フォト

« 今週の生け花(令和2年9月第2週) | トップページ | 今週の生け花(令和2年9月第3週) »

2020年9月13日 (日)

世界を夢みて(208): サン・セバスチャン国際映画祭 2019年

このブログの記事をまとめたホームページを作りました。見て頂くと嬉しいです😃(ニライの夢:https://dreams-nirai.com )。

 

私がサン・セバスチャンを訪ねた2日後にはスペイン最大の映画祭、第67回サン・セバスチャン映画祭(スペイン語: Festival Internacional de cine de Donostia-San Sebastián、バスク語: Donostiako Nazioarteko Zinemaldia) 2019(9月20日〜28日)がこの地で開催されるため、その準備で街も活気づいているようでした💡

67

今やスペインを代表する女優「ペネロペ・クルス」さんが今回の映画祭のポスターに使われていました。後で判ったことですが、この映画祭で彼女は生涯功労賞にあたるドノスティア賞を受賞されたそうです。彼女の映画を観たのは確か「すべての美しき馬」「コレリ大尉のマンドリン」だったと思いますが、日本でも彼女を有名にしたのはトム・クルーズ主演の「バニラ・スカイ」だったのではないでしょうか? 「ボルベール 帰郷」「それでも恋するバルセロナ」・・などなどですね。

Th__20200530124901

カンヌ、ヴェネツィア、ベルリンに並ぶ歴史ある映画祭だそうです(私は余り知りませんでした😅)公式ホームも貼り付けて置きます(→https://www.sansebastianfestival.com/fototeca/index.php  )。なるほど私も見たことのある映画監督や俳優さんが沢山出ているようです。(↑)川向こうの四角い建物がメイン会場のクルサール国際会議場・公会堂です。

日本人の作品も多く出ているようでした。調べた限りでは、三池崇史監督 「初恋」、土井康一監督「よあけの焚き火 」、是枝裕和監督「真実」、新海誠監督 「天気の子」、渡辺崇監督「ル・ショコラ・ドゥ・アッシュ 」、深川栄洋監督「そらのレストラン」、しまだちえみ監督 「ちよ」と多くの作品が上映されるようです。内容は判りませんが、個人的には是枝監督とあの大女優のカトリーヌ・ドヌーヴとジュリエット・ビノシュが共演しているのは気になってしまいますが・・・

Th_a7308472

向こうに見えるのが映画祭のメイン会場のクルサール国際会議場・公会堂で橋の欄干もユニークで特徴的です

Th__20200530134901
橋を渡らず、反対側には歴史を感じさせるビクトリア・エウヘニア劇場があります。
Photo_20200530133701

ビクトリア・エウヘニア劇場を進むと、やたら長い名前のマリア クリスティーナ ア ラグジュアリー コレクション ホテル サン セバスチャンがあります。ここに泊まれる訳ではなくて、ここを載せたのはこの映画祭の時に映画スターなどが沢山泊まるホテルだということでしたので、覗いてみることに。
Photo_20200530133702
5ッ星ホテルだけあって中も本当に綺麗です。取りあえずロビーまでは入れましたが、それ以上の階に上がる勇気はなかったです😅

Th__20200530135501
ホテルの前を出るとこのような感じです。2日後には上のような感じでレッドカーペットがひかれて、映画スターや監督が歩くそうです(上の写真は実際はレッドカーベットはありません、私が写真に赤帯を着けただけの合成です)。一般の方は柵の向こうに立って身近で映画スターをみることが出来るようです。あと2日この場所に滞在できたらみれたのかも知れませんね😊・・・まあ私の場合は混雑がなくて街を楽しめたので良かったと思っていますが・・・😉

« 今週の生け花(令和2年9月第2週) | トップページ | 今週の生け花(令和2年9月第3週) »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

こちらは、ようやく秋の気配が感じられるようになりました。
昨日は久しぶりに街に出たので緊張しました。用事だけ済ませて大急ぎで帰って来ました。
ペネロペ・クロスは大好きな女優さんです。
「ボルベール」はあることにハッと気づかされた、忘れられない映画です。
話せば長くなるでカット(* ´艸`)

やはりサンセバスチャンは大都会。素晴らしいホテルですね。

おたまさん、こんばんは。

今日の沖縄は晴れた暑い1日でした。本土の方では9月に入ると次第に秋の気配を感じられるようになるのでしょうね。
私の方も、家と仕事場以外には出たことがありませんので、幽閉されているようで気持ちが晴れません😅

「ボルベール・帰郷」はペネロペ・クロスの代表作の1つですね。彼女の作品を最初に見たのは「コレリ大尉のマンドリン」だったと思います。ニコラス・ケイジもペネロペ・クロスもだいぶ若かったです😄

サン・セバスチャンは素敵な街でした。しばらくサン・セバスチャンも街について記載予定です。こらからもよろしくお願いします💖

こんばんは。
こちらでも映画祭があるのですね!
雰囲気だけでもお楽しみになられた事でしょう!
私も「コレリ大尉のマンドリン」は観ました。
後、観た映画があると思いますが〜?
サン・セバスチャンの長いお名前の素敵な🏨ホテル!
ロビーだけでもご覧になられて良かったですね!
続きを楽しみにお待ちしております。

マコママさん、こんばんは。

私はここに来るまで知りませんでしたが、カンヌ、ヴェネツィア、ベルリンに並ぶ歴史ある映画祭とのことです。確かに街の中も華やかになってきていました。映画祭の期間中は大変混雑するようです。 事前に分かっていたらこの時に日時を合わせたのかも知れませんが、ホテルなどを確保するのが難しいかも知れませんね。

「コレリ大尉のマンドリン」はちょっと切ないいい映画でした。映画祭の時にVIPが泊まるホテルは5ッ星だけあってロビーも素敵でした💖

おはようございます。
いきなり、綺麗な女性が現れました
ので、びっくりいたしました。
舞子も見たことのある女優さんです
サン/セバスチャン映画祭があった
のですね。
このブログのおかげでバスクを
調べてみましたが、食事にも観光
にもうってつけな場所ですね
これからも楽しみに拝見させて
下さい🍁

舞子さん、こんばんは。

私のブログでは基本的に人物の写真は出ませんので、ビックリされましたか? ペネロペ・クルスを使ったA4サイズのポスターがホテルなどにもありましたので、それを写真に撮影して来ました。

私もここに来るまで知りませんでしたが、ヨーロッパでも歴史のある映画祭の1つのようです。
サン・セバスチャンを始めバスク地方は魅力ある場所です。今は日本ではやたらと美食で有名ですが、歴史や文化はそれ以上に素晴らしいと感じました。

本当はそろそろ今年の旅行でしたのに・・・あと1年我慢です😭

こんばんは。

私もカンヌやヴェネチアの映画祭は知っていましたが、
サン・セバスチャン映画祭は初めて聞きました。
エキゾチックな美人のペネロペ・クルスは好きな女優さんの一人です。
「パイレーツ・オブ・カリビアン/命の泉」や「オリエント急行殺人事件」
などが印象的でした。
映画祭の時だとホテルは高くなるし満室になるし混むんでしょうね。
でも一度でいいからトム・クルーズとかレッドカーペットを歩く映画スターを観てみたいです。
ホテル・マリア・クリスティーナは上品でセレブに相応しいホテルですね♡
今回も興味深いお話ありがとうございました。

sharonさん、こんばんは。

カンヌとかヴェネツィア映画祭は日本でも有名と思いましたが、サン・セバスチャン映画祭については知りませんでした。しかしその映画祭の出典作品をみるとやはり大きな映画祭だと気がつきました。

ペネロペ・クルスさんは本当にエキゾチックな女優さんですね。パイレーツ・オブ・カリビアンにも出ているのですね。後でチェックしたいと思います。

一度は有名な俳優さんを見るのもいいと思いますが、凄い混雑でしょうね・・・私の場合はどんなに有名な俳優さんがいても街歩きを優先していると思いますので、偶然鉢合わせしない限りは見ることはないと諦めています😅

映画祭が始まったらこのホテルには入れないでしょうから、1階フロアだけ除いてみました。綺麗なホテルでした。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 今週の生け花(令和2年9月第2週) | トップページ | 今週の生け花(令和2年9月第3週) »