フォト

« 世界を夢みて(213): サンセバスチャンのホテルの紹介(Mercure Monte Igueldo:メルキュール モンテ イグエルド) | トップページ | 世界を夢みて(214): コンチャ湾を望むサンセバスチャンの夜景(動画) »

2020年10月23日 (金)

今週の生け花(令和2年10月第4週)

2020年10月23日。次第に秋も深まり静かに冬へと向かうのかも知れません。 海の向こうでは最後の大統領の候補者同士の討論会があったようです。今回は前回よりまともだったようですが・・・・まだ見ていませんが、英BBCが「今回の討論会の勝者は「ミュート(消音)ボタンだった」との報道をみたらやはり悲しいものがあります。

米国の大統領選挙は世界一の超大国のトップを選ぶ選挙です。本来なら、最高の舞台で「ライバル同士」が論戦を繰り広げ、現実を踏まえて、どのようにして理想的な国を作るかを国民(世界)に示す機会なのです。 お互いにライバルを迎えることで、政策を議論し、より成熟した社会を作り上げる・・・それがライバル同士の姿だと思うのです。 しかし残念ながら理想を語るのではなくて、相手を罵り合い、弱点を見つけ反撃する・・・未来を託す子供達にみせたくもない姿です。 

日本も然りです。先日の学術会議任命拒否について、まともな説明がありません。いつのまにか、日本のトップの人々は「日本語を理解出来ない方々に置き換わってしまった」気がします。 単に拒否した理由を言えばいいことですのに、突然学術会議の年間予算の話にすり替えたりしています。 年間10億円の予算は確かに大きいかも知れません・・・しかしですよアベノマスクに460億ですよ・・・これだけで学術会議が46年続けられます。 学術会議の予算の話をするなら「アベノマスク」の予算も同時に検討して欲しいのです💢👊

 

・・・またまたぼやきが先に来ました⤵😞・・・この花々をみて心を落ち着けるとしましょう⤴😊

 

Th_img_4416
今週の生け花は、ローゼルや秋色ひまわりのチョコレートブラウンに近い色合いのために、とてもシックで落ち着いた雰囲気となっています。

Th_2104
丸い形の花器の柿色も周りと調和しており、飛び出す色彩ではありません。緑から紺へと変色する千年木の葉、紫のリンドウに純白なホワイトジンジャーも個性がありながらも1人だけ抜きん出てないように感じます。
Th_2104_20201023164801
それぞれをアップすると、色も形も個性的です。それをまとめて生け花として作品に仕上げるのはやはり美的センスがないとやれそうもありません(私には当然無理です😂)。

Th_2104_20201023164802
10月も後半となりました。これから冬に向かってゆきます。冬はインフルエンザを始め呼吸器感染症が増える時期となります。手洗いにうがい、三密を避け、体調を整えて予防に取り組んで欲しいです。 私自身もそうですが、皆様方の健康をお祈り致します💓
<ローゼン、秋色ひまわり、りんどう、千年木、ホワイトジンジャー>

« 世界を夢みて(213): サンセバスチャンのホテルの紹介(Mercure Monte Igueldo:メルキュール モンテ イグエルド) | トップページ | 世界を夢みて(214): コンチャ湾を望むサンセバスチャンの夜景(動画) »

」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。
今週の生花!何とシックな事でしょう!
秋色のヒマワリ初めて拝見!それぞれのお花が
上手く調和して見事ですね。
ホワイトジンジャーの一輪がオシャレ〜(*^^*)
今週もありがとうございました。

今週の生け花は本当にシックですね、なかなか季節に合ったような感じがします。このような生け花は、より心を落ち着かせてくれる事でしょう…
世界中の人の関心事だった、大統領選の最終討論会。俺はニュースで観ただけですから詳細は分からないものの、前回よりはましだったようですね。ただ開かれたアメリカの討論会だけに、世界に見本を示してほしかったのですが、やはり中傷合戦に終始したようでしたね・・・日本は日本で密室の中での総理大臣選び・・・どちらもどちらです。
それにしても、日本は怖ろしい国になるようで気になっています。今回の学術会議の任命拒否の件、発言すれば外される、言うとおりにしないと異動させる、強権政治になりました。秋田県でも総理への批判が高まってきています。当然でしょう・・・こんな時だからこそ、次の総選挙では国民一人ひとりが目を見開いて選ぶことが大事かと思います。

マコママさん、こんばんは。

とてもシックな装いの生け花ですよね😄 
秋色のヒマワリは不思議ですね。正式にはダブルダンディという品種の向日葵だったと思います。
真っ黄色の向日葵は夏ですが、この色なら秋にピッタリです。

とても綺麗にアレンジできていると思います。確かにホワイトジンジャーの一輪がオシャレですね。

こちらこそいつもありがとうございます💖

こんばんは!
学術会議任命拒否問題について、6人除外を決定したのは杉田和博官房副長官と言われています。
おそらく間違いないのでしょう。
氏は、「内閣情報調査室」の室長や「内閣危機管理監」を経験された方です。
警視庁出身で警備畑を長年歩んでこられた人。
つまり、危機管理のプロ中のプロ。
氏の元には様々な情報が集まっているのでしょう。
その中には、国民に明らかにするには適切では無い様な情報も当然あると思います。
例えば、学術会議は全否定していますが、中国の千人計画との関係も取りざたされていますね。
こんな事、マスコミでさえ知って世間に流れているのだから、氏が握っている情報はその程度のモノではないはず。
この件に関しては、察して静かに見守るべきだ・・・と、私は思いますが・・・。

でんでん大将さん、こんばんは。

今週の生け花は心を落ち着かせる作用があると思います。日米の政府にイラッときていましたので・・・

先ほど夕食と取りながら9時のニュースを観ました。前回よりはましかも知れませんが、相変わらず非難合戦に多くの時間が割かれたようで実に情けないです。 世界のリーダーなのですから自由の国のトップとしての威厳を、自由のない国々の国民やリーダーにも示して欲しかったです。

日本の政治は特に安倍政権になって以降、議論が置き去りにされ、反対する者は左遷されるのが当たり前になってしまいました。自由な議論の中でこと良い社会を目指は出来ないのですが・・・

安部前政権を踏襲すると言った総理ですので、議論を深めることを早くも放棄してしまいました。いつも「丁寧な説明」と権力者は言いますが、まともに答えてくれません。今回の学術会議についても任命しない理由を単に聞きたいだけです。 小学生でも分かるような質問ですのに答えはなしです。

自由で開かれた社会になって欲しいのですが、トップに逆らいような日本なら、何処かの「北の将軍様のお国」と同じです。日本の国民もこの状況を許すのであれば「北の将軍さまのお国」も非難できません。 そうなりたくないですね。 秋田県民も最初の熱狂から冷静に総理を観るようになってきたのではないでしょうか?

FUJIKAZEさん、こんばんは。

以前から学術会議任命拒否を決定したのは杉田和博官房副長官と言われていますね。公安畑を歩いて来ていますので、裏の情報も沢山持っているかも知れません・・・・
恐らくFUJIKAZEさんは公安出身だから犯罪者を知っていると考えていると思います。それも正しいのかも知れませんが、もしかしたら戦前の特高と同じで思想犯を徹底的にマークしている方なのかも知れません。

私はこのような事実に関しては分かりません。ただ分からないからこそ、開示出来る情報は全て開示しないといけないと考えているのです。 国家の機密情報は重要ですし、明らかに出来ないことも承知しています。

しかし森本・加計問題は国家の機密情報ではないはずですし、桜を見る会に至ってもこれで中国が攻め込んで来るわけでもないはずです。 国家が情報を隠蔽する体質となると「北の将軍様のお国」と何ら変わらなくなると思うのです。

きっとFUJIKAZEさんはこの6人が日本の国益に被害を及ぼすと考えているのかも知れませんね・・・そう考えれば一理あるのかも知れません。

omoromachi様、こんばんは。

米国大統領候補の討論を注視しておりました。前回よりはだいぶ良かったのですが、それでも米国をどのような国にしたいのかではなくて、相手への非難(トランプは政治家ではなくて自分中心のビジネスマンですので期待は0でしたが)合戦でした。孫には見せたくない討論会でした。小学生の討論会の方がまともです。

学術会議の任命拒否に関しては、のちのち愚策であったたと検証されることを期待したいです。このままなら理由なく権力者によって様々なところへの介入がなされるはずです。 理由を告げられずに解雇されることは社会の中では1番やばいことだと思いますね。 日本国民も自分が「理由なく排除されたら」どのように感じるのでしょうか? 
昔の政治家は言葉に力がありましたし、熟考を重ねてからでる言葉には重みがありました。今は政治家の言葉が荒くなりましたし、都合の悪いことは説明さえしません。私も中央集権化が進み、権力が全ての人事権も握ることになれば戦前の日本に戻りそうで背中が凍り付く思いが致します。

話が長くなりましたが、今週の生け花はシックで心を落ち着かせる作用があります。このように生け花を愛し解説したり、旅行記の素晴らしい写真、もちろん分かり易い医学情報の発信記事を読ませて頂き、改めて先生のバランスの良さを感じております。これからも分かりやすい情報発信をお願い致します。信州はもう暖炉が入っています。 ご多忙と存じ上げますがお体ご自愛なされてコロナ禍を乗り越えて下さい。これからも宜しくお願い申し上げます。

信州の隠居老人さん、こんばんは。

先ほどネットにて二人の討論を観ましたが、これが世界のトップリーグの受け答えかと残念に思いました。 トランプは既に別格で、彼が大統領でいること自体が地球上の人類の悲劇とした思えません。もちろん彼がいいところもあるのでしょうが、あの品格のなさは生理的に拒絶反応が起こってしまいます・・・あくまで個人的なことですね(私も反省です)。

学術会議の任命拒否に関しては、政府の答弁はチグハグで、また誤魔化して世間の記憶から消えることを願っているとしか思えません。 私達国民もいつの間にか「政治家は嘘をつくものだ」と政治家でないのに忖度して許してしまっています。 家族だろうが、小さな会社だろうが、自己保持のために嘘をつくことを許してはいけないと思うのです。 当然政治家が嘘をつくことを許してはいけないと思います。 
信州の隠居老人さんも危惧されているように、国家権力に忖度して自由にものが言えなくなる雰囲気を作っては絶対にだめだと考えます。 

私もストレスが溜まっているのでしょうか? まあ気を取り直して、今週の素敵な生け花を眺めたいと思います。

今日の沖縄は急に冷えてきました。まあ長野と比べたら夏みたいなものでしょうが(笑)。 そろそろ半袖では涼しくなりました😄

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 世界を夢みて(213): サンセバスチャンのホテルの紹介(Mercure Monte Igueldo:メルキュール モンテ イグエルド) | トップページ | 世界を夢みて(214): コンチャ湾を望むサンセバスチャンの夜景(動画) »