フォト

« 室内待期時には深部静脈血栓症に注意 | トップページ | 世界を夢みて(183);ルルドのローソク行列 »

2020年3月 6日 (金)

今週の生け花(令和2年3月1週)

毎日のように新型コロナウイルス感染がトップニュースとして取り上げられ、国民生活への影響が出始めています。新型コロナウイルス感染症はこれまで経験したことのない未知のウイルスですので、検査態勢や治療法が確立されていなく国民の恐怖心をあおってしまいます。既に国民の多くもパニックになりかけています。不必要に多くのマスクを確保し(そのために確保出来ない人が出ているようです)、デマがデマを呼んでトイレットペーパーもなくなる事態に・・・毎日のウンチはコロナウイルス感染になっても増える訳ではありません😅

他人にうつさないためのマスクは必要ですが、一般の方々の予防マスクは意味がありません。それよりも普通の石けんを使って流水で十分ながせば問題ありません。アルコールを使う必要もありません。 デマや憶測を生むのは正しい情報を隠すことなくオープンに公表すれば防ぐことが出来ると考えます。

もちろん次元が違うでしょうし、問題の質も異なるかも知れませんが、あえて述べたいと思います。今日の時点で残念なことですが新型コロナウイルス感染症で13人がお亡くなりになっています。 しかし予防接種もあり有効な抗ウイルス薬もある日本で毎年3000〜5000人がインフルエンザウイルスで亡くなっているのです・・・新型コロナウイルス感染症に対して侮ることなく、しかし過度に恐れることなく冷静に自分達のやれる範囲の予防策を講じてゆくしかありません。 皆で新型コロナウイルス感染症を封じ込めてやりましょう💖

 

いつもの2階の小さな場所には、この様な外界の喧騒とは関係なく、穏やかにお花が飾られいました(ホッと😊)

Th_img_3768

情熱的な真っ赤な花器に、これも燃えるような雲竜柳の枝が目に飛び込んで来ました。その間に2つを結ぶ大きなカーネーションお花と小さなアスターの花が爽やかさを演出しています。
Th__20200306131901

違う角度から眺めるとより立体的な美しさも目立って来ます。
Th__20200306131902
光の当たり具合と額縁の違いでだいぶ印象も違うようです。新型コロナウイルスもこの額縁の中に閉じ込めたいです😊
<花材:雲竜柳、カーネーション、アスター、モンステラ>

 

 

« 室内待期時には深部静脈血栓症に注意 | トップページ | 世界を夢みて(183);ルルドのローソク行列 »

」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。
今週も素敵な生け花を拝見させて頂きありがとうございます。
コロナウィルスで大変な時期でもこの生花で院長先生も
ホッとされていらっしゃる事でしょう!

雲竜柳の動きが伸びやかですね!
額縁に納まって大きなカーネションが一際、
目を惹きつけますね!
モンステラが引き締めているようにも見られました!
下手な表現で失礼お許し下さいませ。

マコママさん、こんばんは。

やはり病院の方もコロナウイルスの対応でヒヤヒヤしながら診療を続けています。急な学校の休校などで、休まざるおえない職員もいますので周りが負担がかからないように業務を縮小している部分もあります。

このような中でも生け花クラブが続けてくれて嬉しく思っています。いつもと変わらないのがあるのはいいことです。

額縁を変えたり光ぐわいを変えると生け花はまた違う表情を出すことを学びました。

いつもコメント頂き本当に感謝致します💖

先生、お疲れ様です。
本当にコロナウイルスの話でもちきりです。
「感染」という言葉も、真実なのでしょうが、
マスコミと過度な情報が恐怖心と差別意識をあおってしまいますね。
学童クラブも午前からの出勤になっていますが、通常50人くらい来るのに、
20人くらいしか来ないのです。集団感染を恐れ、田舎の祖父母のところへ
行っているみたいです。でも風邪をひいてる子一人もいなく皆元気で、本当に必要な
休校なのかと皆そう思っています。

今日のお花は、とっての付いた花器がポイントではないかしら。
その存在が上手にお花全体をまとめてる感じがします。
指で隠して、その違いを見てくださいね☆

今日もありがとうございました。
先生も無理なさらないように、ご自愛ください。

春が来た喜びと 躍動感にあふれた作品ですね。
光と額縁の違いよって、このように 印象が違ってくるとは・・・
どちらも、素敵です。


由津子さん、こんにちは。

新型コロナウイルス感染症に関しては私達医療機関も戦々恐々としています。しかしながら、今の報道をみていると怖さだけを助長している感じも否めません(もちろん配慮のない行動をする方もいるからかも知れませんが)。
本来ならクルーズ船や日本国内で患者さんが出た時点で、予防対策や封じ込め対策をしないといけなかったと思います。 それを言っても仕方ありませんが、しかしながらその後十分な時間はあったはずですが、学校などには「これ以上広がれば早期に休みになること」を2〜3週前には通達することが可能で、その準備をさせておくべきだったと思うのです。
由津子さんはじめ、現場をあずかる方のご苦労は大変なことだと思っています。

流石に絵を描く由津子さんですので、見方が違いましたね。確かに取っ手があるかなしかではだいぶ印象も違いますね。

心遣いありがとうございます。お互いに困難を乗り切ってゆきましょう。

hikobae(fumiさん?)さん、こんにちは。

本当に春の力強さを感じさせてくれる生け花ですね。こちらも元気が出ます😃

一番上の写真が2階のいつものスペースの場所ですので、本来はいじらない方がよいかも知れません。 今回試してみて気がついたのは、額を入れることや、光の当たり方でだいぶ印象が違うことでした。

生け花については全くの素人ですので、素人の目線で色々と試してみたいと思います。コメントありがとうございます💖

こんにちわ。

コロナウイルスで明け暮れているこの頃です。
直ぐ終息すると思っていましたのに意外な事態になり驚いています。
ニュースでは快復した人の数をあまり報じず亡くなった人や重篤の人治療中の患者さんの数しか報じませんね。やはり不安ですね。快復した人の数も報じてもらえると少しは安心できるのではないでしょうか。
先生のコロナウイルスのお話は心を落ち着かせてくれます。
空気感染と飛沫感染の違いなど、日ごろ気にもかけていませんでしたのでお勉強になりました。トイレットペーパーやティシュペーパーの買いだめの意味が分かりませんが、何が根拠でこうなるのでしょうね。不安を抱えるとこうなるのでしょうか。
マスク深刻な問題ですね。

今日の生け花は重いお話からデザートへい誘ってくれているようです。
華やかで元気がでます。
ありがとうございました。

ぴえろさん、こんばんは。

世界がグローバル化する中で感染症もあっと言う間に世界中の問題となりますね。
未経験のコロナウイルスに対して怖いのは怖いです。しかし軽傷者や無症状(逆に蔓延するきっかけにもなりますが)の方も多くいますし、子供さんでは重傷者は幸い少ないのが現状のようです。

やれることをやって行くしかありませんし、本来なら予防マスクも余り意味のないことです。ましてやトイレットペーパーなんで違う話となります。 不安は不安を助長してパニックに陥れます。 マスコミも正確な情報を伝えて欲しいですね。

私達の喧噪をよそに生け花はいつものように美しく輝いています。変わらぬ美しさをありがとうです✨️

ぴえろさんも手洗いを行いながら、冷静に行動して行きましょう。コメントありがとうございます💖

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 室内待期時には深部静脈血栓症に注意 | トップページ | 世界を夢みて(183);ルルドのローソク行列 »