フォト

« 甲状腺ホルモンの調節機能 | トップページ | 世界を夢みて(221):ゲルニカ散策No2(ゲルニカ議事堂とゲルニカの木) »

2020年12月11日 (金)

今週の生け花(令和2年12月第2週)

予想通り、急激に医療環境が悪化しています。 新型コロナウイルス感染症に対しての日本の対応はアクセルとブレーキを同時に押し続けている状況です。アクセルとブレーキは同時に踏むべきものではありません。 感染状況をみながら早め早めに対応したり、臨機応変に対応を変えねばこの感染症を乗り切ることは出来ません。 幸いこれまでは、日本でのマスクへの着用率が元々高く、マスク着用に抵抗もなく、世界一とも言える手洗いなどの衛生環境が整っていたためと、海外のようにハグやキスをする文化でなかったお陰で、諸外国と比べてウイルス感染が蔓延せずに済んでいたのですが・・・

毎日戦々恐々としてストレスフルな生活ですが、今日も2階の小さなスペースに生け花クラブの皆様のお花が飾ってありました。それを見ながら、少しずつ気持ちを落ち着かせてゆければと考えます😃

Th_th_img_4644
赤い花器に、白い鉄砲百合、そして大きな葉のセロームが目立ちます。セロームは中央・南アメリカ原産の多年草で、その葉っぱがヒトデのように深い切り込みがあるために「ヒトデカズラ」とも呼ばれているようです。
Th_2122
中央で優しげなピンクの花を咲かせているのはストックで、右上方に枝を伸ばしているのが石化柳です。

Th_2122_20201211145301
Th_2122_20201211145302
今回は少し斜め上方からの眺めた写真を額縁に入れて観ました。丁度セロームの葉の形と影が写っている角度となります。
・・・・ブログをアップする前にいつもの2階を歩いて来たら百合がもう1輪咲いていました。生け花は生きていますね。短い命ですが私達に美しさと癒やしをもたらしてくれています・・・😍

Th_img_4672
<花材:石化柳、セローム、鉄砲百合、ストック>

« 甲状腺ホルモンの調節機能 | トップページ | 世界を夢みて(221):ゲルニカ散策No2(ゲルニカ議事堂とゲルニカの木) »

」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。
コロナの勢いが止まらず!院長先生始め医療機関の方々の
ご苦労が偲ばれます。本当にお疲れ様だと思います。
何故?ゴーツーやめないのでしょうね?経済も回す必要からですか?
私はもう本当に怖くて必要最小限の外出です!

今週の生花!香りが届きそうですよ。
セロームって初めて拝見です!
お写真の影も面白いですね!
ピンクのストック大好なお花です。
院長先生のお疲れが生花で少しでも癒やされますように〜。
今週もありがとうございました。

マコママさん、こんばんは。

私達医療者としても、経済が大切なことは知っているつもりです。ただし医療崩壊が起こると本当に、経済どころか日常の生活が送れなくなると考えます。 例えば地域の警察署や消防署が機能しなくなることと同じなのです。 政府はもう少し対応を検討すべきだと思います。

生花ですが、病院ですので、匂いのきついものは飾ってないようです。または匂いの出る部分を取り除いているかも知れません。 セロームは存在感がある形ですね。

マコママさんは柔らかいストックがお気に入りなのですね。

いつも本当にありがとうございます💖

こんばんわ

今日は有り難うございました。

今回の生け花は白百合と優しいピンク色のストックですね。
濃いグリーンのセロームの葉の間の白百合が映えています。
テレビに繋げて見ておりますが、すぐ側にあるような感覚で、
最後の写真を拡大すると百合の良い香が漂って来るようです。

コロナ生活も長くなりましたが、今日も心が癒されました。

いよいよ医療崩壊寸前まできてしまいました。
菅総理の決断が今一なのがもどかしいです。

次回も楽しみに待っております。


ガルボさん、こんばんは。

確かに白百合とピンク色のストックは穏やかな優しさを与えてくれますね。その脇役が大きなセロームの葉だと感じます。男性的なセロームに女性的な百合とストックの組み合わせとなるのでしょうか?

大きな画面でご覧になるとまた違う印象かも知れません。最後の写真は丁度投稿する前に生け花の前を通ったらもう一輪花が咲いていたので撮りました。 生け花は生きていることを実感する瞬間でした。

これから寒くなるとますます医療現場は混乱すると思います。崩壊が始まる前に総理は決断を下すべきですが、責任を取ることが出来ないようです。

今は花をみて心を落ち着かせたいと考えています。ガルもさんありがとうございます。

こんばんは・・・
赤い花器に真白なテッポウユリ、花はいつでもどこでも人の気持ちを穏やかにしてくれ、癒してもくれます。有難いものだとつくづくと思います。それを思って、生け花クラブは飾ってくれるのでしょうね・・・
なかなかコロナ感染が減数どころか増加して、毎日毎日が最多更新の状態ですね。地域によっては既に医療崩壊が始まり、看護師不足から自衛隊への派遣要請も行われています。こんな時に地震等の災害が発生したら、どうなるのでしょう。秋田県では大阪に看護師1名の派遣を決めたところです。
ここ3週間が感染を踏み留める事ができるか否か、勝負の3週間と政府では言っていますが、その割には無能無策です。GoToトラベルがエビデンスではないとは言いながらも、対策分科会長も言っているように、先ずは人の移動を制限しないと、増々感染が拡大するだろうと警告を発していますが、総理にはその考えがないとのこと。一旦、こうなると引かない、人のいう事を聞かない、それが今の総理です。庶民からの宰相等と言いながら、まったく反対の総理です。いつか書きましたが、そんな性格とみていましたから底知れぬ怖ろしさを感じたのですが、まさに心配していた通りになっています。ある学者も言っていましたが、この人は総理の器ではありません。来週早々に判断するようですが、なぜ休みの前に判断しないのか、このままでは日本も怖ろしい結末を迎えるのではないか、戦々恐々しています・・・

でんでん大将さん、こんばんは。

本当にお花の命は短くて、その為にこの一瞬の美しさが私達の心に響くのだと思います。 皆がイライラする状況が続くなか、生け花クラブの皆様方はドアを開けて三密を避けてお花をいけてくれています。 有難いことです。

今日もコロナ感染者がこれまでの最大人数を超えたようです。今の政府は責任を取りたくないために、現場に丸投げです。 有識者会議や専門会議の提言は余り真剣に聞こうとしませんが、責任逃れの為に専門会議などの名前を出しています。とても卑怯なやり方だと感じています。

今の首相で気になることは、意固地で他人の意見を聞かないことです。 携帯電話料金を下げれば、若い人を中心に支持が貰えると考えているかも知れません。 文面にも書いたように世界から観て日本が感染者が少ないのは政策のためでなく、これまでの衛生教育がいきどといたことと、生活習慣の違いによるものです。 一刻も早く感染拡大防止の有効策をとって欲しいです💢

先生、お疲れ様です。

今日知ったのですが、ポッチっとが無くなってしまいました…
皆さんとの距離が益々遠くなって( ;∀;)
ブログの時代も変わって細々としていくのでしょうか。

そんな気持ちを、白い百合さんに癒されました。

そうですね…。
会食、飲食をしなければ、(あり得ないのでしょうが)かなり感染者は減ってくると
思います。それだけ日本人の意識の高さは素晴らしいと思います。

由津子さん、こんばんは。

そうなんですよね。ポチがなくなってしまい、皆様方が記事をアップしたりすることのチェックやこれまで関わったことの有る方のブログにもどのようにたどり着けばよいのか分からない状況となっています。 次第に写真や短い単語への投稿が増えたために、文書で書くブログは疎まれる時代になったのかも知れません。

コロナの感染者が増える医療現場で、イライラ感が募る中で、生け花があるだけでもホッとする時間がつくれています。 

これからもどうぞ宜しくお願い致します。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 甲状腺ホルモンの調節機能 | トップページ | 世界を夢みて(221):ゲルニカ散策No2(ゲルニカ議事堂とゲルニカの木) »