フォト

« 世界を夢みて(183);ルルドのローソク行列 | トップページ | 今週の生け花(令和2年3月第2週) »

2020年3月11日 (水)

東日本大震災から9年

あの未曾有の東日本大災害から9年目を迎えました。あの日いつものように朝出勤。東北地方で大地震が起きた緊急速報を聞いて初めて巨大地震があったことを知りました。そして暫くしてテレビを観ると、大津波が東北地方を襲うニュースが流れました。現実のように受け止めることが出来ませんでした。本当に多くの尊い命が失われました。地震や津波で先ほどまで普通に暮らしていた家や身近な人が消えてしまいました。その喪失感はいかばかりだったのでしょうか。この経験やその後の生活を思うと申し訳ない気でいます。9年経っても未だに避難をされている方々が4万7千人もおられるそうです。

地震は防げようもありません。しかし未だ故郷に帰れない方も多くいらっしゃいます。風評被害で農業も漁業も壊滅的な被害をもたらしました。それは福島第一原子力発電所の事故です。これは私達が作り出した事故だったと思うのです。 

この原子力発電で作った電力は東京を支えていたのです。沖縄もそうですが、大きな人口を支えるために、人口の少ない場所に、自分達では受け入れたくない施設が集中する現実があります。

原発事故は単なる災害ではなく、その復旧に何十年何百年かかるか知れない途方もない時間と費用、復興さえ出来ない場所を作り出したのです。東京オリンピック招致の時に「原発の状況はコントロールされている」と訴えた方がいました。未だに核燃料を取り出すどころか汚染水の問題も解決できていません。 東京オリンピックが決定した時に私自身も嬉しく思えました。 そのオリンピックを復興オリンピックにすると言っていました。 しかし発展するのは東京です。 そのスピードと比べたら東北の被災地の復興はまだまだです。 この差は何だろうかと考えるのです。 物も人も集中する東京、地震発生後は液状化の心配もあり沿岸部は避けられてはずですのに、次々に新しい高層マンションが建ち並ぶ東京。 

東京だろうが、福島だろうが沖縄だろうが、住んでいる人々は真面目にコツコツと日々の生活を送っていると考えます。ただ1部の人達により色々な格差がこの日本で広がっている気がして危惧しています。

先週、双葉町の1部が避難区域から解除されたニュースがありました。とても嬉しいことです。JR常磐線の双葉駅周辺を中心に東京オリンピックの聖火リレーが走ることが決まったとのことです。 嬉しい反面私には引っかかった点もありました。 聖火リレーを通すために1部の解除を進め、復興したかのように見せかける演出ではないかと。本当の復興とは違う力が働いているのではないかと感じるのです。 本当に「東京オリンピック=復興オリンピック」なのでしょうか?

この様な内容を書くことへのためらいもあります。しかし今なお復興とは遠い存在である場所の方々、ふるさとに帰れない方々のことを思うと、まだまだ言い続けなければならない忘れてはいけないと思うのです。

数年前に童謡の「ふるさと」をブログにも書いたことがありました(http://omoromachi.cocolog-nifty.com/blog/2014/03/post-8db5.html )。その時のyou-tube動画を貼り付けておきます。美しいふるさとの風景が蘇って欲しいです。

 

« 世界を夢みて(183);ルルドのローソク行列 | トップページ | 今週の生け花(令和2年3月第2週) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

先生、今晩わ。

あの日からもう9年もたったのですね。
今日はテレビデで,特集を見ていました。
多くの方が肉親や友人を亡くされ、今なお避難生活を送られているなんて、
本当に気の毒で言葉もありません。
私は74年間生きてきて、幸せな事に災害にあって大変な思いをした事がありません。
何か、申し訳ない気持ちで一杯です。
災害にあった皆さんが一日も早く、元通りの生活に戻られる事を祈るばかりです。

ふるさとの歌はしみじみとした、いい曲ですね。
私の好きな歌の一つです。
自分自身の子供の頃が思い出されます。

こんばんは。
9年経っても故郷に帰れない方々を思うと、
申し訳なく思います。
今の生活には電力は欠かせませんが、
この先は原子力に頼らずに行く道を。。。

こんばんわ・・・
子どもの頃には何とも思わなかった歌「ふるさと」ですが、
年になったということでしょうか・・・じんわりと胸に響きます。
ギターと甘い声も相まって、じっくりと拝聴させて頂きました。
あの大震災から9年ですね・・・震災については先生と同じような
思いも持っています。地方に住んでいると言うひがみだけでは
ないと思います。

ガルボさん、こんばんは。

あれから9年の歳月が流れました。地震それに引き起こされる津波の破壊力は想像力を超えていました。その場にいた方々は、身近な人を失ったばかりでなく故郷自体も消失してしまった辛い経験をされてことだと想像致します。

私達の病院からその後災害ボランティアとして5人の職員が現地に向かいました。しかし私は何もせずに彼らを送り出すだけで現地で活動をしていません。 せめてこのことを忘れないようにしたいと考えています。

「ふるさと」は私が高校卒業後、何度も医学部受験に失敗しながらも支えてくれて曲です。全てをなくしかけた時にも故郷の思いは私を支えてくれました。 

東日本大震災で被災されて方々が早く心のふるさとを取り戻して欲しいと祈っています💖

マコママさん、こんばんは。

9年経っても故郷に帰れない方がいらっしゃいます。地震は天災ですので防ぐことは出来ません。しかし地震があっても故郷の土地を踏むことは出来ます。しかし放射能はその土地に入ることさえ許してくれません。

私達の生活は電気なしでは考えられません。しかしその便利な電気を都会に送っていたのは、田舎にある村なのです。 国会の近くにこの原発があれば、この大震災を境に日本から原発は既になくなっているはずです。

利権がらみで脱原発に舵を切れない日本の政治にはウンザリしてしまうのです。

未来の子供達の為にお金はかかっても再生エネルギーの利用を促進して欲しいですね💖 

でんでん大将さん、こんばんは。

あれから9年が経ちました。私は5年前に被災地を回りました。学生時代の旅行やその後の学会などで立ち寄った東北沿岸の変化を目の当たりにしました。

私も大将さんも田舎で生まれ育ちましたので「ふるさと」の曲は私達の根っこの部分にある詩なのかもしれません。

田舎にいると、被災地を含めた地方と東京の開発のギャップを感じてしまいます。 よくニュースなどを観ていても、どこどこの再開発だとか、どこどこの新しい駅ができたと・・・・これ以上過密な都市を更に人で満たしてしまうに感じてしまいます。
恐らく私達が10代や20代ならこの東京に憧れたことだと思います。地方に住んで日本の全体像が見れるようになると、一極集中の日本の危うさも感じてしまうのかも知れません。
きっと大将さんと同じ様に東京を見ているのだと思います。

こんばんは。

東京から信州に戻った翌日にこの地震がありました。
かなり揺れを感じましたが、あのような大津波がその後
東北沿岸を襲うことは想像しませんでした

東京にいた頃の同僚の中には故郷にもどり震災で
亡くなった方もいます。
在職中はずっと東京でしたので、今でも多くの仲間が
東京にいます。 やはり田舎に引っ込むと東京と
地方の差が歴然としてしまいますね

omoromachi様の書いてあることは私も同様に考えている
ところです。

ふるさとの唄声本当に優しいです。聞き直しています。

恐らく病院で新型コロナウイルス感染に対しても大変な
時期とおもいますが、このような記事をアップして頂き
ありがとうございます。

信州の隠居老人さん、おはようございます。

あの地震と津波の被害の映像は今でも目を疑うような光景でした。津波の破壊力の凄さを思い知らされた気がいたします。

現役時代は東京での生活で、多くの仲間やその1人が震災でお亡くなりになったのですね。やはり身近な方が亡くなると辛いですね。

この様な鎮魂の日に政策を非難するのはと考えたのですが、やはり一極集中の東京と比べ「復興五輪」などの言葉に利用されただけで、置き去りにされた感が私にはあったので記載しました。

コメント頂きありがとうございます。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 世界を夢みて(183);ルルドのローソク行列 | トップページ | 今週の生け花(令和2年3月第2週) »