フォト

« 今週の生け花(令和2年5月15日) | トップページ | 今週の生け花(令和2年5月22日) »

2020年5月17日 (日)

世界を夢みて(192): バイヨンヌ夜の風景

このブログの記事をまとめたホームページを作りました。見て頂くと嬉しいです😃(ニライの夢:https://dreams-nirai.com )。
いつものように、慌ただしく移動して、南フランスのバスクの中心地バイヨンヌに宿泊。旅行のプランを立てると同時に宿泊地や宿泊する場所を捜しています。 ギリギリに申し込むと、ホテルには泊まれてもその部屋から希望する景色が見れないこともあるのです。夜中まで歩く私の旅のスタイルにおいては街の中心地を選ぶことが多いのですが、バイヨンヌは中心部よりも旧市街地が綺麗に見えるホテルにしました。ビジネスホテルと同じですが、部屋から見える景色は5ッ星以上のホテルに思えました。申し込む時点で「川から旧市街を眺める部屋をリクエスト」しました。そのホテルからも「了解」の返事は貰っています。
Th__20200313173801
部屋は小さいのですが、窓を開けると、上の写真の様な景色が広がっています。目の前を流れるこの大きな川はピレネー山脈から大西洋へと流れるアドゥール川で、バイヨンヌはこの川による大西洋と内陸の交通路として発展してきた街です。 大河の向こうが旧市街。なんと豪華なのでしょうか。ずっとこの場所で移り変わる景色を見てみたいのですが、旧市街での夕食と夜の散策もしたいために今回は秘密兵器を用意(笑)。既に前回のプログで紹介したように、タイムラインにセッティングして出かけました(https://www.youtube.com/watch?v=ElcF2YTMbp8 )。

Th__20200313173901
対岸のホテルからアドゥール川に架かるの手前から眺めると丁度日が落ちてゆくようです。

Th__20200313173902
まずはバイヨンヌのシンボルサントマリー大聖堂に向かいました。次第に街灯の明かりが輝いて来ました。

Th__20200313174001
30年前の旅行では片時も離せなかった地図も今ではスマホの地図アプリで自分の正確な位置が判ります。川沿いに食事を取るレストランなどが沢山あるとのことでしたので、そこに向かうことに・・・何故かお店のディスプレイも旅心をくすぶります。

Th__20200313174002
バイヨンヌの市場に出ました。やはり街の雰囲気を味わいやすいのは市場ですので、翌朝はちゃんとここも訪ねました。

Th__20200313174101
橋を渡り川の対岸にわたって歩いていると、建物の壁に描いているイラストが実にお洒落です。

Th__20200313174102
川沿いにある、レストランで食事を摂ることに。いつも料理の写真を撮る癖がないため、食べた途中で気が付きましたが、とても見せられる状態ではなく写真も撮りませんでした。残念!

Th__20200313174103
お店が出している川沿いのテーブル席からの眺めです。これだけでも食事の最高のおつまみになりそうです😅

Th__20200313174201
夕食を済ませホテルに戻るのですが、まだまだ沢山の方々が食事やお酒を楽しんでいました(21時30分頃)

Th_a7307439
旧市街から橋を渡ると今回宿泊の小さなホテルが見えて来ました。4階(フランスでは3階)の光が灯っている場所の右隣が宿泊した部屋となります(恐らくですが・・😓)。
Th__20200313174202

22時過ぎにホテルに戻ると、出かける前と違う雰囲気のバイヨンヌ夜の風景が楽しめました。アドゥール川は大西洋と繋がっているからなのでしょうか、時間ごとに水の流れが速くなったり止まったりしていました(干潮満潮によるものなのでしょうか?)。 橋の受けから釣り糸を垂らした方が何名かいて、10~15Cmの小魚が数匹捕れていました。 ここからは街の喧騒も聞こえず、静かな一時を楽しめました💖

« 今週の生け花(令和2年5月15日) | トップページ | 今週の生け花(令和2年5月22日) »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。
段々、夜の帳がおりてきて夜景が美しいですね!
前回、ご紹介下さった動画?と重なり、
川面に映る建物の煌めきがユラユラと素敵です♥
ホテルのご予約は大成功でしたね!
きっとお食事も美味しかった事でしょう(^o^)
続きを楽しみにお待ち申し上げております。

マコママさん、こんばんは。

ヨーロッパの古都の美しさは、朝、昼、夕として夜と違う景色を見せてくれることです。 時間時間で美しく変わる街を歩くのは本当に嬉しいことです。

このホテルは1万円ちょっとでしたが、部屋からの眺めは五つ星ホテル以上だと思いました。

川辺での食事は美味しかったのです。しかし食事を写真に撮る習慣がないので、食べ終わる頃に写真を撮ってないことを思いだしてしまいました😢 この景色を見ながら食べる夕食は素晴らしいです💖

omoromachiさん、1年ぶりです。
新型コロナウイルス感染症で大変の時期と考えております。その中でいつもながら素晴らしいブログを続けられておられて感謝致します(私はブログを始めましたが半年で終えてしましました)
私も引退後海外旅行を楽しみにしておりましたが、今年は行けそうにありません。年末にドイツに行きましたが、その時まではまさかこのような事態になることは考えてもみませんでした。

バイヨンヌは美しい所ですね。私どもはサンセバスチャンとビルバオは行ったのですが、ここまで足を伸ばせば良かったと後悔しています。これからの旅行記も楽しみにしております。これからもご活躍を祈っております。

Kamiyamammさん、こんばんは。お久しぶりですね。

私は惰性で書いているだけですので、余り有用なブログではありません。

Kamiyamammさんは引退後世界中を飛び回りたかったのですね。しかし今年は残念ながら自由にはゆきそうもないです。
クリスマスマーケットの時期にドイツに行かれたのですね。私もいつかクリスマス時期にヨーロッパ諸国を回ってみたいです・・・ただし寒さに弱いのでホテルで縮こまっているのかも知れませんが😓

スペインバスクにも行かれたことがあるのですね。私は今回が初めてのバスク地方です。フランスバスクの中心地のバイヨンヌも良かったです。もしも次回チャンスがあればボルドー当たりから入って楽しまれて下さい。
ありがとうございます。

こんばんは。

バイヨンヌの暮れ行く街並みはオレンジ色の照明と空の深い青のコントラストが
とても美しいですね♡
何となくゴッホの「夜のカフェテリア」を思い出しました。
レストランの外観の風情も素敵ですし、川面に煌めく夜景もご馳走でしたね。
時間の経過と共にバイヨンヌの様々な風景を堪能出来ましたね♡

sharonさん、こんばんは。

バイヨンヌの街自体が美しいのですが、それが光によって変化するのを見れたのは良かったです。

sharonさんが書いてあるように、色合いなどはゴッホが描いた「夜のカフェテリア」を彷彿させるかも知れませんね。
川辺のテーブルでこの景色を眺めて満足。その日は遅くからの食事になりましたので、食事が運ばれてきたら直ぐに食いついていまい(笑)、写真を撮るのを忘れてしまいました😢

夜も安全でしたので、遅くまで街並みを楽しむことが出来ました💖

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 今週の生け花(令和2年5月15日) | トップページ | 今週の生け花(令和2年5月22日) »