フォト

« 世界を夢みて(188):山バスクの小さな村:アイノア村 | トップページ | 今週の生け花(令和2年5月1日) »

2020年4月29日 (水)

9月入学は慎重な議論と時間をかけて

今日のFM放送は音楽特集にしましたので、医療ネタはありません。しかしコロナ以外に気になる(?)ニュースも

都道府県の知事達が、4月が休校になったことに対して、9月入学を提言したとのこと・・・

単純に考えれば、確かにこの際9月入学もありかと・・・?

しかし、教育現場も今この時期は混乱が起こり、子供達をどうしようかと悩んでいると思うのです。 9月入学は学校だけの問題ではなく、ある意味私達日本の社会システムを変えなかればならないほどの大変革が求められるはずです。 

Th_9

単に学校で行われる行事を取り上げても大変そうです。 先ほど中止になった高校総体はどうするのか? 夏の甲子園ではなくて冬の甲子園となるのか? 入学時期や卒業式の開催時期は、秋の遠足は? 来春の受験はなしで夏受験なのか? 就職時期はどうするのか? ・・・そもそも今年の9月にはコロナウイルス感染は下火になり晴れて全国で入学式が出来る前提で考えているのでしょうか?

あらゆることを調整して初めて9月入学の検討だと思うのです。後、5ヶ月しかない段階、それもコロナウイルス感染で社会が未曾有の混乱にある中で、9月入学を叫ぶ知事達の姿には納得出来ない・・・というより馬鹿馬鹿しくてついていけないと言うのは私の本音です。

国の2020年度の補正予算をみても、将来のV字回復のための予算が今すぐにでも手当をしない福祉予算より大きいはおかしなことです。

まず、今をどうするか? 感染者を防ぐ手立ては、生活が困窮する人々への手当は、家庭内DVの対応は・・・・余りにも多くのことがコロナウイルス感染で引き起こされているのです。

こんな社会が混乱する時期に、更に現場が混乱するのは止めて、今日1日を乗り切る対策に全力を注いで欲しいと願っています。 私には今のこの時期での政治家の9月入学発言は「アベノマスク」と同じレベルの話に感じてしまうのです。

・・・今回も変な突っ込みを入れてしまいました。 私の心も余裕がなくなってしまっているのなら反省です😢

« 世界を夢みて(188):山バスクの小さな村:アイノア村 | トップページ | 今週の生け花(令和2年5月1日) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。
院長先生、色々と大変な事とお察し致します。

本当にそうですよね?
9月にスッキリとコロナウィルスが
終息しているかどうか?今の時期にわかりませんよね!
このままの状態で急ぐべき問題多々あり!

高齢、持病持ちのババもとても不安になっております。

又、離島へ平気でお出かけの方々!
理解できません!!

こんばんは。
私も同様なことを感じておりました。
どうして宮城県知事は9月入学制度が
このような状況下でやれると考えた
のでしょうか? 教育現場をみたこと
ないのでしょうか? 
入試制度で英語のヒアリングなどを
かえるだけでも1〜2年かかるような
ことですのにです。
本当に医療現場は大変と思いますが
omoromachi様の考えはまっとうだと
思います。心の均衡は保たれていると
感じますよ。これ方も本当に大変でしょう
が、お体に気をつけて活躍して下さい
いつもありがとうございます。

マコママさん、こんばんは。

今は何処も大変だと思います。医療現場は仕事量が増えることや自分自身の感染の心配、院内感染を起こす心配と心身ともに疲れる状況が続いています。

9月入学は世界の多くの地域が9月入学制度ですので、これに合わせる方が日本からも海外からも大学などが交流しやすいというメリットもあります。しかしドサクサに紛れてとはいいませんが、今の時期にやることではないと思いますし、タダでさえ大変な時期に更に負担をかけることになります。
今はコロナウイルスを完全に封じ込めて、早く終息に向かうことに全力を尽くしべきです。

今日の九州・沖縄地方のNHKニュースでは石垣に来た観光客が「○○県にいるより、石垣に来た方がいいので来ました」とのことを放送していました。 このような輩は許せませんが、全国ニュースでは何故かこの部分はカットされていました。 

自分だけ良ければという人間だけがコロナウイルスにかかるのであればどうぞ観光を楽しまれて下さいと言えるのですがね💢

ツクシンボさん、こんばんは。

ツクシンボさんも同じ様に感じて貰えて嬉しいです。そのように考えた方も多かったのではないでしょうか? 
今の教育現場の混乱のなかで、9月に向けてやれるかやれないかも分からないことも考えてカリキュラムを組み直しなさいなんで、到底無理なことです。
もう少しまともな知事かと思いましたがガッカリです。今日の大変なことに全力集中して欲しいです。
私の方もなるべくこのような時には冷静に物事を考えたいと思いますが、ついつい苛立ってしまいそうで反省しています。

こんばんわ・・・
omoromachi様の考えはもっともだと俺も思います。
学校だけを考えればそうした考えがあるかもあるかも知れませんが、それまでに
先ずは感染が終息できるかという点。また、企業の年度初めは4月であり
それに合わせての卒業がどうなるのか、今の社会では年度単位が4月から3月
ですから、学校のこともそれらを踏まえての考えが必要かと思います。単に
始業式・入学式を9月にやればということでは、どうにもならないと俺も
思います。その議論はこのコロナウイルスが終息してからにしてほしい
そう思います。

でんでん大将さん、こんばんは。

本当に、単に4月を9月にすればいいことではありません。本当に大きな改革が必要となります。 今現場の学校では休校の間の時間をどう取り戻せるのか、ネット配信での授業の取り組み、いつ学校が再開されるのかも分からない状態で手が回らない状況だと考えています。
今、この議論をする余裕も必要性もありません。コロナウイルス感染が終息してから、何年もかけて準備をする必要もあると考えています。 そもそも海外と合わせるために今の制度を変える必要があるのか、受験をそれぞれの高校で行えれば、冬の寒い時期に遠くにゆく必要もないと思うのです。

議論が尽くされてから、ぜい行って欲しいです。

医療現場も物資がなくて大変です。多くの方が仕事がなく現金収入が途絶え、家賃などが払えない状況です。政治はメリハリをつけて、緊急性のあることより解決する必要があると考えています。 9月の入学制度はどう考えても今は緊急性がありませんね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 世界を夢みて(188):山バスクの小さな村:アイノア村 | トップページ | 今週の生け花(令和2年5月1日) »