フォト

« 今週の生け花(令和2年12月第3週) | トップページ | 脂肪細胞の特徴 »

2020年12月20日 (日)

世界を夢みて(222):ウンダイバイ生物圏保護区から海の上の教会San Juan de Gaztelugatxe(サン・フアン・デ・ガステルガチェ)へ

このブログの記事をまとめたホームページを作りました。見て頂くと嬉しいです😃(ニライの夢:https://dreams-nirai.com )。

Th__20200702171501

サン・セバスチャンからゲタリアを観光後、ゲルニカの議事堂などをみて急いで、眺望の良いガステルガチェへと向かいました。このエリアはバスクの人々にも人気のあるエリアだそうです。時間があったら他にも訪ねたい場所も沢山ありますが、先に進むことにしました。

Th__20200711094501

海の上の教会San Juan de Gaztelugatxe(サン・フアン・デ・ガステルガチェ)へ向かう途中に、ウンダイバイ河口に広がる湿地帯があり、ユネスコの生物圏保護区(Biosphere Reserves)に指定されているそうです。この日は天気も良くて美しい景色が広がっていました✨️
Th_10
更に先に車を進めると大西洋が望めるキャンプ場もあり、何台かキャンピングカーも見かけました。こんなところで1週間ぐらいキャンプが出来たら最高でしょうね。

Th_san-juan-de-gaztelugatxe

目的地の海の上の教会San Juan de Gaztelugatxe(サン・フアン・デ・ガステルガチェ)へ進む駐車場に車を止め展望台まで向かうことに・・・入り口にはカフェがあり本格的な食事も取れるとのことです(私は入っていません・・)

Th_-gaztelugatxe

ビスケー湾に突き出た岩山の上に小さな礼拝堂があります。この景観がスペインでも有数な観光名所となっています。2014年にアリアンツ・グローバルアシスタンスがスペイン人に対して行った「自然が美しい観光名所」のアンケートではガステルガチェが堂々の第1位となっているそうです。


礼拝堂の名前はサン・ファン・デ・ガステルガチェ(San Juan de Gaztelugatxe)となっています。聞き慣れない言葉ですが「gaztelu」は「お城」、「aitz」は「岩山」を意味するバスク語からなっているそうです。

Th_-gaztelugatx

Th_san-juan-de-gaztelugatxe_20200906112001

この島は古い時代から(9世紀?)修業の場所として修道士たち生活し、その後1時的には12世紀には女性修道院となったそうです。放棄せずに頑丈な教会にすればフランスのモン・サン・ミシェルのように大きくなっていたかもしれませんね。
今でも信仰の対象なっていて、頂上には小さな礼拝堂が建てられています。礼拝堂の上にある鐘を3回鳴らすと願い事が叶うという伝承があり多くの方がここまで足を伸ばすそうです。

Th_the-gaztelugatx
私は途中の展望が出来る場所まで歩いて、実際に登ることはしませんでした・・・このような絶景まで来て行かないなんてもったいないと・・・思ったのですが。 近そうに見えても行き帰りで3時間程度時間を要するそうです。ゲルニカによったために、ここで時間を使うと今度はビルバオ観光の時間が作れなかったからなの断念しました😢 😭・・・
ビルバオはバスクの中では最大の都市で観たい場所が多く、翌朝にはパリに向かうため、やむなくビルバオに直行です。ビルバオも時間を惜しんで夜中まで堪能しましたの、次回からビルバオの旅行記となります。ではでは・・・😊

« 今週の生け花(令和2年12月第3週) | トップページ | 脂肪細胞の特徴 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。
絶景スポットですね!
お天気も素晴らしい!☀
往復3時間はきついかもしれませんが、
お写真に沢山の方々が写ってますね!
ピンクの屋根が可愛らしい!教会⛪!
少し?心残りでビルバオに向かわれたのですね!
続きが楽しみです!

マコママさん、こんばんは。

ポチ機能がなくなってしまい、これまで読んでくれた皆様方に連絡が簡単に出来なくなり残念です。
この場所は地元の方々にも支持される絶景ポイントが多数あるようです。後1日滞在時間があれば、3時間かけてでも、教会の鐘を鳴らしに行きたかったです。 天気もよくて大勢の方が、この教会への急な坂道を登っているのが見えました。

ビルバオも見所が沢山あり、翌朝にはパリに向かうためやむなくこの場所は写真を撮って1時間ほど散策したあとビルバオに向かいました。ビルバオも素晴らしい場所でしたよ💖

こんばんは。
素晴らしい光景ですね。
ヨーロッパ大陸をキャンピングカー
で回れたらどんなに楽しいのでしょうか
一度もスペインには出かけてませんが
私のイメージするスペインとは明らかに
違う雰囲気ですね。
いつもながら精力的に旅を行っていると
感心しております。
仕事も旅も全力投球の姿勢が私にも
刺激となっております。
いつも本当にありがとうございます。

ツクシンボさん、こんばんは。

本当に景色のより場所でした。それに天気もよくてこんな場所でキャンプ出来たら最高だと思いました。
私はこれまで中南部のスペインを3回程行きましたが、どちらかと言うと乾燥して暑いスペインでした。しかしバスクは気候も風土も違い、他の国に来た感じがしました。それぐらい違いがありました。

仕事を頑張っているかどうかは分かりませんが😅、1〜2年に1回の旅行は全てをかけて遊んでいます😄
今年は何処にも行けませんでしたが、来年は旅行に行けるものと考えて、それまでは全力投球で仕事も頑張るつもりでいます。

こちらこそ、いつもコメント頂き感謝しています。

スペインの観光案内には必ずと言っていいほど海の上の教会の風景が使われている気がします。
私はそんなパンフレットでこの教会を知りました。
あの万里の長城みたいな道は結構ハードだと聞いて信仰心の足らない私は即取りやめを決定!その時風に乗って鐘の音が聞こえてきました。
それはそれは美しくて、思わず祈りたくなるような音色でした。
展望台からの景色も素晴らしかったです。
先生のお写真でおさらいしています。

おたまさん、こんばんは。

風光明媚な海の上の教会はスペイン人にとっても有名な場所のようです。スペインの観光案内のパンフレットにも載っているのですね。

展望台からみると直ぐ近くにみえますが、急な坂を下りて、今度は教会まで登ってとなると、本当に万里の長城を歩いているような感じかも知れません。 なんとおたまさんが訪ねた時に運良く鐘の音が聞こえてきたのですね・・・恋する乙女おたまさんにとっては最高だったかも知れません😊

実に旅のスタイルは人それぞれで、私はおたまさんのブログでまた違う再発見をしています。 表現力や感性が豊かなおたまさんのブログ楽しいです💖

こんばんは!
写真を拝見していると、なんだか、石垣島の川平湾や御神崎を見ている様ですね。
はぁ~石垣島へ行きたいなぁ・・・。

FUJIKAZEさん、こんばんは。

沖縄の離島大好きなFUJIKAZEにとっても自由に海に行けないのは残念ですね。確かに川平湾や御神崎に似ています。

私は高校を卒業するまで沖縄を出たことはありませんでしたが、いつも目の前の海をみながら、この海はアメリカへもヨーロッパにも繫がっているのだと夢をみていたことがありました。

海は広く何処までも広がっていますね。はやく大好きな海に潜れたらいいですね😄

こんばんは。

空、海の青さも去ることながら何枚かのお写真は島も青く見えますが
これは建物の中から撮影されたのでしょうか?
岩山の上の礼拝堂からの眺めも美しいでしょうね。
個人旅行でも先生のように出来るだけ多くの観光スポットを周ろうとすると
やはり時間が足りないんですね。
中々優先順位が難しい所ですね。
それでも充分美しい景色をご覧になれましたね。
実際この場所に行ったら溜息が出る程感動出来そうです。
一生観る事が出来ないかも知れない景色を見せて頂いてありがとうございます♪
次回も楽しみにしています💝

sharonさん、こんばんは。

sharonさんは写真の違いが分かったようですね。実は写真の上から、4,5と7枚目の写真は全体が青いですよね・・・これは写真をやっている方なら判るかも知れませんが、私が「ホワイトバランス」の設定を間違えて撮ったためなのです。 RAW形式でも撮ってありますので、画像処理ソフトのフォトショップなどを使えば正常な色合いになると思いますが・・・現在は時間もかかりますし、このようなことをやっていません。いつかリタイヤして時間があればRAW現像してもっとメリハリの利いた写真を提供出来たらと考えています。

私の場合は1年間で学会や旅行以外で土・日も休んだことがありません。全てを旅行にかけているのですが、今年はこの旅行も無理でした😂 でも来年こそはと自分に言い聞かせて頑張っています。

世界は広くて、人生は短いです。もっと知らない美しい景色を見てみたいです💖

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 今週の生け花(令和2年12月第3週) | トップページ | 脂肪細胞の特徴 »