月第3週) | トップページ | 急性虫垂炎 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。
サント・シャペル教会は存じませんでした!
このような素晴らしい教会があったのですね!
青い天井が素晴らしいですし、
2階が楽しみです。

マコママさん、こんばんは。

これまでシテ島というとパリ・ノートルダム大聖堂が有名ですが、サント・シャペル教会はこの教会に勝るとも劣らない教会です。日本人には余り有名ではありませんが、2階のステンドグラスは凄いですよ。

来週は2階部分と一緒に動画も公開しますので楽しみにして下さいね。

いつも本当にありがとうございます💖

こんばんは〜
舞子もツアーで行ったことのあるパリです😊
ノートルダム大聖堂の見学、ルーブル美術館と
オルセー美術館、エッフェル塔の見学などが
ありました。ノートルダム大聖堂の火災は
行ったこともありとてもショックでした。
しかしながらサント・シャペル教会は全く
もって知りませんでした😢 素敵な教会ですね
次回がとても楽しみです。早く来週が来て
欲しいです💋

舞子さん、こんばんは。

舞子さんは以前のツアーで主な場所は回ったと思います。サント・シャペル教会はあまりツアーには組み込まれてないことが多い気がします。ただノートルダム大聖堂の火災後はここもツアーに入ってくる定番コースになるかも知れません。

私も以前ルーブル美術館やエッフェル塔のナイトツアーなども行いました。今回はオルセーやピカソ美術館などを紹介しますね。

来週はこの教会のメインの2階部分を紹介しますね。楽しみにしていて下さいね。ステンドグラスの美しさに圧倒されます😊

こんばんは。

私もこのサント・シャペル教会は知りませんでした。
2度共ツアーでしたので、ルーブル美術館、ヴェルサイユ宮殿
が被りました^^;
オルセー美術館は自由時間に自分達で行って良かった覚えがあります。
個人だとこんな素晴らしい教会も行けるんですね。
ヨーロッパの教会はどれも異なる趣向を凝らした美しい内装ですが
サント・シャペル教会もあまり他所で見ないような色彩豊かな美しい内装ですね。
特に鮮やかな青の天井が印象的です。
1階部分だけでも充分美しいのに2階はどんな景色が広がっているんでしょう。
ワクワクします♪

sharonさん、こんばんは。

私は今回で2回目でしたが、以前の2回のツアーではサント・シャペル教会は入っていませんでした。パリの自由時間に個人で訪ねたことがあり、今回で2回目となります。 これまではツアーの中ではノートルダム大聖堂を訪ねることが殆どだったと思います。今は火災で入れませんので、もしかしたらサント・シャペル教会もツアーに組み込まれるか知れませんね。

オルセー美術館は私も1番好きな美術館ですので、後日紹介したいと思います。

明日はサント・シャペル教会の2階の部分を紹介しますので観て頂けたら嬉しいです。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 今週の生け花(令和3年3月第3週) | トップページ | 急性虫垂炎 »