フォト

« 今週の生け花(令和2年3月第3週) | トップページ | 咳喘息とコロナウイルス感染症 »

2020年3月22日 (日)

世界を夢みて(186):ラ・リューヌ鉄道(Petit train de la rhune)

このブログの記事をまとめたホームページを作りました。見て頂くと嬉しいです😃(ニライの夢:https://dreams-nirai.com )。

 

ルルドからバイヨンヌへ向かう1日の行程でもしも天気がよければ、フランスとスペインの国境にあるラ・リューヌ峰に登ることを予定していました。ルルドの宿泊時にネット検索すると明日のラ・リューヌ付近はまあまあの天気のようです。早朝ルルドを出発して天気がいい午前中に先にこの峰の出発点のラ・リューヌ鉄道駅に向かいました。今日も1日忙しい日になります。

Th__20200301161301


ラ・リューヌ頂上はフランスとスペインの国境にまたがり、開けていてレストランや展望台があるとのことで、鉄道やハイキングで頂上まで登る人も多いとのことです。

Th_a7307080

比較的早い時間に到着し、直ぐに往復のチケットを購入しました。ネットで調べた時には事前に買うことも出来るそうですが、夏場は混んでいて2時間待ちもあるとのことでしたが、私の方は駅に到着後、すぐに次の便に乗ることが出来ました。

Th_petit-train-de-la-rhune

ホームに入ってくる電車は可愛らしい茶色のレトロな電車でした。一つの機関車に2両編成ほとですが、行きも帰りも同時刻に2台の列車で出発となっています。自由席ですので思い思いの席に着席です。

Th_a7306995

山頂を往復するラ・リューヌ鉄道(Petit train de la rhune)は1924年に開通したアプト式登山列車で、時速8〜10キロ程度の速さで、全長4.2キロの山道を30〜40分をかけて昇り折りします。優雅な車体は開通当時の姿のまま。

Th_petit-train-de-la-rhune_20200301152701

Th_a7307074

頂上のラ・リューヌ峰La Rhune(高さ900m)はピレネー山麓とバスク湾を一望するバスク地方の聖なる山で、人気の観光スポットです。ハイキングコースもあり、健脚な人や散歩を楽しみたい方は歩いて昇るようです。途中途中には馬や羊などが放牧されていて、木陰で休んでいる光景を目にしました。

Th__20200301153801

標高905メートルの山頂からは、片方にピレネー山脈が広がり、もう片方にはバスク湾が見渡せます。これからの予定となるフランスバスクのビアリッツやスペインバスクのサン・セバスチャンなどの沿岸まで見渡すことができます。

Th__20200301155501

以前テレビ番組でみたことがあるのですが、ここを訪れる地元の方や登山者もフランスとスペインの境界を知らない方が多いとのことでした。上の何気なくおいてある石が国境線です。ですのでこの石にまたがっていたら、スペインとフランスを制覇したことになります(笑)。 多くの方が国境を意識していないようです(もともとバスクはスペインとフランスをまたいでいますし、スペインもフランスもイギリスと違いEUですので更に国境の感覚が無いかも知れませんね)

Th_a7307020

頂上から内陸側のピレネー山麓を臨むとこのように山々が連なっています。

Th_a7307053
山頂から大西洋を望むと海岸沿いが綺麗なフランスおよびスペインのバスク沿岸が見渡せます。写真の海岸沿いの右側(北側)にあるピアリッツを経由してバイヨンヌ宿泊予定です。

Th_a7307045
頂上にはレストランやティーハウスもあり、ノンビリと食事もとることが出来ます。私は時間が無いため、60分程度頂上にいるだけで帰るの電車に乗り込むことに決めていました。散策後、頂上のレストランで飲み物とパンを買って、電車が到着するまでに駅の待合で食べることにしました。
電車に乗り込み降りて行きます。短い時間でしたが天気もよくて気持ちよりレトロな電車の旅でした。降りて直ぐにフランスの「もっとも美しい村々」に登録されたサール村Sarreやアイノアなどフランスバスクの可愛らしい村々を通って今日の宿泊地のバイヨンヌまで出かけます。

« 今週の生け花(令和2年3月第3週) | トップページ | 咳喘息とコロナウイルス感染症 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。
美しい景色とかわいいらしい登山電車を楽しまれましたね!
スペインとフランスの国境を制覇!
お天気も最高\(^o^)/
日頃の行いの良さの表れでしょうね!
ルルドからバイヨンヌ迄、結構?距離が〜?
次も楽しみにお待ち申し上げております。

再びお邪魔します^^

先生はお忙しいのに精力的にUPしていらっしゃるので
中々追い付きません^^;
ラ・リューヌでも駆け抜けていらっしゃいますね。
また駅舎の可愛らしいこと❤
登山列車も景色がよく見えて風を感じられるタイプ。
標高が低いので皆さん軽装でハイキングされてますね。
お天気も良く、開けた眺望が素晴らしい!
次の美しい村々や宿泊地のバイヨンヌ、楽しみにしています♪

マコママさん、こんばんは。

この場所は天気がよくなければ、恐らくだだ登っただけになりそうでしたので、前日の天気予報を見て決定することにしていました。そしたら午前中は天気が良さそうとのことでしたので、先にこの登山鉄道に乗り込みました。
登山列車も鉄道駅も可愛らしかったです。観光シーズンには行列ができる人気観光地のようです。
ルルドからバイヨンヌまでは思ったよりも近かったです。地図で見るともの凄く長そうですが・・・

次は可愛らしい村々を紹介致します。また見て頂ければ嬉しいです💖

sharonさん、こんばんは。

私はきっと皆様方が思っているより暇なのです😅。 突発的な破壊力はないのですがコツコツ続けるのだけは以外と平気です。
旅行では沢山写真を撮って来ましたし、なにより私は行けただけで幸せ者なのです。なかなか行けない海外ですので、多くの方にこの美しい景色をシェア出来たら嬉しいと考えて続けています。

登山列車の窓は低めで、窓もオープンでしたので前後左右とも見晴らし十分でした。
多くの方がリックを背負って登っていました。最高のハイキングコースかも知れません。

これからも可愛らしい村々や、バイヨンヌもよかったので見て貰えたら嬉しいです。いつもありがとうございます💖

先生、お疲れ様です。
こんな可愛らしい登山列車があるのですね☆
フランスは本当に、さまざまな観光地をお持ちです。

これが国境線!まさに、陸続きとはこのことですね。
バイヨンヌとは、どんなところでしょう💛

由津子さん、こんばんは。

人気の観光地だけあって、登山列車も可愛らしく、車窓からの眺めもいいように作られていました。30分程度でしたが、移り変わる景色を見ながら楽しめました。

フランスもスペインも大都市だけでなく魅力的な小さな村々がありました。

私の短い足でもフランスとスペインの両国を同時に踏むことが可能でした😊

バイヨンヌも素敵ですが、その前に小さな村々を紹介致しますね。今後ともよろしくお願いします💖

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 今週の生け花(令和2年3月第3週) | トップページ | 咳喘息とコロナウイルス感染症 »