フォト
2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

« 世界を夢みて(158): ベルギーの小さな村巡りNo6(モダーブ城) | トップページ | もう一度「上を向いて歩こう」 »

2019年10月30日 (水)

世界を夢みて(159): ベルギーの小さな村巡りNo7(世界で1番小さな町「デュルビュイ」)

このブログの記事をまとめたホームページを作りました。見て頂くと嬉しいです😃(ニライの夢:https://dreams-nirai.com )。

 

モダーブ城を後にして、デュルビュイ城(Durbuy Castle)のあるデュルビュイに向かいました。

ギネスブックに「世界で1番小さな町」として登録されている町だそうです。人口が500人程の町だそうですが、周りが山や緑に囲まれ丘の上には綺麗な形をしたデュルビュイ城が聳えています。何をもって「世界で1番小さな町」なのか分からなかったのですが、ネットで調べたら、人口が僅か500人しかいないものの「自治体として運営するのに必要な全ての機能が備わっている」ことが条件で、それを1977年当時満たしていたために、ギネスに登録されたようです。

Th_durbuy-castle

 川にかかる橋を渡り入って行きます。右手にはこの街の象徴のデュルビュイ城(Durbuy Castle)が見えて来ます。9世紀から17世紀までは要塞として使われて、ウルセル伯が居城として改築し、今でもその子孫が暮らしているとのことです。今回は時間がなくて近くには行けませんでした。ただ説明によると一般の方は入城出来ないかも知れません?

デュルビュイはベルギー南東部のリュクサンブール州にあり、蛇行した川と丘に囲まれたウルト渓谷にある石造りの可愛らし町です。

Th_durbuy

石造りの街並が可愛らしくて、急いで歩いたら15分程度で全てを散策出来る程のコンパクトな街並です。しかしながら小さな町でもなんかワクワクした気持ちに浸れる素敵な町で、ちょっと気に入ってしまいました😃

小さな石畳の両脇には土産品やカフェやレストランが建ち並び、まるでテーマパークにでも来た雰囲気です。

Th_boucherie-bodson

・・・あれれ👀 この豚さん何をのぞき込んでいるの・・・と思わず写真を撮ってしまいました。後で調べたら、この地方の特産の生ハムやソーセージを売っているBoucherie Bodsonというお店だそうです。 この豚さん、お腹が減ったのか、あるいは仲間の状態を知って逃走したのでしょうか💨

Th_durbuy_20190709175401

小さな町ですが、この石畳の道といい、周りの建物も中世の頃に迷い込んだようです・・・

Th_durbuy3

街の外れの公園から、大きな岩山<Durbuy Anticline(デュルビュイ アンチライン)>が見えて来ました。丁度街の端っこになります。 この折れ曲がった岩山は、なんと3億年以上前の海底堆積物が隆起した岩盤だそうです。

Th_dsc04012

可愛らしい街でここでのんびりとしたいのですが、次の場所に移動です。

・・・本当はゆっくりと昼食としたいのですが、次の運河リフトのツアーが日曜日の14時からあり、これに間に合わせるために、ドライブインにてパンと飲み物を購入。ドライバーは私達を送り届けた後2時間30分ほど時間が空きますので、その時間帯に食事に行って貰うことに。 ルクセンブルグの滞在を短くしても行きたかった、ベルギーの世界遺産の1つに向かいました。

« 世界を夢みて(158): ベルギーの小さな村巡りNo6(モダーブ城) | トップページ | もう一度「上を向いて歩こう」 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。
 まぁ、このような素敵な村があるのですね?
流石によくリサーチなさって・・・。
立派なお城もあるのですね?
僅か500人ほどでもちゃんと村として機能しているのも
素晴らしいです!
石畳に周りの建物もおとぎの国へ迷い込んだような
雰囲気でしょうか?
 🐖ちゃん、面白い!ユーモアたっぷり!
私がのぞき込んでいるのかと・・・??
 続きを楽しみにお待ちしております。

マコママさん、こんばんは。

旅行の楽しみは、旅行に行く前の下調べが1/3、旅行中が1/3、そして帰ってから1/3のような気がしています。ですので旅行に行く前に色々と調べるのは楽しいです。

最初、何を基準に世界一小さな村と言うのかと思ったらちゃんとした基準はあるようです。世の中には色々なギネス登録があるものですね😊

お店の中を覗いているブタさん・・・とても可愛かったので写真を思わず撮ってしまいました。仕草が可愛いです

次回は日本人がなかなか行かない(?)世界遺産を紹介したいと思います。 いつもありがとうございます💖

omoromachi様、こんばんは。

世界で1番小さな町のデュルビュイは小さな石作の
可愛い町ですね。このような町の定義があること
知りませんでした。色々と探せばギネス登録
が出来る場所があるかも知れませんね

ディスプレイを覗いているブタさん可愛いですね。
ここにいたらハムにされると逃走したのでしょうか?

いつかは訪ねてみたいです。貴重な情報と美しい
写真いつもありがとうございます。

舞子さん、おはようございます。

想像したよりも街の中は、綺麗な石畳や可愛らしい石作の素敵な街でした。この小さな街に「町としての機能」が全て揃っているのですから不思議な気にもなりました。

本当にブタさんが可愛かったですよ、その仕草や表情も可愛かったです。肉にされる前にきっと逃走したのでしょうね(笑)。

見て頂き本当に感謝しております。

(・・・・朝起きたら、世界遺産の首里城が延焼しているニュース。沖縄の人間としてはとてもショックな出来事です。体の力が抜けるような感覚です・・・それとこんな遺産を簡単に燃やすなと言う怒りもこみ上げてしまっています・・・悲しいです)

先生、こんばんは。

本当に首里城は沖縄の方々の魂とも言うべき世界遺産ですよね。
私も驚き、こんなことがあっていいものかと思いました。
まだ出火原因が不明と言う事ですが、長きに渡って復元したものを
こんなにあっさり焼失してしまって残念でなりません。
携わった方々もそれは落胆なさっている事でしょう。
どうかまた美しい姿を観られるよう願っています。

デュルビュイは本当に中世の素朴な田舎町と言った風情ですね。
ドイツのローテンブルグで見たような組木の家もあって可愛らしい街並み。
そしてソーセージ屋さんを覗き込むブタさんがリアルで面白い演出。
思わず覗きたくなるお店ですね。
ワイルドな岩山もお城と対照的でユニークな景観になっていますね。
次のベルギーの世界遺産も楽しみにしています。

sharonさん、こんばんは。

私の父は戦前首里城の隣にある師範学校を出て、その後徴兵で満州から戻って来たら沖縄は変わり果て、父親や弟2人も大戦で亡くなりました。首里城も跡形もないほど戦争で破壊され、それが戦後やっと復元された時に本当に喜んでいました。その5年後に父は他界しました。

余りに虚しくて心が空っぽになりそうです。しかしまたいつの日か復元出来ると信じています。

デュルビュイはとても小さく、可愛い町でした。曲がりくねった道を歩くのも楽しいのですが直ぐに川岸に出てしまいました。 周りには岩山やお城、川に囲まれた静かな村でした。

次の世界遺産はルクセンブルグ滞在時間を削って出かけた世界遺産です。楽しみにして下さいね。

いつも本当にありがとうございます💖

ハイサイ先生、お疲れ様です。

今朝のニュースを見て言葉を失いました。。。
あの美しい首里城が炎上している。。。信じられません。。。
大好きな沖縄の宝、日本の宝の首里城が無くなってしまったなんて悲しすぎます。
沖縄の皆さんのお気持ちを思うと、かける言葉もありません。。。
お見舞いを申し上げると共に今は一日も早く首里城が復元されることを願うばかりです。

それではまた。。。
チバリヨー沖縄!

mosaさん、こんばんは。

首里城の火災焼失は沖縄大好きなmosaさんにとってもショックな出来事だったと思います。

もちろん私達沖縄の人間にとってもショックですが、首里城は世界遺産です。ですので沖縄だけでなく日本、そして世界の遺産なのですよね。

以前私のブログでパリのノートルダム大聖堂の火災に関して書きました(http://omoromachi.cocolog-nifty.com/blog/2019/04/post-dc19d9.html)

きっと世界中で、首里城の炎上のニュースを心を痛めて観ている方もいらっしゃると思います。

灰になったのは仕方ありません。もう一度あの素晴らしい首里城を復元して欲しいと願います。諦めなければ願いは叶うと信じています。

イッペーニフェーデービル💖

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 世界を夢みて(158): ベルギーの小さな村巡りNo6(モダーブ城) | トップページ | もう一度「上を向いて歩こう」 »