フォト
2024年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

« 世界を夢みて(154) ; ベルギーの小さな村巡りNo4;オルヴァル修道院 | トップページ | 今週の生け花(令和元年10月第2週) »

2019年10月 9日 (水)

不整脈;特に危険な不整脈について

このブログの記事をまとめたホームページを作りました。見て頂くと嬉しいです😃(ニライの夢:https://dreams-nirai.com )。

 

不整脈は心臓のリズムを司る調律が不規則になった状態を指しています。 心電図で詳細に解析しないと分析できない不整脈もありますが、通常は自分で脈をとったり、自覚するようなことで不整脈は発見出来ると思います。まずは脈の取り方を書いてみます

Th__20191009172701
上の図を参考に自分の脈が取れるかどうか試してみましょう

<自分で判る不整脈>

安静時に脈をとりながら、判る不整脈は主に次の3種類になると考えます。

①通常より遅い不整脈(徐脈):心拍数50回/分未満(特に40以下は要注意、治療開始へ)

②通常より早い不整脈(頻脈):心拍数100回/分以上(特に120以上は要注意、治療開始へ)

③脈が飛ぶ;単発の不整脈(期外収縮):脈が一定のリズムではなくて、急に短くなったり長くなったりする

 

多くの不整脈はその日の体調などでも健康な人でも出現することはありますが、次の場合は気をつけましょう。

Th__20191009172801
まず危険度の高い不整脈の症状は・・・不整脈があり「めまいや血の気が引いたり、失神する」ような場合は危険です。これは脈が遅すぎたり、速すぎたり、あるいは心臓が上手く機能せずに、全身に血液を充分に送り出せない状態になった場合に起こる症状です。すぐに病院に受診あるいは救急要請して下さい。
不整脈と言ってもほっといても問題ないものから致死的な不整脈までありますので、まずは正確に診断をつけることが大切でしょうか

 

« 世界を夢みて(154) ; ベルギーの小さな村巡りNo4;オルヴァル修道院 | トップページ | 今週の生け花(令和元年10月第2週) »

医療」カテゴリの記事

コメント

ハイサイ、先生(^_^)/ 
前回の放送では確か6時間の手術を終えてのオンエアだったでしょうか。
いつもお疲れ様でございます。
今回はオンエアに間に合わず先生の美声を聴く事が出来ず残念です。

さて、今回のFM放送はは不整脈についてのお話だったんですね。
普段なかなか自分自身で脈を測ることがなく、脈の取り方は大変参考になりました。
特に遅い不整脈については普段殆んど考えたことがありませんでしたが遅すぎるのも要注意なんですね。

今日の音楽はどんな曲の特集で、また先生の弾き語り曲は何だったのでしょうか?
来週は3週目でお休みですが今月の5週目は弾き語り特集?でしょうか。
次回は是非放送を聞けるようにしたいです。
有難うございました。

それではまた、にふぇーでーびる(^_^)♪


mosaさん、こんばんは。

私の方は月曜日から木曜日までは毎日手術があり、水曜日も手術日ですが、その日は生放送が控えていますので、私の執刀はありません。ですが結構、15分前まで手術に入っていて、急いでかけるけつこともあります。

今日は心蔵の話で主に不整脈について説明しました。今日の音楽はビリーバンバンでした。1曲目が「白いブランコ」2曲目が「さよならをするために」3曲目は私のギターの弾き語りで「また君に恋している」を、最後は「これが恋というなら」をかけました。

スポーツ心臓と言われる鍛えられた方の中には30台の脈もありますが、一般的には40以下になるとペースメーカーが必要となることも多くあります。

そうでしたか、今月は5週目があるのですね? さてどうしましょう・・・それまでに考えておきます(笑)。

いつも本当にありがとうございます。

こんばんは。
 もうあのいや~な不整脈はご免こうむりたいですね。
お陰様で主治医にカテーテル・アブレージョンをやって頂き、
解放されて感謝の気持ちで一杯ですよ。
まだ油断はできませんので体調に気を付けて
過ごしたいと思っております。

マコママさん、こんばんは。

経験者としては不整脈はこりごりですね。

カテーテル・アブレーションが発達して、多くの症例が恩恵を受けることが出来ています。 私が外科医になり始めの頃は、開胸してからのマッピングと焼灼でした。

これからも注意しながら観察して下さい。頻脈にならないようにコントロールされて下さいね💖

いつも有用な情報ありがとうございます
 今年の春頃、時々脈が飛ぶようで気分が
すぐれず、近くの病院を受診しました
 病院で心電図を測定した所
「心室性の期外収縮」と診断されました
そこの循環器の先生も心配するものでは
ないので様子をみて下さいと薬もなく
帰宅となりました。
 不整脈でも心配しないでもすむことも
あるのでしょうか?
その後症状は治まっております
再度、病院を受診する必要はございますか?
 この辺りを余り聞かずに帰ったもんですから
omoromachi先生に伺いたいと思います。
大変御多忙と存じ上げますが、宜しくお願い
申し上げます。

信州の隠居老人さん、こんばんは。

脈が飛ぶ経験は多くの方が持っているかも知れません。その中で比較的多いのが期外収縮で、心房性と心室性がありますが、頻発していなければ問題になることはありません。信州の隠居老人さんの心室性期外収縮もそのようであったと思います。

心蔵に特に問題なくても期外収縮は時々起こります。寝不足やストレス、コーヒーや喫煙時にも起こすこともあります。

信州の隠居老人さんは一度病院で心電図をとっていますので、恐らく単源性の期外収縮でしょうから、脈をとって頻脈出なければ放置してもいいと考えます。 脈が飛ぶ頻度が多くなったと思ったら病院で心電図をとったら如何でしょうか。

実際の心電図を見ていませんので正確なアドバイスは出来ませんのでご了承下さい。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 世界を夢みて(154) ; ベルギーの小さな村巡りNo4;オルヴァル修道院 | トップページ | 今週の生け花(令和元年10月第2週) »