フォト

« 高血圧と食塩(血漿浸透圧)との関係 | トップページ | 世界を夢みて(192): バイヨンヌ夜の風景 »

2020年5月15日 (金)

今週の生け花(令和2年5月15日)

今日は5月15日ですね。沖縄にとっては特別な日なのです。 沖縄県が祖国復帰を果たした日です。 今年はコロナ感染症で状況が・・と言うより世界が一変してしまう中でこの日を迎えることになりました。 48年前で、私は中学生でした。使い慣れていた米国ドルから日本円に変わり、変わった紙幣の感触の違いも今でもよく憶えています。いまでも復帰に対して賛否両論があります。 確かに沖縄は複雑です。 国土面積の約0・6%しかない県内には、今も在日米軍専用施設の約70%が集中する現実があります。しかし命の値が低くみられた治外法権下で生活するより日本国憲法で守られている方が安心なのです。この目で移り変わりを観て来た私は色々な世界の仕組みも敏感に感じることが出来たのかと考えています(単に思っているだけですが😢)。 

Th_img_3909

新型コロナウイルス感染症のお陰で、生け花クラブは全体で集まっての活動はなかなか出来ないと思います。その中で自宅でいけた花をいつもの2階のスペースに飾ってくれる職員がいます・・・ありがとうございます!

Th_2515
今週の生け花は真っ赤な花器に、小さな白い花が沢山咲いている伊集の花が飾ってあります。直線的な花器に一点ものの伊集を大胆に使っています。イジュ(伊集)は、丁度この季節、沖縄ではよく見かける花で、匂いもいいのですが、奄美以南にしか咲かないようですので、本土の方は観たことがないかも知れませんね。 ツバキ科ヒメツバキ属の常緑高木(20m近くまで育ちます)で、この梅雨の季節に沖縄本島の山原(北部)をドライブすると山の中でも白い花を頼りに見つけることが出来ます。

Th__20200514182201
沖縄の人々にとっては昔から琉歌にも詠まれて馴染みの深い花の1つです。月桃や伊集の花が咲くと梅雨の始まりを知らせると言われています。 沖縄で昔の人は、梅雨のことを「いじゅぬ木ぬ花あらいじみ(伊集の木の花を洗う水)」と表現していたようです。とても素敵でしょう💖

« 高血圧と食塩(血漿浸透圧)との関係 | トップページ | 世界を夢みて(192): バイヨンヌ夜の風景 »

」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。
今日は沖縄が祖国ヘ復帰した日なのですね。
何と1972年の7月に妹達と那覇を訪れておりました!
妹の勤務先での社員の夏休みツアーに参加してでした!

コロナウィルスのせいで記念式典も縮小されたと
報じておりました。

今週の生け花、何と素敵な事でしょう!
お花の名前も勿論、拝見するのは初めてですよ。
梅雨の事を伊集の花を洗う水とはロマンチックですね♥
今週もありがとうございました。

マコママさん、こんばんは。

5月15日は復帰記念日のことを覚えている年代では忘れられない日付となっています。 マコママさんはなんと復帰後直ぐに沖縄を訪ねたのですね。 その時は車はまだアメリカと同じ右側通行でした。1978年7月30日に沖縄県で右側通行から左側通行に変更になりました。

今日の生け花は、この時期の沖縄県を代表するイジュのお花です。甘い香りもいいんです。梅雨のことをイジュの花を洗う水とは本当にロマンチックですね💖

こんばんは。

お恥ずかしながら、沖縄の祖国復帰が5/15だったこと、
今日初めてしりました。(すみません…)
複雑な問題もあるかと思いますが、それでも沖縄が
祖国に戻ってきてくれて良かったなぁと素直に思います。

それにしても、伊集のお花、とてもすてきですね!!
今日のお花は特に、こころ奪われました。

以前沖縄を旅した時に、見ていたかもしれませんが、記憶がなく(^^;
わたしは東京ですが、自宅の庭で育てられたらいいなぁなんて思いました。

先生と、生け花クラブのみなさまに、いつも感謝です!
ありがとうございます。

omoromachi様、こんばんは。

新型コロナウイルス感染症と検察庁法改正法案で頭がいっぱいで、沖縄の祖国復帰の日を忘れておりました。当時は東京の新聞社で働いていましたので、このことは昨日のようによく覚えておりました。あれから48年になったのですね。今でも沖縄の方には大変な重荷を背負って貰っていることに申し訳なく思っています。

今週の生け花はこの日に合わせたような沖縄らしいイジュの花ですね。最後の梅雨のたとえの呼び方に琉球文化の高さを感ぜずにはいられません。本当に綺麗な生け花です。

おはようございます。

そうでしたね。あの頃は日本中が沸いていましたが
沖縄の方々にとっては並みならぬ喜びだったと思います。
それ以前私は在日米軍建設事務所(キャンプ座間)で
クラークタイピストとして、五年間お仕事をしていました。
準国家公務員でしたが、多少異国ムードに触れたことは
深い思い出になっています。
が、今もって沖縄の方々と米軍との関わりは複雑ですね。
アメリカに依存しなければならない日本の現状を解決するには
自国を守る強力な軍隊を備えることしかないのでしょうか。
戦争は絶対駄目と解っていても戦争に走る愚かな人間。
最近も国々の対立で嫌な雰囲気になっています。
暴走しないように祈るばかりです。

今週の生け花は堂々として凛々しく感じられます。
コロナが長引いていますが、最前線でお仕事していらしゃる
先生方には感謝感謝です。


アケさん、おはようございます。

5月15日は沖縄県の祖国復帰記念日です。今年はコロナの影響で縮小して再開されてようです。 ええ、復帰後も複雑な問題を残したままです。 文面にも書いてあるように、祖国復帰が出来たのは、米国の支配下で公正な裁判も受けられなかった時と比べたら、ずっといいのです。まだ平等とは言えませんが・・・

伊集の木は大木ですが、この季節に花が咲くと素人の私でも見分けがつきます。 アケさんの東京では育たないようです。 北限が奄美のようだと書いてありました。

生け花クラブの皆様に感謝です。今度生け花クラブのメンバーにお会いしたらアケさんからありがとうを言われましたよと伝えておきますね💖

信州の隠居老人さん、おはようございます。

私も昨日はコロナウイルス感染症と警視庁法改正案の行方が心配となってニュースを見ておりました。 まともな考えで法律を運用して欲しいです。

復帰当時は信州の隠居老人さんは東京の新聞社でバリバリの企業戦士だったのではないでしょうか? 丁度この時期に復帰は重なったのかも知れませんね。

伊集の花は梅雨時を代表とする沖縄のお花です。甘い香りも漂って来ますよ。 私も先人の梅雨の呼び方にロマンを感じてしまいます💖

ぴえろさん、おはようございます。

ぴえろさんと沖縄の関係も面白いですね。キャンプ座間でお勤めだったとは。 キャンプ内は小さな米国ですので、物品なども日本でみたことのないような物が並んだりするようですね。

日本の防衛は重要であることは基本的に多くの国民が共通した認識だと思います。そのための設備をどうするかとなると・・・自分のところは嫌だとしか表明しません。 ゴミの処分場と同じです。 ゴミの処分場がないと困るけど自分の近くには造られては困るとね・・・

今週の生け花は1つの花器に1種類の伊集の花だけです。青々とした葉に白い優しい花々・・・美しさと逞しさを感じさせてくれますね💖

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 高血圧と食塩(血漿浸透圧)との関係 | トップページ | 世界を夢みて(192): バイヨンヌ夜の風景 »