フォト

« 世界を夢みて(198):パラドール・オンダルビア宿泊記(部屋を中心に) | トップページ | 今週の生け花(令和2年7月第1週) »

2020年7月 1日 (水)

皆が大好きなサプリメントは本当に必要なの?

今日のFM放送「いきいきタイム」はビタミンについて説明をしました。これまで何度がビタミンについては書きましたので、今日は時間もなく新しい情報は特にありませんので、以前書いたブログの紹介がてら気ままに書いてみます😢

ビタミンが発見されてまだ100年しか経っていません(→http://omoromachi.cocolog-nifty.com/blog/2013/03/post-a453.html )。ビタミンの定義の1つに欠乏症が確認出来ていることがあります。

Th_c

歴史を振り返ると、大航海時代に長期航海をする船員達で海賊より恐れられていたのは、全身より出血し死に至る壊血病がありました。日本において日清戦争などでは戦死者の10倍以上を脚気で失っています。当時は誰も原因が判りませんでした。前者はビタミンC欠乏による壊血病で後者はビタミンB1欠乏による脚気です。

現在ビタミンは13種類あります(→http://omoromachi.cocolog-nifty.com/blog/2016/04/post-f458.html )。それぞれに欠乏症が確認されています。しかしこの欠乏が生じる環境は特殊な状況です。昔、長期航海に出て新鮮な食材が手に入らないため起こったり、副食が殆どなく脱穀した米と沢庵程度の日清戦争当時の兵隊ではビタミンB1が不足となってしまったのです。

では現代の社会はどうでしょう。逆に飽食の時代となっていますし、余程偏食でなければ、5大栄養素は足りているはずです。しかし、周りにはビタミン類やポリファノールなどのビタミン様物質(→http://omoromachi.cocolog-nifty.com/blog/2018/06/post-c72d.html  )などのサプリメントの広告がいっぱい溢れ、補充すれば今より元気に、今より美しくなるのではないかとインプットされています。

Th_105996 私自身もサプリメントで補充しても多くの場合は害にはならないので、あえて反対はしていません。 

ただ本当に必要なのと言われたら普通に食べていれば必要ないねとしかいいようもないのです。今は何処に行ってもサプリメントの広告で溢れています。ネットの内容や薬店などに行ってもその効能(有用性)しかうたわれていませんし、殆ど反対意見はでないのです。 

・・・今日は取り留めのない話となりましたが・・・私達は巨大広告の中で理論ではなくてイメージで踊らされているだけかもと考えてしまいます😅

・・・と言う私も「疲れた〜」といって栄養ドリンクの飲んだ後、オシッコの色と臭いで無駄に摂取したことを反省してしまうのです😢

« 世界を夢みて(198):パラドール・オンダルビア宿泊記(部屋を中心に) | トップページ | 今週の生け花(令和2年7月第1週) »

医療」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。
あ〜わたくし、無駄にサプリに頼っておりまする〜。
膝、腰痛いでコンドロイチン、グルコサミン!
眼に良いかと?ブルーベリーなどなど!
あ、ヒアルロン酸に核酸ドリンクも〜!
一応、かかりつけ薬剤師にはお話しておりますが?
主治医は黙認!ですね!
院長先生、きっと呆れていらっしゃる〜?

今月もどうぞ宜しくお願い申し上げます。

マコママさん、こんばんは。

マコママさんもそうでしたか! ええ確かにサプリメント大好き日本人は多いですね。恐らく病院の薬よりもサプリメントを飲んでいる方が多いかもしれません(実情は分かりませんが)。

サプリメントに関しては基本副作用がなければ私も黙認です😅。 余りに高額になる時にはやんわりと注意していますが・・・

そうゆう私も栄養ドリンクがあるとつい飲んでしまうのです😢

こんばんは・・・
今の時代にあればサプリの宣伝が多く、何だか飲まないと時代遅れになっていそうで
ついつい購入してしまいがちですね、俺も以前に少し飲んだことがありました。しかし、逆におかしくなったこともあり、今はまったく飲んでいません。それにしてもPRの巧みさ逞しさは凄いものですね・・・それにテレビの影響も新聞広告の見出しも大きいですね。

でんでん大将さん、こんばんは。

本当に、この時代はどこをみてもサプリメントの宣伝が目に入ってきます。美容に健康に若返りにと・・・あらゆるサプリメントが飛び回っております(笑)。

今やサプリメント業界は一大カルテル並みですね。悪い宣伝は殆ど目にすることもありません。私を含めた医者は、医学的に証明されていないことには良いとも悪いとも言えずに暗黙の了解となっています。

毎日のように見聞きすると、いつの間にかそれは正しいことと刷り込まれてしまう作用が広告にはあるのかも知れません。

まあ、信じるものは救われる的な効果もありますので、副作用がなければ私も黙認をしております😅

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 世界を夢みて(198):パラドール・オンダルビア宿泊記(部屋を中心に) | トップページ | 今週の生け花(令和2年7月第1週) »