フォト

« 今週の生け花(令和2年1月第2週) | トップページ | 世界を夢みて(173);トゥールーズ市庁舎(キャピトル) »

2020年1月12日 (日)

世界を夢みて(172);トゥールーズの紹介

このブログの記事をまとめたホームページを作りました。見て頂くと嬉しいです😃(ニライの夢:https://dreams-nirai.com )。

 

往路で色々とあった(あり過ぎ)ために、旅行記に進めませんでしたが、やっと今回の最初の目的地トゥールーズの街歩きを書きたいと思います。

Th__20191115183001

ホテルはキャピトル広場に面するイビスホテルを選びました。ロストバッケージのため、荷物もないままチェックインし、ホテルの部屋からキャピトル広場を眺めました。旅行の日程が決まった時にトゥールーズの到着は丁度土曜日でしたので、昨年から続いている「黄色いベスト運動」を心配しました。ベスト運動の集会がこの広場で行われるようでしたので、不測の事態になったらと考えていたのです。

Th_a7306569

幸か不幸かは判りません(写真撮影のためにはちょっと残念)が、色々なイベントがありキャピトル広場が埋め尽くされています。

Th__20191115184301

毎年トゥールーズでは9月に「プランタン・ド・セプタンブル:9月の春」が開催されるそうです。 今回は丁度その期間あり、更に土曜日ですので催し物も多く、非常に混み合っている状態でした。

Th_a7306379

この催しはヴィジュアル・アートとスペクタクルのフェスティバルだそうで、私の泊まっていたイビスホテルの中庭では簡易のステージが造られ演劇を行っていました。夜に街歩きをしてホテルに戻ってきた時には、100名近い人が椅子を並べて演劇を見ていました。 この期間はトゥールーズ市内の至る所で絵画や彫刻、写真、ビデオ、シネマ・コンサート、ダンスなど様々な催しが無料で鑑賞できるようです。。

遅ればせながら、トゥールーズの説明から・・・

Th__20191206163901

①古い歴史をもつバラ色の街:フランス南西部の中心都市で、オレンジや赤褐色のレンガ造りの建物が並ぶ旧市街は、夕日に輝く様子から「バラ色の街」の名で親しまれているそうです。街の起源は紀元前3世紀にも及び、その後ローマの支配下となり、5世紀には西ゴート王国の首都となったそうです(昔世界史で西ゴート王国なんていう名前を聞いたことがあったような(^-^*))。16世紀にはパステル(藍染料)の交易による商業都市として繁栄。様々な場所へ運河で進むことが出来ます

Th__20191206163902

②学生が多い活気ある街:トゥールーズは10万以上の学生が集まるフランス屈指の学園都市でもあり、若く活気に溢れています。上の写真の家の壁には人の顔とメーセージが描かれていて、実際は分かりませんが学生寮の様な雰囲気でした。

Th__20191206164001

③すぐ近くにエアバス社の本部があり、航空産業の中心地として、多くのエアバス社の社員や研究員がいる街で、エアバス社へのツアーなども開催されている

大凡①、②、③で象徴されるのがトゥールーズですし

Th_basilique-saintsernin-de-toulouse

④トゥールーズはまたスペインのサンティアゴ・デ・コンポステーラへの巡礼の大きなルートの経由地でもあり、世界遺産のサン・セルナン・バジリカ大聖堂 Basilique Saint-Sernin de Toulouseは地元の信者以外にも多くの巡礼者が立ち寄る教会でもあります。

それにキャビトル広場や市庁舎、ガロンヌ川沿いの眺めは昼も夜(夜景)も美しく、私達旅行者を歓迎してくれる素敵な街でした。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜###〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

今回、トゥールーズからフランスバスクのバイヨンヌまでを案内してくれた日本人のガイド(TADOKORO )さんの情報です

地球の歩き方→https://tokuhain.arukikata.co.jp/toulouse/ 彼女のホームページ(フランスパラディ)→https://www.france-paradis.com/

« 今週の生け花(令和2年1月第2週) | トップページ | 世界を夢みて(173);トゥールーズ市庁舎(キャピトル) »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。
いよいよ旅行記がスタートですね!
楽しみです!
ホテルの立地条件が最高🤞
窓から素晴らしい広場も見渡せて〜!
リサーチがバッチリの院長先生先生でいらっしゃいます。
一度も訪れていない地方なので、
楽しみにお待ちしております。

院長先生、お蔭様で昨日は思い切ってでかけて良かったです。
背中を押して頂きありがとうございました♥
一度は聴いてみたかった神尾真由子さんの素晴らしい演奏に
魅了されて癒やされました。

こんばんは。
舞子はフランスはパリしか知りませんが
トゥールーズは活気があって素敵な街
なのですね
1番上の写真の場所に泊まれるなんて
羨ましいかぎりです。いつもこのような
素敵な場所のホテルをよく見つけるなと
感心します
そして5番目の夕焼けの写真は本当に
美しくて絵はがきにしたいほどです。
このブログの旅行記をまとめて写真集に
したら舞子は真っ先に買いますよ😄
いつも素敵な旅情報ありがとう
ございます✨️💕

マコママさん、こんばんは。

いよいよ旅行先のことを書くことが出来ます(往路での出来事が多くてなかなか進みませんでしたが・・・)
いつものように早朝から夜中まで歩き回る旅行ですので、私の旅行スタイルではホテルの立地条件が一番重要だと思っています。 ど真ん中にあるお陰で、今回も夜中まで楽しめました。

昨日のコンサートは満足された様ですね。ご主人さんもマコママさんの姿をみてホッとされていると思います。下を向いているマコママさんをご主人も望んでいないと考えます。
神尾真由子さんは2007年度のチャイコフスキー国際コンクール優勝者ですので、その実力は凄いと思いますので、聴くことが出来てよかったですね。

周りの方々の力も借りてこれからも少しずつ楽しいことを見つけるようにされて下さいね💖

舞子さん、こんばんは。

私も3回目のフランスで初めてトゥールーズを訪ねることが出来ました。想像以上に若い人達が多く活気の溢れる街でした。パリのように大きくもないので安心して回れる場所でした。

ホテルの場所がとてもよかったです。ホテルの部屋自体は小さく日本のビジネスホテルと変わらない値段でしたが、事前に部屋から見える場所については要望を伝えていましたのでその通りの部屋を確保出来ました。

5番目の写真は少し赤みを強くしてみましたのでバラ色の街トゥールーズが反映されたかと思います。綺麗な街でした。

写真については素人ですので分かりませんが、この部屋からの写真は泊まらないと撮れませんので、その意味で貴重な写真だと思います。 私が感動した美しい風景を皆さんと共有出来たら嬉しいです💖

はじめまして
海外旅行が好きでフランスにも1度行きましたが残念ながらトゥールーズは訪ねたことがありません。今年の5月に友人と2人で南フランス(またはベルギー)を予定していますので今回のブログを参考に楽しみたいと思っています。
ただ迷っているのはこのブログで紹介されたベルギーもいいと思っていますがどちらがオススメですか?どちらも旅行で行かれたOmoromachi様のご意見が伺えたら嬉しいです

yumi_araiさん、こんにちは

yumi_arai さんの名前は私の好きな荒井由実と同じですね😃
偶然でしょうが、一昨年はベネルクス三国(ベルギー、オランダ、ルクセンブルグ)に出かけて昨年は南フランスに行きましたので丁度参考になるのかもしれません。

海外旅行が好きと書いていますので、きっと何処に行ってもその良い所を持ち帰ることが出来ていると思いますので、それを前提に書きますね。

もしもフランスが最近行ったばかりなら、ベルギーはどうでしょうか、私は9月に行きましたが、ベネルクスは春が1番の旅行シーズンのようです。5月ならいいかもしれませんよ。

または比較的海外に出ることが出来れば、一気にこれまでに行かれていない残りのフランスを回って、フランス全体を把握することが可能かも知れません。フランスは広いですし、地方地方で特徴があります。  ただ南フランスと行っても地中海側(マルセイユやニースなど)に向かうか、大西洋側(ボルドー、フランスバスク、ルルドなど)向かうかで随分とイメージが違うフランスを体験すると思いますよ。

私も旅行が好きですので、これ以上書いたら延々と書き続けてしまいますので、もしも具体的なことを知りたければいつでもお知らせ下さい。余り多くは知りませんが知っている範囲でお答えしますよ。これからもよろしくお願いします💖

こんばんわ。トゥールーズもパリにも行ったことは
ありませんが、ステキな街のようですね。
夕日に輝く「バラ色の街」はロマンティックな絵になりそうです。
これからも楽しみにしております❤

由津子さん、こんばんは。

フランスは遠いですし、トゥールーズはその中でも目的がなければなかなか行かない場所と思います。 パリとは違う新たなフランスの発見でもありました。

トゥールーズは「バラ色の街」と呼ばれるだけあって、夕陽に輝く街並みや朝夕のガロンヌ川の風景は美しかったです。

これから少しずつ紹介してゆきますので、宜しければご覧下さいね。一緒に旅を楽しんでくれたら嬉しいです💖

こんばんは。

フランスはパリや近郊のヴェルサイユ、ノルマンディーのモンサンミッシェルしか行った事がありませんが、先生の記事で初めてトゥールーズと言う地名を知りました。
5枚目の写真は夕日に染まる赤レンガの街並みが、まるで絵画のように美しいですね❤
そしてまたメインな広場に面したお部屋に宿泊されて、充分に活気ある広場の風景を楽しまれたんですね。
エアバス社の本部があって見学出来るのも凄く興味深いです。
一番下のサン・セルナンバジリカ大聖堂もユニークな外観ですね。
次の記事も楽しみです♪

sharonさん、こんばんは。

ベルサイユやモンサンミッチェルも素敵な場所ですよね。きっと満足されたことでしょう。私も以前この場所は伺ったことがあったので、今回初めてのトゥールーズを選びました。

5番目の写真はマックのソフトで赤味を強調したら、いい感じになりました。バラ色の街らしいですよね✌️

朝から夜中まで遊び回るためには街の中心に宿泊するようにしています。今回も十分楽しめました。

後ほどサン・セルナンバジリカ大聖堂も記事にしますね。読んで頂けたら嬉しいです💖

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 今週の生け花(令和2年1月第2週) | トップページ | 世界を夢みて(173);トゥールーズ市庁舎(キャピトル) »