フォト

« 世界を夢みて(208): サン・セバスチャン国際映画祭 2019年 | トップページ | 世界を夢みて(209): サンセバスチャンに到着(市内観光)No2 »

2020年9月18日 (金)

今週の生け花(令和2年9月第3週)

あっという間に9月も中旬になってしまいました。数年前からこの時期に年に1回の休みを貰って旅行に出かけていましたが、コロナの影響でこれも叶わず😂・・・仕事をするのは苦にならないので日曜日もほぼ病院に来ていますので、旅行以外に休むことはありませんでした。今年に入って休んだのは正月と連休の時の2日だけ・・・頑張った(本人だけはそのつもり)自分へのご褒美の旅行だったのに・・・コロナのバカヤロ〜💢〜😡・・・と叫んでおります😅

・・・つい取り乱してしまいましたが・・・お花にいきましょう(笑)。

今週も2階のいつもの場所に生け花クラブの皆様がお花を飾ってくれていました。今週の生け花はくっきり・はっきりと自己主張をしています。

Th_img_4282

渋い丸い花器の上には緑は緑、赤は赤、紫は紫とそれぞれの色や形を主張した花材達が共演しています。
Th_293

斜めから見るとだいぶイメージが違ってきます。前方に花々を配置し、後方には葉材のヒバのみが使われていました。
Th_293_20200917105701
斜め上方から見てもそれぞれの色合い、コントラストが綺麗です。お花達はいいです、その姿を包み隠さずにみせてくれます。政治の世界もこれと同じように裏がなければ信頼も出来るのですが・・・・😸
<花材:ヒバ、ケイトウ、リンドウ、スプレーカーネーション>

« 世界を夢みて(208): サン・セバスチャン国際映画祭 2019年 | トップページ | 世界を夢みて(209): サンセバスチャンに到着(市内観光)No2 »

」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。
 今週はお休みかと思っておりましたが、
生け花、嬉しいです!
 院長先生の叫び!聞こえそうですよ!
無念!ですね。
コロナのバ・カ・~です!

 額に入れて斜め上方からはお花たちのコントラストがいいですね。
横からのを拝見するとえっ?と思いました。
後ろにドーンとヒバが控えて奥行きを出していたのですね?

今週もありがとうございました。

マコママさん、こんばんは。

生け花クラブがあったようでいつもの2階の前を通ったらお花が飾られていました・・・やはり嬉しいです✨️

・・・本当に「コロナのバ〜カ」です。予定なら今頃ヨーロッパだったはずですのに・・・・私の生き甲斐を奪わないで下さいと・・・と叫びたいです😅

額に入れてみたり、斜めから見るとお花の雰囲気もだいぶ違いますよね・・・マコママ様からもこのようにコメント貰えて本当に嬉しいです💖

先生、こんばんわ~

今回の生け花は、本当にコントラストがいいですね♪素敵です。

今年の旅行は残念でしたね。
ワクチンが出来ない限り、今の生活がずっと続きそうで憂鬱です。
自分なりに、日々楽しみを見つけて過ごしたいとは思っているのですが。

歳が歳だけに、このままではボケそうですよ(+_+)
近場でも、なるべく外の空気を吸いたいものです。

日々大変な仕事をこなされておいでの由、俺も結構病院の世話になっており、患者の立場から、ご苦労様、そして有難うございますと申し上げます。
ところで、コロナの関係で折角の休みも休みも取れなかったとは・・・何と申し上げたら良いのか分かりません。そのような実態を国ではどうみているのでしょうね。言葉ではあれこれと言いますが、本当に実態を把握しているんでしょうかね~これまた”自助”だって言うのでしょうね?

ガルボさん、こんばんは。

今回の生け花コントラストがはっきりしていますよね。本当に素敵です✨️

50代後半まで、必死に駆け抜けた気がします。60近くになって海外旅行を復活し、ここ数年シルバーウィークを利用して出かけていたのですが、今年はこれも叶わずです😭

もう今年のことより、来年は行けるものと信じて旅行を計画したいと考えています(これが唯一のモチベーションに繫がります)。

ガルボさんもどうか回りに感心を持って過ごされて下さいね。本当に気兼ねなく外の空気を吸いたいものです💖

でんでん大将さん、こんばんは。

私は回りからなんでこんなに仕事しているのと言われる程、病院にこもっています(笑)。 ただ時々、病気のように旅行熱(?)がでます。無性に旅に出たくなるのです。
昨年9月の旅行を終えてからは、後1年頑張ればまた旅行に行けると自分に言い聞かせていたのですが・・・今年は駄目のようです😭

今日から連休のこともあり、日本中が「コロナなんかもういなくなった」勢いで旅行に出かけるようです。 経済が大変なのも分かるのですが、日本人は現状の把握よりも「周りの人が行っているので私達も大丈夫」と考える方が多いように感じます。

自助は必要でしょうが、政治の世界の人が言う言葉ではありません。自助で済むならそもそも政治なんていらないのです。 困った時、感染が広がっている現実で、手助けするのが政治の役目だと思うのです。

連休後の1〜2週間が怖くなります。

再度のコメントで失礼致します・・・
俺の同年、それに秋田県出身、しかも農家出身という総理ですから、しかも”たたき上げ””苦労人””非世襲議員”という事ですから、期待するもの多かったのですが、「自助・・・」という政治理念にはがっかりしましたね。真っ先に”自助”をいうのは、まったくの上からの目線ですし、それなら政治はいらない、俺もまったく同じ考えをしています。苦労人というわりには、庶民の暮らしを知らない人ですし、それに前政権の要職にもあった人、色んな問題のあった政権を踏襲するという発言にもがっかりでした。せめてこの辺りは改めて、こんな国作りを目指したいという発言が欲しかったです。国を語れるのは総理しかいなのですから、それさえ言わない人、その人が総理とは今後どうなるやら?秋田県では祝意に湧いている人が多いようですが、俺はこれでいいのかと疑問を抱いています・・・

でんでん大将さん、こんばんは。

自分の県から総理大臣が出ることは素直に嬉しいことだと思います。しかし大将さんが感じていることは私も同じです。
菅首相が総裁選の途中からしきりと「自分は貧しい家庭からのたたき上げで今の状況を造り上げた苦労人」ということを前面に打ち出したところから余り良い感じを受けていませんでした。
苦労人でたたき上げの人で、最も手に負えない状態となるのが「努力しないからできないのだ」と自分の経験を元に相手に求めることです。 努力しても運がなければ登り上がることはできません。 全ての人が努力すれば上手く行くのであればそのようになることも現実かも知れません。それは否です。

庶民と同じ目線なら、前首相の私利私欲で動かしてきた様々な問題に疑問を呈していたと思いますし、対立して辞職していたことでしょう。

本当に苦労人で世襲議員でもないことを前面に出すのであれば、前政権のウミを全部出して、クリーンな政治をやって欲しいと願っています。

私にとっては首相は秋田県人とは考えていません。でんでん大将さんのような土地に根を生やして活躍している方を尊敬していますし、秋田県人の1人だと思っています。本当に大将さんとは同じ気持ちです。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 世界を夢みて(208): サン・セバスチャン国際映画祭 2019年 | トップページ | 世界を夢みて(209): サンセバスチャンに到着(市内観光)No2 »