フォト

« 世界を夢みて(192): バイヨンヌ夜の風景 | トップページ | 世界を夢みて(193):バイヨンヌ街中散策 »

2020年5月22日 (金)

今週の生け花(令和2年5月22日)

コロナウイルス感染症のた全世界も慌ただしく、右往左往する日が続いています。日本においては多くの国民の努力で感染者の数は減少傾向にあります。しかしこの先の予想がつかないため、いくつものオプションを考えながら解除に向けての作業を進めなければなりません。 余計な作業や予算を費やしますし、ガウンやN95マスクや様々な医療器具の調達にも時間がかかります。私達の病院でも人間ドック・健診業務や内視鏡検査、呼吸機能検査を中止したり、外来や手術を制限するなど、日々混乱した状況の中で仕事をしています。6月に向けて少しずつ健診業務や内視鏡検査なども行う為に手順の見直しや、環境整備も行っていますが、また感染爆発が起こればこれらが全て白紙に戻ってしまいます😢
Th_img_3926

頭が混乱しそうな中でも、今週も2階のいつもの場所にお花が飾られていました。 思い切りホッと致します😃 もう一度頭を整理して、1つ1つの問題を少しずつ少しずつ解決してゆかねばなりませんね。違う状況が起これば、それに対応するまでです。
Th_2522_20200521150701
紅紫のグラジオラスが真っ直ぐ伸びるなかで、下段には梅雨の季節らしく2種類の違う紫陽花に、色の違うカーネーションが咲き誇り、それをオオタニワタリと蓮の葉(両方とも名前があっているかはっきりしませんが・・😰)の緑が鮮やかに支えています・

Th_2522_20200521150702
人間界のコロナ騒ぎに動ぜず、この花々は梅雨を待っていたかのように咲いています。一瞬でも、私もこの花のように心穏やかに過ごそうと思うのです💖
Th_2522
紫陽花、グラジオラス、カーネーション、蓮の葉?、オオタニワタリ?

« 世界を夢みて(192): バイヨンヌ夜の風景 | トップページ | 世界を夢みて(193):バイヨンヌ街中散策 »

」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。
緊急手術、お疲れ様でした。
お疲れの中でも生け花をご覧になられると
ホッとされますね。
今週は特に季節感溢れて素敵ですね!
グラジオラスにこのようなも色合いがあるとは存ぜず〜
深い色合いですくっとたち、足元を紫陽花などが
引き締めて素晴らしいですね。
今週もありがとうございます。

マコママさん、こんばんは。

お返事遅れました。ブログの記事は既に書いていたのですが、手術が終わってアップしました。
慌ただしい中でも、このように生け花があるとホッと致します。紫陽花は私の庭にも咲いています。梅雨時の沖縄に見かける花ですのであちらこちらで咲いているのかも知れません。
グラジオラスの花の色合い、シックで大人びています。綺麗ですね✨️
もう土曜日になっています。段々と曜日の感覚が無くなっています。また明日も頑張って乗り切って行きたいですね。 いつもありがとうございます💖

コロナ禍の中、緊急手術とはお疲れさまでした・・・
医療現場にあっては、なかなか予定通り進行等
ないのでしょうね・・・
俺たちが日々を安心して暮らしていられるのも
そうした医師や医療の関係者がおいでであれば
こそであり、感謝しております。

でんでん大将さん、こんばんは。

4月中旬から色々な場所で制限をかけています。がんや緊急手術は待つことが出来ませんので行っていますが、全身麻酔をかける時に飛沫感染のリスクもありますので、色々な防御を取りながら行いますので煩わしい手順が増えています。

私達にとっては院内感染が1番怖いので、見えない敵と戦うのは防御策をとるだけでも疲れてしまうのが現状です。 

早く潤沢に防御服やN95などのマスクが手に入ればいいのですが、節約しながら使うしか手はありません。

医療界だけではなく皆が大変な時期です。力を合わせて乗り切りたいですね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 世界を夢みて(192): バイヨンヌ夜の風景 | トップページ | 世界を夢みて(193):バイヨンヌ街中散策 »