フォト

« 今週の生け花(令和2年3月1週) | トップページ | 東日本大震災から9年 »

2020年3月 8日 (日)

世界を夢みて(183);ルルドのローソク行列

このブログの記事をまとめたホームページを作りました。見て頂くと嬉しいです😃(ニライの夢:https://dreams-nirai.com )。

 

ルルドの街を歩きながら、ピレネーの山麓から振り下ろす風、ポー川からの水の音、そして聖域の建物を歩くと、無宗教家の私でもいわゆるパワースポットのような空気感、不思議さを感じました。人はなぜ祈るのか? 多くの観光地と違うのは町中で車いすの方が多かったりストレッチャーに近い状態でボランティアの方が車を押していたリする光景でした。

4月から10月15日まで毎日、午後9時から10時までの1時間、聖母マリア像を先頭に、沢山の言語で祈りが捧げられます。ローソクを手にした人々が賛美歌を歌いながら聖域を1周し、教会の前でミサが行われます。ルルドの町中でこの行列用にローソクが売られています。信者以外でも列に加われますが、私はあくまで傍観者として、ローソクも持たずに行列が見渡せる、教会のテラスから眺めることにしました。

Th__20200226145001

今回は静止画よりも動画の方がこの光景を想像しやすいと思いましたので、ビデオ動画にまとめてみました。宗教の良い面も悪い面も当然あるのでしょう。それ以前に「祈り」はあったと思うのです。人間が想像力を持ったこと、そして自分を含め自分と関わる人や物への慈しみや愛情が祈りを生み出した原点かも知れません。観て頂いた方々はどのような想いを持たれたのでしょうか? (https://youtu.be/4-0zY36jq8g)

 

« 今週の生け花(令和2年3月1週) | トップページ | 東日本大震災から9年 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。
ルルドのローソク行列、
動画でその雰囲気が伝わって参りました。
実際にこの場に立たれた院長先生の
感動は想像に絶するものだったと思います。
宗教の力?信じる心?それぞれの思いが
込められているのでしょうね!
貴重な体験をなさって本当に良かったです!

マコママさん、こんにちは。

ルルドを旅行先に決定した時点で、このルルドのローソク行列を観てみたかったです。その為に宿泊ホテルもこの聖域の近くにとりました。

この行列については静止画では伝わりにくいだろうと思い、動画にしました。結構写真を撮りながら要所要所は動画も撮影しているのですが、なかなか動画まで整理することが出来ずにいます。

無宗教家の私でさえ一心に祈る人々の熱意が伝わる素晴らしい経験でした。 

いつもコメント頂き本当にありがとうございます💖

はじめまして、典丈と申します。

私もフランスへは三度ほどゆきましたが何時もパリを中心たした旅しか(ツアーですが)経験がありません。
南フランスも興味がありトゥールーズ編から楽しんでおります。

特にルルドはどのような感じか関心を寄せておりました。
画像も素晴らしい動画でロウソク行列の雰囲気もとても伝わってきました。

宗教心を持つことはいいことだと思うのですがそれによる争いもずっと続いているのですから私もわかりません。

これからも楽しみにしております。ありがとうございました。

Noriyamaさん、こんばんは。

Noriyamaさんは3回フランスの旅をなされたのですね。私も3回目ですがメインはバスク地方でした。その旅程にトゥールーズやルルドがありましたが、想像以上に素敵な場所でした。

カトリックの信者さんからは賛同できない内容かも知れませんので、心配しておりました。面からするとNoriyamaさんはクリスチャンではないようですね。

私は外科を担当して、多くの患者さんを看取って来ました。その時に思うのは本当に宗教を持っている方は最後にうろたえることなく過ごしていることにいつも尊敬の念を抱いております。

宗教という組織的なことになると宗教間の争いも2000年以上続いているのですから宗教が解決出来ない部分も多くあるのでしょうか?

これからもしばらく南フランスが続きますので、次回フランスの旅の時には南フランスも旅先に入れて下さいね。

これからも見て頂ければ嬉しいです。

こんばんは。

ルルドのローソク行列は厳かな雰囲気の中、粛々と行われるんですね。
動画でその様子が良く伝わりました。
これだけ大勢の方々がローソクを持って集う・・
現地でご覧になると、きっと荘厳で幻想的な光景だったのではないですか?
しかもこれが4月から10月中旬まで毎晩繰り返されるとは驚きです。
信仰心の強さを改めて感じました。
貴重な動画をありがとうございます。

sharonさん、こんばんは。

語彙力のない私の説明よりも動画の方がローソク行列の状況が伝わると思い作ってみました。

私の想像以上に多くの方が参列していました。特別ではなくてこれが4月から10月まで毎日行われることにはビックリ致します。ピレネー山麓ですので冬は寒くてやれないと思いますが、きっと礼拝堂などでは毎日のように祈りが捧げられていると思います。

信じることの強さや希望をみている気がしました。

観て頂きありがとうございます💖

omoromachi様ご無沙汰しております、Kです。

You-Tube動画をみました。ルルドのが病める
ものの巡礼地になっていることが理解できた
気になりました。

祈りについて私なりに考えていたこともあったの
ですが・・・omoromachiさんが書いてあることに
ドキッとさせられています。

「人間が想像力を持ったこと、そして自分を含め
自分と関わる人や物への慈しみや愛情が祈りを
生み出した原点」・・・

想像力を持ったことが祈りの始まりかも
知れませんね。すこしジョンレノンの
「イマジン」を思い浮かべてしまいました

いつも感動をありがとうございます。

shiroyama.k さんおはようございます。

お元気でお過ごしですか?
ルルドのローソク行列といっても写真だけではピンとこないと思い、動画にしてみました。人々の動きや歌や祈りが聞こえる方が雰囲気が伝わる考えています。

人間が頭脳を持ったから明日のことを想像し祈りることが出来たと考えます。これが他の動物との違いだと思っています。

ジョン・レノンのイマジンですか・・・やはり想像することの大切さですね。

Kさんの東京でもライブ活動は自粛しているのでしょうか? しばらくは唄いにくい環境が続きますね。頑張って耐えしのいでゆきましょう💖

初めまして、野田と申します。
私どももヨーロッパ旅行が好きで、妻と2人で年に2回ほどヨーロッパの旅行に出かけております。二人ともリタイヤしておりますので、時間はありますが金がありません(笑)。
omoromachi様のように個人旅行ではなく格安ツアーでの旅行です。
5年程前にフランス周遊の旅でアビニヨンなどには立ち寄りましたがルルドには行ったことがありません。
私が想像していたルルドのイメージではなかったのですが、今回の動画をみてやはりカトリック最大の巡礼地である事が理解出来ました。
昨年はスペインとイギリスを行きましたが、今年は4月の予定の旅行もキャンセルになりました。早くコロナウイルスが収まって安心して旅行がしたいです。

長文大変失礼致しました。どうかこれからも宜しくお願い申し上げます。

nodameさん、おはようございます。

nodameさんご夫婦もヨーロッパ旅行が好きなのですね。私も最近から年に1度のヨーロッパ旅行を再開しています。30代後半から50代後半までは旅行すら行けない状況でしたが、この様に行けるように嬉しく健忘録としてブログに書いています。

ご夫婦でリタイア後に年2回の旅行に行けて羨ましいです。私もnodameさんを目指して頑張りたいと思います。

アビニヨンはどうでしたか? 私は20年ほど前に行きました。途切れた橋の上で「あの歌をうたいましたか?」

ルルドのキャンドル行進は私も想像した以上に大規模でした。これが毎日行われるとなるとどれだけの人が訪れるのかと考えてしまいました。

コロナウイルスの影響で4月のツアーはキャンセルでしたか・・・残念ですが仕方ないですね。世界の流行が抑えられることを期待しています。

また寄って頂ければ嬉しいです💖

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 今週の生け花(令和2年3月1週) | トップページ | 東日本大震災から9年 »