フォト

« 今週の生け花(令和元年11月第5週) | トップページ | 世界を夢みて(165);2019年「南フランス+バスク+パリ」旅行の予告編? »

2019年11月30日 (土)

世界を夢みて(164);ベネリクス三国の旅も終わり、帰国の途へ

このブログの記事をまとめたホームページを作りました。見て頂くと嬉しいです😃(ニライの夢:https://dreams-nirai.com )。

 

2018年のベネリスク三国の旅行は、オランダ・ベルギーの魅力を十分に味わえました。ルクセンブルグは半日程度の短い滞在しか経験しませんでしたが、その魅力を垣間見ることは出来ました。毎日早朝から深夜まで、寸暇を惜しんで歩いた旅で、毎日2万5千歩以上歩く、欲張った旅でもありました。宿泊ホテルの立地条件も絞り込んだお陰で素晴らしい景色を味わえました。

年齢を含め不確定要因が多くなる中で、あとどれぐらいこのような旅が出来るか分かりません。最後のあがきのようなものでしょうが(笑) 、自分が求めていた旅を行えました。 言葉が十分通じない中、現地で日本人のガイドさんをお願いしたり、タクシー利用したりと事前の準備を出来るだけ整えて臨んだ結果、通常のツアーで行く行程の倍近く回れたと考えました。 若い時には細かな予定を組まなかったのですが、それはそれで楽しい旅で思い出深くもありました。 年齢と共に、最後かも知れないとか、記録を残すために沢山写真を撮ったり若い時と比べたら旅程の組み方や街歩きも変化しました。 まだ現時点では時間が取れない中で、出来るだけ多くの場所を廻りたいがことが優先の旅です。きっとリタイアしたら時間は作れても、今度は体が思うようには動かなくなるかも知れません。

30代後半から50代後半まで年中無休で働いて来た私にとって、旅行は夢のような贅沢な時間です。旅行に行かして貰えた仲間達に感謝して帰国となります。また1年頑張って働いて次の旅行に備えます。本当にありがとうございます💕💕

Th__20190929163701

市内からブリュッセル空港に向かい、出国手続きに向かいます。初めてのブリュッセル空港ですが、綺麗な空港でした。

Th__20190929163702
余り時間はなかったのですが、ワンワールドのビジネスラウンジも訪ねてみました。食事はそれ程多くはありませんでしたが、お酒に関してはかなり種類がありました。

Th__20190929163703
いよいよ機内に入り、日本時間に時間を合わせて、飛行機の中で時差ぼけを調整します。沖縄についたら、スーツケースも開かずにすぐ職場に向かいました。職員からお帰りなさいと言われながら、ありがとうと声をかけました。 さて1年頑張り、次の旅行です。 

Th_2018_20191130091203

Th_2018_20191130091202

Th_2018_20191130091201

1年以上にわたりベネリスク三国の旅行を読んで頂き本当に感謝致します。
切りのいい12月1日からは2019年の旅行記を書きたいと思います。また1年お付き合いください💖

« 今週の生け花(令和元年11月第5週) | トップページ | 世界を夢みて(165);2019年「南フランス+バスク+パリ」旅行の予告編? »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。
お陰様で充分、楽しませて頂きました❗
ありがとうございました。
ツアーでは決して行けない素晴らしい処など、事前のリサーチも流石と思いました。
私達も訪れた処は懐かしく拝見させて頂きましたし、思い出もよみがえりましたよ🎵
 院長先生はまだまだお若いですから、行けるうちにどんどんお出掛け下さいませ。
 次はどちらへお出掛けだったのか?ワクワクしてお待ちしております。

マコママさん、こんばんは。

いつもコメント頂き、書きながら本当に励みになりました。私の健忘録として旅行記事も上げていますが、一緒に旅をしているようで心強かったです😊。

年に1回しかいけませんので、旅行先のヨーロッパの情報は出来るだけ旅行前に沢山仕入れて行動しています。行き当たりばったり旅も楽しいのですが、そうなると予定の半分も回れないようでもったいないのです。

色々な意味で急にいけなくなる場合もあるかも知れませんが、行けるうちは色々と見て回りたいです。

やっと12月からは2019年の旅の事がかけそうです。後半は早足でのルクセンブルグの案内となりました。

早速、今年の旅行の写真をまとめている所です。明日から紹介したいと思います。 マコママさんも訪ねた事があるのでしょうか?

こんばんわ・・・
多忙な仕事をされながらも、素晴らしい旅をも堪能されておいでなのですね・・・
俺にとっては夢のような世界の旅、それぞれの写真を拝見しながら俺もまた
海外の旅を堪能させて頂きました。
次の旅の報告、楽しませて頂きます。

でんでん大将さん、こんばんは。

本当に夢のような世界でした。私にとって仕事の仲間に対しても感謝すべき旅でもありました。 大学病院から小さな病院に移り、その後病院の再建、移転と共に今の役職になってしまいました。私にとって旅が出来ないことは1番大きな夢を封印していたものでした。

病院が落ち着いて来て、仕事の仲間から1番楽しみにしている旅行に行って来て下さいと背中を押されて海外旅行を復活させることが出来るようになりました。

このような贅沢な海外旅行は誰もが出来るわけではありません。行けない方々に対しても美しい世界を共有出来たら嬉しいと願います。 世界各地の歴史や文化をリスペクト出来たら良いなと思いながらブログを書いています。

明日からは今年行った旅行のシリーズを書いて行きますので、呆れずにこれからもお付き合い下さい。よろしくお願い致します。

こんばんは✨️
舞子にとって夢のようなベネルクスの
旅でした。本当に美しい世界をみせて
貰えて感謝いたします❤️
毎回読まさせて貰っていましたので
特に最後のまとめの写真は私も
行った気分で思い返しています
美しい写真とその場所の説明文
があり、どの旅行本みるよりその土地
について詳しく書かれていて楽し
かったです。
次は何処を旅なさったのでしょう?
またワクワクの世界が始まりますね💏

舞子さん、こんばんは。

一緒にご旅行が出来て嬉しいです。舞子さんのような若い女の子と一緒に旅行できるなんてオヤジとしては光栄です😅

旅行に行ってもまとめないと、写真もパソコンの中にしまったままで、しばらくすると何処を訪ねたかも曖昧となってしまいます。そこでこのブログを借りて記憶の鮮明な内に説明文も加えてまとめているのです。

いつも読んで頂き本当に感謝致します💖 

次から新しい旅行記が始まります。また読んで頂ければ嬉しいです✌️

こんばんは。
ベネルクスの旅、楽しませていただきました。
10年前に私が見た景色も、見たことのない景色もすべて、とても
興味深くて楽しかったです。
今度は仕事でなく、じっくり時間をとっていってみたいな、と強く
感じました。

次の旅の記事も楽しみにしています!

いかさまさん、おはようございます。

お仕事で訪ねることと、旅行で見る景色では随分と変わるかも知れません。それでも行ったことのある土地柄については興味が湧くと考えています。
ヨーロッパの多くは昔の建物をリノベーションして使うことも多いので10年前も今回の私の写真も変化が殆どないのかも知れませんね。

どうか今度は旅行者の目線で旅を楽しまれてくださいね。

これからもよろしくお願いします。

こんばんは。

帰国されてすぐ病院に向かわれたんですね。
ご多忙な中、丁寧な旅行記も書かれて大変お疲れ様でした。
お陰様で旅行本にもないようなディープなベネルクス三国をご紹介頂いて
興味深く読ませて頂きました。
幾つかのダイジェストのお写真も先生の記事を思い返し、懐かしく拝見しました。
壮大な旅行記でしたが、トータルで何日間行かれてたんでしょうか?
毎日2万5千歩以上歩かれたのは大変ですが健康にはいいですよね。
先生は充分体力がおありなのでまだまだ大丈夫だと思いますが、
我が家は全然自信がありません^^;
それでも気力、体力の続く限り行きたいと思っています。
次の旅行記も楽しみにしています♪


sharonさん、こんばんは。

これまでも余程最終便で帰ることが無ければ、その日の内に病院に行っていますし、このまま仕事に入ることも多いです。前日に入っていると、次の日からの手術の予定や不在だった間の緊急手術の有無についても確認出来ますので、翌朝慌てないで済むのです。

このブログを通して旅行記を書くようになり、撮ってきた写真がパソコンの中で埋もれないで済んでいます。忘れないうちに書いておかないと何年かたったら写真を観ても思い出せないかも知れないのです。私の健忘録として書いています。

今回の旅行はこれまでの内で1番長い10日間でした。sharonさんも私の旅行記をみて判るのかも知れませんが、食事に時間をかけていないと思います。昼食時間が勿体ないので、パンなどを買って電車などの移動時間に食事を取ったりしています。

明日のことはどうなるか分かりませんが😅、体が動く内は今の旅行スタイルで旅を楽しみたいと考えています。

どうぞこれからもよろしくお願いします💖

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 世界を夢みて(164);ベネリクス三国の旅も終わり、帰国の途へ:

« 今週の生け花(令和元年11月第5週) | トップページ | 世界を夢みて(165);2019年「南フランス+バスク+パリ」旅行の予告編? »