フォト

« 困難なトンネルの先には一歩進んだ未来が | トップページ | 世界を夢みて(188):山バスクの小さな村:アイノア村 »

2020年4月22日 (水)

今週の生け花(令和2年4月第4週)

4月に入り、新入職員のオリエンテーションなどで、生け花クラブの皆様方が使っていた多目的室(三密にはならないようにドアは開放にしていますし、密集することはありません)が使用されており、生け花は当分ないと考えていました。

「コロナ〜、コロナ〜」と頭の中でループしている中、2階のいつもの場所を通ったらなんとお花が飾ってありました。ビックリするやら嬉しいやらです💕💕


Th_img_3856

生け花クラブの催しは開かれていませんし、通常と違う日にこの2階に場所に飾られています。恐らく生け花クラブの誰かが自宅で飾ってきたものを運んでくれたと考えています(まだ誰にも聞いていませんので詳細は分かりません😅)

Th_244

とても嬉しいです。この場を借りてお礼を言いたいです。飾ってくれてありがとう!😃

Th_244_20200422194901

初めて見る花器の色合いがとても美しいです。それに豪華に紫が鮮やかな花菖蒲が乱舞しています。凄いエネルギーを感じさせてくれる花ですね。 私はいつも間違えるのがショウブなのかアヤメなのかなどです。皆同じ様に見えますが、中心部の模様をみれば判断出来るそうです。花菖蒲が黄色・カキツバタは白・アヤメは網目状の模様だそうです。ですのできっとこの花はショウブなのでしょうね(間違っていたら御免なさいです)・・・感謝・感謝!

« 困難なトンネルの先には一歩進んだ未来が | トップページ | 世界を夢みて(188):山バスクの小さな村:アイノア村 »

」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。
本当に嬉しくなりますね❤️
先週もなかったので仕方ないと思っていました。 花器の色合いと花シヨウブの紫色が素敵です❗
コロナでご多忙の院長先生も癒されましたね!
お心遣いくださった生け花クラブの方に感謝ですね🎵ありがとうございました。

マコママさん、こんばんは。

生け花クラブは開かれていないと思いましたので、飾られるのをみてビックリしました。本当に有難いことです。

このように飾ってくれた生け花クラブの関係者にお礼を言いたくて、この記事をアップしました。 花菖蒲の紫が本当に美しくて素敵ですね✨️

いつもコメントを頂き本当に感謝致します。私もお花からもマコママさんからも元気をもらいました💖

こんばんは・・・
毎日のニュースをみるだけで心が重くなる昨今ですが、その第一線で立ち向かって
おられる医師の方々、そして看護や介護をされておいでの皆々様には、本当に
感謝の気持ちを送らせて頂きます。
ひとつのウイルスによってこんなにも人間関係がもろいものだったとは・・・とそんな
気持ちになっています。「絆」が叫ばれて10年、今度は「離れよ」「間をあけろ」とは
肌寒い世の中に一変しました。こうしてみるとやはり”平穏無事な生活”ほど幸せな
ことはないなとつくずくとそう思います。
暗く重いこころを癒してくれますね・・・花は。飾って下さった方々もまた、院内の
みなさんへの感謝の気持ちなのでしょうね・・・

でんでん大将さん、こんばんは。

ずっとコロナ関連のニュースですので、気が滅入ってしまいそうですね。何一ついいことを見つけることが難しいのが実情です。 いま沖縄はどうにか持ちこたえている状況ですが、東京などは大変だと想像します。

常にストレスを浴びていると、小さなことでも苛ついたりして、人間関係も悪化してしまいます。どうにかそれを防がねばと考えています。

私自身も苛立つことは有りますが、そのような時に、15歳や18歳で戦争で命を落とした叔父さん達のことを考えています。 私達が生まれる少し前に15や18で爆弾を抱えさせられ走らされた若者のことを思うと「今の状況なんて」と自分に言い聞かせているのです。 叔父さん達が守ってくれているように感じるのです。

今週のお花は思いがけず飾ってありましたので、想像ですが生け花クラブの誰かが自宅でいけたものを持って来てくれたのかも知れません。本当に有難いことです。

大変ご無沙汰致しております。
ケンシロウです。

昨今の医療関係者のみなさまの困難に立ち向かう勇気を思い、ふと先生の事を思い出しました。
久しぶりにブログを訪問して、少し記事を読ませて頂きました。
現場から発信される先生の言葉にどれだけ多くの人が勇気を分けてもらえただろうと思います。

困難な状況の中、頑張ってくださいという言葉しか持ち合わせていない事がもどかしいです。
他に言葉がありません。
また、時々訪問させて頂きます。

ケンシロウさん、こんばんは。

久しぶりですね。お元気でしたか?

多くの医療関係者の方々が頑張っていると思います(私も少しですが頑張っています😅)。 
まさかこのような状況になるとは想像もしませんでした。今は医療従事者もそうですが、色々な方々が踏ん張って生き抜いて行かねばならないと思います。

まだまだ先が見えない状況ですので、いま息切れするわけにはいけません。人々が英知を絞り出して協力し合えばきっと上手くゆくと考えているのです。

ケンシロウさんもどうか頑張って下さいね。コメント頂きありがとうございます。お休みなさいです✌️

こんばんは。

沖縄の花菖蒲は時期が早いんですね。
美しい色合いの花器と花菖蒲の鮮やかな紫がとても調和して見えます。
この荒んだ状況の中で花を生ける心が素晴らしいですね。
またそれによって多くの方々が癒された事でしょう。
花菖蒲の花言葉は「優しい心」とか「嬉しい知らせ」だとか・・・
お花を生けた方の優しさが嬉しい知らせをもたらすといいですね♡

sharonさん、こんばんは。

もう花菖蒲は咲いているようです。はやり南国ですので早いのでしょうね。ただ今年は例年と比べて春先の気温が上がらない沖縄です。

花菖蒲の花言葉は「優しい心」とか「嬉しい知らせ」なのですね。知りませんでした。本当に優しい気持ちになりましたし、早くコロナに打ち勝って嬉しい知らせを聞きたいものです。

やはり私が想像していた通り、生け花クラブのメンバーが自宅で生けた花を持ってきて飾ってくれてとのことでした。本当に有難いことです。 少しでも希望を持って前に進みたいですね。

先生、お疲れ様です。
今日は、美しいブルーのお花たちですね。
シンプルになりそうな花菖蒲を、ゴージャスな模様の花器で
華やかにまとめられていますね☆

このところ、昔から持っていたけど読んでなかった
配色の本を、じっくり読んでいます。色彩の本です。
こんな時でないと、家にじっといないので(-_-;)
今日も、ありがとうございました。
先生も、お疲れが出るころかと思いますので、
ゆっくりとなさって(そう、出来ないのでしょうが…)
くださいね。

由津子さん、こんばんは。

今回は生け花クラブの活動ではなくて、クラブのメンバーが自宅でいけた花を飾ってくれています。この花器も素晴らしいのですが、個人の持ち物だと思います。

花菖蒲と千年木のシンプルな花材ですが、それを上手く組み合わせてゴージャスな造りになっていますね。

由津子さんは、この時間に色彩の勉強をなされているでしょうか? 私は美的感覚がありませんので、色の組み合わせを知らないのです。由津子さんのように絵が描ける方が羨ましいです。

この時期ですので、色々とストレスが溜まってしまいます。職員が色々な不満をぶつけてくることもあるのですが、トップに立つ人間としては自分自身で怒りを収めないといけないと思っています。 時々生け花に不満を聞いて貰っているのでしょうか😅  長い戦いになると思いますが乗り切ってゆきたいと願っています💖 

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 困難なトンネルの先には一歩進んだ未来が | トップページ | 世界を夢みて(188):山バスクの小さな村:アイノア村 »