フォト

« 今年もアトリエトトロから素敵なクリスマスプレゼントが届きました | トップページ | 世界を夢みて(222):ウンダイバイ生物圏保護区から海の上の教会San Juan de Gaztelugatxe(サン・フアン・デ・ガステルガチェ)へ »

2020年12月18日 (金)

今週の生け花(令和2年12月第3週)

12月も第3週となり新型コロナウイルス感染症がなければ、クリスマスに向けて街も賑わっているかも知れません。私自身は今年は2回ほど車で那覇市内を出た以外、自宅と病院の行き帰りしかしていませんので、商業施設や国際通りなどがクリスマスのイルミネーションになっているのかも知らない状況で過ごしています。多くの方が賑やかに楽しむことが出来ない状況となっているのでしょうね。 我慢の年始年末かも知れません。

今週も生け花が飾られていました。ありがたいです。 今日は午後から2件の緊急手術がありましたので、写真だけ記載します。 後でゆっくりと確認したいと思います😊

Th_img_4712
Th_2123
Th_2123_20201218123801
Th_2123_20201218123802
<花材:加工ツツジ、ストレリチア、アンスリウム、ガーベラ、フリージア、ポインセチア、西洋びらぎ>

« 今年もアトリエトトロから素敵なクリスマスプレゼントが届きました | トップページ | 世界を夢みて(222):ウンダイバイ生物圏保護区から海の上の教会San Juan de Gaztelugatxe(サン・フアン・デ・ガステルガチェ)へ »

」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。
 緊急手術お疲れ様でした。

今週の生け花はクリスマスバージョンですね。
彩鮮やかです。

 本当にコロナがなければ町中はクリスマスのイルミネーションや
プレゼントのお買い物姿が多く観られた事でしょう!
 日に日に感染者数が多くなり本当に不安で一杯です!

マコママさん、こんばんは。

遅い夕食を取っての返事で遅れました。 今日の生け花はクリスマスバージョンですね。 本当はゆっくりと書いてからアップしたかったのですが、時間がなくて写真だけです(この方がいいのかも😭)

きっと今の時期は街にはクリスマスの飾りがいっぱいでしょう。それでも今年は行き交う人々や若い恋人達も街中には繰り出しにくい雰囲気なのでしょうね。

今日の感染者数はどうなっているのでしょうか? 後でチェックしてみます。これから正月までが心配です。

いつもコメント頂き本当に感謝致します。これからも宜しくお願い致します💖

生け花を毎週楽しみにさせていただいております
今週は特に色合いがくっきりと、白い枝が効いていますね
Xmasカラーを取り込んでとても楽しい生け花です。
来院の皆様もきっと明るい気持ちになられることでしょう。

昨日のアトリエ・トトロの子どもさんたちの記事。
心が温かくなりました。

おたまさん、こんにちは。

みて頂きありがとうございます。今週の生け花はどう見てもクリスマスバージョンですね😀
私がいつも載せている生け花は2階の小さなスペースであまり目立ちませんので、このブログで紹介しています。 外来や総合案内の場所の生け花もクリスマスを意識した作品になっていました。

アトリエトトロさんの子供達の作品も病院の入口に展示してあります。熱心にみて感動して下さる患者さんもいらっしゃいます。私も心が温かくなりました。

コメント頂き感謝しています💖

先生、お疲れ様です。
今日のお花は、和洋折衷な感じで素敵ですね!
色調も斬新です。私ならブルーのお花を入れる勇気ないかもです。
今日もありがとうございました☆

由津子さん、こんばんは。

確かに、和洋折衷ですね。日本の華道がクリスマスの飾り付け出るものね😄 由津子さんは美的センスがありますので、色の使い方が難しいと感じるのかも知れません。 生け花は絵画と違って3次元ですので、このような使い分けが出来るのでしょうね。

私こそ、いつもありがとうございます💖

お疲れ様でした・・・午後から2件の緊急手術とは、本当にご苦労様でした。
仕事に楽な仕事はありませんが、いのちを扱う医師はじめ看護師、病院内の
皆さんの仕事はやはり大変な仕事だと思います。
昨日、バンキシャというニュース番組の中で、アメリカのコロナ感染者への
医師等の治療が放映されました。涙をしながらみました。アメリカは大きい
国だけに、対応する金額も大きいのですが、日本の状況はどうなんでしょう・・・
感染を抑え込みに躍起になっているのに、未だにGoTOトラベルのこと。
国民のいのちを守るのが国の一番の仕事なのに・・・この先のこの国がどうなって
いくのか!ただただ不安に思うばかりです。

でんでん大将さん、こんばんは。

コロナが発生してから、ドックも検査も外来も減ってしまい(意図的に減らさないと対応出来なかったのですが・・)、その為か予定の手術は少なくなり、代わりに緊急が増えた気がします。

番組はみていませんが、アメリカの状況はひどい状態だと想像しています。アメリカでもトランプの医師団のように人員も資金も豊富なものもあれば、一般医療で緊急をみているところでは医師や看護師が命を削って頑張っていると考えています。

アメリカでは大統領の無知の為に、感染が拡大しています。日本では政府の決定力のなさの為に感染拡大が起こっています。 専門家会議による提言を受け入れなければ、初めからやらない方がいいと考えます。 医療者が感染拡大の危機を唱えても、聞く耳を持たなければ施策に繁栄されず、感染拡大に歯止めはかけられません。

首相をはじめ、政策がチグハグで、国民に5人以上の会食を控えるように話ながら自分達は大多数で飲み歩く・・・国民はバカではありません。皆が納得出来る施策をして欲しいと願っています・・・期待はしていませんが、最低限のことはやって欲しいです。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 今年もアトリエトトロから素敵なクリスマスプレゼントが届きました | トップページ | 世界を夢みて(222):ウンダイバイ生物圏保護区から海の上の教会San Juan de Gaztelugatxe(サン・フアン・デ・ガステルガチェ)へ »