フォト

« 今週の生け花(令和2年1月第4週) | トップページ | 世界を夢みて(176); トゥールーズ:ミニ運河クルーズ(ガロンヌ川からブリエンヌ運河) »

2020年1月26日 (日)

世界を夢見て(175):トゥールーズのヴィクトル・ユーゴ市場

このブログの記事をまとめたホームページを作りました。見て頂くと嬉しいです😃(ニライの夢:https://dreams-nirai.com )。

 

旅行先で、どの都市に行っても覗きたい場所の1つに市場があります。見るだけでも楽しいですし、ここでしか見られない品々も売っています。宿泊の翌日は日曜日で、キャピトル広場をはじめ色々な場所で小さな朝市も開かれていました。

トゥールーズでマルシェ(市場)と言えばヴィクトル・ユーゴ市場(Marche Victor Hugo)だそうです。旅行本「地球の歩き方」のトゥールーズ特販員のMegumi TADOKOROさんが本の中で書いてあります😊 (→https://tokuhain.arukikata.co.jp/toulouse/2019/01/post_14.html )今回色々とお世話になった方でもあります(感謝)

Th__20200118205101

街を散策しながら、市場に向かいました。キャピトル広場からは徒歩で5分程度です。想像していたよりもずっと大きな建物です。ヴィクトル・ユーゴ市場はトゥールーズ最大の屋内マルシェで地元の主婦からプロの料理人までが新鮮な食材を求めてやってくるとのことです。マルシェの外にも、新鮮な野菜や果実が並べられています。どれも彩りも良く新鮮で美味しそうです。

Th_a7306277

市場の入口の看板にもdequis 1869(1869年以来)と書いてありましたので、創業120年以上のトゥールーズ市民の胃袋を満たして来たのでしょうね。今回私は行きませんでしたが、2階ではレストランやカフェがあり、地元の料理も味わうことが出来るようです



Th_marche-victor-hugo_20200118205301
2〜30年前にフランスを旅行して感じるのは、フランスはファッションの国と言うより豊かな農業国たどの思いでした。その時期に前後してイギリスを旅行したことがあったのですが、両国の違いの印象が強かったせいで、フランスは豊かな光と大地の国だと感じたのです。


Th_marche-victor-hugo
この市場を歩きながらその思いを一層強く持ちました。またトゥールーズは海にも近いので旬の果物や野菜、肉類や乳製品・ワインなどに加えて魚介類も豊富なのです。これだけの食材が揃うのはやはり国力があるのだろうと実感するのです。
Th_marche-victor-hugo_20200118205901

土地が豊かで牧畜も出来ますので、乳製品やハムの種類も多く、マルシェでも多くの店先に並んでいました。見て歩くだけでも楽しいです。

Th_marche-victor-hugo_20200118205201

フランスでは何処に行ってもパンが美味しいのですが、良質な小麦も採れるからなのでしょうか。市場を歩いているとパスティス・ガスコン(ガスコンとはミディピレネー地方のガスコーニュ地方のことだそうです:上の写真の左下)と言う薄い生地を使ったお菓子もあり後で少し食べて見ました。 この市場で昼食用にパンとハムを何種類か調達しました。ハムは塩加減も効いて上品な味わいでパンに挟んで頂きました😉

Th_marche-victor-hugo_20200118210601

もちろん地元産のワインも数多く取り寄せられていますし、マルシェ内に小さなパブもあり疲れたらワインやコーヒーも飲めるようです。

やはりその土地の市場巡りは楽しいです。改めてマルシェを介してフランスの豊かさを実感出来ました。農業力が高い国はへこたれません、日本ももう一度自分達の食を見直す時期かも知れないと思いながら散策した市場でもありました💖

« 今週の生け花(令和2年1月第4週) | トップページ | 世界を夢みて(176); トゥールーズ:ミニ運河クルーズ(ガロンヌ川からブリエンヌ運河) »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

先生、こんばんわ。

この様に何でもありで、整然と食品が並んでいる市場は見た事がありません。
日本は、魚市場、青果市場と別れていますが、そうではないんですね。
市場に行った事はありますが、清潔ではあっても綺麗に
並べられてはいませんでした。
さすがに、ファッションの国だけの事はありますね。
超大型の食品だけのデパートと云う感じです。
こんな市場が家の近くにあったなら、どんなに楽しいでしょうか。
今や食い気しかない私にとっては、毎日行く事でしょう(^'^)
色々な食品が豊富にあるなんて、恵まれている証拠ですね。
本当に羨ましい限りです。


写真を見てビックリ、そして羨ましい限りです。

ガルボさん、こんばんは。

私は旅行に行くと市場やデパートの食品コーナーなどに出かけることがあります。その場所は何となく庶民の生活感を感じることが出来るからなのです。

スペインやイタリアなどでも市場を覗きましたが、ここのマルシェは本当に整然と・・・と言うよりやはりファッショナブルに綺麗に並べられています。 見た目が綺麗ですので、ガルボさんのように私でも毎日来たいぐらいです😊

様々な食品がふんだんにあるのは本当に豊かな証拠だと思いましたよ。

コメント頂き感謝致します。一緒に旅行を楽しんで貰えたら嬉しいです💖

こんばんは〜

なんと素敵な市場なのでしょう
流石フランスだと感じられますね✨️
市場って言うとゴチャゴチャと
したイメージがありますが、本当に
見て回るだけでも楽しそうです。
静かな雰囲気ですが、韓国や東南
アジアの市場のように売り手の声も
響くのでしょうか? 舞子は以前
台北の市場に行ったのですが賑やか
でしたよ。
いつも夢のような旅行を一緒に
させて貰えて嬉しいです😘

こんばんわ・・・
ブログ拝見し、フランスもそのようですが、先進国と言われる国々では農業が結構大事にされていると思っています。俺は若い頃に、ヨーロッパ各国の農業に関わる視察に出掛けたことがありました。あの頃もそう感じていましたね、どこの国でも農業が大切に保護されていることを・・・翻って日本は?と考えるとどうなのでしょう・・・農業は補助金をいっぱいもらっているなどと言われたことがありますが、補助金の多くは農家を経由して建設会社、農機具販売会社などに流れているのです。もっと、若い人が後継できるような施策を講じてほしいと願っています。農業の再生なくして地方の存続はないのですから・・・。

舞子さん、こんばんは。

本当に素敵な市場でしょう😊 トゥールーズで一番大きな市場だそうですが、本当に綺麗に整備されていて、それぞれのお店もディスプレイにも気をつけて観るだけでも楽しめるように工夫されていました。
ここで買ったパンやハムも美味しかったですよね。

舞子さんは台北の市場を訪ねたことがあったのですね。私も台北の余市や市場も行きましたが、匂いが強烈だったり、人々のかけ声も大きかったりとそれはそれで地方色がでていて楽しかったですよ。

最後のコメントのように一緒に旅をして貰えたら私もとても嬉しいです💖

でんでん大将さん、こんばんは。

大将さんのように農業をされている方は敏感に感じることだと思います。私が回っているヨーロッパ諸国ではやはり農業が大事にされていると感じます。そして人々も地産地消を好まれていることを感じられます。

・・・それと比べると、日本の農業は「車との引き換え」の部分と考えられてきたと考えています。 日本は石油を海外に依存しており、中東でことが起こると政府も躍起になっていますが・・・果たして私達の食のことを本当に考えているのでしょうか? 食の自給率を上げることは農家への補助金というせせこましい事ではなくて、日本の存亡にも関わる大切な事だと日本人は考えないといけないと思っているのです。

大切な農業もそうですが、子育てへの支援ももっと大胆にテコ入れしなければこらからの日本は怖い時代になってしまうと考えています。 東京一極集中ではなくてもう一度全体のバランスを考えないといけない時代と思うのですが・・・😢

こんにちは。
 大きな市場ですし綺麗ですね。
品ぞろえの凄い事に驚きました!
お近くの方々は毎日、通いたくなりそうですね。

 以前、スペインでも市場へ案内して頂きましたが
お安い事に驚いたことがありますよ。

 続きを楽しみにお待ちしております。

マコママさん、こんばんは。

想像以上に大きくて、品そろえも多く、またとても整然と並べられていました。 この市場は近くの方やプロの料理人も訪れるそうですのでやはり品質がいいのでしょうね。 マコママさんが近くでしたら毎日のように通っていると思いますよ😊

スペインの市場も活気があり楽しかったと思います。同じラテン系ですが、スペインの市場の方が人々がもっと陽気で賑やかだったです。 トゥールーズの市場はその意味では大人しかったですね💖

フランスは世界の3大料理の一つですよね!
おっしゃるように、豊かな農業国であり、ファッションの国でもあり、
芸術の国でもあります。かつては、フランス貴族の華やかな時代もあるし、
神々しさも感じます。いいですね~。
私の絵画の先生は、1年の半分をパリで過ごしていますが、
街で、スケッチしようとすると、見知らぬ女性も自然にポーズをとってくれるとか…。
流石フランスです!

4年後は、オリンピックの開催国でもあるので、
それまでに一度行ってみたいです☆

由津子さん、こんばんは。

フランス料理はバラエティーに富、繊細で見た目も美しいですね。ヨーロッパ各地を回りましたが、やはりフランスは国の基礎となる農業がしっかりとしています。 気候も風土も農業に適しています。

豊かな食文化の上に様々な芸術が花開いたのだと思うのです。 

そうでしたか・・由津子さんのスケッチの先生は半分はパリで過ごされているのですね。モンマルトルなどはスケッチをしている方をよく見かけました。

東京の後はパリオリンピックなのですね。これからの4年でパリも変化するのでしょうか? それまでに黄色のベスト運動が終息すればいいのですがこのままだとパリオリンピックも危ういのかも知れません・・・😢

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 今週の生け花(令和2年1月第4週) | トップページ | 世界を夢みて(176); トゥールーズ:ミニ運河クルーズ(ガロンヌ川からブリエンヌ運河) »