フォト

« 今週の生け花(令和3年2月第2週) | トップページ | キリスト教の12使徒のシンボルが分かると教会や絵画を見る時に役に立つ »

2021年2月14日 (日)

世界を夢みて(229): 世界遺産ビスカヤ橋(動画を作りました)

このブログの記事をまとめたホームページを作りました。見て頂くと嬉しいです😃(ニライの夢:https://dreams-nirai.com )。

 

前回のブログでビルバオにある世界遺産のビスカヤ橋について書きましたので、今回は動画を載せたいと思い編集しました。動いている方が実感が湧きますね😃。

Th__20200917172803_20210213102301
1800年代から産業革命が起こり、鉄鋼業が盛んになってゆきます。これまで石で組み立てる建造物が世界の主流でしたが、鉄鋼製の建築物が現れるようになりました。この建造物を急速に世界に広めたのはアレクサンドル・ギュスターヴ・エッフェル の功績が大きいと感じます。

Th__20210213102601
ヨーロッパ旅行をしていて、何気にエッフェルの作品にであうことがありますし、知らぬ間に通り過ぎてしまうことも多いのです。この世界遺産のビスカヤ橋もエッフェルの弟子の が造った作品で、エッフェルの影響が如実にみてとれます。
ではでは・・・動いている運搬橋をご覧下さい💕

« 今週の生け花(令和3年2月第2週) | トップページ | キリスト教の12使徒のシンボルが分かると教会や絵画を見る時に役に立つ »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。
今日も病院へ行かれてお疲れ様でした。

エッフェルの建築物ですが、エッフェル塔だけ知っておりましたが、
知らずに?ブダペスト西駅の前は通ったと思います。
お弟子さんの鉄の橋🌉も素晴らしいですね!
たった2分で到着で大勢の人たちに車、自転車迄、便利この上ない
立派な橋ですね!
動画は臨場感ありで🎵BGMも力強く楽しめました。
続きを楽しみにお待ち申し上げております。

先生、こんばんわー☆

ビスカヤ橋、凄い物を作ったものですね。
水面ギリギリで川を移動するなんて、たった2分間でも、わくわくドキドキです。
乗ってみたいものです。

いよいよワクチンが承認されましたね。
先生もお忙しくなられる事でしょう。
どうかお身体を大切に頑張っていただきたく思います。

今日もありがとうございました。

マコママさん、こんばんは。

今日は11時には戻って来ました。今は昔の写真の編集をしています。何をしているかはしばらくしたらお教えしたいと思います😄

エッフェルは産業革命時から急速に発展した鉄鋼業の申し子のような建築家だと思います。これまで石組みで造っていたのが一気に鉄を材料に使用することが出来るようになり、色々なことが変わったと思います。

大きな川で汽船の邪魔にならない橋を造るために鉄を使って運搬橋を造ったのはやはりエッフェルの影響が大きかったのではないでしょうか
凄い橋ですよね✨️

ガルボさん、こんばんは。

ビスカヤ橋の運搬橋は凄い発想だと思いました。やはりこれも豊富な鉄鉱石がビルバオ地方の産業を支えていたことが理由の1つと思いますし、鉄の可能性を広げた師匠のエッフェルの影響があったと思いました。

コロナウイルス感染症のお陰で、本来は感染対策委員会は1ヶ月に1回だったのが、この1年は毎週行われるようになりました。これからワクチンの接種が始まると思いますが、多くの方が接種するまでには時間がかかりそうです。

ご覧頂きありがとうございます。

ワオ〜凄く素敵などうがですね〜💕
本当にあっと言う間に到着しますね
凄く理にかなって運搬橋ということが
舞子にも理解出来ました✌️
それにしても制作がプロ並みですね
舞子も見習いたいです😊

舞子さん、おはようございます。

今回の地震では東京もだいぶ揺れたそうですが、舞子さんは大丈夫でしたか?

ビスカヤ橋の運搬橋が動いている姿をみた方が、実際にどのように動いているかが分かると思い作成しました。
今は画像ソフトがよくなっていますので、素人でもそれなりに創ることが可能となっています。

舞子さんも頑張って下さいね💖

「橋」といえば「歩いて・乗り物で渡る」としか思い浮かばないので、こうやって、向こう岸に「渡して」貰うという事がよく解りませんでした。
うわっ!細いワイヤーで・・・揺れている・・・
乗っている分には怖くないのにこうやって見せていただくとスリリングですね。

ポルトガル・ポルトのドンルイス一世橋もとても美しかったですが
エッフェルのお弟子さんが造られたと聞きました。

動画。BGM「イイネ」でございました。

おたまさん、こんばんは。

長年にわたって橋は「橋をかける」と言うだけあって対岸に木や石やロープを使って渡したと思うのです。その後ヨーロッパで運河が発達すると船が通れるように跳ね橋などの形態も出てきました。

このような構造の橋の発想は産業革命により鉄鋼業が盛んになった事とエッフェルの影響も受けて初めて可能となったのでしょう。

確かに細いワイヤーですが、何本かあるので大丈夫なのでしょうね。まあ水面から高くないので怖さもないですね。山と山を渡すロープウェイと比べると落ちても(落ちたら困りますが)安心感があります😓

ポルトガルの世界遺産にもなったドンルイス一世橋も街並みと相まって美しい橋ですね。 いま調べたらエッフェルの弟子の一人、テオフィロ・セイリグが設計したそうですね。知りませんでした。ありがとうございます💖

こんばんは。

薔薇の花びらの舞い散る素敵なイントロの動画ですね💝
広角画面で観ると、運搬橋の動く様子がとても臨場感がありました。
静かにスムースに人や車を運んでいるんですね。
大きな船が通行するときは待機している訳ですね。
ますます乗ってみたくなりました。
エッフェルや彼のお弟子さんは優れた建築物を残しているんですね。
貴重な動く世界遺産のご紹介、ありがとうございました♪

sharonさん、こんばんは。

世界遺産の乗り物ですので、実際に動く動画がイメージが湧くと考えて編集してみました。

乗っていてもスムーズな動きでした。動画で見ても川面をスムーズに移動していたのが分かりますね。

エッフェルは自身の建築物だけでなくて多くの弟子も育てた建築家だったうようですね。時代を先取りした方だったのでしょう。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 今週の生け花(令和3年2月第2週) | トップページ | キリスト教の12使徒のシンボルが分かると教会や絵画を見る時に役に立つ »