フォト

« 今週の生け花(令和2年7月第1週) | トップページ | マスクと熱中症 »

2020年7月 5日 (日)

世界を夢みて(199):パラドール・オンダルビア宿泊記(ホテル全体の説明)

オンダルビア・古城ホテルパラドール宿泊(ホテル全体の説明:パラドールについて)に記したいと思います。以前、スペイン旅行でロンダのパラドールに宿泊したことがありますので、スペインのパラドールについてはここを参照して頂ければ嬉しいです→(http://omoromachi.cocolog-nifty.com/blog/2018/04/78-8ee1.html

Th_-3
パラドールとは、古い城や修道院をホテルとしてよみがえらせた、スペイン国営の宿でスペインで100近くあります。元々が重要な場所に建立されていますので、立地条件も最高で観光の起点となる場所が多いのです。 今回宿泊の「パラドール デ オンダリビア」は、980年に建てられた要塞で、その後16世紀にカルロス5世のお城として改築されたそうです。これをホテルに改築するのですが、外観は当時のまま残すようにしており、外観は武骨ですし、外壁には当時の戦争での銃弾や砲弾の跡なのでしょうか所々に窪んだ場所も確認出来ます。攻撃から守るために城壁も本当にぶ厚いです。
パラドールの正面玄関に入ると左側にはフロントがあり、右側から進むと裏側のカフェテラスへと抜けることが出来ます。ここは一般の方も入れますので、宿泊しない方も覗いてみては如何でしょうか?

Th_a7307990
フロントのある入口ホールは誰でも入れますが、それより中にはカードキーがないと入ることが出来ません。階段を3段上りカードキーで施錠を解除し、中に入ることが出来ます。 調度品も古い歴史を感じさせ、壁には中世の大砲や槍が飾られています。まるで歴史博物館にでも入った気になります。内部も昼と夜ではまた違いがあり、夜はイルミネーションやシャンデリアの光がありより幻想的な雰囲気になります。

元来が要塞なだけあり、頑強にできた外壁と共に内部も昔の石作を壊さないように丁重に改修されています。
Th_a7307848
壁にはこの様な王様の紋章など飾られています。


Th_a7307828
部屋に向かう前の1階にはレストランがあるようです。明日の朝食はここで取れるようです

Th_a7307846
吹き抜けの中央部分の中庭(パティオ)にはテーブルが用意されており、ビュッフェ形式の朝食も自分でこの場所に運んで食べることも可能です。
Th_a7307830
天井の部分が空いていて光が入って来ます。開けっぱなしではなくて上部はガラスで完全に被われており、雨は入って来ないようです。

Th_a7307989
この様に階段の部分も可能なだけ昔の外壁を残すように工夫されている様です。所々に昔の外壁がのぞいています。(ホテルの室内は前回のブログに記載しています→http://omoromachi.cocolog-nifty.com/blog/2020/06/post-6738e7.html  )

Th_a7307841
部屋から階下におりて来ると、ホテルの中からも2階のカフェテリアに出ることが出来ます(表の方から入るとフロントと同じ1階部分となります)。ここは宿泊していない一般の方も入ることが出来るエリアです。

Th__20200421104001
私はこの場所で注文しませんでしたが、このテラスからの眺めはやはり素敵です。利用した方の口コミをみても、値段もリーゾナブルで、店員の対応も良かったとのことです。もしもこのホテルに宿泊しなくてもオンダルビアに来られたら写真撮影をしながらここで一休みもいいかもしれませんね。
Th__20200705162701

Th__20200421110301
Th_a7307999
夜に街を散策後ホテルに戻ると、昼間とは違うホテルの外観にもため息が出ます。カッコ良いですよね👍 本当に自分が歴史のあるホテルに泊まっているのだという実感が湧いてきます✨️

Th__20200421110501
ホテルの窓からの夜景も美しく寝るのが惜しいぐらいです。手前がスペイン・オンダルビアで、奥の光はフランスのアンダイエの街の灯りです。

Th_img_3078
私が出かけた時に、日本人のツアーの方々もチェックインをしていましたが、時間帯が違うのでしょうか?私達が朝一番だったようで、朝食の場所も貸し切り状態で、とうとう食べ終わるまで宿泊客は誰も訪ねて来ませんでした。

Th__20200426175701
朝食を取るダイニングルーム(?)は中にも沢山の席がありますし、中庭に出て食べることも出来ます。

Th_parador-de-hondarribia

パンの種類やハムの種類も豊富ですし、フルーツにヨーグルト、ジャムなども幾つか種類があり選ぶことが出来ます。生のオレンジジュースもありました。赤ワインもありましたので、お酒が強い方は朝からワインが飲めるかも知れません。店内のディスプレイも綺麗にアレンジされています。武骨な外観に対して、内部は繊細で、色使いも優しい雰囲気でした。その当たりも評価が高くなりました⤴️

Parador-de-hondarribia
先ほどまで誰もいないと思いましたが、席に着くと係の方が暖かい珈琲とミルクを出してくれました。さり気なくカップなどにもパラドールの文字が見えて来ます。大人の雰囲気ですね😃

もしもオンダルビアを訪ねることがありましたら、このホテルはお勧めです✨️

« 今週の生け花(令和2年7月第1週) | トップページ | マスクと熱中症 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。
本当に素晴らしいホテル🏨に
お泊りでしたね!
パラドールはなかなか宿泊するのは
大変だと思います。
良くお調べになられた甲斐が〜!
充分な価値がございましたね!
朝食の豪華な事\(^o^)/
さぞ美味しかったでしょう。
ツアーでお泊りの方々、きっと
お高いツアーだと思います!
私達はいつも格安のJTBでした!

続きを楽しみにお待ち申し上げます。

マコママさん、こんばんは。

本当に素晴らしいホテルです。スペインのパラドールは本当にいい場所にありますし、オンダルビアのパラドールは内装も洒落ていて良かったです。

日本のホテルはとても値段が高いのですが、スペインのパラドールはそれ程高くありません。しかしながら人気のあるパラドールは眺めの良い部屋を確保するのが難しい場合もあると考えています。

朝食も素敵な場所でした。落ち着いた色合いで食事の種類も多くて良かったです。ただ美食の街ですので、本当にこの街の食文化を楽しむ方はホテルでの朝食ではなくて街に出かけて楽しむ方もいるようです。

小規模のツアーでしたら大丈夫でしょうが、20〜30名のツアーですと部屋の確保が難しい可も知れませんね。

もうしばらくオンダルビアが続きますが、宜しくお願い申し上げます💖

こんばんは。

このような所で宿泊出来るなんて幸せですね💕
日本でしたら、大阪城や名古屋城をホテルに
変えたようなものですもの(発想がおかしい?)
・・・そう考えると改めて凄いと感じて
しまいます。

特に夜にライトアップされる外観は堅固な要塞
そのものですね。それがあの宿泊室に変わって
いるのですから凄いですよね。

何時もomoromachi様から夢を頂いております
東京は感染者が増加し、Kもしばらくはライブ
ハウスに行けない日々が続いています😹

shiroyama.kさん、こんばんは。

凄く素敵なホテルに泊まれてラッキーでした。確かに、名古屋城や大阪城に泊まった程の歴史的な建物ですものね。そう思えば更に凄いことだと感じました😀
夜は昼と違いまた一段と美しく感じます。ヨーロッパの街並みはライトアップされて綺麗にしている所が多いです。

連日の東京都での感染者100人越えは全国に波及すると考えていますし、当然那覇市にある私達の病院でも心配で仕方ありません。Kさんもライブに行けずストレスが溜まりますね。 私も友人達の音楽を聴くことが出来ません。早くみんなで唄ってみたいです。

Kさんも頑張って下さいね💖

夜の外観の写真が素晴らしいですね。
矢張り、私は森を観ず木ばかりみているようです。
キョロキョロと探検して回ったのですが絶景が見渡せるカフェテラスには行きませんでした。バカバカバカ。

パラドールの魅力はその時代の歴史や気分に浸れるところだと思います。
古い時代の現物や面影を残し想像の世界へいざなってくれますね。
「石」と「紙と木」の建物の違いかも知れませんが、日本では惜しげもなく古いものが取り壊されて行くのは残念です。

おたまさん、こんばんは。

夜もまた美しいですね。いえいえおたまさんは沢山のことが出来るために色々なものが目に入ってくるのですよ。 

カフェテラスは宿泊者以外でも入れるようで、私が丁度降りた時にはカップルが写真を撮ったり、お茶を楽しいんでいましたよ。

本当ですね。歴史的な建物に宿泊することで、いったいどのような人々がこの階段を歩いたのだろうかと想像が膨らみますね。カルロス5世も同じ空間にいたのですね・・・

ヨーロッパを旅して感じるのは歴史の重さです。普通に住んでいる家庭でも築400年の建物を利用しているなんてよくあります。

これから日本も足元を見つめ直して良いものはいつまでも大切にして欲しいですね💖

こんばんは。

中世の槍が展示されている部屋や王家の紋章のタペストリーが飾られている部屋は
当時の面影を残しているのでしょうか。
天井がさり気なく補強されていますが雰囲気がありますね。
青空の見えるパティオでの朝食も気分良さそうです。
テラスからの海の眺めも最高!
ライトアップされたパラドールと群青色の空のコントラストも美しいです。
そして室内のレストランも大きなギンガムチェックの椅子とモノトーンに
差し色の赤いキャビネットが素敵。
やっぱり折角スペインに行ったらパラドールに泊まりたいですね。

sharonさん、こんばんは。

玄関から入ったホールなどは昔の面影が随所にあり、ホテルと言うより歴史博物館のような印象です。

本当に最高でしょう✨️ 室内のデザインは有名なデザイナーが手がけてとのことですよ・・・なるほどと思える造りでした。

外から見ても中から眺めても素敵なパラドールです。数多くのパラドールの中でもは人気が高いようです。

sharonさんも今度出かける機会があればパラドールお勧めです💖

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 今週の生け花(令和2年7月第1週) | トップページ | マスクと熱中症 »